中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ここ最近の、理解に苦しむ大連の「支那人」集

今日は朝4:20に突然外で大声による口論が、見たらおばちゃんが2人が大声で言い争っています。耳を澄ませて聞いていると、何でもアパート周辺の、猫の額ほどの畑の場所の取り合いのようです。特定個人の所有が認められない、アパート住民全員の、みんなの土地なのにねぇ。さすがにこの「騒音」、あまりに早朝過ぎたので私の朝の出勤時、1Fの「小広場」ではこの話題で持ちきりでしたね。コメントを求められましたが(笑)、「口は災いの元」。この国では「聞き上手」こそが敵を作らず出世する(評価が高まる)ということも覚えておきましょう。

さて、公共という概念の無い人民、その中でもどうしようもない「支那人」の基本的概念は「自分の物は自分の物、他人の物も自分の物」、「騙す奴が悪いのではなく騙される奴が悪い」など彼等独自の独特の概念があります。まあ「中華思想」=自己中心主義、を起因とするものですが、「中華思想」とは自分に間違いは無い、つまり「いつ何時、誰と争っても悪いのはあなただ」、また「自分と対等な者は存在しない」というのが大原則です。

中国にとっては日本との国交回復の大恩人・田中角栄元首相の娘で、現民主党議員・田中真紀子元外相には「人間には、敵か、家族か、使用人の三種類しかいない」の言葉(人生観)がありますが、これを永田町以外の日本で公言し、実践してはいけませんよ。これは「永田町特別区」と今の中国(特ア3国)限定の思想と現実であり、日本で、日本人がやってはいけません。ただこの思想は在中ビジネスマンであるなら、大切な思想&現状なので、頭の片隅には必ず(!)置いておく必要があります。

まあ「考えるだけに留める」と「口に出す&実行」は雲泥の差です。女性の服が薄くなるこの時期、世の中の男性なら皆理解し、認識している大きな「違い」ですね(笑)。

ここ最近、目にした大連の「支那人」です。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは新聞記事からです。5月7日付け地元紙『半島晨報』(A05ページ)の報道です。見出しは「入場無料の労働公園に遊びに来たついでに、今年新たに植えられた草木が皆持ち去られる」とあります。つまり市中心部最大の、市民の憩いの広場である「労働公園」での「支那人」における花泥棒ですね。桜やアカシアなど、先月からずっと様々な花が満開となり、美しい風景を見せてくれている大連ですが、やはり「支那人」によって荒らされます。日本人的な表現を使えば「ケツの毛までむしる」でしょうかねぇ(笑)。

法治国家ではなく人治国家(党治国家)である中国における人民の認識のひとつとして「お上(親、先生、上司、警察・・・)が見ていなければ何をやってもOK!」という基本的な原則もありますが、これは日本人にとっては受け入れられない「常識」です。記事の掲載写真でお分かりのように、年配の人間がこのような不誠実な行動をやって、しかも新聞報道で晒されているんですね。「蛙の子は蛙」。人民の素質素養が低下、いや後退著しい今の中国を象徴している現実です。

なおこの大連ならではの、「ほのぼのとした日常風景(笑)」は日本語でも紹介されています。空港周辺で凧揚げをやって飛行機を止めた記事と同様、最後の「参考記事」に譲ります。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは先週末、大連駅横にある駅前から裏駅に抜けるトンネル内で見た「支那人」です。携帯で、移動がてらに撮った写真なので不鮮明ですが、「小奇麗な若い女の子(ここが重要!)」が「お金下さい」をやっています。ここ数年来の「流行」ですね。チョークで地面に書かれている「要求額」ですが、8元(=約100円)です。同じ駅前にある、日本人利用者の多い4つ星ホテル・「ラマダホテル」周辺ででもやりなさいよ。日本人とちょっと「遊び」でもすれば人民元の最高額紙幣である100元(=約1250円)札一枚、つまり「要求額」の12.5倍の額が、一晩「遊べ」ば10000円(=約800元)、つまり「要求額」の100倍の額が手に入るでしょうよ。

この手の「女」ですが、週末限定営業である事、警察が来たら現場から逃げること、で日本人的には「腹黒さ」はお見通しなんです。先日の一連の「薄熙来事件」に対する見解で、中国で最高の権威を誇る党直属の新聞『人民日報』はその最初の一文に「中国は社会主義国家であり、法治国家でもある」と書いています。社会主義、もしこれが本当ならこのような「女」は存在しません。また中国全ての公的施設には毛沢東の言葉「人民に奉仕せよ(中国語:為人民服務)」が掲げられています。「お上(警察)」はそれなりの保護、または事情ぐらい聞いてやらなければいけないのです。何故、この女の類は「お上」を目にすると即逃げるんですかね(笑)。まあ、この手の「バカ女」の「種明かし」は以下のサイト記事に譲ります。「FC2」ですので、中国からの閲覧は・・・。
ttp://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-4181.html
ttp://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-4232.html

ttp://jyouhouya3.net/2010/03/post_430.html

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも先週末、大連の「IKEA(イケア)」で撮った爆睡する「支那人」です。低反発枕を買いに行ったんですが、その時の店内の様子です。中国諸都市の「IKEA(イケア)」の珍光景は以下のサイトに譲ります。
ttp://nikkan-spa.jp/162237
ttp://rocketnews24.com/2011/10/02/135717/

「反面教師」の題材には事欠かさない大連(中国)ですが、小さなお子さんを持つ方はこの手の「独特な風景」は見せない方が良いでしょう。身障者を見世物にしたり、大人の私でも直視に耐えません。「18禁」どころでは済まないと考えるべきだ思いますね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
花壇で「狼藉」の限り、チューリップ10万株を「それっ」=大連

 遼寧省大連市にある労動公園(労働公園)で最近になり、花壇のチューリップ約10万株が根こそぎ盗まれた。開花シーズンが一段落したことで、一般市民が「もう用済みだろう」とばかりに、次々に盗んだとみられている。中国新聞社などが報じた。
 労働公園の花壇は、チューリップが掘り起こされた穴だらけになり、花びらや葉が散らばるなど「狼藉(ろうぜき)の限りを尽くした悲惨な状況」に変わり果てた。
 同公園がチューリップを植えたのは2011年11月で、1平方メートル当たり20−30株の割合で、計10万本を植えた。満開になったのは5月1日ごろで、その後、次々に盗まれるとは「まさか、思わなかった」という。同公園のチューリップは「ほとんど残っていない」状態になった。
 いわゆる「花盗人」の行為であり、専門の犯罪者でない一般市民が次々に盗んだとみられている。公園側によると、来年に備えて球根を掘りだして保管する考えだったが「間に合わなかった」という。
 同公園では、ボタン、コウシンバラ、サクラ、ハクモクレンなどの花も次々に盗まれている。チューリップだけで被害額は十数万元(15万元=約190万円)に達するとみられている。
2012年5月8日
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0508&f=national_0508_053.shtml


空港の特別管制区でたこ揚げ、6便が着陸できず―遼寧省大連市

 2012年5月4日、遼寧省大連市の空港でたこ揚げをしている人がいたため、中国南方航空の旅客機6便が着陸できず、他空港での着陸や出発地への引き返しを余儀なくされ、旅客約800人に影響が出た。新華社が伝えた。
 中国南方航空によると、4日午後4時20分(日本時間同5時20分)ごろ、長春発大連行きの旅客機が規定時間に大連空港に着陸しようとしたところ、上空600メートルの地点で滑走路上空にたこが揚がっているのを発見した。上空で1時間ほど旋回し待機したが、着陸できる状態にならなかったため、青島空港へ向かった。同日午後7時10分(日本時間同8時10分)までに、同機とその後の5便が着陸できず、他の空港での着陸に変更した。
 これを受け、中国南方航空は空港周辺や特別管制区域ではたこ揚げをしないよう市民に注意を促した。
2012年5月5日
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=61038&type=


ダンスであなたを癒します!フライト遅延で苛立つ乗客を和ます女子高生―大連国際空港

 2012年4月23日、中国・遼寧省大連市の大連国際空港は、広範囲で霧に覆われ、多くのフライトがキャンセルとなり、20便、500人が足止めをくらった。民航資源ネットが伝えた。
 24日になっても霧は晴れなかったため、乗客は不安やいら立ちを覚えていた。しかし、そんな乗客たちのために、女子高校生たちで構成されたダンスチームはパフォーマンスを披露した。女子高校生たちの初々しくも活気あふれるダンスに乗客たちは和み、皆リラックスした様子だったという。
 彼女たちのチームは、同空港と市政府合同の下、夏秋の新路線就航イベントのために組織されたもので、当日彼女らのパフォーマンスに乗客からは拍手やカメラのシャッター音がわき起こっていた。
2012年4月25日
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=60774

投稿者:dalian4649
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ