中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

日本航空(JAL)が来年3月より「大連⇔東京羽田」線を新規開設

このところ良かった大気ですが、今日は夕方から一気に酷い汚染となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
仕事を終え、帰宅時の夜8時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。PM2.5の数値は「153」で日本基準の約4倍超ですね。外は汚染で真っ白です。

さて先週のニュースですが、「大連⇔日本各都市」の空路に、新たに「東京羽田」線が追加されることが決定し、発表されました。2020年3月29日より日本航空(JAL)による運航で、新規開設路線です。具体的な運航スケジュールと使用機材は後日発表とのことです。

片道3時間程度の路線ですし、将来的にはJALの新しい子会社で酷いネーミングのLCC、「ZIPAIR(ジップエアー)」で十分だと思いますね。成田線との「住み分け」でも良いですね。

私の場合、日本の実家のある最寄り駅から羽田空港へは高速バスがあるので、行き帰りは非常に楽になります。私は帰国の際のお土産に中国購入品は殆ど持って帰りません。日本の空港で買ったお土産の方が老若男女、分け隔て無く楽しめるし、安全だし、美味しいからです。成田空港に比べて羽田空港内は名店揃いですし、限定品も多いので、見て良し、買って良し、食べて良し、プレゼントして良し、なんですよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
今月2日から「大連⇔仙台」が7年ぶりに復活しました。中国国際航空(エアチャイナ)による運航で週2便です。「大連⇔札幌(新千歳)」も復活しましたし、ますます便利になっていますね。LCC(格安航空会社)である春秋航空の大阪関空線の就航で、日本が恋しくなった時、ひょいと格安で大阪まで週末帰国が出来るようになったのも、「とても大きい」ですね。私はこれで大連から「大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)」を見に行きました。直後に世界遺産となり、今となっては思い出深い旅となりましたね。

先月末で「在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所(通称:大連領事館)」の「領事」さんが変わりました。サイトで公開されている彼の挨拶文には、このような一文があります。

「大連市には,約5,000人の日本の方が暮らしておられ,約1,500社の日系企業が活動しております。」

これが今現在の大連における邦人数、日系企業数だそうです。

「大連」とは日本が命名した町で、「日本が作った植民地の最高傑作」と言われました。「満州の玄関」としての役割を果たし、満鉄本社も置かれるなど古より歴史的な繋がりが長く深く濃いです。数年前に中国全土に吹き荒れた「反日デモ」の際も、唯一「無風都市」として注目され、日本語学科が無い大学は無く、「領事館」と日本人学校(小学校、中学校)も在り、コンパクトで大き過ぎず、住み易さは中国でも屈指の都市でしょう。大気汚染には辟易させられてはいますが、この町の「昭和」がたっぷり残っている点が好かれていますね。「日本(人)の遺伝子」があらゆる所に残っていて、また宿っていますからね。令和新時代の今では日本のマスコミでも広く報道された通り、郊外の「金石灘」に「小京都」まで作られる有様です。

何だかんだで歴史を学んだことのある日本人にとっての大連は今も昔も「特別な町」です。「社会科」をきっちりと学び、「消化」した日本人だけが楽しめる町、と言ったら怒られますかね(笑)。

でもね、内地の方はご存じないと思いますが、最近の中国に来ている日本人って、自分の故郷の事や歴史(=郷土史)すら知らずに「パーティーや集まり」に出席して、外国人に自己紹介をしようとしたり、接触を図ろう、更には懇意になろうとするんですよ。故郷や日本を知らずに外国や世界を知ろうとする、自分の事を知らずに相手を知ろうとする、「小さな事」すら出来ないのに「大きな事」をしようとする、・・・。まあ物事には順序ってものがあると思いますがね。だから「一旗揚げる」どころか「尻の毛まで抜かれる」んですよ。ちょっと自分の足元を見れば分かるような事なんですけどねえ。これを「身の程知らず」と言いますね。

話を戻します。

今現在の空路、「大連⇔日本各都市」線(直行便)をまとめます。

「大連⇔東京(成田)」
日本航空(JAL) 毎日運航 ボーイング787
全日空(ANA) 毎日運航 ボーイング787
中国国際航空(エアチャイナ) 週4(月・木・金・日)運行 ボーイング737
中国南方航空 週4(月・水・金・日)運行 エアバスA321

「大連⇔大阪(関空)」
全日空(ANA) 毎日運航 エアバスA320
中国国際航空(エアチャイナ) 毎日運行 ボーイング737
中国南方航空 毎日運行 エアバスA320
中国東方航空 毎日運行 エアバスA320
春秋航空(LCC) 毎日運行 エアバスA320

「大連⇔札幌(新千歳)」
中国南方航空 週3(火・木・土)運行 エアバスA320

「大連⇔仙台」
中国国際航空(エアチャイナ) 週2(火・土)運行 ボーイング737

「大連⇔名古屋」
中国南方航空 毎日運行 エアバスA320

「大連⇔富山」
中国南方航空 週3(月・水・土)運行 エアバスA320

「大連⇔広島」
中国国際航空(エアチャイナ) 週4(月・水・金・日)運行 ボーイング737

「大連⇔福岡」
中国国際航空(エアチャイナ) 毎日運行 ボーイング737

「大連⇔北九州」
中国東方航空 週3(月・水・土)運行 エアバスA320

そして、

「大連⇔東京(羽田)」←NEW
日本航空(JAL) 
2020年3月29日より開始です!

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

格安航空会社(LCC)「ジェットスター」(関空→成田)搭乗記と「禁断の果実」

先日、春秋航空の「羊頭狗肉」を指摘しましたが、今日はジェットスターの搭乗記に加えて、エアライン2社の「禁断の果実=それ、やっちゃいけないだろ」ネタも書きたいと思います。

セール価格(1999円)で手に入れたチケットで、「大連⇔日本」としては初めての格安航空会社(LCC)就航となる、春秋航空の「大連→大阪関空」線に乗って、夜中11時に関空へと降り立ち、空港内にあるカプセルホテル「ファーストキャビン(FIRST CABIN)関西空港店」で一泊しました。翌日はまた格安航空会社(LCC)に乗って成田へと移動します。ジェットスターです。片道航空券は総額で8100円でした。

クリックすると元のサイズで表示します
フライトは夕方なので一日、自由な時間があります。所用を済ませて再び関空へと戻りました。とある駅のホームで「関西」を味わいます。

クリックすると元のサイズで表示します
車両の一番前で楽しみます。台風被害で一躍有名になった関空の連絡橋内です。気分は一世を風靡した電車運転士体験ゲーム、「電車でGO!!」ですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本関空特急「はるか」のハローキティのデザイン車両とすれ違います。

クリックすると元のサイズで表示します
関空駅に着くと南海の特急ラピートが停まっていました。女性の車掌さんですね。フランスの鉄仮面?鉄人28号?スターウォーズのストームトルーパー?相変わらずインパクトがありますねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
車両の丸い窓も印象的です。

クリックすると元のサイズで表示します
改札口のそばには、この空港特急のラピートをデザインのモチーフとした「関空戦士 ラピートルジャー」です。世界征服を企み、関西空港駅に現れた「怪人ゴキブラー」と戦うため、大阪秘密警察が開発した対怪人用サイボーグで、出動にはラピートを使うんだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。このコンセプトといい、ポーズといい、大阪という土地柄といい、元ネタは『ダウンタウンのごっつええ感じ』で放送されたコントである「世紀末戦隊ゴレンジャイ」?

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。彼についての詳細は南海電鉄の公式サイトのこちらをどうぞ。日本は平和だ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
空港に入ります。あっという間の30年でしたねえ。先日、人前で「マウント」をとってきた、とある年配日本人に対して「御譲位される天皇陛下の諱(御名前)と御即位される皇太子殿下の諱(御名前)は?そして漢字で書くと?」と切り返したら「共にわかりません」だそうです。小姐の名前とプロフィールは詳しいのに・・・。

「令和」新時代の開始は来週で、「旬の」質問をしただけなんですけどねえ。
日本を知らず学ばずに外国(中国)で勝負(ビジネス、留学、日本語教授)かい???
私にはこちらの方が「わかりません」。

中国人に「備えあれば憂いなし(中国語:有備無患、殷の宰相・傳説の言葉)」なんて言われたら恥ずかしいでしょ?

まあこういう方は外国(中国)で日本を、日本人を語るなということで、大連に縁とゆかりの深い「世界のミフネ」こと三船敏郎さんが女優の浜美枝さんに一喝した際の言葉を借りれば「日本人の誇りを忘れるな」です。

クリックすると元のサイズで表示します
国内線なんでイミグレも無くサクサク進みます。お世話になる機材とご対面です。LCCの「代名詞」、エアバスA320です。

クリックすると元のサイズで表示します
搭乗時刻まで30分ほどあるので景色を楽しみます。先程、通ってきた連絡橋、そして「りんくうゲートタワービル」、更に大観覧車「りんくうの星」ですね。関空は良い景色が見れますねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
見ていたら、これまた格安航空会社(LCC)の「ピーチ」が離陸を始めます。

クリックすると元のサイズで表示します
機内に入りました。足元の広い非常口席の通路側が空いているとの事で、チェックインの際、無料で交換してくれました。以前、同社の「新千歳→成田」便でも同様の恩恵を受けたことがあり、感謝です。

クリックすると元のサイズで表示します
フライト時間は1時間20分で、お隣さんの二人は学生のカップルで熱々でした。安全のしおりです。

クリックすると元のサイズで表示します
機内販売(飲食物)案内です。

クリックすると元のサイズで表示します
ページをめくります。いい値段ですなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
またページをめくります。

クリックすると元のサイズで表示します
左ページをアップです。日清カップヌードル350円、キットカット250円・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
右ページをアップです。缶ビール500円、ミネラルウォーターや缶コーラが250円・・・。そして、なんか変な物が!

クリックすると元のサイズで表示します
「温かいお飲み物」のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します
更にアップです。お湯が200円・・・。ビックリしました。

そういえば「水が800円」で一躍有名になったカリスマシェフの川越達也さんって最近は見ませんね。

機内では離陸前に持ち込み物の飲食に一部規制をかけていて、機内アナウンスで釘を刺していました。機内アナウンスといえば「快適な空の旅」という語句がお約束のように必ず入るものですがねえ・・・。移動手段のみと割り切りましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
約一時間で成田に到着です。すっかり暗くなっていました。

そういえばANA(全日空)が先週、公式サイトにて「国際線エコノミークラス 事前座席指定の一部有料化」を発表しました。こちらです。血迷ったか・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
レガシー・キャリア、それも「5スター(!)航空」であるANAが格安航空会社(LCC)に学び、「彼らの世界の常識」である集金システムの一部を導入したわけです。ANAの公式サイトのこの広告を見ると、言っている事とやっている事に矛盾を感じざるを得ません。

「誇りと品格」を捨てた企業の支持、株価、そして成長は鈍化するというものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

関西国際空港内で一泊する、そして「爆買いゴミ」

満州にも春本番が訪れました。まずは最南端に位置する都市である大連(旅順)からで、桜が見頃を迎えています。地元紙も大きく報道しているので、この週末はどこもかなりの人出となるでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
仕事中、一息入れた時(午後3時)にスマホを見ると、大連の気温は16度でした。土曜日は雨の予報ですか、桜に影響しないと良いんですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時間の上海です。桜の開花で春本番の大連に対して、こちらは夏ですねえ。

前回のエントリーの続きになりますかね、セール価格(1999円)で手に入れたチケットで、「大連⇔日本」としては初めての格安航空(LCC)就航となる、春秋航空の「大連→大阪関空」線に乗って、夜中11時に関空へと降り立ちました。

クリックすると元のサイズで表示します
イミグレを抜けて事前に申し込んでおいた「KIX−ITMカード」を取りに行きました。空港内の多くの箇所で使えるカードで、提示するだけでいろいろと割引となります。もちろん無料で作れます。日本以外でこんな凄いサービス(!)をやっている空港ってあるんですかね。関空や伊丹空港を多く使う方に限らず、一枚持っていて損は無いカードですね。カードの公式サイトはこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
LCC国際線の第2ターミナル内に年中無休、24時間営業(!)のカウンターがあるので、そこで受け取ります。行った時は夜11時半過ぎでした。カウンター嬢は本当にお疲れ様です。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ近くに成田空港ではおなじみのガチャガチャコーナーがあるので覘きます。深夜0時近いので当たり前ですが誰も居ません。

クリックすると元のサイズで表示します
成田に比べると少ないですが、それでも十分な数ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
うちの子供が好きなキャラクターの物があったので数回やります。一回300円であっという間に1500円が消えました(泣)。が、良いお土産が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のホテルは空港内です。連絡バスに乗って第1ターミナルに移動、エアロプラザ3階にあるカプセルホテル「ファーストキャビン(FIRST CABIN)関西空港店」に行きます。入り口ですね。

カウンターでチェックインをします。この日は割引クーポンを使って一泊5300円でした。カプセルホテルですが強気な価格設定です。日付も変わった遅い時間だったので入室後、直ぐに寝ました。

翌朝は寝ぼけ眼で朝風呂(大浴場)へ。大きい湯船に入り、泡立つ(!)シャンプーやボディソープを使うと日本帰国を実感します。至福のひと時です。LCC利用が多いのかな、利用客のチェックアウトは皆早いですね。大浴場はガラガラでした。

クリックすると元のサイズで表示します
自分のカプセルに帰ると、これまた周囲は「もぬけの殻」といった感じでしたね。迷惑を掛けることなく写真を撮ります。ひたすら続く「カプセル群」です。

クリックすると元のサイズで表示します
帰る間際に撮った私が使ったカプセルです。「立つ鳥跡を濁さず」(=立ち去る者は、見苦しくないようきれいに始末をしていくべきという戒め)、個人的に使いっぱなしでグチャグチャのまま去るのは嫌なんです。まあ「気持ち」の問題ですね。ガキの頃、学校で「来た時よりも美しく」という義務教育を受けてきましたから。レストランや食堂で最後、離席する際も同じです。記憶に新しいサッカーW杯日本代表の試合後のロッカールームの姿、そして日本人サポーターによる居残り会場清掃の姿は世界中から驚きと称賛を持って報じられましたね。日本人ってやっぱり「違う」んですよ。

蛇足ながら、中国のホテルではチェックアウトの際、「必ず」部屋の備品を盗んでいないか、壊していないかのチェックがあります。中国人は自分たち中国人を基本的に「犯罪者(容疑者)」という目で見ているんですね。私はこの現実(日常、常識)に日々直面したことで、連中に対する「正しい認識」というものを学びましたね。

更にスーパーや本屋(新華書店)で経験した、大きい鞄等の店内持ち込み不可、と、堂々と出入り口に立って目を光らす店員(警備員)、また各銀行窓口における行員と客の間に存在する分厚いガラス壁、これら複数の「現実」を目にしたことで、この「認識」は揺(ゆる)ぎ無い「確信」へと変わりました。これが感情に流されない論理的思考というものです。

話を戻します。

クリックすると元のサイズで表示します
カプセルの中にはテレビを始めとしてフリーWi-Fi、、コンセント、貴重品を入れる鍵付きの簡易ボックス、などがあって不便、不自由を感じることはありませんでした。夜、周囲からは鼾(いびき)の音も聞こえませんでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口前には24時間営業の店が多いので、これまた不自由はありません。「松屋」で朝御飯です。

クリックすると元のサイズで表示します
「ソーセージエッグW定食(450円)」です。安い、きれい、美味しい、ボリューム有り、でマイナスポイントは皆無です。昨夜の春秋航空の「羊頭狗肉」機内食(500円)が実にバカらしく感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
ローソンもありますので、食後はコンビニコーヒー(100円)を満喫します。

クリックすると元のサイズで表示します
バーキンもあります。

この辺はベンチが多く、夜はホテルに泊まらずに一夜を明かす人々で一杯でした。国際色も豊かでカオスな光景でした。

クリックすると元のサイズで表示します
トイレに行くと入り口のゴミ箱はこのとおり。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。関空を悩ます、いわゆる「爆買いゴミ」ってやつですね。詳細記事はこちらです。「現実」を初めて見ましたね。女性が使う「花王」の「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」という商品の外箱が多く捨てられています。

「道徳礼儀マナー無し」、まあどこの国の人かは言うまでもないでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

格安航空会社(LCC) 春秋航空(大連→大阪関空)搭乗記

今日の大連は大気汚染日です。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の朝7時の大気データです。「中国国旗色」で「健康に良くない」表示です。PM2.5対応マスクをして出勤です。

さて、ちょっと前に「大連⇔日本」としては初めての格安航空(LCC)就航となる、春秋航空の「大連→大阪関空」線に乗りました。期間限定セール価格のチケットが買えたからです。今日のエントリーはこの搭乗記を書きます。春秋航空の国際線利用は「上海⇔茨城」線以来ですねえ。

日本と満州の間を結ぶ春秋航空ですが、「大連⇔関空」線は「春秋航空(上海が本社)」による運行で、「ハルビン⇔成田」線は「春秋航空日本(成田が本社)」による運行で異なります。

「大連⇔関空」線の運航スケジュール(毎日運行)です。私が乗ったこの時(新規就航時スケジュール)は、

9C8721便 大連(20:00)→関空(22:55) フライト時間は1時間55分
9C8722便 関空(17:00)→大連(18:55) フライト時間は2時間55分

でした。関空に夜11時着という、非常に不便で厳しいものでした。今現在はガラリと改善されて、

9C8721便 大連(12:05)→関空(16:00) 
9C8722便 関空(8:30)→大連(10:15) 

となりました。かな〜り使いやすい時間帯ですねえ。

私の買ったチケットですが、セール価格で1999円(=約120元)でした。とはいえ空港使用料、燃油サーチャージ等いろいろ加算されて、最終的に総額は9139円(=約548元)になりました。納得はいきませんが、まあとりあえず片道1万円を切ったので、こんなものかと。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄で空港へ。「安い、早い、安心」です。

クリックすると元のサイズで表示します
空港カウンターは「大阪」行きの表示です。

クリックすると元のサイズで表示します
離陸の一時間前に到着もカウンターはガラガラでしたね。あっという間に手続き終了です。LCCは席によっては事前の座席指定が有料になります。この日は通路側の席が空いているとの事でお願いしました。無料でした。

クリックすると元のサイズで表示します
これまたLCCは機内持ち込み荷物の重量も厳しいです。機内持ち込みの荷物はカウンター横にあるこれで大きさが測れます。が、特に「うるさく」ありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラガラのイミグレを抜けました。植物と免税店エリアです。

クリックすると元のサイズで表示します
この時間帯は国際線の数も少なく、当然、利用客も少ないので、照明も落とされ暗いです。中国ですねえ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
本日乗る機材とご対面です。LCCと言えばこの機材、小型機材の「エアバスA320」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
機内に入りました。安全のしおりと機内販売(飲食物)案内です。LCCなのでリクライニングも無く、シートピッチも狭く、快適性は皆無に近いですが、離陸後、約1時間半で到着なので問題はありません。

機内は「3列 通路 3列」の配置です。話を聞いていると私の隣の二人は大学生のようで、初めての日本なのかな、とにかくハイテンションで、飛行中はずっとうるさかったですね(笑)。まあLCC、それも中国系エアラインなので、夜も遅い便ですが、前も後ろも皆うるさかったですね。列車やバスと変わりません。

機内販売もうるさいですよ。客室乗務員が何故かディズニー商品を大声で紹介していたので、カメラを向けたら撮影はダメと言われました。コピー商品?無許可販売?

クリックすると元のサイズで表示します
機内販売(飲食物)案内を開きます。

クリックすると元のサイズで表示します
左をアップです。中国語の下に英語でも記載されているので和訳は不要でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
中央部をアップです。

クリックすると元のサイズで表示します
右をアップです。

見栄えも良い素晴らしい料理の写真が並んでいますが、LCCの飲食物は「高くて不味い」が全世界の共通認識です。ましてや春秋航空は中国系です。当たり前、常識である「羊頭狗肉(ようとうくにく、見かけと実質が伴わないことの例え。 立派な物をおとりに使い、実際は粗悪な物を売ることの例え)」感がプンプンします。話のタネに500円(=約30元)の機内食を事前注文しておきましたが、何が来るのやら・・・。期待感よりも不安感に襲われます(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは裏表紙で飲み物、スナック、おつまみ等ですね。価格は街中で買う同商品より2〜3倍設定といったところです。

クリックすると元のサイズで表示します
配膳された機内食(500円=約30元)です。ねっ、「羊頭狗肉」でしょ(笑)。公式サイトの機内食例とは全く違う「中国メシ」が提供されました。LCCなので基本、文句は言いませんが「羊頭狗肉」だけは「ルール違反」だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
1時間半で到着なので本当にあっという間です。関空のLCC専用ターミナルである「第二ターミナル」に到着です。「沖止め」ですが、個人的には好きなんです。空気が美味い!

クリックすると元のサイズで表示します
乗ってきた機材を後にします。

イミグレで日本人と外国人に分けられますが、ここでビックリ!行列の外国人(中国人)列に対して日本人列は誰も居ません。後ろに誰も並んでいないので、スタンプを押してもらう際に入国審査官に話しかけたら「大連からの便で来る日本人はいつも5人もいないですね」と言われました。そういえば客室乗務員は日本語ダメで中国語での会話でしたし、機内で配布していた、帰国の際に必ず提出する「携帯品・別送品申告書」も日本語バージョンは無い(!)と言われました。理由が分かりましたね。「日本人利用客が殆どいない」ということです。

まとめます。

1、「大連⇔大阪関空」線の片道「チケット価格」ですが普段は「5000円〜」設定です。しかしこのチケット価格に空港使用料や燃油サーチャージ等などが「ドカンと」加算され、「総額」はソコソコの額となります。

2、LCCですが、大連発の場合、荷物の大きさ、重量に関してそれほど厳格というわけではありません。窓際、通路側希望も言ってみましょう。空いていれば無料で対応してくれます。

3、大連発の場合、日本人客はとても少ないです。中国人客ばかりなので「賑やかな」機内です。

4、飲食物の機内持ち込みも寛容です。ちなみにお隣さんは空港のマックでテイクアウトしたハンバーガーやポテトを食べていました。良い匂いでしたねえ(笑)。

5、客室乗務員が入る機内撮影は注意されます。

6、ご紹介した通り、機内食は「羊頭狗肉」ですので避けた方が無難です。1時間半のフライトですし、関空到着後、空港内には「松屋」等、ワンコイン500円以下で食べられる店が少なくないからです。

私が利用した新規就航時は夕方、夜便だったフライトの時間帯も、今現在では朝、昼の便へと大幅に変わってかな〜り使えるようになりました。セールを利用しなければ、今現在、往復最安で「22140円〜」程度にはなりますが、日本が恋しくなって「ちょっと週末に」帰国、が可能になりました。片道1時間半程度ですから、多少の不便、不快も我慢できる範囲内だと思います。この春秋航空の「大連⇔関空」線がもたらした貢献度は大きいと結論付けています。

もう一つ最後に蛇足を。

クリックすると元のサイズで表示します
つい先日、大連の地下鉄内で見た日系エアライン、ANA(全日空)の広告です。車内中、この広告です。「大連⇔成田、大連⇔関空」で毎日運航しています。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。話は変わりますが、ポスターの上に見られる車内テレビでは、御覧のように顔写真と個人情報の全てが載った「犯罪者」が、次から次へとエンドレスに紹介されています。「指名手配=見つけて下さい」ではありませんよ。「失信被執行人=信用を失う、信用を守らない、約束を実行しない人」で、与えた被害総額と共に、広く人民に「紹介されている」のです。「悪い人ばかりで良い人が少ない(いない)」、これが性悪説の国・中国です。

クリックすると元のサイズで表示します
話を戻します。広告のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します
更にアップです。エコノミークラスとビジネスクラスの価格紹介と他ですね。和訳は不要でしょう。

御参考までに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

JALの「大連→成田」線で『カメラを止めるな!』を鑑賞する

久しぶりに搭乗記を書きます。先月末に乗ったJAL(日本航空)の「大連→成田」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
いつものように地下鉄で空港へ。市中心部「青泥窪橋(大連駅)」からは乗り換え無しで約30分といったところです。成田空港同様、列車ホームは空港地下にあります。「安い、早い、安心」で、大連(中国)では最もリスクが少ない移動方法です。

クリックすると元のサイズで表示します
搭乗手続きを終えてイミグレを抜け、本日の機材と対面です。ボーイング787-8です。お隣は青島経由でシンガポールへ行くLCCのスクートですね。

クリックすると元のサイズで表示します
このところはプレミアムエコノミーの席に座らせてもらえることが多かったんですが、この日は普通のエコノミークラスの席です。お隣さんは日本人ビジネスマンでした。

クリックすると元のサイズで表示します
安全のしおりと機内WiFiサービス案内です。

クリックすると元のサイズで表示します
機内販売誌を見ていたらJAL限定のウルトラマンフィギュアがありました。

クリックすると元のサイズで表示します
税込みで10800円です。結構いい値段ですね。

中国は「ウルトラマン」が登場する映画を無許可で作り上映したとして、円谷プロダクションが著作権侵害で訴えていたのですが、中国広東省の企業が、係争中にもかかわらず、新たに続編の映画を中国で公開したそうです。今日の記事で詳細はこちらです。最近の韓国政府、軍の一連の対応といい、何故かつてこちら満州の地で、既に朝鮮人は二等国民、支那人は三等国民と位置付けられていたのかお分かりいただけるのではないでしょうか。時は過ぎて2019年現在においても、ビザを取得しなくても訪問できる国・地域を国別に比較する「パスポートランキング」=世界における信用度、もこの順位通りでしょ?「歴史は繰り返す」ですね。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。 愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。」

これは「鉄血宰相」ことドイツのビスマルクの言葉です。郷土史を知らずして故郷を語るなかれ、日本史を知らず、学ばずして日本人を名乗るなかれ、悠久の中国史、偽りだらけの中華人民共和国史を知らず、学ばずして中国通、中国ウォッチャーを名乗るなかれ、まあ国外に出て外国人と働く、生活するということはこういうことです。

脱線しました。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の機内での映画観賞はず〜っと見たかった映画、『カメラを止めるな!』を選びました。96分の映画ですが、この日のフライトは離陸後2時間10分で到着とのことです。見終わって一息入れたらもう成田ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
大連空港を離陸です。帰国はいつも最高の気分です!

クリックすると元のサイズで表示します
離陸して180度旋回です。開発区のランドマークである「大黒山」が空中から見られました。大気汚染が残念です。

クリックすると元のサイズで表示します
機内食と赤ワインです。JALの場合、ハーゲンダッツアイスクリームが必ず付きますが、バニラ味の場合、まず真ん中を少し食べて穴を開け、そこに赤ワインを注いで食べてみて下さい。とても美味しいですよ。お試しあれ!この食べ方、自分だけかと思ったらクックパッドでも推奨されていますね。こちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
『カメラを止めるな!』ですが、始まってから40分ぐらいまでは正直、「なんだこりゃ!?」で、「食事をしながら見る映画じゃないな・・・」だったんですが、この時間帯が過ぎると俄然面白くなりました!食後も「おつまみ」、そして赤ワインをもう一本もらって、引き込まれながら最後まで見ました。凄〜く練られて作られた映画ですねえ!見終わると成田到着まであと23分の表示です。

クリックすると元のサイズで表示します
地図を出すと、もう茨城県の県庁所在地・水戸市の横を過ぎています。

クリックすると元のサイズで表示します
銚子の犬吠埼の先をぐるっと回って九十九里浜から入って着陸です。かなり揺れたフライトでしたが、ワインを飲んでいるので心地良さに感じていました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
格好良すぎる「おもてなし」メッセージです。

クリックすると元のサイズで表示します
JALは空港第二ターミナルです。で、空港地下のホームです。京成電鉄のスカイライナーです。全席指定で時速160キロ運転、東京山手線内の日暮里駅までノンストップ36分ですが、2470円もします。車両デザインは山本寛斎さんです。

満州帰りにとっての成田帰国初日は、夏冬関係無く「暑い」の一言です(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/13 
 
AutoPage最新お知らせ