中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連でも「武漢肺炎」が確認

2020年最初の更新になります。今年も宜しくお願い申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の大連は酷い大気汚染でした。午後2時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。この後、PM2.5の数値は「300」を超え、「非常に健康に悪い」から「危険」となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
外の様子で、市中心部・労働公園「緑山」の電視塔です。これが「300」です。

クリックすると元のサイズで表示します
御参考までに一昨日、大気の状態が非常に良かった同所です。

さて、私は年末年始を日本で過ごしました。大連に戻り、今はちょうど旧正月の直前で、「二回目の年末年始」ですね。明日24日が「大晦日」、明後日25日が「旧正月=春節」です。

ただ今年の中国の「年末年始」は最悪ですねえ。新型肺炎が流行中だからです。この新型肺炎ですが、こちらのネットでは「武漢肺炎」とも命名されていますね。「武漢肺炎」の患者に対応している現地の病院(武漢市中心医院)の様子も公開されています。感染しないように「完全武装」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
武漢市政府の21日の発表によると、市内の医療従事者15人に感染が確認されるも、士気は衰えていないようで、本当に頭が下がります。

しかし「お天道様」は大きな罰を中国に与えましたねえ。大連も例外では無くて、一昨日、現地地元紙「半島晨報」が大連でも患者が見つかったと報じました。夕方5時半になると、「領事館」からメールが来ましたね。こちら大連のニュースが和訳されたものです。全文を記載しておきます。


●1月21日,大連市政府公式微信アカウントである大連公布によると,武漢から大連を訪れた人物の発熱等の呼吸器症状の症例を1例確認した旨発表がありました。
●引き続き最新情報を収集し,人混みを避け,マスクを着用したり,手洗いを行うなど,念のため感染予防に努めてください。

(参考)
  大連市は新型コロナウイルス感染による肺炎に対し積極的に対応(仮訳)
21日の大連市衛生健康委員会の発表によると,17日,大連市は武漢から当地を来訪した発熱等の呼吸器症状を発症した患者1例を発見した。現在,当該患者は市の指定医療機関にて隔離治療を行っており,容態は安定している。正確な診断後,改めて速やかに通知する。

大連市は新型コロナウイルス感染による肺炎の対応業務を高度に重視しており,すでに連合対応業務指導グループを設置し関係業務を行っている。各レベルの衛生健康部門は迅速に全面的な対応を講じており,相次いで専門業務グループ及び専門家グループを設置し,速やかに各種応急措置及び業務方案を制定し組織的に実施している。現在,市の各レベル・各種の医療機関はすでに事前診察及び発熱の外来診療の観測を全面的に強化し,疾病予防コントロール機関の科学的規範に基づき,疑いのある病例に対し観測,検査,診断,治療及び衛生処置を行っている。市内各地では愛国衛生運動を実施し,環境整備関連業務を強化しつつ,各種予防措置を全面的に実施している。

これから春節が近づき人の移動も頻繁になり,また冬から春にかけて呼吸器系感染症の発生率が高い季節となる。専門家は広く一般市民に対し,個人の衛生・予防をしっかりと行うこと,マスクの着用は呼吸器系感染症の予防に有効な方法であること,手の衛生環境に注意すること,室内環境衛生及び換気を保つこと,空気の通りが悪い或いは人が密集する公共のイベント等はできる限り避けること,もし発熱や呼吸器系感染症の症状があれば速やかに当地の医療機関の発熱外来で診察を受けることを促している。 上海市衛生健康委員会による発表(21日)(当館仮訳)
 患者は35歳男性,上海籍,8日晩に武漢市を訪問。11日に武漢市から上海市に戻り,発熱,咳等の症状が出現。16日,本市の発熱外来を検診後,入院隔離治療。上海疾病予防管理部門が新型コロナウイルス核酸検査を行い陽性結果を確認。専門家の評価確認を経て当該症例を新型コロナウイルスによる肺炎と確定診断した。現在,患者の体温,バイタルサイン等正常。上海市で濃厚接触した者は現在医学観察中。
 なお,本市はその他4名の疑似症例を調査中。

大連公布(中文)
https://mp.weixin.qq.com/s/Gc_RdvNX_0HT0KUIaDcISw

在瀋陽日本国総領事館
在大連領事事務所
遼寧省大連市西崗区中山路147号 森茂大厦3階
TEL:0411-8370-4077 FAX:0411-8370-4066
HP: http://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/


今日はついに在中国日本大使館が、在留邦人向けの説明会で「武漢市内で日本人1人が肺炎にかかり、入院している」と発表しました。60代の日本人男性で、中国人の妻と武漢で暮らしており、重症で「武漢肺炎」かどうかは確認中だそうです。

私は大連に来た初年度にSARSの混乱を経験していますし、それなりの知識と経験を積んでいるので比較的冷静ですが、一応、感染者が出た当該地という事で、大連では皆かなり神経質になっています。遼寧省での「武漢肺炎」は今のところ2例が確認され、大連では更なる「予備軍」もいます。今日の町中は、バスの運転手さんを筆頭に、マスク着用率がいつもよりかなり高かった印象ですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ