中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「愛人」との海外旅行 「支那人」のパスポートを考える

旧正月間近なので、昨日は職場の近くで火鍋を食べました。酒の入る席なので、砕けた話ばかりです。

一週間以上の長い休みですから、多くの男性が「愛人」をどこかに連れて行かなければなりません。「愛人」の解釈ですが、中国語の「愛人」を和訳すると「夫、妻、配偶者、恋人」となります。日本語ですと、昨年から芸能界はこれ一色でしたねえ(笑)。

中国は今や現金は消え、キャッシュレス時代。年功序列も否定され、外国人労働者はABCの能力ランク付けに加え、59歳を最後に、以降は一律「0点」世代です。「ゼロ提示=戦力外通告、老害」認定だということです。

このように「新時代」に入っていますから、「旧正月の長期休みも海外旅行へ!」というのが今のトレンドです。国際色豊かな職場ならなおさらですね。日本でも昨年の流行語大賞に「インスタ映え」というのが選ばれましたが、こちら中国では「行った先の海外現地で自撮→送信&公開」がトレンドです。「富裕層であること」、「幸せ者であること」、「私は特別」、が人様に広く披露出来るからです。自尊心が非常に擽(くすぐ)られるんですよ。帰省や国内旅行じゃダメなんです。

蛇足ながら、中国人女性が最も嫌いなのが「貧乏人」と「ケチ」です。「家、車、都市戸籍」の所有は当たり前。これらが無ければ「裸婚」と揶揄されます。「男は年収、女は年齢」が中国です。この国のテレビの「お見合い番組」、また公園等で開催されている「お見合い会」は凄いものがありますよ・・・。

話を戻します。日本人的に大変なのが、この「愛人」が中国人であった場合です。「愛人」の解釈はお任せします(笑)。中国人はねえ、日本人とは全然違って、簡単に外国へ行けないんですよ。「海外デート」のハードルは高いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、「日本、韓国、中国、台湾、香港」の「パスポートの力」の比較分析です。詳細はこちらです。「ビザ無し」や「アライバルビザ」で「簡単入国できる」国、「簡単入国できない」国が個々に、極めて詳細で一目瞭然です。「簡単入国できる」国ですが、

日本は159か国
韓国は160か国
中国は64か国
台湾は122か国
香港は145か国

とありますね。中国パスポートだけがダントツに「使えません」。

「先進国」には一切簡単に行けない、行けるのは「新興国、発展途上国」の一部だけ。早い話が「有名処」には全てお手軽に行けないということです。

数少ない選択肢の中で、「愛人」を「ひょいと簡単に」連れて行くなら

・カンボジア(アンコールワット観光)
・インドネシア(バリ島)
・タイ(アユタヤなど世界遺産巡り)

こんなところですかねえ。反対に「ドカンと」行くならアラブ首長国連邦(ドバイ)ですか。

クリックすると元のサイズで表示します
「2018年現在」で、世界最強のパスポートは「ドイツ」です。161か国に「簡単入国」出来ます。日本は159か国で3番目です。韓国が160か国で2番目、中国は64か国で66番目です。詳細はこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国は身近な存在である東南アジアのシンガポール、マレーシア、ブルネイ、東ティモール、モルディブ、インドネシア、タイより「下」です。最近は結び付きの強いアフリカ大陸に持って行っても、セーシェル、モーリシャス、南アフリカ、ボツワナ、レソト、スワジランド、マラウィ、ナミビア、ケニア、ガンビア、タンザニア、と中国パスポートより「上」の国は多いです。中華人民共和国の「中華」って世界の「中」心で「華」という意味でしょ?まるで逆ですね。これを「有名無実」と言います。

ちょっと一休みで、日韓の差を精査します。
クリックすると元のサイズで表示します
意外なことに韓国は日本よりも「簡単入国」が1か国多いんですねえ。興味あります。

クリックすると元のサイズで表示します
韓国人OK、日本人ダメの国です。4か国あります。

クリックすると元のサイズで表示します
逆に日本人OK、韓国人ダメの国です。3か国あります。おおっ、中国、そしてモンゴルですか。

朝青龍の有名な「キムチ野郎!」発言はここに繋がりますか、なるほどねえ。

「遠くより近い方がよく見える」というのが道理ですが、先の訪中時における韓国大統領の扱い方といい、中国は韓国という国をよく見抜いていますねえ(笑)。「韓国の扱い方」に関しても日本政府は学ぶべきかと。

訪中する日本人観光客が少ないのは、一つの理由として「パスポート力」がありますね。気軽に行ける「先進国」や「リゾート地」を差し置いて、中国を「ファーストチョイス」する人はいないでしょう。

今日のエントリータイトルはちょっと「刺激的」に攻めてみましたが、他意はありません。

最後になりましたが、異性と仲良くバレンタインデーの夜をお過ごし下さい。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ