中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

平日なのに芋洗い状態だった大連「付家庄」海水浴場

今日は曇りで最高気温も28度、と北方の満州らしい夏日だった大連です。こちらの小中学生は昨日から夏休みに入りました。近所のガキ共も朝から元気です。

さて、満州の都市でも数少ない、海を持つ町・大連です。大連に来て、人生で初めて海を見たという人民は少なくありません。日本では義務教育課程の体育の時間で水泳を習いますが、人民は泳げない人間が殆どです。

またこれも日本人的には信じがたいことですが、坂の町でもある大連は自転車が普及しておらず、道路には二輪車専用道も設けられていません。確か自転車は法律で禁止の町だったと思います。当然自転車には乗れない大連人もまた少なくありません。まあ法治国家ではないので興味ある輩は乗っちゃってますし、自転車屋と中古自転車屋も普通に営業していますし、「お上」も一切注意しませんけどね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
愛車です。

話を戻します。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日21日付け大連地元紙『半島晨報』(A04ページ)の記事です。見出しは「酷暑との戦い、週末に9万人も付家庄を訪れて海水浴場は容量オーバー」とあります。19日(土)、20日(日)は共に気温が30度を超えたこともあって人民は海水浴場に殺到、なんとその数は計9万人(!)ということです。日本だったら市町村の全人口レベルですよ。中国スケールですねえ〜。

付家庄公園内にあるこの海水浴場は、波も穏やかで、アクセスが良く、私も頻繁に訪れブログネタで取り上げています。バスでの行き方はこちらです。この「付家庄」という地は、周囲に貧民層が住む住宅地や大型商業施設が無く、大連市内でも格別に静かなんですよ。市内でも格別に大気が良いというのが特筆に値し、愛される点だと思います。ここが「星海広場」周辺との決定的な違いです。私はこの地に自宅を定めなかった事に大きく後悔しています。歴史を振り返ってみても、日本統治時代から高級住宅地であり、現在は大連日本人学校がここにあります。

で、平日水曜日である本日の昼過ぎに、この付家庄海水浴場に行ったのですが、まあ凄い人でした。繰り返しますが、平日水曜日です。

クリックすると元のサイズで表示します
付家庄公園の入り口です。入場は無料です。貝のモニュメントは絶好の記念撮影スポットです。

クリックすると元のサイズで表示します
国家重点風景名勝区です。大連市認定ではなく、中華人民共和国認定です。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口前の道路ではセンターライン上に何やら怪しい輩が多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで適度に幅を保って複数人いるのが御確認いただけます。正規駐車場ではなく、「私設」駐車場への誘導員でした。安全第二、拝金主義で小金を稼ぐ「支那人」ですね。「反面教師」として連中の行動の一部始終を見学しました。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口前にはコンビニ(チェーン店)があるので、安心価格で買い物できます。必要な場所にチェーン店のコンビニが、ほぼ必ず存在するのは大連の良さです。首都・北京はこの点がダメです。

クリックすると元のサイズで表示します
新たにケンタもオープンしました。店内は凄い人でした。

クリックすると元のサイズで表示します
大連市内の夏の風物詩でもあるオープンカーならぬオープンバスです。市内各所の観光地を安価で回ります。

クリックすると元のサイズで表示します
園内に入りました。焼肉、海鮮バーベキューを中心とした特設の食事処が多く設けられています。

クリックすると元のサイズで表示します
観光地価格なので閑散としています。

クリックすると元のサイズで表示します
水着や浮き輪、玩具も現地調達できます。

クリックすると元のサイズで表示します
夏の大連は外国人旅行客も多いです。この方は違うと思いますが、ロシア人観光客が特に目立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
では、ビーチへ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは右側です。凄い人だ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
全景を撮ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
中心部は本当に凄いです。

クリックすると元のサイズで表示します
こりゃ、泳げません(笑)。平日ですよ、平日!

クリックすると元のサイズで表示します
沖に行けばのんびりですね。

クリックすると元のサイズで表示します
果てしなく続く有料ベンチエリアです。邪魔だから撤去しろよ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
逆側に目をやります。人混みを掻き分け、岩場に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
岩場では磯遊びも出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
変な商売を見つけました。足湯か?!でもフットマッサージって書いてありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
30分で40元(=約660円)とありますが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
水槽に足を入れると、魚が寄ってきて、ツンツンして角質を食べてくれるんだとか(笑)。子供達は「魚捕り」の方が良いみたいです。ピラニアでも入れておけよ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
あまりに多すぎる人民で、人間酔いしたので帰ります。入り口では警官(左)が「オフモード」、右隣の輩は警官の制服ではないですが、似た類の仕事の方でしょう。腕は凄い刺青です。いろいろな意味で、今の中国の「現実」を良く表した一風景だと思います。

スリ、痴漢、誘拐、ボッタクリ、喧嘩、に注意し、海水浴場の御利用は計画的に(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ