中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連各大学の冬休みの長さランキング

今日も大連は大気汚染で、スモッグの一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
バレンタインデーも終わりました。妻子持ちには関係のない日ですねえ(笑)。日本では男性は「待つしかない」日ですが、こちら中国では男性が女性に「動いても良い」日です。「動く」ために欠かせない必要アイテムとして「バラの花」がありますが、一昨日2月13日付け大連地元紙『半島晨報』の記事(A20ページ)によれば、このバラの花、普段は一輪2元(=約39円)のところ、2月に入って価格は6元(=約115円)に上昇、バレンタインデー当日には更に上昇して10元(=約191円)になるそうです。見出しは「バレンタインデーはまだ来ていないのに、バラの花の価格は既に2元から6元にまで上昇している」とあります。

こういう商売の方法が「中国式」です(呆)。この国における「常識」です。「郷に入っては郷に従え」と言います。出来ますか?

さて日曜日も、旧正月(中国語:春節)の法定一週間連休(18日〜24日)のため、今日は法定出勤日です。普段から労働の質が低い人民ですが、既に今日からもう「心ここにあらず」といった勤務態度です(笑)。記憶に新しい2014年大晦日に起こった「上海外灘雑踏事故」の悲劇は教訓にして、「お上」は気合を入れ直して欲しいところです。

一方、中国長期駐在さんにとっては、一年で「二度目の正月」で、またとない一時帰国の機会でもあります。嬉しい「冬休み」ですね。日本人によく聞かれるネタで、大連の学生の「冬休み」って知ってる?があるので、取り上げたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
約二か月前、12月24日付け大連地元紙『半島晨報』の記事(A17ページ)ですが、なかなか興味深いランキングです。見出しは「大連の各大学は長期冬休みを目前に控えている 最も長い大学で約60日間に及ぶ」とあります。

中国語の「高校」表記ですが、日本語に訳すと「総合大学、単科大学、専門学校の総称」となります。日本の高等学校が中国語ですと「高中」、日本の中学校が中国語ですと「初中」となります。ちょっと再確認しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「大連各大学の冬休みの長さランキング」とあります。最も冬休みが長い、つまり第1位が「大連東軟信息学院」で56日間とあります。逆に最も短い、つまり最下位が「大連理工大学」で42日間とあります。その差なんと14日間(二週間!)です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは大連の小中学校、そして高等学校の冬休み期間ですね。

冬休み最長の「大連東軟信息学院」ですが、中国では地位も評価も価値も低い「私立大学」です。一方、最短の「大連理工大学」は全中国でも30位以内に入るような別格枠の「985工程」、「211工程」重点大学ですから、当然休みは最小限に、ということですかね。ちなみにこの「月とスッポン」の二校、地理的にはお隣同士でもあります。

それにしても冬休みに二週間も差があるのは、遊びたい盛りの大学生にとっては大きいですねえ。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ