中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

令和元年を迎えた大連「旧・常盤小学校」周辺、「越後町」、「能登町」を歩く

今日の大連は風が収まり「秋」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
が、風が無いと大気が動かないので、昼頃から汚染日になりましたね。午後2時、市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。

さて、今日もこの「青泥窪橋(大連駅)」周辺ネタで、日本統治時代は旧「常盤小学校」の周辺、そして「越後町」、「能登町」へと歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日のエントリーでも取り上げた、旧「常盤橋」交差点のそばです。茶色い建物が日本統治時代の当時から残る「南満州鉄道瓦斯(ガス)会社」です。

クリックすると元のサイズで表示します
道路を隔てた向かい側です。「老虎灘」、また日本統治時代は高級料亭で名古屋城を模して造られた「一方亭」方面に向かうバス(「2路」)のターミナルとなっています。写真中央に写るのが「大連商場」です。日本統治時代の名は「大連市場」です。行ってみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
当時の絵葉書です。これが日本統治時代で、

クリックすると元のサイズで表示します
これが令和元年の現在です。

先程の「南満州鉄道瓦斯(ガス)会社」が見えるバス停へと戻ります。バス停の目の前にローソンがあるんですが、このローソンの裏にも日本統治時代の建物が残っています。行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
この道を入って行きます。突き当りはこれまたローソンなんですが、その手前の角を右に曲がります。

クリックすると元のサイズで表示します
左にとても古い建物が建っているのがお分かりいただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。この建物の前はゴミ収集箱が並んでいて気の毒です。

クリックすると元のサイズで表示します
正面です。

クリックすると元のサイズで表示します
また角度を変えます。今も現役ですよ。日本統治時代は旅館?ホテル?らしいですが、当時の『大連商工案内』では確認できませんね。一時帰国の際に信頼に値するソースを見つけて、またゆっくり調べましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
またまた先程の「南満州鉄道瓦斯(ガス)会社」が見えるバス停へと戻ります。そこから撮った今現在の旧「常盤小学校」です。今は残念ながら四つ星ホテル「中山大酒店」、そしてショッピングモール「百年城」となっています。つまり「大連市場」の斜め前に旧「常盤小学校」があったんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「常盤小学校」で、今現在はショッピングモール「百年城」です。

クリックすると元のサイズで表示します
ショッピングモール「百年城」ですが、日本人的に中で買うものは少ないです。1階に「スタバ」と「アップルストア」、

クリックすると元のサイズで表示します
3階に「無印良品」、

クリックすると元のサイズで表示します
5階に熊本発で、中国で最も有名な日式ラーメンチェーン店「味千ラーメン」があります。

クリックすると元のサイズで表示します
令和元年の今年は中国にとって建国70周年です。入り口に置かれたモニュメントです。

クリックすると元のサイズで表示します
では旧「常盤小学校」の前、旧「トキワホテル」があった角から「越後町(現・玉光街)」に入りましょう。ひたすら前進です。突き当りは「青泥窪橋小学校」です。

クリックすると元のサイズで表示します
最初の交差点です。これまたレトロな白い建物です。隣に写るグレーの建物は、

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代そのままの姿の「香港上海銀行」です。令和元年の今は「中国工商銀行」が入っています。銀行業で変わっていないんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「石碑」です。

クリックすると元のサイズで表示します
突き当りは「青泥窪橋小学校」ですが、一歩手前の角を曲がり「同心街」へと入ります。かつての「能登町」へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐに日本統治時代の家が見られます。今も現役です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代に住まれていた方、今も現役ですよ!

クリックすると元のサイズで表示します
左に曲がれば、今の子たちが通う「青泥窪橋小学校」です。この辺りの子供ですが、日本統治時代は「常盤小学校」、今はこちらの「青泥窪橋小学校」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代の名前ですと「能登町」と「摂津町」の交差点です。ここにこの「青泥窪橋小学校」があります。

クリックすると元のサイズで表示します
正門です。

で、この「青泥窪橋小学校」の隣に、日本統治時代の「大連消防署」が建物そのままに残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
今は消防署ではなく「日月明賓館」というホテルです。宿泊料は写真に写る電光掲示板でお分かりいただけますように、二人部屋で一泊139元(=約2130円)ですね。リーズナブルな価格ですし、アクセスも良いので、日本統治時代のこの地域に思い入れや所縁のある方は「記念宿泊」も悪くないですね。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

令和元年の今でも残る建物を散歩がてら見てきました。御参考までに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ