中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連における最も美しい「吉野家」の店舗

今日の大連はかなりの大気汚染です。こういう日は窓を閉め切ってクーラーと空気清浄器、更に加湿器を使って「生き抜き」ます・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
本日夕方4時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。気温は29度です。

クリックすると元のサイズで表示します
「セカンドオピニオン」として使っているサイトでも同時刻同所のPM2.5の数値は「119」と出ていますね。日本基準(「35」)の3.4倍の汚染度です。市内各所は「重度汚染」の更に酷い所がありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
街中は実際どんな感じなのか?今日の市中心部「労働公園」緑山とテレビ塔です。大気汚染が酷すぎて太陽をガン見しても眩しくありません。マスクをしての退勤です。この大気汚染が中国から日本人が激減した、そして今、日本人が中国を避ける大きな要因の一つです。

さて、今日のエントリーは日本でお馴染みの牛丼屋チェーン「吉野家」です。日本のみならずこちら中国(1991年)、香港、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシア、アメリカ、カンボジア、インドネシアに進出しています。こちら大連市にはなんと18件(!)も店舗(支店)があります。愛されまくっているんですね。

吉野家に限らず、日本における牛丼屋チェーンってのは、こじんまりとした店舗、男性客が中心、店内滞在時間も30分以内、といった感じですが、海外にある吉野家というのはちょっとしたファミレスといった感じの内装の店舗が多いです。私は中国、台湾、フィリピンにある吉野家を経験しました。

18件も支店がある大連の吉野家ですが、中でも「最も美しい店舗」を紹介したいと思います。もしかしたら中国一かもしれません。思わず写真に残したくなる店舗(!)だという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
場所は大連駅のすぐそばにあります。ということで、まずは大連駅です。満州国時代の1937年(昭和12年)に建てられ、設計者は南満州鉄道株式会社(満鉄)の太田宗太郎です。モデルは東京の上野駅です。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら、こちらは以前撮った東京の上野駅です。似てますねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
駅を正面に、ちょうど右へ向くとドカンと4つ星ホテル「渤海明珠酒店」があります。吉野家はホテル入り口の右側ですね。分かりますか?

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

クリックすると元のサイズで表示します
実際に来てみました。「4つ星ホテル」にある店舗ということで凄い「風格」ですね。「格好良さ」まで感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
一階は会計カウンターが中心で、二階が飲食スペースです。一階カウンターの写真撮影はダメとのことでした。ということで、まだお客さんが少ない時間帯の二階飲食スペースです。

クリックすると元のサイズで表示します
新しい店舗という事もあって本当にきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはホテル内から入る同店舗「入口」です。写真右に写っている扉から入ります。「4つ星ホテル」なので下はフカフカの絨毯(じゅうたん)ですよ!なお、同店の営業時間は朝7時半から夜9時半までです。

クリックすると元のサイズで表示します
店内に置いてあるチラシ(メニュー)です。左の列の一番上が「基本」である「牛丼セット」です。並盛に茶碗蒸しとコーラが付いて29.5元(=約500円)、大盛だと(=約600円)とありますね。ちなみに単品だと牛丼並盛が17.5元(=約300円)、豚丼並盛が15.5元(=約260円)でした。大連の大卒初任給は3500〜4000元(=約59000〜67500円)ですから、決して安くはありません。

クリックすると元のサイズで表示します
一番下ですが、「チキンカツカレーのセット」がポテサラ付きだと31.5元(=約530円)、茶碗蒸し付きだと34元(=約580円)ですか。

クリックすると元のサイズで表示します
サイドメニューです。キムチが2元(=約35円)、ポテサラが5元(=約85円)、茶碗蒸しが7元(=約120円)とありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
日本では未発売の「ファミリーセット」です。こちらは二人用セットで64元(=約1090円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは三人用セットで85元(=約1440円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日は「秘汁焼肉飯」を食べました。日本語に訳せば「オリジナルソース掛け焼肉ライス」といったところですかね。18元(=約305円)でした。味はまあ・・・。吉野家は牛丼屋だという事です(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
以前、別の店舗で食べた「キムチ豚丼」です。こちらは17.5元(=約300円)でした。

クリックすると元のサイズで表示します
日本の吉野家と言えば紅ショウガが食べ放題ですが、こちら中国では有料で一袋5角(=約10円)です。だいたいレジ横に置いてあります。色は「紅」ではなく「白」です。食べてみると日本人的にはお寿司屋さんのショウガに似てますかね。

こちら中国の吉野家は同じ商品にもかかわらず、市内の店舗によって微妙に価格が違います(!)。またオリジナルメニューも面白いです。朝はトースト、日中もラーメン、カセットコンロによる鍋料理なんてのがあります。また宅配デリバリーも普通に行われています。詳しくは中国吉野家のサイトをどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
個人的な事で恐縮ですが、私は日本で吉野家の株を少し持っています。株主優待として年に二回、300円分の無料サービス券が10枚、つまり3000円分のタダ券が送られてきます。女房殿を始め、子供も「吉牛」は好きなんですけど、やっぱり女性が一人で、または子供連れで店に食べに行くのはやっぱり抵抗があるんですね。そのため食べたくなった時、まあ主に女房殿が疲れ切って料理をしたくない時なんですが、これを使ってテイクアウトにして自宅で家族皆で食事、という事をしています。当然買いに行くのは私です・・・。このサイトでは牛丼屋は女性がデートで行きたくない場所の第3位になっていますね(笑)。これはちょっと可哀想かも。

私自身は吉野家ではなくて「松屋」の方が好きです。吉野家はねえ、牛丼と豚丼「しか」使えないんですよ。松屋は朝食はボリュームがあって、定食もいろいろと選択肢がありますしね。我が家の生野菜のドレッシングは長年、「松屋の白ドレッシング(290円)」に固定しているぐらいですから。吉野家の株は来年発効されるTPPで、安い米と肉が一気に日本に入ってくるんで、それを見越して買っただけです。増税がとりあえず凍結され、今日は日経平均株価も17000円台を回復しました。少しでも景気が良くなっていくといいですねえ。

最後になりましたが、こちらの吉野家にアルコールはありません。日本の吉野家が始めた、ちょっと一杯の「吉呑み」。あれ吉野家が好きな中国人や台湾人ならウケは良いですよ。日本に来たらぜひ連れて行ってあげて下さい。かなり喜ばれました(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ