中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

令和元年を迎えた大連「旧・光明台小学校」周辺を歩く

今日の大連は暖かく、風もありません。ということで前々日、前日からの大気汚染は加速中です。

クリックすると元のサイズで表示します
朝はPM2.5の大気汚染が酷く、真っ白でした。今朝8時、市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。日本基準の約4.5倍の汚染度で、「健康に良くない」表示です。久しぶりに日本から持ってきたPM2.5対応マスクを装着しての出勤です。

さて、今日は日本統治時代の「旧・光明台小学校」とその周辺を歩きます。今現在の「オリンピック広場」からすぐですね。

クリックすると元のサイズで表示します
アクセスは簡単で、公共バスの「27路」、「529路」、「527路」に乗って「九六七医院」という名のバス停で下車、真ん前に立っている大きな病院が今現在の「旧・光明台小学校」です。残念ながら、かつての姿は失われています。

クリックすると元のサイズで表示します
病院前です。御覧のように中華人民共和国人民解放軍が管轄している病院なので、撮影は控えましょう。大通り(勝利路)沿いから撮る、最低限に留めておいた方が無難です。この病院ですが、つい最近まで「二一〇医院」という名でした。今でこそ「九六七医院」という名ですが、大連地元的にはまだ「二一〇医院」表記の方が少なくありません。つまりタクシーや市民の間では新しい名の「九六七医院」では通じない場合もあるという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
先程降りたバス停から令和元年である、「旧・光明台小学校」の現在の姿を撮りました。公共バスで行かれる方はこちらをどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
さて降りたバス停から左側を望みます。このまま真っ直ぐ歩いて二つ目の交差点の角にあるのが、かつての「昭和高等女学校」です。行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、この「九六七医院」の患者衣を着たまま散歩を謳歌しているハゲオヤジがいました。退院が近いのかウキウキです。

病院周辺では各病院の「患者衣」のまま、朝市などでは寝起きの「パジャマ姿」のまま、夏には「北京ビキニ(?!)」と称される「腹出し姿」のまま、外を歩く、外出する、これが「支那人」です。私の職場に居る「中国人」は皆こういう姿を見ると眉をひそめて無言になります。自分たちと「同じ中国人」と認識せず、「違う中国人」と認識しているんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
で、二つ目の交差点の角にあるかつての「昭和高等女学校」の今現在=令和元年の姿です。現在は大連市「水仙小学校」となっています。真横がちょうどバス停ですので、ここもアクセスが良いです。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。

令和元年を迎えた大連「昭和高等女学校」、そして5月で気温40度
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/695.html

クリックすると元のサイズで表示します
日本では未だに台風19号の被害が収まりませんが、ここ「水仙小学校」は日本同様、災害における緊急避難場所となっています。和訳は不要でしょう。

さて、先程の「旧・光明台小学校」の前、「九六七医院」のバス停に戻ります。バス停から左方向を真っ直ぐ歩いてきましたが、今度は逆に右方向を歩いて、かつての「早苗小学校」に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
バス停から右方向を望みます。二つ目の信号まで真っ直ぐ歩いて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
この横断歩道を渡って右折します。

クリックすると元のサイズで表示します
またひたすら真っ直ぐ歩きます。道路の名は「東北路」です。

クリックすると元のサイズで表示します
一つ目の信号を渡り、

クリックすると元のサイズで表示します
ひたすら真っ直ぐ。もし左折して、この「風鳴街」に入り、ひたすら真っ直ぐ歩くと日本統治時代の家が数多く見られます。日本統治時代の「早苗町」、「若菜町」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
話を戻します。ひたすら真っ直ぐ歩くと、次は「新華街」に入る角です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。ここの角にある家も日本統治時代の家ですが、人が住んでおり、現役です。調べてみると日本統治時代の住所は「大連市早苗町92」、そして「94」です。日本統治時代に住まれていた方はいますかね。

クリックすると元のサイズで表示します
また真っ直ぐ歩くと左に校庭が見えてきました。「旧・早苗小学校」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今現在は高校です。

クリックすると元のサイズで表示します
「旧・早苗小学校」の入口へと向かいましょう。校舎を左に見ながら真っ直ぐです。

クリックすると元のサイズで表示します
歴史を感じさせてくれます。ここを左に曲がると、

クリックすると元のサイズで表示します
到着です。「旧・早苗小学校」で、現在の「大連教育学院」です。

令和元年を迎えた大連「早苗高等小学校」、そして異常気象の満州主要都市
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/696.html

このルートは大通りばかりを歩きますので、車の排気ガスが凄いです。マスク必携ですよ。

御参考までに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ