中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国人の物事に対する思考過程を考える(1)

今日は当ブログカテゴリー『私論「中国人」と「支那人」』シリーズの一つとして、「中国人の物事に対する思考過程」というものについて考えてみたいと思います。

 

まずは我々日本人(世界の人々?!)から見て中国人理解の最も厄介になっている点、いや(諸悪の?!)原点ですね、「中華思想」をまず考えます。この単語、現代風に「極端な愛国主義」と取っていただいても結構です。

 

ウィキペディアによれば『中華思想(ちゅうかしそう)とは、中国(中華)が世界の中心であり、その文化、思想が最も価値のあるものとし、漢民族以外の異民族を、「化外の民」として見下す選民思想の一種。華夷思想ともいう』とのことです。早い話が「中国(人)一番!」の考え方ですね。この考え方が中国では言葉を覚え、物心が付き始めた子供の頃から、両親・家族を通して、教育機関を通して、ウン億人全員の頭の中にインストールされていきます。そしていわゆる「面子」(私の日本語訳:「見栄」)へと成長、繋がります。

 

中国人にとってのこの「中華思想」(=「極端な愛国主義」)は、ちょっと古い流行語になりますが「定説」なんです。理屈や論理じゃないんです。もう一度言います。理屈や論理などは存在しないんです。考え直す、疑いを挟む余地など無いんです。中国人なら無条件に「中華思想」(=「極端な愛国主義」)を持つ、これは彼らにとって「太陽が東から昇り、西に沈む」や「人間には男と女の二種類しかいない」のと同じくらいの「常識」なのです。しかしこの「中華思想」(=「極端な愛国主義」)、中国人以外の外国人には分からない、理解できない。当たり前です。何故?論理もへったくれもなく、極端すぎ。現状から見てもあまりにもかけ離れているからです。

 

人間にとって両親・家族の影響、初期教育(〜義務教育終了まで)の影響、というものは一人の人間が出来上がっていく上で人格形成、性格、考え方に大きな影響を及ぼします。子は親を真似、先生を真似、学校の同級生とは価値観、考え方を共有していきます。これは人間なら人種、民族問わず同じです。このようにして一人前の人間へとなっていくわけです。

 

そして人間は勉強、スポーツ、知恵、仕事など、何を「学ぶ」にしても「基礎・応用・発展」の道順を辿ります。人間死ぬまでこの道順は全てにおいて適用されます。「基礎」が分かって、初めて「応用」でき、そして「発展」に繋げられる。という事です。何事においてもです。ですから基礎というのはとても重要視されるのです。「基礎はしっかり、確実に、間違え・誤りの無いように」です。もし「基礎」に誤りが含まれれば「応用」にも誤りが含まれ、「発展」に誤りが含まれる。もし「基礎」が分からなければ「応用」も出来ないし、当然「発展」には繋げられない。「基礎→応用→発展」。このプロセスは「真の定説」(笑)なんですね。

 

もうお分かりでしょう。中国では物心が付いてから、つまり人間としての初期教育、つまり「基礎」の段階に「中華思想」(=「極端な愛国主義」)という「矛盾」を孕んだ考え方が入ってしまっているんですね。そしてそれを問答無用、唯一無二の「正論」としてしまっているのです。そして両親・家族を通して、教育機関を通して、「応用、発展」の道を歩ませているのです。

 「基礎=子供時代」に矛盾が入り込むと「応用=青年時代」にも矛盾が入り込み、「発展=一人前の大人」にも矛盾が入り込む。

 

この「中華思想」(=「極端な愛国主義」)が「基礎(!)」、ということがわからないとなかなか中国人の理解には繋がりません。

 

この「基礎」は彼ら「独自」のもので「矛盾」をはらんでおり、「論理が無い」。

このことを最後にもう一度再確認した上で、次回に続けます。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ