中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

なんとビックリ!降雪の大連、そして夜の駅

今日の大連はなんとビックリ、降雪でした。もう大連にかな〜り長く居ますが、3月も終わりというのに降雪とは初めての経験ですね。「労働公園」ではもう梅が咲いていますよ。桜の開花はあと2〜3週間後ですね。この冬は凄い暖冬でマイナス15度はおろかマイナス10度すら殆どありませんでした。特亜三国は大気汚染で確実に自然環境を狂わせています。

クリックすると元のサイズで表示します
お昼近くになってようやく止みましたが、風もあって気温は0度です。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻の省都・瀋陽です。やっぱり雪です。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻の広東省の省都・広州です。今日は地元サッカークラブ「大連一方」のホーム開幕戦、しかも相手はACL常連で日本でもお馴染みの「広州恒大」という屈指の好カードで、中国人の蹴友(しゅうゆう)からも生観戦に誘われていて、絶対に行きたかったのですが、風邪が怖くて諦めました。ということでコタツに入ってのテレビ観戦にしました。「0:1」で負けてしまいましたが、かなり善戦しました。連中は初夏(?!)の地からいきなり真冬の地に来たのですから動きもイマイチでしたね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
外の様子です。ジャムを切らしていたので買いに行った時に撮りました。小雪が舞う市中心部「労働公園緑山とテレビ塔」です。

クリックすると元のサイズで表示します
しばらく撮っていたら、あっという間にシャレにならない強風と降雪になりました(泣)。

さて、今日は夜に大連駅へ見送りに行く用事があって出掛けました。

クリックすると元のサイズで表示します
夜の駅正面です。上野駅をモデルに日本人(南満州鉄道株式会社の太田宗太郎ら)が設計し、日本人が作りました。一階が到着口、二階が出発口です。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。

クリックすると元のサイズで表示します
この大連駅は今年で82歳を迎えます。「中国一の知日都市・大連」の「宝物」の一つです。

クリックすると元のサイズで表示します
営業時間は朝5:30から夜11:20までです。大連は遼東半島の端に位置するので、大連駅は必ず出発駅(終点駅)になります。他の大都市の駅とは違って24時間営業ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
駅構内の切符売り場です。

クリックすると元のサイズで表示します
汽車の切符も今ではネット購入が基本ですから、窓口購入客は少ないです。市内各所に切符売り場もありますしね。昔はまあ並びましたよ、割り込みも凄かったです。「支那人」と言えば今も昔も、更には日本でも「転売屋」ですが、まあ多かったですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
二階の出発口です。昔はホームの上の改札口まで行けたのですが、今、見送りはここまでです。「一路平安!(道中御無事で!)」の言葉をかけ、握手して別れます。

クリックすると元のサイズで表示します
右には「マクドナルド」と中国ローカルのファーストフードチェーン「徳克士(dicos)」です。

クリックすると元のサイズで表示します
左は大きな空きスペースとなっています。かつてはここが切符売り場でした。今は先程ご紹介したように駅一階に移転しています。写真左に見えますが、大連駅の歩みを紹介したパネルが飾られています。

クリックすると元のサイズで表示します
大連駅の歴史ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。今の大連駅は1937年に日本が作ったものですが、これはその前、ロシアが作った東清鉄道時代の大連駅ですね。1903年(明治36年)の開業です。

クリックすると元のサイズで表示します
建設中(1935年、昭和10年)の今の大連駅ですね。今現在のトロリーバス(101路)乗り場の辺りは住宅地だったんですねえ。多くの煙突が目立ちますね。

クリックすると元のサイズで表示します
終戦(1945年、昭和20年)後の様子ですね。中ソ共同管理を経て、1952年に中国の管理下となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
70年代の様子ですね。車やバスこそ時代を感じさせますが、私が大連に来た2000年台初頭の頃もこんな感じでしたねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
1951年(昭和26年)、大連駅ホームに降り立つ周恩来です。

クリックすると元のサイズで表示します
1983年(昭和58年)、大連駅ホームに降り立つトウ小平です。

クリックすると元のサイズで表示します
1972年(昭和47年)、カンボジアのシアヌークが来連した時の様子です。

こんな感じでなかなか興味深いパネルが掲示されています。

クリックすると元のサイズで表示します
駅舎内の上を見上げます。歴史が感じられますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
駅舎の外に出ます。すぐ横には4つ星ホテルの「渤海明珠酒店」です。入り口の右横に注目です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。素晴らしい外観を持つ日本の牛丼チェーン「吉野家」です。話のタネに一度はどうぞ!

大連における最も美しい「吉野家」の店舗
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/527.html

クリックすると元のサイズで表示します
駅前には満州国時代から変わらぬ路面電車(201路)が走ります。

これまで数えきれないほどの人をこの大連駅で見送り、また出迎えてきましたねえ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連気象山(南山)に登り、絶景を見る(2)

前回のエントリーをアップした後、連日、酷い大気汚染が続いていましたが、昨日のお昼過ぎから風が吹き、また一気に大気汚染は解消されつつあります。本当に風頼りです・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
本日16時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。昨日お昼12時を境に強風によってPM2.5が飛ばされていったことが分かるグラフです。

さて今日のエントリーは前回の続きで、大連気象山(南山)に登り、絶景を見に行った時の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
足を進めます。左に行くと「望海小学校」、右に行くと「植物園」方向へ、ですね。右方向へと進みます。素晴らしい景色がチラリと見え始めてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂の「休み処」=あずまや(四阿、東屋、阿舎)、が見えてきました。写真左上です。

クリックすると元のサイズで表示します
山道途中からは下に「植物園」が見下ろせます。写真中央部をアップで撮ると、

クリックすると元のサイズで表示します
「植物園」の池(映松池)ですね。休日になると、この池の周りにはアニメやゲームのキャラクターに扮したコスプレーヤーが多く集まり、周囲をバックに写真を撮っています。ここ「植物園」は日本統治時代の名称ですと「弥生池公園」でした。で、この池が「弥生池」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「アンテナ」も見えてきて、いよいよゴールです。

クリックすると元のサイズで表示します
頂上はベンチなどが整備されていて、素晴らしい景色をゆっくりと堪能できます。先程の「アンテナ」、そして目の前に「気象塔」、遠くに「労働公園」の「緑山」の山頂に立つ「テレビ塔」です。

クリックすると元のサイズで表示します
「テレビ塔」のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します
「先着」が運動をしていました。皆、気軽な服装で山道の散歩を楽しみながら来ます。

ではここから港方面へ。大連市中央部を見下ろした景色です。

クリックすると元のサイズで表示します
カメラを左の方向に向けます。絶景(!)が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
目の前に立つ「気象塔」をアップです。「サッカーボール」は毎日ではないものの、夜はライトアップされ七色に「七変化」します。

クリックすると元のサイズで表示します
カメラを正面に。遠くには海も見え、港町であることが実感できます。

クリックすると元のサイズで表示します
港をアップです。

クリックすると元のサイズで表示します
更にアップにすると、上空にはちょうど大連空港に着陸する飛行機です。蛇足ながら、この時、機内からは港に停泊中の人民解放軍の空母(「遼寧」&「二番艦」)のすぐ横上空を通っている(!)のが確認できるんです。同時に「飛行機で空母甲板へ着陸する難しさ」も思いっきり理解できるんですよ。強風の時は尚更です。こんな経験が出来るのも大連だけ、それも空路大連入りした時だけです(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
カメラを右方向に向けます。写真左に写っている方向をアップで撮ると、

クリックすると元のサイズで表示します
高層ビルの隙間から、対岸の「開発区」のランドマークである「大黒山」が見えます。日本統治時代なら、これらの邪魔なビルが全て無かったわけですから、もっと素晴らしい絶景だったことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
先程触れた山頂の「休み処」=あずまや(四阿、東屋、阿舎)ですね。ここでも「先客」が絶景を堪能していますね。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えて。山頂に立つ「あずまや」と岩肌、遠くに海です。

クリックすると元のサイズで表示します
ベンチも多いので、初夏になったらここでおにぎりを食べたら美味しいでしょうねえ。

ということで、大連気象山(南山)を散歩しました。頂上までは30分程度です。水とスマホ、運動靴だけで、小さな子供でも登れるルートです。運動不足や体力の無い方、年配の方でも問題ありません。迷子にもなりませんので御心配なく。

ちょっとだけ注意点を書きます。治安と安全面から、女性や子供一人だけで来ることは止めましょう。また早朝や夕方、夜景観賞も避けた方が無難です。

来た道をそのまま戻って「下山」します。

クリックすると元のサイズで表示します
公共バス(27路)のバス停(南山)です。御覧のように、バス停の目の前は日本統治時代の「旧・東本願寺」(現 大連京劇院)です。

クリックすると元のサイズで表示します
「旧・東本願寺」(現 大連京劇院)の全景です。この日は本当に素晴らしい青空でしたね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連気象山(南山)に登り、絶景を見る(1)

3月も下旬に入り、寒さが収まってきたせいか、石炭の消費量も落ち着いてきて、「酷い」大気汚染日が少なくなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
先週末の22日金曜日に「和平広場」に行く用事があったので、その時に撮った「大連富士(日本統治時代名:台子山、現在名:台山)」です。春の訪れと共に、徐々に緑色を増やしています。

クリックすると元のサイズで表示します
同日夕方に撮った市中心部「労働公園緑山とテレビ塔」です。綺麗な夕焼けでした。

クリックすると元のサイズで表示します
一夜明けたら強風で、大気はとても良かったです。昨日お昼12時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。

クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしい青空(!)です。

クリックすると元のサイズで表示します
風が強いしお昼とはいえ気温は6度なので、ダウンジャケットは必須ですが、少し近所を散歩しました。かつては日本人留学生が非常に多かった旧「大連外国語学院 漢学院」のあった坂の上です。当時と同じで「大連気象局」ですね。日本統治時代の名は「観測所」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
この辺りの様子は当時と殆ど変わっていません。写真右にローカルコンビニと焼き肉屋です。訪れた日本人留学生、大学職員は多いのでは?

「気象塔」の立つ「気象山(南山)」を目指します。「気象塔」は一般公開されていないので敷地内には入れませんが、周囲は山道が整備されていますので良い散歩になりますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
道端に干される洗濯物です。「昭和」ですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
10分も歩けば「気象塔」の下です。空路大連入りすると、すぐに目に入る労働公園緑山のテレビ塔と同様、目立つ市中心部のランドマークですね。毎日ではありませんが、夜はライトアップされ七色に「七変化」します。「南山健身公園」という名で山道が整備されました。公園名が大きく記されています。

クリックすると元のサイズで表示します
公園名が大きく記されている上はベンチもある展望スペースです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここからは大連市中央部が良く見えますよ。カメラを左側に向けると「労働公園緑山とテレビ塔」です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。写真中心下に先程の「大連気象局」、右側に「労働公園」の観覧車とサッカーボールモニュメントですね。

クリックすると元のサイズで表示します
カメラを真ん中に向けるとこの景色、

クリックすると元のサイズで表示します
右側に向けるとこの景色です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。写真中央の茶色い建物が旧・満鉄大連病院(現・大連大学附属中山病院)ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
では、「気象塔」のある頂上へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
ひたすら階段です。

クリックすると元のサイズで表示します
マイペースで上りましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
来た道を振り返るとこんな景色です。

クリックすると元のサイズで表示します
もうすぐです。

クリックすると元のサイズで表示します
到着です。「気象塔」のある所は一般公開されていないので、ここが限界です。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ真下になります。ベンチで一休みです。

クリックすると元のサイズで表示します
更に歩いて写真奥に見える山の頂上を目指します。ここから見下ろす大連中心部が、港も海も、更には対岸の「開発区」まで見えて、最高の景色なんですよ。

次回に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

久しぶりの好天で大連の港を歩く、そして「冬眠中」の「偽」ヨーロッパ世界遺産風景区

一昨日から大気の良い日が続く大連です。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日朝7時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。風がありましたね。ハルビンは降雪でした。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の同所朝8時です。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝の同所同時刻です。大気の良い日が三日続いたので、そろそろ汚染が始まるんじゃないですかね。予想が外れてくれるのを祈るのみです。

もし一昨日に大連入りした方がいたら勘違いするでしょうねえ。「大連(中国)の空気は素晴らしい!」ってね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、昨日は午後に少し時間が出来たので、地下鉄に乗って3駅移動、港(国際会議センター)に来ました。海に接することが少ない人民ですが、市中心部の大連駅(地下鉄「友好広場」駅)から地下鉄に乗って、たった3駅で人も少なく、風光明媚な景色を味わえるのが大連の良さです。

クリックすると元のサイズで表示します
新たに設置されていた政治スローガンです。「思想を統率せよ 上海に学べ 観念を更新せよ 改革を深めよ 死に物狂いで努力せよ 全てにおいて振興せよ」とあります。日本人的には景観を損ねる、場違い、を感じざるをえませんが、人民や中国好きな方々にとっては「癒しの光景」なのでしょう。写真右上、上空には目と鼻の先にある大連空港へ着陸する飛行機です。

クリックすると元のサイズで表示します
対岸を望みます。左に赤、右に白の灯台です。

クリックすると元のサイズで表示します
「開発区」と「ランドマーク」が良く見えます。左の大きな山が「大黒山」で、右の小さな山が「東山(童牛嶺)」です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「大黒山」です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「東山(童牛嶺)」です。頂上にあるUFO型展望台も見えますね。

クリックすると元のサイズで表示します
「大黒山」の上に飛行機です。大連空港へ着陸する飛行機がひっきりなしに通ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ここはいつもガラガラなので好きです。自転車、ローラースケート、スケートボード、キックボード、セグウェイ・・・。何でも楽しめます、練習できます。

クリックすると元のサイズで表示します
波もありませんのでウミネコがのんびりしています。

クリックすると元のサイズで表示します
ウミネコとカモメの違いって分かりますか?黄色いくちばしの先に黒い線が入っているのがウミネコです。一目瞭然です。

クリックすると元のサイズで表示します
ヨットハーバーのエリアです。ここでの日本人所有者は聞いたことが無いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
パンくずや餌を持ってくるとウミネコさんたちには喜ばれます。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでは大型犬の散歩にもよく遭遇します。

クリックすると元のサイズで表示します
もう少し暖かくなってくると湾内を回るヨットクルーズも始まります。まだ「冬眠中」です。

クリックすると元のサイズで表示します
「冬眠中」の「偽」ヨーロッパ世界遺産風景区へと行ってみましょう。ヨーロッパ(ベルギー&イタリア)の世界遺産都市と建築物をそのままパクって、再現したカオスなエリアです。一応、観光地(笑)となっているので、かつてエントリーで取り上げました。

大連の地下鉄が海へ延伸(3) 「てんこ盛り」の「偽」ヨーロッパ世界遺産風景区を歩く
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/568.html

クリックすると元のサイズで表示します
偽「コロッセオ」と偽「コンスタンティヌスの凱旋門」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
写真中央に写る、この二つの間の道を直進します。

クリックすると元のサイズで表示します
全てが「冬眠中」です。

クリックすると元のサイズで表示します
偽「ヴェネツィア(ベネチア、ベニス)」の水は全て抜かれていました。

クリックすると元のサイズで表示します
偽「水路」です。反対側に行くと、

クリックすると元のサイズで表示します
水路を行くゴンドラのチケット売り場があります。写真左ですね。水が無いので当然休業中です。

クリックすると元のサイズで表示します
チケット価格とこの偽「水路」情報です。和訳は不要でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
綺麗に抜かれていますね。『池の水ぜんぶ抜く』大連版でした(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
大通りに出て帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します
道路の先で、写真中央に写っているのが先程の「国際会議センター」です。結構歩いたので戻ることも無く、ここから13路のバスで一気に終点の大連駅まで帰りました。

海を見て、良い空気を吸うとやはり心も晴れますねえ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

「3・11」の半旗を止めた「大連領事館」

大連は先週の木曜日(7日)、アベマTV『ドラゴン堀江』のホリエモンの言葉ではないですけど「神風」が吹いて、一日だけ素晴らしい青空になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
この日も郊外の「保税区」に行く用事がありまして、ライトレールの車内から撮った「開発区」のランドマーク「大黒山」と手前の日系企業「日本電産」です。綺麗でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
大連に着いてから撮った大連駅です。正面ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えて撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データですが、一番下の「風速」のグラフに注目です。強い風が吹いたんですね。結局は大気汚染の解消は「お上」の政策なんかではなく、「風」待ちなんですよねえ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
翌日からまたいつもの大気汚染日に戻り、今日の夜7時の同所の大気データはこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
外の様子です。帰宅時に撮った夕暮れ時の市中心部「労働公園緑山とテレビ塔」です。大気汚染煙突からもモクモクですよ。あ〜あって感じです。

さて、今日は「311」=東日本大震災のあった日ですね。もう8年になりますか。平成ももう終わろうとしていますが、平成の世を一言で言い表すと「災害」となるのではないでしょうか、昭和ですと「戦争」ですね。私はそう考えます。

震災時、私は今と変わらずで大連でした。中国人の同僚から「日本がとんでもないことになっています」との連絡を受け、ネットで確認したところ、本当に言葉を失いました。翌日から大連の地元紙もトップで報道でしたね。

8年前の様子は、時事通信社のサイトのこちら「東日本大震災 100枚の記録 写真特集」で、そして復興の歩みは、読売新聞のサイトのこちら「再生の歩み 東日本大震災」で学べます。このサイトは素晴らしいの一言ですねえ。ぜひ御家族でご覧になって学ばれる事をお勧め致します。

今日はツイッターでも半旗や弔旗関連のツイートが多かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

学校でもなかなか学ばないと思うので、「半旗とは何か、弔旗とは何か」を「今このタイミングで(!)」学んでおく事がよろしいかと思いますね。あなたは自分の子供に、中国人(外国人)に説明できますか?

クリックすると元のサイズで表示します
台湾トップ=中華民国総統、の蔡英文総統からもツイッターを通じて日本語でメッセージが発表されていますね(下記「参考記事」参照)。ありがたい事です。まさに「類は友を呼ぶ」ではないでしょうか。

首相官邸のサイトによれば、政府主催で東日本大震災八周年追悼式が行われるようです(下記「参考記事」参照)。

日本の文部科学省も全国の学校などに対し「3・11」には弔旗をとの要請が出ています(下記「参考記事」参照)。まあツイッターを見ていると、多くの日本人がこんな要請不要で自主的に仕事先や街中で半旗や弔旗を掲揚し、弔意を表したようですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「希望広場」の森ビル3階にある「大連領事館」(在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所)も「かつては(!)」この「311」に半旗を掲げていました。海外とはいえ日本国政府の機関ですからね。当時の写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
が、今日(今年)は平日と変わらぬ国旗掲揚でした・・・。本日午後に撮った同所の写真です。私はこれまで「同じ日本人として○○!」というお怒りのセリフを星の数ほど浴びてきましたが、その都度返す言葉が、私はあなたとは同じ日本人ではありません、「違う」日本人です、というものです。今日ほど連中とは「違う」日本人、であることを再確認し、「違う」日本人であることに自信を持った日はありませんねえ。

サンドウィッチマンの伊達みきおさんのコメント(下記「参考記事」参照)も考えさせられました。平成の世には多くの災害がありましたが、やっぱり忘れられないですよねえ。

PM2.5の吸い過ぎは、喘息や肺炎、癌は言うに及ばず「知能レベル」を低下させる=バカ、になるようです(下記「参考記事」参照)。そして、

「朱に交われば赤くなる」
私は「朱」とは中国(の国旗)と認識しています。人は環境に左右される生き物です。

「違う」日本人である私には無縁の世界ですし、こうはなりたくないものです。




参考記事:
震災から8年、蔡総統が日本語で追悼「台湾が日本を思う気持ちに時差なし」

 (台北 11日 中央社)東日本大震災から8年となった11日、蔡英文総統は日本語でツイッターにメッセージを投稿した。「犠牲者のご冥福を祈るとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます」とし、「台湾が日本を思う気持ちに時差はありません」と語りかけた。
 蔡総統は同日、フェイスブックも更新。中国語で「当時、台湾人が日本を助けたことは今でも台湾と日本、両国の人々の共通の思い出となっている」とつづった。福島第1原発事故にも言及し、事故を機に「台湾人はエネルギー問題についてしっかり考えるようになった」と指摘。脱原発を目指す決意を改めて示した。
2019/03/11 フォーカス台湾
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201903110003.aspx


東日本大震災八周年追悼式の開催等について

 本日、3月11日、東日本大震災から8年を迎えました。改めて、お亡くなりになられた方々の御冥福を慎んでお祈りいたしますとともに、御遺族の皆様や、今なお避難生活を送っておられる方々に、心よりお見舞いを申し上げる次第でございます。本日、午後2時30分から、国立劇場におきまして、秋篠宮同妃両殿下、並びに各界代表の御参列を得て、政府主催の追悼式を開催することとなっております。
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201903/11_a.html


「3・11」には弔旗を、文科省要請

 文科省は東日本大震災が起こった3月11日に、全国の学校などに対し、弔旗の掲揚などにより、弔意を表すよう要請している。昨年、一昨年と3月11日は休日だったが、今回は月曜日に当たる。弔旗の掲揚方法としては、竿球を黒い布で覆い、旗竿の上部に黒い布をつけることを示しているが、慣行によっては半旗の掲揚でもよいとしている。
2019年3月4日 日本教育新聞
https://www.kyoiku-press.com/post-199940/


サンド伊達が震災8年に思い「人間は忘れてしまう」

 サンドウィッチマンの伊達みきお(44)が、東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市に9年連続で訪れたことを報告し、現地の様子を伝えた。
 東日本大震災から8年。伊達は11日にブログを更新し、「宮城県気仙沼市に着きました。あの日を含めると、9年連続で来てるんだな」と、現地でのロケ中に被災した当時に思いをはせた。
 「8年たって思うこと。震災特番や、それに関連する番組を見たり出演したりすると、比較的明るい話題になってきたなぁと。震災後、他の地域に避難していた人が戻ってきたり、地域の若者が率先して新しい町にしようと頑張っているという話題。ここにきて、若い力が大いに奮闘している地域が確かに多い。復興に、若い力や考え方は絶対に必要な力。5年を過ぎて、明るい話題は増えてきてます」と、被災地に関する報道の変化についてつづった。
 月1回は主に宮城県の沿岸部を訪れているという伊達だが、「やはり3月11日は特別な1日。違う日に行くのと全く違う。住んでる皆さんの顔つきが違う。もしかしたら、我々もそうなのかも知れない」と、被災した人々の様子をつづり、「報道も減り、人間は、どうしても忘れてしまう。あんなにすさまじい映像を見ても、やはり忘れてしまう。忘れてもいいですが、年に1度は思い出して貰えれば」と願った。
2019年3月11日 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903110000486.html


大気汚染で「知能レベル」も低下、中国2万5000名調査で判明

 大気汚染が健康被害につながることはよく知られているが、最新の調査により大気汚染が知能の低下を招くことが明らかになった。
 学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で公開された研究は、2万5000名の中国の人々を4年間にわたり追跡したもので、数学力などの知能テストの結果と大気汚染との相関関係を調査した。
 その結果、見えてきたのは、人間は大気汚染にさらされると認知能力が低下することだ。男性のほうが女性よりも影響を受けやすい。また、年齢に応じて大気汚染の影響は異なり、高齢者のほうが影響を受けやすい。さらに、教育レベルの低い人々のほうが、大気汚染による知能の低下度が大きいことも明らかになった。
 2万5000名の参加者の知能の低下を測るために、研究チームは年に数回の言語力や数学力を問う知能テストを実施し、大気の汚染度との関係を調査した。大気の汚染度の指標としては、大気中の二酸化硫黄や二酸化窒素、その他の10マイクロメートル以下の微粒子の量が用いられた。
 どのようなメカニズムで、大気汚染が知能の低下を招くのかは現状では不明だという。しかし、研究チームは、仮に中国がアメリカの環境保護庁(EPA)の基準値レベルにまで、汚染を改善できたとしたら、全ての中国人が1年間の教育を受けるのと同等の効果が得られると述べている。
 世界で最も大気汚染が激しい250都市のリストに、中国は178都市を送り込んでおり、インドからは23都市が入っている。2017年の国連のデータによると現在の世界人口は76億人で、約26億人が中国及びインドに暮らしている。
2018/09/01
https://forbesjapan.com/articles/detail/22764


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/42 
 
AutoPage最新お知らせ