中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連から酷寒の省都・瀋陽へ、日帰りで移動する(3)、あと大連のクリスマス風景

今日もまたメリークリスマス!

クリックすると元のサイズで表示します
今朝も大連は酷い大気汚染でした。今朝8時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。気温はマイナス8度、PM2.5の数値は「183」と日本基準の約5倍超の汚染度です。昨日も今日も日本で購入したPM2.5対応マスクでの移動です。クリスマスムードが台無しですよ。

さて、昨日のエントリーの続きです。

仕事を終え、大連に帰ります。行きは「大連北→瀋陽北」駅ルートで来ましたが、帰りは「瀋陽→大連」駅ルートです。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄1号線で移動して「瀋陽」駅に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します
地上に出て瀋陽駅東駅舎です。満鉄が日本人設計で建てた駅舎で、大連駅が上野駅をモデルにしているのに対して、こちら瀋陽駅は東京駅がモデルです。瀋陽(当時は「奉天」)がいかに重要な中心駅だったかが分かるというものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
地下道を通って裏側=西駅舎に行くとこんな感じです。高速鉄道(「中国新幹線」)の乗り入れのために2012年に作った駅舎ですが、個人的には世界遺産を多く抱える歴史ある都市には相応しくない醜悪な外観設計の駅舎だと思います。こういった外観の駅舎は、新興都市にこそ相応しいでしょう。それがセンスというものです。まあ連中には無理な話ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
行きは瀋陽までノンストップの最速列車で来ましたが、帰りのこの列車は大連まで途中5駅に停車します。日本で言うと新幹線「こだま」ですね。で、自分の席に行くと若い女性が座っています。「ここは私の席ですが・・・」と切符を見せると、「すみません、私の席と交換してくれませんか?」とのこと。隣にいる連れと離れたくないようです。まあ中国では飛行機、列車、バスなどでよくあるパターンです。一人ですし、日が落ちて車窓も楽しめる時間帯ではないのでOKしました。で、移動して座ります。偶数列は皆こうですよ(笑)。酷いでしょ、この内装の失敗!私なんかは慣れっこですが、初めて乗る旅行者なら超絶ガッカリですよねえ。これがチャイナクオリティです。

クリックすると元のサイズで表示します
2時間15分ほどかかって、終点の大連駅に到着です。出口に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
和諧(日本語訳:調和、ハーモニー)号です。国情と現実を考えると、このネーミング、「ハァ?」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭を記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します
駅舎の外に出ました。夜の大連駅です。先程書いたように上野駅がモデルです。お疲れ様でした。

蛇足ながら、私は2012年12月に開通した中国新幹線「大連駅発の一番列車」に乗りました。今では隔世の感がありますね。

ハルビン大連高速鉄道、開通「一番列車」乗車記(1)
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/356.html

ハルビン大連高速鉄道、開通「一番列車」乗車記(2)
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/357.html

さて、話は変わって今日はクリスマスです。大連の一風景を「おまけ」で載せます。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前の「勝利広場」5階にある映画館です。エレベーターで上がり、扉が開くとこうなりました。この冬公開の超大作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」ですね。大連では上映された全映画館で、公開日が日米より2日早い12月18日19時でした。誘われましたが、やっぱり日本でじっくりと見ます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは市中心部「青泥窪橋」にあるショッピングセンター「大連商場」入り口に貼られた広告です。センター内を12月21、22日の週末、そして今日25日にサンタクロースが歩き、お菓子やちょっとしたプレゼントを振る舞うそうです。子供は嬉しいですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは今日、帰宅時に利用した地下鉄「青泥窪橋」駅の改札口横です。なんと地下鉄の改札口のすぐそばに日系コンビニの「ローソン」がオープンしました。ビックリしましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
「地下鉄改札口のそばにコンビニ」は日本では珍しい事ではありませんが、大連では初めてです。いや満州全土で初めてでしょう。瀋陽でも長春でもハルビンでも「地下鉄の改札口のそばにコンビニ」は見たことがありませんね。いや〜、「コンビニ」の中国語=「便利店」の文字通りになってきました。一方で、店員が両手をポケットに入れて仕事中、接客中の様子がご覧いただけます。大連ローソンは店舗の拡大スピードが速すぎて、店員の質が確保できていないと感じます。朝夕のラッシュアワーはレジが捌けるのかな?品出しは追い付くのかな?すぐキレる中国人店員は我慢できるのかな?日本人社員が連日ヘルプに入り模範実技を見せないで大丈夫?まあお手並み拝見です。

クリックすると元のサイズで表示します
私は昨日、イブは「ローソン」のシュークリーム(7.9元=約125円)を、

クリックすると元のサイズで表示します
今日、クリスマスは、「勝利広場」地下街でエッグタルト(1個1元=約16円)を5個買って一人楽しみました。こちらはメープルシロップを上にかけ、レンジで少し温めると、とても美味しくなりますよ、お試しあれ。連日、ノンアルコールの聖夜です。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の帰りで、地下鉄「学苑広場」駅のホームです。ここは「東北財経大学」の最寄り駅ですね。お幸せに!

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連から酷寒の省都・瀋陽へ、日帰りで移動する(2)

メリークリスマス!

クリックすると元のサイズで表示します
イブの今夜を中国語では「平安夜」と言い、中国語の「リンゴ」と同じ発音の箇所があるという事で、街中では「リンゴ商戦」が行われます。まあ子供や若者だけの文化ですけどね。今日、「三八広場」のケーキ屋さんの前での風景です。

が、この国は「拝金主義国家」ですから、本当に中国人女性の心を掴みたい、振り向かせたい、また自身が「ちょっと大人」を演じたいと思うなら、贈る「リンゴ」は「apple」、つまり「iPhone11 pro」を贈って下さいな(笑)。この日の夜に限らず、当分の間は言うことを聞いてくれると思いますよ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
今日も大連は寒いですが、2012年のように雪のホワイトクリスマスにはなりませんでしたね。今朝7時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。気温はマイナス8度、PM2.5の数値は「167」と日本基準の約5倍の汚染度です。こんなんじゃサンタクロースなんて来ませんよねえ。だって彼にとっては年一回の「はれのひ」にもかかわらず、「健康に良くない」って表示されていますから。「お上」も「お上」で、昨年は首都・北京に隣接する河北省で「クリスマス禁止令」なんて発令する時代錯誤の都市がありましたね。こちらです。

省内には大連よりもっと大気の酷い都市があって、

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。昨日のエントリーでもちょっと触れた、遼寧省第三の都市「鞍山市」は最高レベルの「危険」表示です。更に、

クリックすると元のサイズで表示します
省都の瀋陽でも最高レベルの「危険」表示です。「瀋陽アメリカ総領事館」の同日同時刻です。アメリカ人職員さんや御家族、関係者の方は本当にご愁傷様だと思いますね。こうなると外は大気汚染で真っ白ですからね。これを「中国の特色あるホワイトクリスマス」と言います。

じゃあサンタさんはどこへ?

クリックすると元のサイズで表示します
「おもてなし」が出来る日本でしょう。同日同時刻です。日本ですから1時間の時差ですね。一例として東京「日比谷交差点」です。帝国ホテルのすぐそばで、銀座&有楽町ですね。PM2.5の数値は「1」ですか。街中に山下達郎さんの「クリスマスイブ(1983年)」を流せば、誰もが幸せな気分になれますねえ。令和元年になっても長く広く歌い継がれる36年前リリースの名曲です。

私は「平安夜」の文字通り、ブログを書いたり、ガンプラを作ったり、映画を見たりで、自由気ままに一人自宅で、スマホの電源を切って、穏やかな夜を深い時間まで過ごします。ノンアルコールの夜です。もうガキではありませんし、妻子がいる身なので、父親にとってのクリスマスは自分ではなく家族が楽しめ、笑顔を見せてくれるのが一番幸せです。プレゼントは既に発送済みです。何でも揃って「偽物」の心配無し、送料無料の「ヨドバシカメラ」からです(笑)。

さて、昨日のエントリーの続きです。

クリックすると元のサイズで表示します
「瀋陽北」駅の全景ですね。手前をアップすると、

クリックすると元のサイズで表示します
戦国時代のように「櫓(やぐら)」が建てられていて、上では「お上」が「お二人」、目を光らせています。監視カメラも四方にばっちりです。ここ瀋陽(当時の都市名は「奉天」)は満州国建国の際、首都候補になるも、見送られた要因の一つに「反社が多い」、「治安が悪すぎ」がありました。今も昔も変わりませんね。大連の駅前に「櫓」はありません。せいぜい「移動式交番」だけです。「反日デモ」の時も瀋陽では「大暴れ」、大連では「皆無」、と同じ省内にもかかわらず見事に両極端でした。

「巨大都市も海が無く内陸閉鎖的で日本への直行便が殆ど無い反日都市・瀋陽、コンパクトも海があり沿岸開放的で日本への直行便が多い知日都市・大連」、これもこちら遼寧省で生活するなら、「知らなくても良いが、知っておいた方が良い知識」です。押さえておきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
同所にはマックや吉牛があるので「初心者」でもメシに困ることはありませんよ。指差し注文で十分です。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄で移動します。ご覧の通り、地下鉄切符の「現金決済&口頭購入」窓口は大行列です。「中国スゲー!今や全てスマホ決済!」なんてツイートやマスコミ報道されていますが、現実はこの通りです。切符の自販機の使い方が分からない(!)、スマホ決済が出来ない(!)という社会に取り残された輩です。

いつも上海、いつも深セン、いつも大連に居るから、こんな「前時代的な光景」、つまり「珍百景」は初めて見た!?初めて知った!?

これを「井の中の蛙大海を知らず」と言いますね。「中国スゲー!日本死ね!」さんの場合は「見て見ぬ振り」、「報道しない自由」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
私は空いている自販機でスマートに(笑)、現金で切符を購入です。使いまわし式の切符で、写真はご当地の世界遺産「瀋陽故宮」の「大政殿」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄2号線で、ここ「瀋陽北」駅から目的地へ移動します。

クリックすると元のサイズで表示します
この「中国スゲー!」から取り残された都市の「珍百景」は地下鉄車内でも見られますよ。「やってはいけないの禁止事項」が地下鉄車内では分かりやすく貼ってあります。こちらの写真は毎日使っている大連の地下鉄です。ドアの扉の所に貼られています。

「扉に寄り掛かってはいけない」
「駆け込み乗車はダメ」
「喫煙禁止」

の3つです。

では省都・瀋陽だとどうなるか?これまた地下鉄車内には分かりやすく貼ってあります。禁止項目は8つです。

クリックすると元のサイズで表示します
「車内飲食禁止」
「車内で所かまわず唾や痰を吐くな」
「車内で無差別放尿、脱糞するな」
「所かまわずゴミや果物の皮のポイ捨てするな」
続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
「ペットの車内持ち込み禁止」
「大道芸の禁止」
「物乞いの禁止」
「ゴロ寝や過剰な席取りの禁止」
です。

車内にも関わらず、地面に唾や痰を吐く、無差別放尿&脱糞、ゴミのポイ捨て、大道芸(=障害者を見世物にし、その「哀れみ」を利用してお金をせびる)、は「令和元年」にもかかわらず実に中国らしさがありますねえ。日常茶飯事だからこのような禁止事項が貼られるのです。マークの下には御丁寧に英訳もありますが、これは「蛇足」というものでしょう。だってこれが「日常」なのは中国人、中でも「支那人」だけだからです。中国語表記だけで十分なんですよ。全中国の街中で貼られているスローガン「社会主義核心価値観」も同じですね。ありとあらゆる所で星の数ほど貼られていますが英訳なんて併記されていないでしょう?人民にとってだけの金科玉条(きんかぎょくじょう)で、外国人には不要だからです。

クリックすると元のサイズで表示します
で、早速「支那人」が現れました。QRコードを首から下げ、中国人全員が所有する「身分証」のケースの「訪問販売」です。周囲の中国人は皆「ガン見」もせず、無視していますが、私は「ガン見」、しかも思いっ切り撮ったので、「カメラ目線」を頂きました。私が市のトップなら先程の「8つの禁止事項」に「訪問販売」の禁止も足しますね。

目的地に着いたので仕事を済ませます。夕方には大連に戻ります。

長くなりましたので、次回に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連から酷寒の省都・瀋陽へ、日帰りで移動する(1)

昨日、一昨日と酷い大気汚染だった大連です。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部、労働公園「緑山」の電視塔です。昨日のお昼時の様子です。酷い大気汚染に加えて、各家々に供給する集中暖房(スチーム、中国語:暖気)のため、石炭をガンガン燃やしますから、更に大気は汚染されます。「火に油を注ぐ」です。煙が一直線に上昇していますので、無風状態であることがお分かりいただけます。この日のPM2.5の数値は「170超」で、大体、日本基準の5倍超の汚染度です。

さて先日、酷寒の中、省都・瀋陽へ日帰りで行く機会があったので、今日はこれについて書きたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部から地下鉄で「大連北」駅へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
朝の「大連北」駅全景です。おっさんが朝日を浴びながら駅舎の壁を相手にテニスをしていました。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。のどかで健康的です。

クリックすると元のサイズで表示します
駅構内に入ります。中国の鉄道は切符に実名が入り、構内に入るためには荷物の中身チェック、身分証(外国人はパスポート)&切符のチェックと大変です。日本では全てがありませんね。これが民度、信用、信頼の差です。

クリックすると元のサイズで表示します
待合所の椅子です。この国は「昔はアヘン中毒、今はスマホ中毒」の国です。全ての椅子に電源とスマホの充電ケーブルが装備されています。

クリックすると元のサイズで表示します
私は日本で購入したモバイルバッテリーを常時、携帯しています。ウイルスの感染や勝手にデータの送受信が行われる恐れ(=ジュースジャッキング)というセキュリティリスクがあるので利用することはありません。

これを「タダより高いものはない」、「ありがた迷惑」と言います。モバイルバッテリーの充電のみ利用するのが無難で、直接スマホを繋げるな、ということです。ここは「中国」です。

クリックすると元のサイズで表示します
改札を終え、本日乗る車両へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の車両は「和諧号」ではなく、「復興号」ですか(笑)。電光表示でお分かりいただけますように、この列車は「大連北→ハルビン西」駅行きです。中でもこの列車「G47次」は「大連→瀋陽→長春→ハルビン」と各省の省都のみしか停まらない最速列車です。こちら満州では日本統治時代だと「超特急あじあ号」、「令和元年」の今は、この「G47次」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
車両の先頭で記念撮影です。隣は「和諧号」ですね。たまたま隣のホームに停まっていたので良い比較写真となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
日本では考えられない広〜いホームです。日本だと自動販売機やキオスク、弁当屋があって楽しいんですけど、この国では何もありません。

クリックすると元のサイズで表示します
発車すると間もなく車窓には「開発区」の町とバックに「大黒山」が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
この「G47次」ですと瀋陽まではノンストップで約1時間半です。1時間ほどで遼寧省第三の都市「鞍山市」を通過中です。今も昔も製鉄所の町で、満州国時代は「昭和製鋼所」の存在で有名でした。あと30分ほどで省都の瀋陽に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら省都・瀋陽から終点のハルビンまでの地図です。満州は広大ですよ。

「大連→遼寧省の省都・瀋陽」は約400km
「大連→吉林省の省都・長春」は約700km
「大連→黒龍江省の省都・ハルビン」は約920km
です。覚えやすいですね。

日本の新幹線に当てはめてみますと
「東京→名古屋」が366km
「東京→新青森」が713km
「東京→広島」が894km
です。大体こんな距離感覚です。理解度が増しますね。

こちらで生活するなら、「知らなくても良いが、知っておいた方が良い知識」ですね。

切符の価格と所要時間等の詳細はこちらに譲ります。大連は遼東半島の先端に位置する都市ですから基本、始発駅(終着駅)です。必ず座れます。

冬の気温差の一例です。今朝8時前のデータです。

クリックすると元のサイズで表示します
大連はマイナス3度。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。省都・瀋陽はマイナス13度。大連とは10度違いますね。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。吉林省の省都である長春はマイナス20度。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。黒竜江省の省都であるハルビンはマイナス26度。大連とは20度超も違いますね。

「満州最南端の大連と省都・瀋陽は気温差10度超。満州最北の大都市ハルビンとは気温差20度超」。

これまたこちらで生活するなら、「知らなくても良いが、知っておいた方が良い知識」ですね。

話を戻します。
クリックすると元のサイズで表示します
大連からハルビンまでは「あじあ号」時代も、今の「G47次」もカーブらしいカーブが無く、ひたすら右上へ北上するだけです。冬季は時速約300キロで突っ走ります。スマホで映画一本見終わることなく「瀋陽北」駅に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームに降り立つと寒〜〜〜〜い!

クリックすると元のサイズで表示します
出口へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
「瀋陽北」駅の全景です。

次回に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

「愛人」との海外旅行 「支那人」のパスポートを考える

旧正月間近なので、昨日は職場の近くで火鍋を食べました。酒の入る席なので、砕けた話ばかりです。

一週間以上の長い休みですから、多くの男性が「愛人」をどこかに連れて行かなければなりません。「愛人」の解釈ですが、中国語の「愛人」を和訳すると「夫、妻、配偶者、恋人」となります。日本語ですと、昨年から芸能界はこれ一色でしたねえ(笑)。

中国は今や現金は消え、キャッシュレス時代。年功序列も否定され、外国人労働者はABCの能力ランク付けに加え、59歳を最後に、以降は一律「0点」世代です。「ゼロ提示=戦力外通告、老害」認定だということです。

このように「新時代」に入っていますから、「旧正月の長期休みも海外旅行へ!」というのが今のトレンドです。国際色豊かな職場ならなおさらですね。日本でも昨年の流行語大賞に「インスタ映え」というのが選ばれましたが、こちら中国では「行った先の海外現地で自撮→送信&公開」がトレンドです。「富裕層であること」、「幸せ者であること」、「私は特別」、が人様に広く披露出来るからです。自尊心が非常に擽(くすぐ)られるんですよ。帰省や国内旅行じゃダメなんです。

蛇足ながら、中国人女性が最も嫌いなのが「貧乏人」と「ケチ」です。「家、車、都市戸籍」の所有は当たり前。これらが無ければ「裸婚」と揶揄されます。「男は年収、女は年齢」が中国です。この国のテレビの「お見合い番組」、また公園等で開催されている「お見合い会」は凄いものがありますよ・・・。

話を戻します。日本人的に大変なのが、この「愛人」が中国人であった場合です。「愛人」の解釈はお任せします(笑)。中国人はねえ、日本人とは全然違って、簡単に外国へ行けないんですよ。「海外デート」のハードルは高いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、「日本、韓国、中国、台湾、香港」の「パスポートの力」の比較分析です。詳細はこちらです。「ビザ無し」や「アライバルビザ」で「簡単入国できる」国、「簡単入国できない」国が個々に、極めて詳細で一目瞭然です。「簡単入国できる」国ですが、

日本は159か国
韓国は160か国
中国は64か国
台湾は122か国
香港は145か国

とありますね。中国パスポートだけがダントツに「使えません」。

「先進国」には一切簡単に行けない、行けるのは「新興国、発展途上国」の一部だけ。早い話が「有名処」には全てお手軽に行けないということです。

数少ない選択肢の中で、「愛人」を「ひょいと簡単に」連れて行くなら

・カンボジア(アンコールワット観光)
・インドネシア(バリ島)
・タイ(アユタヤなど世界遺産巡り)

こんなところですかねえ。反対に「ドカンと」行くならアラブ首長国連邦(ドバイ)ですか。

クリックすると元のサイズで表示します
「2018年現在」で、世界最強のパスポートは「ドイツ」です。161か国に「簡単入国」出来ます。日本は159か国で3番目です。韓国が160か国で2番目、中国は64か国で66番目です。詳細はこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国は身近な存在である東南アジアのシンガポール、マレーシア、ブルネイ、東ティモール、モルディブ、インドネシア、タイより「下」です。最近は結び付きの強いアフリカ大陸に持って行っても、セーシェル、モーリシャス、南アフリカ、ボツワナ、レソト、スワジランド、マラウィ、ナミビア、ケニア、ガンビア、タンザニア、と中国パスポートより「上」の国は多いです。中華人民共和国の「中華」って世界の「中」心で「華」という意味でしょ?まるで逆ですね。これを「有名無実」と言います。

ちょっと一休みで、日韓の差を精査します。
クリックすると元のサイズで表示します
意外なことに韓国は日本よりも「簡単入国」が1か国多いんですねえ。興味あります。

クリックすると元のサイズで表示します
韓国人OK、日本人ダメの国です。4か国あります。

クリックすると元のサイズで表示します
逆に日本人OK、韓国人ダメの国です。3か国あります。おおっ、中国、そしてモンゴルですか。

朝青龍の有名な「キムチ野郎!」発言はここに繋がりますか、なるほどねえ。

「遠くより近い方がよく見える」というのが道理ですが、先の訪中時における韓国大統領の扱い方といい、中国は韓国という国をよく見抜いていますねえ(笑)。「韓国の扱い方」に関しても日本政府は学ぶべきかと。

訪中する日本人観光客が少ないのは、一つの理由として「パスポート力」がありますね。気軽に行ける「先進国」や「リゾート地」を差し置いて、中国を「ファーストチョイス」する人はいないでしょう。

今日のエントリータイトルはちょっと「刺激的」に攻めてみましたが、他意はありません。

最後になりましたが、異性と仲良くバレンタインデーの夜をお過ごし下さい。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

満州最北の大都市・ハルビンを歩く、そして女性の胸を見比べる(2)

今日の大連は気温が7度まで上がりました。風も無く、けっこう暖かかったです。お昼時は大気の状態も良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
抜群の青空を、「軌跡」を残しながら飛ぶ飛行機です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは二機「並走」する飛行機です。機内は盛り上がるでしょうな。なかなか見られない光景です。

さて前回の続きでハルビンです。

クリックすると元のサイズで表示します
昼間の「聖ソフィア大聖堂(中国語: 索非亚大教堂)」です。この日は大気汚染の日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
入場料金表です。15元(=約260円)ですね。身長120センチ以下や6歳以下のガキ、70歳以上のジジババは入場無料です。私は何度か入っているので、初めて来た「連れ」だけ入場です。

クリックすると元のサイズで表示します
私は周囲をフラフラと。「平和の象徴」=鳩、が多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
一応、バリケードが設けられていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
注意書きで、鳩に対して「餌やるな、驚かすな、かっぱらうな」とあります。人民の民度が低いからです。

クリックすると元のサイズで表示します
近隣をしばし散歩します。旧「ハルビン会館」です。今は餃子のレストランですか。

クリックすると元のサイズで表示します
1936年(昭和11年)の建築とありますね。築81年ですか。日本人(吉田友雄)による建築のようですね。蛇足ながら、1936年の総理大臣は岡田啓介、広田弘毅です。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「三菱」です。上部に1920年7月19日の日付が入っています。

クリックすると元のサイズで表示します
1920年(大正9年)の建築ですから築97年(!)ですか。1920年の総理大臣は原敬です。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「香港上海銀行ハルビン支店」です。

クリックすると元のサイズで表示します
1923年(大正12年)に建てられたようですね。築94年(!)ですか。1923年の総理大臣は加藤友三郎、山本権兵衛です。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「満州中央銀行ハルビン支店」です。

クリックすると元のサイズで表示します
1935年(昭和10年)の建築とあります。築80年ですね。1935年の総理大臣は岡田啓介です。

クリックすると元のサイズで表示します
目の前の歩道橋上から撮った全景です。「威風堂々」といった感じですね。

「連れ」と合流して有名な観光地「旧・キタイスカヤ通り(現・中央大街)」に行きます。今も昔もハルビンを代表する歴史的な大通りですね。1924年(大正13年)に作られたアジア最大の石畳の目抜き通りで、ショッピングにグルメに何でもあります。昔は性風俗店もあって731部隊の隊員も「買い」に来ていたそうです。日本で言えば新宿の歌舞伎町みたいな感じだったんですかねえ。今は「中国歴史文化名街」にも認定され、とても「クリーン」な歩行者天国の大通りだと思ったんですけど・・・

クリックすると元のサイズで表示します
まずはおなじみ「ユニクロ」です。かなり歴史ある建物に入っているなと思ったら、

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり歴史ある建物でした。1927年(昭和2年)に建てられたようです。1927年の総理大臣は若槻禮次郎、田中義一です。
結構、家賃高いんじゃないんですかねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
この日の「キタイスカヤ通り(現・中央大街)」です。ドラマで使える雰囲気ですよねえ。一直線で全長1.45キロもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、アパレルの店があって、この店の入り口を挟んだ左右のショーウインドーの前で野郎どもが大きい声を出しています。何だ?!

クリックすると元のサイズで表示します
ボディーペイント(!)です。凄いね、ハルビン。「城管」何やってんのよ?
「絵師」は男性です。モデルは恍惚の表情ですな(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。Aカップかい・・・。

もう片方のショーウインドーは人が多いです。期待します。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの「絵師」は女性です。

クリックすると元のサイズで表示します
Cカップといったところでしょうか。そりゃこっちの方が「ギャラリー」は多いでしょ。人民は正直です。

「改革開放」万歳!(笑)

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/9 
 
AutoPage最新お知らせ