中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国の金正日国葬報道

今日は午前中、マイナス10度まで下がりました。今年初の「二桁」です。さすがに強烈ですが、まだ風が無いのが救いですね。

さて、昨日は平壌で金正日の国葬が行われたそうです。この様子をこちら中国ではニュース、新聞、ネットなどで広く報じていました。ということで中国のマスコミ発表による膨大な数の写真の中から何枚か転載します。

クリックすると元のサイズで表示します
会場の金日成広場に向かう車列です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
4枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
5枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
6枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
倅(せがれ)ら「新指導部」が迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
4枚目。アップで。

クリックすると元のサイズで表示します
5枚目。ちょっと顔色が変わった。

クリックすると元のサイズで表示します
「新体制」で記念写真。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと時間軸は前に戻ります。霊柩車に群がる北の人民です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
「将軍サマ」を称える歌の一節に「将軍サマは冷たい道を歩かない」とかいう詩があるそうです。そのため、自らの衣服を道路に敷き、「行進」を迎える北の人民です。車両のスリップ止め効果もあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
軍人も泣きます。

クリックすると元のサイズで表示します
一般人はとにかく泣きます。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。泣き崩れました。

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
ガマン出来なくなって霊柩車を追い駆けます。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
また時間軸はちょっと前に戻ります。「行進」を迎えるため、沿道に向かう北の人民です。行かなきゃ非国民。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
発表された捏造写真です。上が「ロイター通信」発表の写真、下が「朝鮮中央通信」発表の写真です。左下の撮影クルーが「消去」されています。この点に関しては下記「参考記事」に譲ります。

クリックすると元のサイズで表示します
またまた時間軸はちょっと前に戻ります。ここ最近の北の女性が泣き叫ぶ様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
4枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
子供もこのとおり。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。

クリックすると元のサイズで表示します
平壌在住の外国人の子供もこのとおり。

クリックすると元のサイズで表示します
北は一応、国連加盟国なので、NYの国連本部は半旗です。世界平和貢献ゼロ、いやマイナスなのにねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
最後に蛇足ながら、今年の夏(7月)、北がやった捏造写真です。国内の大同江が氾濫した時の写真だそうですが、濡れてません。国際援助はもらえませんでした。

嘘をつくことに躊躇い(ためらい)や罪悪感を感じたいものです。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
「整然とした国葬」を強調?北の配信写真加工か

 ロイター通信は29日、北朝鮮の金正日総書記の国葬で、28日に配信した朝鮮中央通信の写真1枚が「加工された疑いが強い」として、契約先の報道機関に削除を依頼した。
 写真は、車列が平壌の金日成広場を進む様子を撮影したもの。ロイター通信は、車列の両側に並んだ群衆のうち、左側にいた男性数人が画像加工で削除されたとしている。直後に撮影された写真では、群衆から離れた数人が写っているほか、右側の群衆の背後にもワゴン車が写っていた。
 見栄えを良くし、国葬が整然と行われたことを強調する狙いで加工した可能性がある。
 北朝鮮では今年7月にも、朝鮮中央通信が平壌市内で水害の様子を撮影した写真で、水かさを実際より多く見せる細工が施された疑いがもたれた。
(2011年12月29日20時30分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111229-OYT1T00518.htm?from=top

投稿者:dalian4649

中国の金正日死亡報道(2)

今日はマイナス8度まで下がりました。いや〜寒いです。体も心も。コタツに入ってマッタリしています。電気代もここ中国では全然食いません。

今日のエントリーも前回の続きで、中国が報じている「将軍サマ」死亡のニュースです。連日、中国のマスコミがネットでもかなりの写真を公開しています。その中から何枚か転載します。

北京の北朝鮮大使館を弔問した中国の最高指導部=中央政治局常務委員の面々です。9人全員が弔問に訪れています。当たり前ですが、日米両政府は「将軍サマ」の死に対して哀悼の意は表明していません。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日20日、胡錦濤(序列第1位)、呉邦国(序列第2位)、李長春(序列第5位)、習近平(序列第6位)、です。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日21日、温家宝(序列第3位)、賈慶林(序列第4位)、李克強(序列第7位)、賀国強(序列第8位)、周永康(序列第9位)、です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の金日成広場の様子です。全景です。

クリックすると元のサイズで表示します
明け方は雪だったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
朝鮮人民軍の兵士です。

クリックすると元のサイズで表示します
女性兵士です。

クリックすると元のサイズで表示します
女性交通警察です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
外国人です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
日本人的には言葉がありません。

クリックすると元のサイズで表示します
金日成広場の以外でも行われたようです。

クリックすると元のサイズで表示します
左下に移っている子供だけが一人冷静ですね。これが「本当の人間の姿」だと思います。

職場の年配の方と話していたら、毛沢東が死んだ時も号泣に次ぐ号泣で、こんな感じだったそうです。「儒教社会」にガチガチの「社会主義、共産主義」が加わると、こんな光景になるようですね。日本人には分からない感覚です。私達には自由がありますから。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
金総書記の遺体、永久保存なら年間の維持費は980万円―中国紙

 2011年12月22日、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺体は父親の金日成(キム・イルソン)主席と同じように防腐処理を施した上で永久保存される可能性が高いとみられるが、その際の維持費は毎年80万元(約980万円)に上ると推定されている。中国紙・環球時報が伝えた。
 金正日主席の遺体は、防腐処理を施した上で平壌郊外の錦繍山(クムスサン)記念宮殿に安置されている。記事によると、内装は豪華な大理石が敷き詰められ、遺体が安置されている場所に行くまでに、厳しいボディチェックや全身殺菌といった関門を通る必要がある。
 当然、撮影機材の持ち込みは禁止。北朝鮮陣は左側、外国人は右側を整列して並ぶ。ホールに置かれた金日成主席の坐像の前では、外国人観光客を含むすべての参観者に30秒間、直立不動の姿勢を取り、同主席への敬意を表すよう案内されている。
 遺体の防腐処理は旧ソ連の技術で行われた。現在はロシアで最高の技術を持つ機関が維持・管理を任されているという。それにかかる費用は年間80万元(約980万円)。金総書記の遺体も同様の処理を施す場合、年間の維持費用もやはり同程度になると記事は指摘している。
2011年12月22日
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=57220


中国・温家宝首相ら5人が北朝鮮大使館を弔問

 【北京=関泰晴】新華社電によると、中国の温家宝首相や李克強・筆頭副首相ら共産党政治局常務委員5人が21日、金正日総書記の死去を受けて、北京の北朝鮮大使館を弔問した。
 胡錦濤国家主席や習近平国家副主席ら4人はすでに20日、大使館を訪れた。これで最高指導部の常務委員9人全員が弔問したことになる。
 北朝鮮の金日成(キムイルソン)主席が1994年に死去した際も、江沢民国家主席(当時)ら指導部が大使館を弔問し、中朝両国の伝統的な友好関係を重視する姿勢を内外に誇示していた。江氏は今回の金総書記の死去では弔問に姿を見せていないが、大使館に花輪を送っている。
(2011年12月21日21時52分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111221-OYT1T00975.htm

投稿者:dalian4649

中国の金正日死亡報道

金正日が死にましたね。今年の春には大連に来て、フラマホテルに泊まっていき、私も車列ながら、遭遇したんですが、余命いくばくも無かったようですね。まあ日本人なら哀悼の意を捧げる人は皆無だと思います。ただ大連の属する、ここ遼寧省は鴨緑江を隔て、北朝鮮のすぐ隣。否が応でも気にはなります。ということで久々にこのカテゴリーの更新です。

中国と北朝鮮の結び付きは強いので、中国中央電子台(CCTV−1)の夜7時のニュース番組『新聞聯播』を見ていたら、トップニュースで報道していました。この番組、中国共産党中央機関の明確な規定で、国家に関する重要なニュースがまず先にこの番組の中で発表されるという、中国国内で最も視聴率・聴取率が高く、最も影響があり、更に世界で最も同時に視聴者が見ているという凄いテレビ番組です(笑)。

国交があるので平壌でCCTVが突撃インタビューもしていましたね。ネットの方も凄まじい量の写真が公開されています。ということで中国のサイトから何枚か転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
故金正日と倅(せがれ)です。そう上手く跡目継承といきますかね?

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
名物アナウンサーの李春姫(1943年7月8日生まれ、68歳)です。中国でも興味を持っている人は多く、かつて地元紙『大連晩報』だったか『半島晨報』だったか、特集が組まれていた事がありました。ここ最近テレビ出演が無かったようですが、今日は「泣きバージョン」をニュース番組の中で見させてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
人民はあちらこちらで号泣してますね。こちらは屋外です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目

クリックすると元のサイズで表示します
4枚目

クリックすると元のサイズで表示します
5枚目

クリックすると元のサイズで表示します
6枚目

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは屋内です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目

クリックすると元のサイズで表示します
4枚目

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは学校です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
中国中央電子台(CCTV)の突撃インタビューです。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄の駅から出てくる人にもインタビュー、泣きながら出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します
北京の北朝鮮大使館では半旗です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
北京の北朝鮮大使館に献花訪れた人です。在中の北朝鮮人民のようです。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目

クリックすると元のサイズで表示します
4枚目

クリックすると元のサイズで表示します
マサオの運命や如何に・・・。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

メガネどうした?!金正日

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の午後2時半頃、大連の石油工場がドッカーンといったらしくて、今日の地元のニュースではこの話題が結構報道されてましたね。最近の中国三大事故「爆発」、「毒入り」、「崩落」です。

さて、中国は北朝鮮の同盟国であり、12日、中朝友好協力相互援助条約調印50周年を記念して、張徳江副首相がわざわざ将軍サマに会いに行った時の様子が中国メディアで公開されました。

まあ日本人にとってはどうでもいいニュースですし、私も「見流し」ていたのですが、「うん?!何か違うぞ」と感じました。将軍サマがメガネを掛けていないのです。恐らく来賓を迎える直前にメガネが壊れて、修理する時間が、スペアを用意する時間が無かったと分析します(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
中国の贈り物を見入る将軍サマ。謙虚な姿です。後ろに倅です。

クリックすると元のサイズで表示します
中国の高官がここまでの笑顔を見せるのは正直珍しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
贈り物の説明をする張徳江副首相と引き続き謙虚な姿で聞く将軍サマ。

クリックすると元のサイズで表示します
人生最晩年が感じられる将軍サマ。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと投げやりモードの将軍サマ。

こちらはこのときの模様を動画ハイライトです。

さて、今回も蛇足ながら・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは7日付けで中国のメディアが公開した劇団と記念写真を撮る将軍サマです。右端に倅、左端にその倅の後見人になるであろう張成沢が写っていますね。この女優さん、親密さをアピールしているのか、それとも余命幾許も無い将軍サマが倒れないように支えているのか不明です。恐らく後者でしょう。

次に一昨日15日付けで中国のメディアが公開した、中朝国境の川(=鴨緑江)で洗顔、洗濯する北朝鮮「朝鮮人民軍」女性兵士です。中国側から北朝鮮第二の都市・恵山市を望んだそうです。写真右下に入っていた撮影日は画像処理され隠されていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
軍服を濡らしてしまったら大変!多くの女性兵士が上着を脱いで左側の大きな石に掛けてますね。この石の裏側では洗顔しているようです。それにしても軍服の下はカラフルなシャツを着てますね。年頃の女性だけにささやかな、精一杯のおしゃれといったところでしょうか。「ユニクロ平壌店」の成功は自信から確信に変わったと言えるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
洗濯物を袋に入れて持ってきて「まとめ洗い」しているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
「あら、やだ。見られてるわ!」っていう感じですね。左端には野郎の姿も確認できます。

クリックすると元のサイズで表示します
結構「団体」で来ていますね。

過去のエントリーでも述べていますが、私は北朝鮮に関しては二代で亡国、つまり三代目の「即位」はできないという見方をしています。いずれにせよ極めて近い将来に北朝鮮情勢は大きく動きそうですね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。



参考記事:
北朝鮮:金総書記が中国の親善代表団と会談 正恩氏も同席
 
 朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記は12日、中朝友好協力相互援助条約調印50周年(11日)に合わせ訪朝した張徳江(ちょうとくこう)副首相率いる中国の親善代表団と会談した。総書記の後継者、金正恩(キム・ジョンウン)氏も同席した。
 金総書記が中国の要人と会うのは、6月13日に李源潮(りげんちょう)中央組織部長率いる中国共産党代表団と会談して以来。会談には、北朝鮮の核・対米外交を長く担ってきた姜錫柱(カン・ソクチュ)副首相や金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官も同席しており、経済協力など中朝連携の再確認のほか、6カ国協議の再開問題なども議題になった可能性がある。(北京・共同)
http://mainichi.jp/select/world/news/20110713k0000e030016000c.html


北朝鮮:友好を強調、中国と温度差 援助条約50年

 【北京・米村耕一】中朝友好協力相互援助条約締結50周年を迎えた11日、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、同条約が「中朝関係を力強く発展させる原動力だ」と主張する記事を掲載するなど、北朝鮮側では連日、友好ムードを盛り上げる報道が続いている。確かに両国の人的交流は活発化しているが、中国にとって条約の意義は、米韓側をけん制するために北朝鮮を引きつけておくことであり、両国の思惑の違いが浮かび上がっている。
 中国側は張徳江副首相、北朝鮮側は最高人民会議常任委員会の楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)副委員長をトップとする代表団を派遣。そのほかにも芸術団や政府関係者の往来が増加している。北朝鮮が09年5月に2度目の核実験を行って以来、冷え込んだ中朝関係は、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記による3回の訪中などを受けて改善。経済協力に関する協議も昨年末から急展開で進み、両国は蜜月を迎えたかに見える。
 しかし、実際の両国関係は複雑で、相互援助条約は軍事同盟の色彩を帯びているが、中国側の北朝鮮専門家は「実際に中国が条約に縛られるとは限らない」との見方を示した。政府系シンクタンク、現代国際関係研究院の崔立如院長も「中国が最も重視するのは朝鮮半島の安定だ。条約が想定するような事態が起こるとは考えていない」と強調した。
 中国は昨年の韓国哨戒艦沈没事件や北朝鮮による延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件を受けて、逆に北朝鮮との経済協力に関する協議を加速。金総書記の訪中時には、中国の経済発展を切り開いた「改革開放」の重要性を紹介した。中国側は金総書記の反応に好感触を得ており、中国の楊潔※外相は今月4日、日本の松本剛明外相との会談で「朝鮮半島情勢は緩和している」と述べた。
 一方、日米韓の見方は、中国のこうした楽観論とは食い違う。
 北朝鮮は今年に入って実際の挑発行動は起こしていないものの、韓国に対する対決姿勢はより強めているからだ。米軍トップのマレン統合参謀本部議長は10日、訪問先の北京で海外メディアに対し、「北朝鮮の政策で唯一、予測可能なのは今後も挑発を続けるということだ」と指摘。「新たな挑発には韓国は対応せざるを得ない。危険性は高まっている」と語った。
 ※は竹かんむりに褫のつくり
◇中朝友好協力相互援助条約
 1961年7月11日、北京で当時の周恩来・中国首相と金日成(キム・イルソン)北朝鮮首相の間で調印された。第2条で「いずれか一方が武力攻撃をうけた場合は、締約国は軍事および、その他の援助を与える」と規定しており、中朝間の事実上の軍事同盟を担保している。
http://mainichi.jp/select/world/news/20110712k0000m030091000c.html

投稿者:dalian4649

金正日総書記がブラジャー生産を現地視察指導する

クリックすると元のサイズで表示します
久々の北朝鮮ネタです。将軍サマがまたまた中国を訪れました。昨年5月、8月、そして今回、と昨年から異例のペースでの訪中です。地元紙『大連晩報』の報道によれば、今回は黒龍江省・牡丹江、吉林省・長春、江蘇省・揚州、江蘇省・南京、そして最後に北京というルートだったそうで、主に農業・工業・商業・商業・科学技術・人民の生活、を見学して行ったそうです。

独裁者ですので、一般人は車列を見るぐらいしか出来ません。現に私自身、昨年5月に将軍サマ御一行が大連を訪問した時、その車列に遭遇した経験をブログにエントリーしました。周囲一帯は彼等の「行進」で暫くの間、通行止めになりますので、その「迷惑」を怒っている中国人民は少なくないようです。

まあ中国の「親」北朝鮮は、今現在の日本における奇異な現象=「親中&親韓」(媚中&媚韓?!)と全く同じです。つまり「官熱民冷」の典型例なんですね。特定の政治家、それも特定の世代が勝手に夢中になって、マスコミを使って国民に無理やり押し付けていることで、国民の大多数は「ハァ?!」とシラけている。「逆意見」だということです。
国益ならぬ「国損」以外の何物でもないんですね。

さて、この話題はこの辺にして、ちょっと前のニュース(5月8日、朝鮮中央通信社)になりますが、将軍サマネタで面白いのがありました。「将軍サマがブラジャー生産を現地視察指導する」というものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

記事を翻訳します。

朝鮮中央通信社が2011年5月8日に報じたところによれば、金正日がRakrang Ponghwa女性下着工場を視察に訪れた。この報道によれば「偉大なる指導者・金正日同志は、事細かく工場の技術者にブラジャーの各技術指標について質問した。そして上機嫌にブラジャーを触り、その柔軟さの度合いを確認した。周囲の工員に対しては優しい声で、『出来るだけ早く、そして数多く、このようなブラジャーを生産したいものだ、そして朝鮮人民の女性全てがこのような優れたブラジャーを身に付けることが出来るようになり、同時に彼女たちの体の健康も守られるようにしたいものだ』と述べた」

この国の指導者(=独裁者)にはいろいろな視察(=公務)があるものですねえ(笑)。将軍サマがどれだけブラジャーに詳しいのかは知りませんが、「女性物」だけに彼の現在の奥さん=「喜び組」出身で4人目の奥さん、とされる「金玉(キム・オク)」が現地視察指導すれば良いと思うんですけど、それが許されないのが絶対的な存在であり、唯一無二の存在である独裁者による独裁国家なんでしょうね。全ての「決済」が行えるのは独裁者ただ一人のみ、ということなんでしょう。

まあ100歩、いや10000歩譲って、彼の奥さんに「指導権」が譲られたところで、「漢字国家」中国では「金玉がブラジャー生産を現地視察指導」と報道されますから、日本人からしてみればこれはこれで大爆笑なんですけどね。

最後に蛇足ながら「金玉」という漢字ですが、
日本語では「キンタマ」の意
中国語では「黄金や珠玉など、非常に貴重な物」という意
です。
まあ「キンタマ」もある意味「非常に貴重な物」なんですがね(笑)。

日本語を勉強している、日本に興味を持っている中華圏超美女限定で「セクハラネタ」として使って下さい。

「金玉」
これ日本語で何て読むの?
はっきり聞こえない、もう少し大きい声で!
もう一度、大きい声で!
(最後に)日本語の意味知ってんの?

な〜んてやれば盛り上がる(?!)と思います。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
金正日と同じ車から降りた女性は金オクと推定

24日、中国・南京にある電子企業の建物に到着した金正日(キム・ジョンイル、右側の赤い円の中)の車から、黄色の上着と黒のスカートを着た女性(左側の赤い円)が降りている。
クリックすると元のサイズで表示します
中国ネットユーザーが撮影した映像をキャプチャーしたこの写真の女性は、金委員長の喜び組出身で4人目の夫人である金玉(キム・オク)と推定されている。小さい写真は北朝鮮画報集に掲載された1988年の金玉の姿。
http://japanese.joins.com/article/235/140235.html?sectcode=&servcode=

投稿者:dalian4649
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ