中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連でのクリスマス、そして野生の鹿の群れに遭遇してビックリ仰天する

クリスマスも終わって、今年2017年ももう終わりですね。仕事納めで昨日、今日、明日が日本への帰国便のピークとなることでしょう。一方で大晦日や元日の便って結構、空席が多いんですよね。JAL、ANAでは結構「味のある」機内アナウンスをしてくれるんですよ。

さて、「ハルビン小旅行記」を書いていましたが、今日はちょっと一休み。時事ネタで、こちら大連で過ごしたクリスマスイブ、そしてクリスマスの日の様子を記したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部で大連駅前の繁華街「青泥窪橋」の様子です。ショッピングセンター「大連商城」の前に置かれた大型クリスマスツリーです。コカコーラ社によるものですね。

現代の赤い服を着て白ひげを蓄えた笑顔のサンタクロースのイメージを全世界で共通化させたのは、1886年(明治19年)に販売開始されたアメリカのコカコーラです。蛇足ながら、1886年(明治19年)の日本、総理大臣は初代総理大臣の伊藤博文ですよ(!)。コカコーラ社のコーポレートカラーはサンタクロースの衣装と同じ赤と白ですからね。今のサンタクロース=コカコーラ社が作ったのです。知ってました?

クリックすると元のサイズで表示します
お隣にあるデパート「マイカル」前に置かれていた大型サンタクロースです。

クリックすると元のサイズで表示します
これまたお隣にあるショッピングモール「百年城」の中です。「青い」クリスマスツリーですね。ご確認できますようにスイスの時計メーカー「ロンジン(LONGINES)」によるものです。こちらも歴史ある世界的な企業です。何故、「赤と白の色」にこだわらないか。
1、コカコーラ社ではないから
2、その歴史(由来)を知っていて迎合する必要がないから
です。

クリックすると元のサイズで表示します
エレベーターの傍にあった可愛いサイズのクリスマスツリーです。バックに写っているのは「iPhone」でお馴染み「アップルストア」です。正規店ですよ。クリスマスプレゼントに「iPhone X」貰ったら嬉しいですよねえ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
ドイツのファッションブランド「MCM」の店の前です。この日はサンタ衣装ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
再び「大連商城」に向かい、中に入ると「近いうちにユニクロが入店するよ」の看板がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
この日はお昼の段階で気温は0度、まあ問題無い気温なんですが、強風で体感温度は凄まじいものがありました。地下のショッピング街「勝利広場」に入ります。中国ではクリスマスイブとリンゴが中国語で発音が同じ「語呂合わせ」ということで、この日にリンゴが人気となります。中国は「自己中心主義」に加え、「拝金主義」の国ですから、リンゴの価格はこの日だけ一気に上がります。母の日のカーネーションの価格と同じです。ここの店ではリンゴ一個をラッピングや箱入りにして10元(=約180円)ですか。普段、うちの近くの八百屋では「富士」が1キロ(ここが大切!)8元(=約140円)です。こういった商売を「ぼったくり」と言います。

そして「お上」のクリスマスイブですが、船3隻、うち1隻は機関砲のようなものを搭載で、今年28日目の領海侵入ですか(下記「参考記事」参照)。世界中では喜びと笑顔があふれるこの日に、輪に入れず排除され、こういった行動をする輩を「反社会勢力」と言います。

まあ報道されているように「お上」は、特に今年は本当にクリスマスの存在が面白くないようですねえ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
話は変わって、この日、自分へのプレゼントですが「ミニスーファミ」です。何気なくネットを見ていたら売っていましたねえ。夜中にヨドバシカメラで購入、翌25日の午後には日本の自宅に到着です。蛇足ながら今でも大手量販店のサイトでは送料無料、定価より割引価格で買えますよ〜。転売屋は死ね!

クリックすると元のサイズで表示します
イブの夜は割引をやっているということなので、インドカレーにしました。中山広場から旧・大連外国語学院方向に向かって上がって行った途中にある、大連在住の日本人なら誰でも知っている店「亜橋カレー」です。

クリックすると元のサイズで表示します
店内に張られていたポスターです。「大晦日、元日、2日」も全品30%オフですね。年末年始「残留組」は食べに訪れても良いかもしれません。以前とは異なり、シートも店員も「改装」され、良い店になっています。食べ切れない場合はカレーもナンも持ち帰りが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
一番人気のチーズナン(30元=約520円)とマトンカレー(45元=約780円)の「黄金タッグ」です。写真では伝わらないかもしれませんが、ここのチーズナンは一般女性ならまず完食不可の量ですから御注意を。

クリックすると元のサイズで表示します
一夜明けてクリスマス、25日です。平日ですがこの日は午後から出勤でした。風は強くなく朝から散歩に行きます。山の上の上空では飛行機が「軌跡」を残しながら飛んでいます。写真最上部です。

この日は市中心部「青泥窪橋」から路線バス(5路)に乗って海、動物園方向へ向かいます。路線バス(5路)についてはこちらをどうぞ。

が、途中お腹が空いたので、「八一路」駅で下車。ローソンで軽く食べます。ここ「八一路」駅のすぐ近くには以前、「湯本」という温泉の店があって、日本人の「憩いの広場」でもありましたが、今は無くなってしまいました。中国にいて日本人が恋しい物の一つ、それは「湯船」だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
周囲を少し散歩し、山に入ります。小高い丘からの風景です。

途中、ガサッという音と共に何か目線を感じます。大連に限らず中国の場合、大体こういう時は女性が野グソ、野ションしているのが「お約束」なんですが・・・。

またガサッという音・・・。

警戒心を高めて周囲を見回すと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
何だ?!

クリックすると元のサイズで表示します
写真中央部のアップです。野生の鹿です。こちらをじっと見ています。ビックリ仰天ですよ!!!

クリックすると元のサイズで表示します
結構いるぞ!!!

クリックすると元のサイズで表示します
これまた写真中央部のアップです。3頭です。親子ですかねえ。

時間にして1分間程度。その後、山の奥深くに入って行きました。数えてみたら7〜8頭(!)の群れでした。

クリックすると元のサイズで表示します
親鹿の傍に立っている子鹿もこちらをガン見しています。分かりますか?
野生の鹿ってちゃんと保護色で背景の色に溶け込むんですねえ。こりゃ姿を見つけるのは難しいですよ。初めて知りました。

蛇足ながら、市中心部の「労働公園」には野生のリスが居ます。数回見ましたが、小さい上にすばしっこいので写真に収めるのは無理でした。

帰り道、この辺りに住んでいる見知らぬおばちゃんに「鹿を、それも群れを見たよ!」と話しかけたら、「この辺じゃ珍しい事じゃないよ」と言っていました。

異国の零下の山の中で、自然からの「クリスマスプレゼント」を貰った気がしましたねえ。




参考記事:
中国 尖閣周辺で船3隻が一時領海侵入 今年28日目

 24日午前9時半ごろから、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船3隻が相次いで侵入し、約1時間半航行して領海外側の接続水域に出た。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは11月29日以来で、今年28日目。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海から出るよう巡視船が警告した。(共同)
2017年12月24日 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171224/k00/00e/030/174000c


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ