中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

得点王ケンペスの悲報に泣く、そして中国の報道

元ジェフ千葉の選手で2013年J2得点王のケンペスが亡くなりました。飛行機事故です。まだ現役バリバリの34歳ですよ!監督以下チーム一つが丸ごと突然消えてしまって、今年一番のショッキングなニュースでした。帰宅中にスマホを見て知ったのですが、ラッシュアワーで混雑するバスの中にもかかわらず、思わず日本語で「えっ、マジか・・・」と声を出してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
一夜明けて本日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。御覧のように、この飛行機事故が大きく取り上げられています。大連は港町であり、またサッカーの町でもあります。今でこそ広州に主役の座を明け渡していますが、かつてはここが主役の町でした。孫継海も大連の出身ですし、「大連実徳」を経て「マンチェスター・シティ」へと旅立って行きました。

今回の事故はかつて中国リーグにも短期間ながら所属していた選手が一人犠牲になりました。やはり他人事ではなかったのです。

今シーズンはかつて大連のクラブに属していた多くの人材がJリーグへと渡ったり、成功を収めました。旧「大連実徳」の「金珍圭(キム・ジンギュ)」(ファジアーノ岡山)、旧「大連アルビン」の「ピーター・ウタカ」(サンフレッチェ広島)、そして「ブルーノ・メネゲウ」(セレッソ大阪)です。ウタカはJ1得点王ですからね。Jへ関心は低くないんですよ。

今回はこの事故について、中国側からの報道の様子を取り上げたいと思います。写真は全て中国のサイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
現場です。遺体は一体一体、白い布に包まれていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂には丁寧に多くの遺体が並べられています。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘリで無言の帰宅です。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって、パラグアイの南米サッカー連盟本部です。半旗です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって、「シャペコエンセ」の本拠地、ブラジル南部に位置するシャペコの町です。教会に集結したサポーターです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
泣くしかないですよね。快進撃を続けてコパ・スダメリカーナの決勝戦まで来たチームが、直前に丸々一つ突然消えてしまったのですから・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
教会の中です。祈りが捧げられています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって、こちらはホームスタジアム「アレーナ・コンダ」の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
スタジアム内のロッカールームです。祭壇が設けられました。皆、亡くなりました。あり得ない・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
残った選手は今回の決勝戦にベンチ入りしなかった選手です。ロッカーには一つ一つ番号(=背番号)が振られているのが確認できます。ケンペスの背番号は「33」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
サポなら泣くしかないです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以下は、私がジェフ千葉のホームスタジアム「フクダ電子アリーナ」で、観戦時に撮った、在りし日のケンペスの姿です。敬称略です。

クリックすると元のサイズで表示します
2013年8月4日の「水戸ホーリーホック」戦です。試合後のサポーターへの挨拶時に撮りました。片方のスパイクを脱ぎ、美味しそうに水を飲み干しています。この年は22得点を挙げ、J2得点王になりました。クラブとJの歴史に名を残したんですね。永遠に残ります。

クリックすると元のサイズで表示します
2014年8月11日の「横浜FC」戦です。試合前のウォーミングアップ時の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
「兄弟?」なんて言われていた田中佑昌(ヴァンフォーレ甲府)と。

クリックすると元のサイズで表示します
試合中です。ドウグラスから厳しいマークを受けます。

クリックすると元のサイズで表示します
2014年10月5日の「アビスパ福岡」戦です。試合前のウォーミングアップ時の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
兵働昭弘(水戸ホーリーホック)と。笑顔が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
もうこの笑顔を見ることは出来ません(泣)。

今年はリティやオーロイがフクアリに来てくれて、ケンペスはスルガ銀行チャンピオンシップで現役バリバリで再来日するかも、なんて夢を見させて貰っていた矢先の事故死でした。

ファン対応はとても紳士的で、ベンチ入りしなかった時のフクアリのコンコースでのサイン会はとりわけ長い列でしたね。本当にナイスガイでした。心からのご冥福をお祈り致します。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

中国サッカーに帰ってきたトルシエ元日本代表監督

12月に入りました。年末年始の日本一時帰国が見えてくると、心もウキウキしてきます。

お天道様はまるで暦を知っていたかのように、大連は12月に入った1日、そして昨日2日、と二日連続でパラパラと一時的に「可愛い」降雪がありました。本格的な降積雪ではありません。昨日は最低気温がマイナス7度まで下がり、今日もマイナス4度まで下がりました。降雪に加え、風もソコソコあるので大気の状態は絶好調です。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝の「労働公園緑山とテレビ塔」の様子です。かなり早起きしてしまったので、朝市に買い物に行きました。朝焼けが綺麗です。手前の煙突から出ている煙は各家庭に送られるスチーム(中国語:暖気)の温水を作るために燃される石炭によるものです。大気汚染の元凶の一つですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝8時の大連各地の大気の状況です。「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5の数値は「63」です。日本的には「汚染」状況ですが、大連では年に数回しかない低数値です。

クリックすると元のサイズで表示します
で、帰宅時19時の大気の状況です。風があったので、大連市内各所は良くなる一方でした。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら先々週の金曜日、11月22日の朝10時です。前日夜から続いた毒ガス地獄でした・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに大連地元紙『半島晨報』も一面でドカンと取り上げました。11月22日付けの同紙で、見出しは「昨日は星海広場で海が見えなかった 一日中、大連は重度大気汚染だった」とあります。

さて、話題はガラリと変わって、久々にサッカーの話題を取り上げます。
クリックすると元のサイズで表示します
オフシーズンに入っている中国サッカーリーグですが、あのフィリップ・トルシエ元日本代表監督が中国に帰ってきました(下記「参考記事」参照)。昨年以来の、あっという間の中国復帰ですね。

さようなら、トルシエ元日本代表監督
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/409.html

クリックすると元のサイズで表示します
新しい所属クラブは2011年、2012年にやはり元日本代表監督であった岡田武史氏が率いていた「杭州緑城」です。驚きましたね。「杭州緑城」は二人目の元日本代表監督を迎えたことになります。

クリックすると元のサイズで表示します
御年59歳。さすがに老けました。ウィキによれば前所属先はチュニジア・リーグのCSスファクシアンというクラブだったようですね。結果を出せずに2年契約も途中で契約解消となっていますね。

岡田監督の就任時で分かるように、「杭州緑城」は中国サッカー・スーパーリーグ(中超)の全16チームの中では「育成型クラブ」も、一方で「貧乏クラブ」ですから、「スター選手」の獲得は望めません。「知恵」と「経験」を武器に、どれだけ結果を出せるかが楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します
これまた蛇足ながら、日本代表監督に就任していた時の姿です。2002年の日本W杯の時の代表監督ですから、もう12年も前になりますね。一方で、この2002年のW杯を最後に今日まで、トルシエは(現場)監督就任した代表、そして所属クラブの全5チームで全く結果を残せていません。中国リーグに至っては「深圳紅鑽」で2部リーグに降格させた挙句、その後も2年間、同クラブの指揮を執ったものの1部復帰は叶いませんでした。厳しい見方をすれば、「もう終わった」監督なのかもしれません。

過去には「支那人」サポーターとも激しくぶつかりました。

堕ちていくトルシエ元日本代表監督
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/291.html

ともあれ、中国在住の日本人サッカーファンにとっては「外せない」楽しみな人が戻ってきたのは否定できません。日経までが報じていますしね(笑)。「大連→杭州」は片道2時間、LCCの春秋航空で片道最安99元(=約2000円)〜なので、決して行き難くはありません。娯楽の少ない国・中国。来シーズンの生観戦も小旅行がてら、ちょっと考えてみたいですね。




参考記事:
杭州緑城監督にトルシエ氏 サッカー中国リーグ

 サッカーの中国スーパーリーグの杭州緑城は1日、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表を初めて決勝トーナメントに導いたフィリップ・トルシエ氏(59)が監督に就任したと発表した。新華社が2日、伝えた。
 かつてコートジボワール代表や南アフリカ代表などの監督も務めたフランス出身のトルシエ氏は、チュニジア・リーグのスファクシアンを率いていたが9月に退任したという。杭州緑城では、元日本代表監督の岡田武史氏も監督を務めていた。〔共同〕
2014/12/3 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20759_S4A201C1000000/


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

日本と日本人の地位向上に大きく寄与した現地生観戦日本人サポーターの皆さん

今日の大連は昨日に引き続き、雲一つ無い快晴です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本日午後2時の大連各所の大気の様子です。気温は27度、PM2.5の数値は市中心部の青泥窪橋(大連駅)で「55」です。

クリックすると元のサイズで表示します
大気の状況も良かったので、今日は朝からピクニックシートと水筒を持って、午前中から日焼けに行きました。労働公園内の「草原」です。5時間ほど太陽に晒されていました。ここではテントを張っている家族や、多くの子供を引き連れて、シートを敷いてピクニックを楽しんでいるグループが見られました。私が彼らと違うのは炎天下に陣取っていた点ですね(笑)。日本と違って、こちら満州の夏は湿度が低いので、汗だくになる事も無く、綺麗に焼けます。大気汚染の日だけ気を付ければ問題ありません。

さて、今日もW杯ネタです。今日はその様子が世界中に配信され賞賛された日本人サポーターを中心に記したいと思います。なお写真は全て中国のサイトからの転載です。

まずは、日本代表と現地ブラジルに長期滞在する日本人の方々との交流の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
サンパウロ日本人学校での交流会ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今の日本の小学生男子の、なりたい職業の第1位はサッカー選手だけに、この機会はメチャクチャ嬉しいでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
山口選手ですね。肩組んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
自然な笑顔の本田選手。

クリックすると元のサイズで表示します
抜け駆けのツーショット(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
長谷部キャプテンとザッケローニ監督です。

次に「日本人サポーターここに在り!」を世界に見せ付け、報道もされた「行動」です。この行動が出来るのは世界広しと言えども、日本人「だけ」というのが誇らしいですね。「世界一」ということです。どれだけ日本人(&サポーター)の素質素養の高さを示し、地位向上をもたらしてくれたか計り知れません。本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私も経験ありますが、異国でのサッカー観戦、それもW杯会場という観客数の多さを考えると、帰路の混雑ってどうしても頭によぎってしまって、「我、先に」で早く帰りたくなるものなんですよね。ましてやここは「リアル北斗の拳」の国(町)です。不安は一層増すんですよ。にもかかわらず、自発的居残りでこの「行動」!これを賞賛せずにはいられませんよ。

世界の皆さんから一目置かれる存在となると、友好、交流は劇的なスピードで進みます。そこに言語は要りません。

クリックすると元のサイズで表示します
最終戦となったコロンビアサポーターとの記念撮影ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
着物姿です。

更に、中韓が欲して止まない外国人の方々からの自然な「支持」です。これは日本「だけ」にしか存在しない「大きな魅力」です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ありがとう!

過去エントリーでも取り上げましたが、「なでしこ」がW杯を制覇した時の、現地会場における全世界の方々からの「支持」は凄かったですね。この時は中韓が存在しなかっただけに、スポーツマンシップの尊重、エールの交換、など素晴らしい大会となりました。

中国から「なでしこジャパン」最高!
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/229.html

さあ、大会は決勝トーナメントに入ります。まだまだ熱くて、最高の夜は続きます。至福の期間ですね〜。




参考記事:
海外メディアが日本サポーターの社会責任への意識の高さ評価

 サッカーのワールドカップ(W杯)で大事なのはピッチ上で勝つことだ。日本代表が基本的に「勝てるチーム」と見なされるようになるまでにはまだまだ長い道のりが残されているようだし、タイトルを争えるチームとなればなおさらだろう。数字的に見ても、これまでW杯で15試合を戦っての戦績は4勝3分け8敗というものだ。
 だが、W杯は必ずしもサッカーだけではない。オリンピック以上に世界がスポーツの名の下にひとつになり、文化がぶつかり合って混じり合い、願わくばお互いから学ぶことができるような、そういう1カ月間でもある。
 1998年のフランス大会以来、日本のチームとサポーターはこの国の文化の良い部分を世界の舞台に届けてきた。だが、ソーシャルネットワークの普及に助けられて、今大会では今まで以上にサムライブルーとサポーターたちの行動が世界中に知られるようになっている。
 たとえばイタリアでは、コートジボワールとの試合終了後に日本の選手たちがサポーターに感謝した姿は、大きな感動を持って受け止められた。日本サッカー界の慣行として慣れ親しんだ我々にとっては、ごく普通の光景に見えたことだったとしてもだ。
 だがイタリアのサッカーファンにとっては、雨の中でびしょ濡れになりつつ試合に敗れた日本の選手たちが、時間とエネルギーを費やしてサポーターのもとへ赴き、感謝を表すというのはきわめて感動的な光景に映った。数多くのブログやニュース記事、フェイスブックやツイッターの投稿などでそのことが強調されている。
 しかし、それ以上に大きく世界に広がったのは、試合終了後に観客席でゴミ拾いをしているサポーターたちの姿だ。
 これもまた、日本国内では普通のことでもあるし、あらゆる場所で常識となるべきことでもある。だが多くの西洋メディアは、恥の意識と自己批判を込めて、日本サポーターの社会責任への意識の高さを指摘していた。
 たとえばスペイン『マルカ』ウェブ版は、こういった行為を「”市民道徳”ではなく”日本”と呼ぼう」というタイトルの記事を掲載している。その中ではJリーグの基本的にポジティブな雰囲気や、ボランティアの役割、そして一般的に日本人が街路を清潔にしていることも紹介されている。
 ブラジルのサイト『UOLエスポルチ』も、日本のサポーターが持ち込んだ青いゴミ袋が、試合中に膨らませてチームカラーの応援グッズとなることに加えて、試合後にはゴミを詰めるという本来の役割も果たすことを説明する記事を掲載。「日本人が模範を示した」とのタイトルだ。
 サムライブルーのブラジルの地での初白星はまだ待たねばならないが、日本はW杯における文化交流という面ではすでに大きな貢献をしていると言える。国として誇りに感じて良いことだ。
2014.6.18 サンケイスポーツ

http://www.sanspo.com/soccer/news/20140618/jpn14061820050021-n1.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/20140618/jpn14061820050021-n2.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/20140618/jpn14061820050021-n3.html

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

胸を張って帰って来い!日本代表!

ようやく週末です(疲)。今日の大連は快晴です。ただ風が強いので、汚染された大気は皆、飛んで行ってしまいました。昨晩は深夜11:30頃、突然の凄まじい雷雨でした。雨量は31ミリで、雨が少ないこの地ではかなりの雨量です。

さて、日本代表のW杯は終わりました。中韓のみならず、日本のマスコミも叩きに叩いており、各種サイトは目を通すのも閉口ですが、当ブログでは今大会の日本代表の「見せ場」のみを取り上げ、4年後へ繋げる夢と希望にしたいと思います。

なお写真は全て、こちら中国のサイトの転載です。素晴らしい写真には素直に感謝です。

クリックすると元のサイズで表示します
初戦のコートジボワール戦です。大迫選手のワントップ起用には驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します
前半の本田選手のシュートで先制です。このゴールは素晴らしかった!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
最高のオープニングでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
第二戦目のギリシャ戦です。

クリックすると元のサイズで表示します
期待は大久保選手でした。

クリックすると元のサイズで表示します
キャプテン長谷部選手と本田選手です。

クリックすると元のサイズで表示します
奇跡を信じるも、最終戦となってしまったコロンビア戦です。

クリックすると元のサイズで表示します
岡崎選手のヘディングでのゴールです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
アシストした本田選手とタッチです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
吉田選手との何とも言えない姿です。

次に日本人審判団に移ります。

クリックすると元のサイズで表示します
今大会の開幕戦、「ブラジルvsクロアチア」の主審に選ばれた西村雄一さんです。凄いプレッシャーだったと思います。ネイマールにイエローカードを出した時は、明日殺されるんじゃないかと真剣に思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
副審の名木利幸さんとゴールを決めたネイマールです。

更に副審には相楽亨さんが選ばれており、この開幕戦は日本人審判団で裁かれました。名誉な事です。

1次リーグ敗退、と残念な結果に終わりましたが、これがサッカー、そしてW杯です。FIFAランキングで考えればC組の順位結果は「順当」以外の何物でもなかったわけです。しかし、今大会行きを世界で最初に決定したのは日本です。負けて謝る必要なんて全くありません。何も悪い事などしていないのです。敗因をしっかりと分析し、次に繋げる。この作業を怠る事無くして日本代表はW杯の出場を「当たり前」とし、ここまで強くなってきました。

個人的な意見を言わせて貰えば、日本代表はもう海外組が中心なのですから、代表戦もどんどんアジアの国以外と行うべきです。韓国戦なんてね、日本代表からはもう必要ないんですよ。韓国戦が、それも定期的に必要なのは中国代表なんですね。日本はアジアカップよりもコパ・アメリカですよ。勉強と同じで、次へのステップに踏み出して欲しいんです。得る物はケタ違いだと思いますね。今大会直前のザンビア戦も面白かったので、南米、アフリカ勢との試合を増やして切磋琢磨、更に進歩、進化して欲しいです。

日本は武士の国です。「勝負は兵家の常」です。
日本は国旗が表しているように「日出づる国」でもあります。
また新たな4年間が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
胸を張って日本に帰って来い!
本大会への出場、そして活躍を見せてくれてありがとう!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

悪夢再び・・・。泣いた・・・。

今年2014年に入って、めっきり少なくなった大連の雨ですが、今朝は雨でした。一昨日も珍しく雨でしたが、何か嫌な予感・・・。

今朝はW杯の「日本vsギリシャ」があるので、早起き、やや早めの出勤をしました。日本とは1時間時差がある中国での試合開始は朝6時です。試合終了は8時前となりますので、観戦後、直ぐに仕事に取り掛からなければなりません。

我らが日本代表は1次リーグをC組で戦っています。C組の出場国FIFAランキング(2014年6月5日発表)は、

コロンビア 8位
ギリシャ 12位
コートジボワール 28位
日本 46位

です。

初戦のコートジボワール戦を「1:2」の逆転負けで落とし、負けられない今朝はギリシャ戦でした。個人的なギリシャ代表の思い出と言えば、私がこちら中国に来た翌年である2004年、ヨーロッパ選手権(ポルトガル開催)でまさかの優勝を遂げたことで、これは全世界をも驚かせましたね。同国サッカーにとっても史上初のビッグタイトル獲得です。

またこの時、中国は世界的に注目度が高いサッカーの「大試合」を全試合、テレビの地上波で生中継、更に翌日は再放送、とやってくれる事を知ったので、これはこれで「地獄で仏に会ったよう」を感じたものです。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は愛機、ソニーのスマホでの観戦でした。相手は早々と退場者を出し、10人となったものの攻めきれず、結局は「0:0」のドロー、残るは日本代表現監督ザッケローニの就任時、日本代表監督就任として新聞の一面で誤報まで出たペケルマン(アルゼンチン)が率いるコロンビア戦です。更に決勝トーナメントへの進出には「他力本願」も必要、ということで、非常に厳しいと言わざるを得ません。

こちら大連における地元紙『半島晨報』の日本代表に対する報道ですが、それはそれは酷いものです。日本代表「終戦」後にまとめて御紹介したいと思います。

今朝のこちら中国CCTV5チャンネルの生中継「ぶり」ですが、実況アナウンサーは、どうやら長友佑都選手に思い入れ(ファン?)があるらしく、かなり熱く語っており、彼の名前を連呼する機会も多かったです。イタリア・セリエAのインテルでレギュラー選手、そして明治大学を経てのサッカー選手、ということも試合中に紹介していました。今の中国人サッカー選手でこういう選手は居ませんし、これからも出ません。

ドローでの試合終了と共にガクッと力が抜けてしまいました・・・。まあ大学生の時に生中継観戦で「ドーハの悲劇」を経験し、涙を流していますし、1998年のフランスW杯アジア最終予選では、国立競技場の韓国戦で逆転負けを喫し、加茂周監督から岡田武史監督への変わる節目となった試合を現地で生観戦していました。それに比べればなんですけど・・・。泣けますよ・・・。

当ブログの過去エントリーでありますように、私は北京オリンピックで反町康治監督率いる日本代表戦を全3戦、現地生観戦しました。が、全敗でした。その時の「全敗メンバー」で、今回のブラジルにおける、この2戦に出場した選手が、

吉田麻也(DF、背番号3、名古屋グランパス)
長友佑都(DF、背番号5、FC東京)
森重真人(DF、背番号6、大分トリニータ)
内田篤人(DF、背番号7、鹿島アントラーズ)
本田圭佑(MF、背番号8、VVVフェンロー)
香川真司(MF、背番号14、セレッソ大阪)
岡崎慎司(FW、背番号11、清水エスパルス)

です。彼らが成長し、今回のブラジルW杯への出場権を世界で一番最初に獲得してくれ、主力として戦っています。北京オリンピック同様、本大会で1勝も出来ずに去るのはサポーターとしても苦しいです。

今出来る事に対してベストを尽くそう!
最後の最後まで頑張れ!日本代表!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。
投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/10 
 
AutoPage最新お知らせ