中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

海水浴シーズンですが大連と青島の汚い海

大連と青島と言えば何かと共通点が多く感じられる都市です。大連は遼寧省の都市ですが、省都ではないにもかかわらず、国際都市という観点から見れば省都・瀋陽を完全に抜き去っています。青島も同様で、山東省の都市ですがこれまた省都・済南を抜き去っています。

中国人の日本個人旅行が解禁され、多くの中国人富裕層が日本を訪れ、絶賛し、再来日を望み、つい数日前にはマルチビザまでが解禁となったこの御時勢でも、省都・瀋陽と済南は相変わらず反日傾向が強いというだけの都市にすぎず、時代に乗り遅れた一世代前の都市を感じさせています。

大連は「日本」が至る所に溢れる都市ですが、青島は「韓国」が至る所に溢れる都市です。共に大都市ではない港湾都市で、北京・上海・広州に比べて物価は控えめ、観光地に乏しく、ビールが有名で、男性天国(?!)なところなんかそっくりです。なお大連と青島は国内線で片道約45分で結ばれており、便数も多いです。共に小旅行に、また海水浴に訪れるには今は絶好のシーズンだと思います。

が、この絶好の稼ぎ時シーズンを迎えておきながら、共に結構大変な事になっていますね。ただ人民はそれほど深刻に捉えておらず、マイペースなのが救いなようですが。

まずは大連です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは7月3日付け地元紙『半島晨報』の第一面です。紙面中心は大連の有名な観光地である「星海公園」についてのニュースです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは満州国時代、「星ヶ浦」と呼ばれ、今も昔も地元市民にとっては格好の海水浴場ですが、ゴミは浮き、さらには赤潮までが発生して結構汚染されたようです。

次に青島です。
こちらも代表的な観光地である「桟橋」、そして「第一海水浴場」で問題が起こりました。やはり稼ぎ時シーズンを迎えていますが、「藻(滸苔)」が異常発生しているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
青島の代表的な観光地「桟橋」です。この写真は私が2009年10月に旅行した時に撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはつい先日、7月9日の同じ場所の様子です。中国メディアの写真で、「藻」だらけです。

青島の「藻」問題は更に悪化します。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日14日発表された、同所「桟橋」の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
平日なのに観光客多いですね。当たり前か(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
波はあるようですね。

クリックすると元のサイズで表示します
この状況、親子で何故泳ぐ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
カエルみたい。

クリックすると元のサイズで表示します
何故持って帰る・・・

所変わって青島市内最大の海水浴場「第一海水浴場」に移ります。
クリックすると元のサイズで表示します
昨日、中国のメディアが発表した、昨日7月15日の青島市内最大の海水浴場「第一海水浴場」の様子です。何じゃこりゃ?!

クリックすると元のサイズで表示します
が、青島では2,3年に一度の「恒例行事」=よくあること、だけに人民はそれほど深刻に捉えていない様子です。どんどん「入水」します。

クリックすると元のサイズで表示します
右の女性(胸の膨らみで判断しました)、海水浴にしては変わった姿ですね。一万歩譲って全身ボディスーツ姿はまあいいとして、マスクを被っての海水浴は解せません。しかも水中メガネまで着けてますね(笑)。やはり中国です。これが青島風?悪役の女子プロレスラーかと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、海水浴?!

クリックすると元のサイズで表示します
波は全く無さそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
至福の時?!

クリックすると元のサイズで表示します
「汚い」という言葉しか見つからない・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
脱出不可能?!

クリックすると元のサイズで表示します
オェ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
軍、警察、地元住民、と協力して除去作業に当たります。

所変われば変わった水着姿、変わった海水浴というのがあるものです。っていうかこんな海に入るという感覚が信じられず理解できません。こんな状況になったら「入る」ものじゃなくて「見る」もの、「掃除する」ものだと思います。国際線が多く就航する国際都市でこのような観光地、これを日本では「国恥」と言います。

ブログのアップをしながら「環境問題」を強く認識した今日のエントリーでした。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ