中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

東京新宿「ルミネtheよしもと」お笑い観劇記 (4)

今回のエントリーも東京新宿「ルミネtheよしもと」観劇記です。5度目の生観劇となります。

 

連日の観劇となる今回は

120日(水)「?回目」公演 12001400

です。

 

前日の公演構成とは異なり、この日の公演は前半が「コント、漫才」のネタ披露、後半が「新喜劇」の芝居披露、という通常の公演構成でした。

 

ネタ組の出演者は「村上ショージSP(村上ショージ&ぜんじろう)」、「FUJIWARA」、「バッファロー吾郎」、「品川庄司」、「トータルテンボス」、「キングコング」、「ハリセンボン」、「テンダラー」

でした。

 

芝居組は「吉本新喜劇 ほんこん班」で「ほんこん/大山英雄/シベリア文太/本田みずほ/芦澤和哉/内海仁志/原万紀子/チャド・マレーン/浜田翔子」他

でした。

 

2立ち見席まで満席(入場規制発動?)となった前日の公演とは一転、この日はガラガラ。7階にある「ルミネtheよしもと」劇場に通じるエレベーター(10時に運転開始)前に9時半に着くも待っている客は1人だけ。ということで、わざわざ待っている必要もないかと判断して、新宿駅南口周辺にある適当な食事処で朝食を済まし、10時になる5分前ぐらい前に再びエレベーター前に戻ってきました。それでも待っている客は4,5人しかいませんでした。10時になって7階に通じるエレベーターの運転が開始し、7階劇場窓口前に再び並ぶのですが、余裕で、それも列の一番前となりました。


 

110時半になって窓口で発券&引き換えが始まりましたが、この日は「大不入り」のようで、私は前から3列目、中央ブロック右側通路すぐ横をもらいました。この規制だらけの1000円チケットで、しかも当日、開場30分前の発券ということを考えると、かなりの良席です。実際公演が始まっても劇場の後方4分の1は全て空席。この日出演の多くの芸人さんがこの寂しい現象をネタにしていました。

 

3さて「前説」は若手芸人の「バウンサー」。通常「前説」担当の若手芸人は「前説」終了と共に以後終演まで再び出てくることは無いのですが、この日は「品川庄司」がスケジュールの都合で本来の出演時間に間に合わず、急遽その場を埋める為に「事情説明」に、更には「ネタ披露」にまで「再」「再々」出演しました。彼等によればルミネでのネタ披露は初めて(通常公演初舞台)ということでしたが、ネタの内容自体は悪くなく、面白かったです。個人的にこの日の「MVP」は彼等だと思いました。突然のネタ披露でしたが、舞台袖で「キングコング」の西野がサポート(緊張ほぐし?アドバイス?)していたのも先輩らしい、微笑ましい光景でした。前方列のサイドブロックに座っていましたから、その一部始終がよ〜く見えてしまいました。

 

ただやはり、この日の出演は彼等にとって特別な日となったようで、共に自分のブログでこの日の珍事(?!)を綴っています。せっかくなので「バウンサー・斉藤」のブログ「バウンサー・レオ」のブログ、共にこの日のエントリーを紹介しておきます。

 

この日のネタ組は「トータルテンボス」、「ハリセンボン」が特に面白かったです。特に生の「ハリセンボン」は登場と同時にその外見だけで既に客は爆笑。近藤の26歳という外見とのアンバランスさ、よく言われる似ている芸能人の話で爆笑。また箕輪の体の薄さもネタで取り上げられていましたが、実際に見てみると驚きの薄さでした。

 

「FUJIWARA」は面白かったですが、他の芸人さんに比べ、演じる時間が短すぎて残念。面白いコントだっただけにもう少し見たかった。「バッファロー吾郎」は竹若が元気一杯、そして大声でコントを演じるも、会場は空回りで全然ウケずに気の毒。「キングコング」は前日見た漫才と一部しか内容が変わらない森の熊さん輪唱ネタ、「品川庄司」は遅刻の為、「新喜劇」が終わった後に一組だけ改めてネタ披露、といういつもとは違う流れでした。庄司が「ミキティ〜!」という絶叫ネタでも一発やれば客席は一気に盛り上がり、また贖罪の念も感じられますがそれも無し。肝心のネタは終始グダグダでそれほど爆笑も起こらず。結果的にこの日の公演の「トリ」を立派に務めたとは言い難く、「終わり良ければ全て良し」の逆をやってしまいました。

 

芝居組ですが、以前「人志松本のすべらない話」で「ほっしゃん。」が先輩「シベリア文太」という芸人の活舌(かつぜつ)の悪さについての話を披露しており、その話がなかなか面白かったので、この芸人さんに少しながら興味を持っていましたが、今回の「新喜劇」で実際に彼を生で見る機会に恵まれ、楽しませてもらいました。この「活舌(かつぜつ)の悪さ」はあくまでネタとしてやっているのかは不明ですが、この日は「ほんこん」との面白い絡みを見せてもらいました。

 

このところ「板尾創路」、「アンタッチャブル柴田」、と個人的に好きな芸人さんが「体調不良→休養」となり非常に心配ですが、健康第一で早く回復、復帰し、再び我々を笑わせてくれることを切に願いたいと思います。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

東京新宿「ルミネtheよしもと」お笑い観劇記 (3)

今回の帰国も私の日本滞在中の楽しみの一つ、新宿駅南口に隣接するショッピングビル「ルミネ」7階の「ルミネtheよしもと」劇場に行き、「お笑い」を生観劇して来ました。4回目の生観劇となります。言論・出版の自由が認められている日本ってやはり素晴らしい国です。中国だったら「爆笑問題」や「ザ・ニュースペーパー」は死刑(?!)でしょう(笑)。

 

2さて今回も金券ショップで格安チケット(1000円ナリ!)を買っての観劇です。本来チケットは「?回目」、「?回目」、「?回目」、全て前売券が4000円、当日券が4500円という価格設定ですが、予め金券ショップでこの「非売品ご招待券」を購入すれば、当日の10時半より劇場窓口で実券(指定席券)に交換してくれます。

 

1さて今回の観劇は

119日(火)「?回目」公演 15001700

です。

 

蛇足ながら写真撮影は「前説」の若手芸人の出ている時だけ許されます。ということで一枚パチリ。

 

普段の公演は前半が「コント、漫才」のネタ披露、後半が「新喜劇」の芝居披露という、合計約2時間の構成なのですが、この日は「ルミネバラエティ」=「コント、漫才」のネタ披露のみという構成でした。

 

出演者は「ロバート」、「博多華丸・大吉」、「陣内智則」、「COWCOW」、「タカアンドトシ」、「ペナルティ」、「ブラックマヨネーズ」、「次長課長」、「フットボールアワー」、「麒麟」、「キングコング」、「NON STYLE」、「チーモンチョーチュウ&デッカチャン&ひとりでできるもん」、でした。

 

3この日の出演者はかな〜り豪華だったこともあって、7階にある「ルミネtheよしもと」劇場に通じるエレベーター(10時に運転開始)前に9時半に着くも既に人多く、30分待ち。まあ出演者を考えれば想定内です。10時に運転が始まったエレベーターで上がって7階に到着。エレベーターが開くと同時に劇場窓口前に並ぶためダッシュ!そこでまた30分待ちでやっと実券に変えてもらいました。変えてもらったチケットを見てビックリ。私の引き換えてもらったチケットは最後列の最も端の席で、私がまさに座って観劇できる本当に最後の客になったようです。当然私の後に並んでいるお客さんは皆「立ち見」となるわけで、本当にラッキーでした。

 

実はこの日、本当は「?回目」公演の観劇でも良かったのですが、「?回目」の公演は立見席しか残っていないという事情がありました。出場者は「?回目」公演は「はんにゃ」、「しずる」、「フルーツポンチ」、「?回目」公演には「NON STYLE」という違いがありました。今人気の「はんにゃ」は捨て難かったのですが、「フルーツポンチ」は前回生観劇していますし、個人的にはやはりM-1王者「NON STYLE」に興味があります。ということで「?回目」公演の観劇に決定しました。

 

生の観劇はやはり会場の雰囲気に飲まれますので、テレビやDVDなどで見るよりも何倍も楽しめます。この日特に声援を受けていたのは「ブラックマヨネーズ」、「フットボールアワー」、「NON STYLE」、のM-1王者組、そして「タカアンドトシ」、「次長課長」、でした。

 

中でも「ブラックマヨネーズ」小杉のネタ「ヒ〜ハ〜!!」の雄叫びは最高の盛り上がりでした。また「博多華丸・大吉」、「キングコング」、はさすがでルミネでは必ず大きな爆笑をとります。

 

一方で「次長課長」は登場時の声援とは反対に、ルミネでのネタはいつも今一つ。また今回は「ロバート」、「陣内智則」、「ペナルティ」、のコント組は総崩れ(?!)でした。

 

今は映画を見るのも入場料は1800円。不景気でなかなか娯楽にまでお金が回りませんが、ここは金券ショップをうまく利用することで1000円で「生」観劇が可能です。デフレの御時勢らしく知恵を使って楽しみましょう・・・。2時間以上ライブで楽しめる上、毎日昼から夜までバラエティに富んだ異なる公演が組まれているのですから自分にとっては本当にありがたい存在です。

 

今回も十分に楽しませてもらい、明日の公演も何気無しにチェックすると、出演者が殆ど重複していないので、「もう一丁見るか」という気になって帰り道に再び金券ショップにてチケットを買いました。

 

ということで次の日もまたルミネです。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

東京新宿「ルミネtheよしもと」お笑い観劇記 (2)

1急遽3日間ほど東京に行かなければならなくなり、一時帰国していました。「朝令暮改」を信条とする中国では予定、約束、法律などは何の意味も無く、何事も直前に、また突然コロコロ変わるのが日常茶飯事ですが、国外出張だけは大歓迎!とりあえず有給を一日足して自由に動ける日を一日設定。今回もまた新宿駅南口に隣接するショッピングビル「ルミネ」7階の「ルミネtheよしもと」劇場に行き、「お笑い」を生観劇して来ました。

 

夏休み期間限定で「お台場」には等身大ガンダムが設置されているということで、どちらに行くか決めかねていましたが、こちらは凄まじい人手ということでお盆休みの帰国時に先送り。「ルミネtheよしもと」の方は金券ショップで格安チケット(1000円ナリ!)があったのでこちらにしました。3回目の生観劇です。

 

今回の観劇は

723日(木)「?回目」公演 12001400

です。

 

前半のコント、漫才のネタ組出演者は「ジャリズム」、「次長課長」、「フットボールアワー」、「麒麟」、「南海キャンディーズ」、「キングコング」、「インパルス」、「フルーツポンチ」です。

後半の芝居組=「吉本新喜劇」の出演者がバイキング、谷口聡、功力富士彦、2丁拳銃、ガリットチュウ、ラフ・コントロール、他でした。

 

「ネタ」組の出演者メンバーがソコソコ豪華だったこともあって、この日は平日の一回目公演時間帯にもかかわらず客席は満席!全く空席が有りません。出演した芸人さんの殆どが「いや〜、今日は入っていますね〜」と言っていました。

 

サイドブロックとはいえ前から6列目の席でしたから出演者もかなりはっきりと、いや大きく見えます。生で見た「南海キャンディーズ」の「しずちゃん」は意外(失礼!)にも綺麗でしたね。髪も化粧も一般人女性よりははるかに美しかったです。が、肝心のネタ披露の方はトップバッターということもあって少々「すべり気味」でした。また「フルーツポンチ」のコントも今一つ盛り上がりに欠けました。残るメンバーのネタ披露はさすがで大爆笑の連続。満足した観劇となりました。

 

一年間の殆どを中国で生活していると、日本の「全ての分野における」流行には鈍感にならざるをえません。ということで私にとっては「ネタ組」の大トリで出演した「ジャリズム」、「ナベアツ」による「3の倍数と3が付く数字のときだけアホになります」ネタも豪く新鮮に映りました。本人によれば「今更ですが・・・」と断っての上での披露でしたが、このネタは彼にとっての「十八番」だし、正直これを見ないと彼を生観覧する意義が感じられません。やはり「お笑い」は生観戦、ライブに限りますね。今回もあっという間の2時間でした。

 

つかぬ間の日本一時帰国でしたが、仕事を忘れ、ストレス発散!十分に満喫してきました。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

参考記事:

<機動戦士ガンダム>“実物大”立像10日間で70万人突破 予想の倍のペース

 

 アニメ「機動戦士ガンダム」の放送30周年を記念して、東京・お台場の「潮風公園」(品川区)で公開されている高さ18メートルの“実物大”ガンダム立像の来場者数が、11日の公開から10日で70万人を突破したことが21日、分かった。予想の倍のペースで推移しており、「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」実行委員会は「お台場の他のイベントもあり、相乗効果があるのだろう」と話している。 

 ガンダム像は、鉄骨とFRP(強化プラスチック)製で重さ約35トン。頭部が可動し、体の50カ所が発光、14カ所からミスト(霧)を噴射する。8月31日まで同公園で無料公開され、夜間にはライトアップされている。8月1日からは、立像の肩の部分に東京五輪招致を呼び掛けるロゴ「TOKYO 2016」を掲げる。

 実行委によると、初日の11日と12日の2日間で約18万人、夏休みに入った18〜20日の3連休では約33万人が訪れたという。来場予想者数は約2カ月で150万人、1日あたり3万人を見込んでいたが、現在は1日あたり7万人ペースで推移している。ガンダムの足元をくぐるため30分以上の列ができ、ミストを噴射する場面では観客から歓声が上がっているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000005-maiall-ent

 

 

東京新宿「ルミネtheよしもと」お笑い観劇記

http://blog.livedoor.jp/japan_walker_2791/archives/2008-10.html#20081015

投稿者:dalian4649

東京新宿「ルミネtheよしもと」お笑い観劇記

ご存知の通り、中国は日本と違い「言論の自由」が認められていません。「お笑い」というジャンルこそ確認できるものの、公の前での政治や時事ネタなどというのは極端な話、ほとんど(決して?!)認められない=逮捕になってしまいます。言論統制が敷かれていた戦時中の日本の状況という表現が一番分かりやすく、適切でしょう。演者もまた中年、年配者が中心で、演者が若者、また若者が積極的に観覧・観劇に行くというのは少ないです。これがこの国の「お笑い」事情です。

 

アメリカや日本における演説、スピーチなどはジョーク、ユーモアをさりげなく入れたり、「とんち」をきかせることで聴衆を引き付けるだけでなく、評価にも繋がりますが、中国やロシアに代表される社会主義、共産主義圏では全くの逆。笑顔のない仏頂面で無意味な建前、スローガンを高らかに叫ぶ。過去に固執し、何でもかんでも「勝利」という単語をとにかく乱用ってのが特徴、いや「お約束」です。こんなのは他人に「響かない」し、評価にも値しない。進歩、発展には結び付かないんですね。

 

創意工夫、アドリブというのは「発明」に繋がるところがあり、これを生み出す(作り出す)には本当に頭の回転が良く、他人とは違う視点を絶えず持ち続けなければならない。あらゆる方面何でもかんでもの「複製=パクリ」はだ!め!だ!ということです。あれ?!日本近隣の国々は例外無く皆この・・・(笑)。

当然、あらゆる方面において幅広く、さまざまな「経験」を積んでこなければこの「発明」は生まれてきません。頭が良くなければ出来ないんです。学歴なんかとはまた違った「頭の良さ」が必要です。この「頭の良さ」は「本物」と定義して良いと思いますね。

 

38さてこんな中国で日々過ごし、職場では中国人に囲まれ、中国語を使う毎日でいると、やはり「笑い」というのに飢えてきます。日本では2001年より「お笑い」としては最大の企業ともいえる「吉本興業」主導で「M-1グランプリ」が成功。その後、「R-1グランプリ」、「キングオブコント」と派生し、人気を不動のものとしつつあります。その「吉本興業」が東京・新宿駅南口に隣接するショッピングセンター「ルミネ」7階に設立した公演の常設会場が「ルミネtheよしもと」劇場です。写真はチケット売り場です。

 

ここでの公演形態ですが、基本的に毎日行われていて、平日のルーティンは

「?回目」 12001400 (¥4000

「?回目」 15001700 (¥4000

「ワンコインライブ」 17451815 (¥500

「?回目」 19002100 (¥4000

「プライムライブ」 22002300 (¥1300

 

土日祝日のルーティンは

「?回目」 12001400 (¥4000

「?回目」 15001700 (¥4000

YOSHIMOTOライブスペシャル」 19002100 (¥:出演者により異なる)

となっています。

 

また月に3〜4回、

「業界イチの青田買い」 10001100 (¥1000

春・夏・冬休み期間中の金曜日には

「オールナイトライブ」 深夜030〜早朝500 (¥3000

が限定公演されます。

 

各公演の説明、違い、スケジュール、出演者、内容、チケット購入方法などについての詳細は公式HP、またウィキペディアに譲りますのでクリックして下さい。

 

39分かりやすく言うと、映画館に映画を見に行くような気軽な感覚でお笑いの生ライブが楽しめるということです。コンサートのように公演日のかなり前から予約して・・・。なんて必要は無く、「思い立ったが吉日」という感じで決断、見に行けます。当日券も若干高くなるものの用意されており、平日なら超満員御礼ということも無い上、劇場の規模も手頃なので、たとえ後方席になったとしても演者が豆粒程度にしか見えないなんてことはありません。

私は日本に一時帰国した際によく足を運ぶのですが、最近では夏休み(715日・火・「?回目」)、国慶節(10月2日・木・「?回目」)に行きました。写真は劇場入り口です。

 

41715日(火)「?回目」 12001400

この日のコントと漫才のネタ組出演者は「タカアンドトシ」、「次長課長」、「博多華丸・大吉」、「藤崎マーケット」、「コメディNo.1」、「シャンプーハット」、「笑福亭鶴笑」、「ネゴシックス」でした。大トリで出演したのが坂田利夫(コメディNo.1)でしたが、老若男女隔てなく笑わせることが出来る技術というのはやはり凄いと感じさせられました。

そして舞台全てを使った大掛かりなコント=「ルミネtheよしもとプロデュース公演」の出演者が板尾創路、大山英雄、バイキング、2丁拳銃、本田みずほ・・・でした。

 

チケットは金券ショップにて購入。購入価格は定価通りの¥4000でした。にもかかわらず即決、購入した理由は席が最前列・センターブロックだったからです。本当に自分の目と鼻の先で繰り広がられている、プロ中のプロの「お笑い」に満足。「話術」、「技術」に脱帽。あっという間の2時間でした。

 

4210月2日(木)「?回目」 15001700

この日のチケットも金券ショップにて購入したものです。「使用期間が1015日までの限定、平日の?回目公演のみ使用可、当日劇場窓口での引換」という条件付のチケット(引換券)で、金券ショップ店頭表示価格は格安の¥550!渡りに船でこれまた即購入、出演者を吟味した上でこの日の観劇を決めました。劇場には開場時間の15分ほど前に到着。同じような引き換え券を持っている人達が既に列を作っています。といっても10人もいませんでしたが。劇場窓口にて無事引き換えが出来ました。前から11列目の左サイドブロック。両側は空席でのんびり観劇です。

 

40公演に先駆けての「前説」は若手ピン芸人の「もう中学生」が担当です。通常、公演中の写真撮影は肖像権の問題があって基本的には禁止。ただ前説時や若手中心の公演となる「ワンコインライブ」に限っては認められています。ということで記念に一枚パチリです。

 

この日のコントと漫才のネタ組出演者は「チュートリアル」、「中川家」、「キングコング」、「インパルス」、「Wコミック」、「フルーツポンチ」、「ザ・パンチ」、「グランジ」でした。

そして舞台全てを使った大掛かりなコント=「吉本新喜劇」の出演者が石田靖、大山英雄、リットン調査団、バイキング、アップダウン、三瓶・・・でした。

 

観客は小学生から年配の方までさまざま。一人で観劇している方も少なくありません。やはり生のライブというのは集中度、迫力、楽しさが桁外れに違うと思います。公式HP見ていると私にとって「見たい!」という「メニュー」が本当に多い。なかなかテレビでは見ることのない若手芸人のネタも「これは面白い!」というのが少なくない。年がら年中やっている、一日に多公演・・・。こんなありがたさ、便利さ、気軽さもあって、ここでの観劇は私にとって一時帰国のささやかな楽しみの一つとなりつつあります。

 

次回は「ルミネtheよしもと」以外の公演も見てみたいですね。良席をとるのは難しいだろうし、夜の公演だと宿泊も考えなければならない、いやまずは一時帰国の日程を公演日に合わせなければならない。

でも「千原兄弟」によるフリートークライブ(チハラトーク)、また「サンドウィッチマン」のライブにはぜひ行ってみたいですな。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ