中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国(大連)の大学と学生 (3)

今日は主に学業面を綴ります。

 

1、授業の出欠席は日本の大学など比べ物にならないほど厳しい。

 

2、学生側に履修科目、曜日、時間、担当教師の選択権は殆ど無い。学校側から時間割を配られ、それに沿っての履修が普通。日本の小中高と一緒。授業は大体朝800から夜730頃まで。一日びっしり授業が入る。授業は1コマ90分ただし半分の45分を境に5〜10分間の休憩が設けられている。

 

3、日本のいわゆる「部、サークル活動」は殆ど見られない。学業第一。

 

4、大学であるにもかかわらず授業では宿題が多く課せられる。また卒業条件に卒論のみならず各種の資格取得(例:日本語科なら日本語能力試験一級など)が義務付けられる。不合格は卒業延期留年及び退学。

 

5、昼休みが長いのが特徴。大体1130頃〜1400ぐらいまで。昼寝もバッチリ。

 

6、評価は90807060点以上、60点未満の5段階制。60点未満は不合格。その場合翌年再受講が基本。

 

7、成績は掲示板による一括掲示。プライバシー無し。ただし最近はパソコンの普及(学籍番号・暗証番号で自己照会)、自殺の増加で各大学年々減少傾向。

 

8、日本の大学が入学(苦)、在学(楽)、卒業(楽)であるのに対し中国では入学(苦)、在学(苦)、卒業(苦)、更には就職(苦)である。この上地方小都市、農村出身の学生にとっては物価の違いから生活苦、故郷との生活水準差の実感という精神的なストレスまでもが加わる。

 

9、アルバイトなど平時勤労学生は極めて少ない。基本的に4年間勉強一筋。頼りは親の仕送り、金持ちの恋人(?!)のみ。

 

10、学生の帰郷は年に1、2回が多い。学割使用で鉄道最下等座席による帰郷が一般的。片道数日かけて帰郷という超遠距離帰郷も珍しくない。

 

11、中国では全ての大学、学部、学科で入学直後の約1ヶ月、授業全休、丸一日、人民解放軍指導の下、「軍事訓練」が課せられる。女子も例外ではない。キャンパス内、学徒動員さながらのこの光景は大学一学期開始の風物詩。またカリキュラム開始後も卒業までに必ず「毛沢東思想」、「勝g小平理論」等、「政治」の授業が必修で課せられる。「政治」の授業は院生でも必ず課される。専門科目より「政治」の単位取得の重要性は上位に位置づけられている。例外は無い。

 

12、田舎で農村出身の学生でも大学卒業後には大連の戸籍がもらえる。運命(宿命?!)を自力で変えられる。

 

 

 

 

日本ではゆとり教育に推薦入学の増加、客観問題試験の増加に記述問題試験の減少、進級、卒業条件の緩和、卒論の廃止、大学全入時代の到来、何よりも「競争」の否定、・・・。

 

日本は確実に追い抜かれる!かな。

投稿者:dalian4649

中国(大連)の大学と学生 (2)

前回の続きです。学生の生活を綴ってみます。

 

1、学生は男女別全寮制。日本のように自宅通学、アパート、マンションを借りての通学は認められない。同棲など言語道断、即退学。ただし既婚者(主に院生)はこの限りではない。

 

2、寮はキッチン、風呂無し、トイレ共同の3〜8人の二段、三段ベッドによる相部屋制。基本は一部屋大体4人。寮費により差をつけるところもある(例:東北財経大学)。学生側に使用部屋、部屋の向き(東西南北)、位置(角部屋)、ルームメートなどの選択権は無し。卒業まで基本的に変更無し。一人部屋の設置、認可もまず無い。テレビの持ち込みはまず認められないがパソコンはOK。インターネットも可の大学寮が増えている。

 

3、寮のルームメートとは食事、授業、睡眠、と卒業するまでまさに四六時中の付き合いとなることも。

 

4、消灯時間(2223時ぐらい)有り、ただし週末祝祭日及びその前日は多少延びる。消灯後は懐中電灯、ランタン、またヘッドライト着用で勉強する猛者も。院生寮は消灯時間無し。

 

5、消費電力の大きい電気製品の個人持ち込みはダメ。

 

6、セキュリティーは今一つ。盗難事件も少なくない。

 

7、男子学生は女子学生寮内の訪問不可。反対は可。

 

8、門限、衛生面など寮長による厳しい管理体制。

 

9、ペットは原則ダメだが、金魚、カメ程度なら認めているところも。

 

10、キャンパス内の充実度は日本の大学をはるかに凌ぐ。学食、一般食堂・レストラン、商店、スーパー、銀行、郵便局、書店、風呂屋、床屋、クリーニング屋、各種修理屋、ネットカフェ、DVDCD屋、映画館、プール、卓球・ビリヤード等各種娯楽施設、ホテル、旅行代理店まで。極端なことを言えば4年間キャンパス外に出ずとも生活可能。「小さな街」という表現が妥当か。キャンパス内は物価、各種使用料金共に安い。キャンパス内及びその周辺地域の充実度と大学名門度また外国人留学生の数は比例する。

 

次回に続きます。

 

投稿者:dalian4649

中国(大連)の大学と学生(1)

今日のカテゴリーは「中国(大連)の大学」です。

 

 

中国(大連)の大学、学生生活の特徴を書いてみます。(あくまで「基本的」であって各大学により多少の差あります。御了承下さい。)

 

1、基本的に国公立大学のみの存在。最近、私立大学が設立増加傾向にあるも入学試験結果よりもコネ、カネ入学傾向。学生の質も悪く、社会的認知度、評価も共に低い。卒業証書は世間的に価値無しとまで言われている。

 

2、文系と理系があるも理系の方が社会的評価、地位は高い。胡錦濤政権上層部は全て大学理工系卒。しかし一般企業就職に関しては特に差は無い。外国語系は男女とも人気が高い。

 

3、学生の数に対して大学の数があまりに少ない。中でも名門校の入学は非常に困難を極める。中国の大学進学率は一説によると10パーセント程度。学力に加え親の財力も進学重要条件。大学進学希望の学生は高校一年生から早朝より深夜までの勉強漬けが当たり前。親の考え方もそれが当たり前。外出に時間、曜日制限を設ける全寮制高校も少なくない。恋愛、アルバイトなど以ての外。とにかく勉強、勉強、勉強。こういった事情から大学生は殆どメガネ、コンタクトレンズの愛用者。

 

4、二学期制。多少のばらつきがあるものの大連の各大学では大体8月下旬、9月から1月中旬、下旬までが一学期。2月下旬、3月から7月中旬、下旬が二学期。各学期間に夏、冬の長期休みを挟んで一年というのが基本サイクル。祝祭日は労働節、国慶節に一週間ずつ、元旦に一日、が基本。日本の正月期間(元旦除く)、クリスマスは平日扱い。

 

5、日本の場合、大学は全て文部科学省に属するが中国では教育部(文部科学省)、交通部(国土交通省)、財政部(財務省)などの各「部」(省庁)に直属するもの、省・自治区・各都市に属するものなど様々である。(例:大連理工大学→教育部、大連海事大学→交通部、東北財経大学→財政部、遼寧師範大学→遼寧省など)

 

6、「国家重点大学」(全国重点大学)という上位に位置付けられる枠組みが存在し、該当大学は中国全土でも数少ない。国家が権威ある大学と認め、管理、指導、予算の優先配分などの支援を行っている。歴史、実績に加え、社会的評価も高く、学生にとっても憧れの大学が多い。清華大学、北京大学などが代表例。各省、自治区全てに設置されているわけではなく、設置されていない省、自治区もある。大連では大連理工大学、大連海事大学の2校のみ。

 

7、日本の場合「大学」、「学院大学」の名に階級差、区別は無いが、中国の場合はしっかりとした階級差、区別がある。○○大学(いわゆる総合大学)、○○学院(いわゆる単科大学。「大学」に比べやや低く評価、認識されている)、その下に○○学校など。(最近の昇格例:大連鉄道学院→大連交通大学)

 

8、序列順位付けが好きなお国柄か、毎年全国大学ランキングが発表される。

 

9、名門校では教員もその名門校の卒業生、またはそれに遜色無い学歴を兼ね備えた者が教鞭をとる場合が多い(大学ランキングと教員学歴の比例)。清華、北京大学等一流大学出身教授が地方の三流大学で教鞭をとることはまずあり得ない。メンツ(?!)。

 

10、大学教員、学生課の学生に対する権限、権力が強い。学生が逆らうことはまず出来ない。問題児は即退学、並びに大学再受験の資格の剥奪など。天安門事件の教訓(?!)、独裁体制(?!)。

 

 

次回に続きます。

投稿者:dalian4649
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ