中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連で人身事故の瞬間を目にする(1)

日曜日から酷い大気汚染日が続たものの、昨日は風が吹き、今朝は素晴らしい朝となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
日中も風があり、大気の状態はとても良かったです。お昼過ぎ午後1時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方5時半の帰宅時に買い物がてらに撮ります。夕暮れの市中心部の労働公園「緑山」と電視塔です。毎日こうだと良いんですけどねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
夜7時半になって洗濯をしようと思ったら、粉末洗剤が切れたので再び買い物に行きます。それほど寒くはありません。焼き芋屋さんが出ていたので一つ買って帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。一方でこちら満州最果ての町の一つ、満州里(内モンゴル自治区)では雪(!)ですね。

さて、夕べ仕事を終え、市中心部「青泥窪橋(大連駅)」で買い物をし、移動中に交通事故(人身事故)の瞬間を目にしました。

日本とは違って、こちら中国は「自己中心主義」という考え方が普通ですから、車と車の事故はしょっちゅう目にしますが、人身事故、それもその瞬間、そして人が吹き飛ぶ姿を見ました。目に焼き付きますね・・・。

二回に分けてお届けする、今日のエントリーは、本題に移る前の「プロローグ」のみを書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
この国は「昔、アヘン中毒、今、スマホ中毒」の国です。「スマホ絶対主義」の国なんですね。日々利用している朝の地下鉄ですが、御覧のように、この日は車両の一番前に立つ人までスマホ利用者「10連チャン」です。日本と違う所はイヤホンを利用せず大音量で動画を見ている奴が「必ずいる」ことですね。困ったことに中高年に多いです。

スマホと共に急速に発達したのが、それを利用して注文する飲食物の「デリバリー(出前)」です。

このデリバリー、基本、電動自転車やバイクといった二輪車による配達なんですが、とにかく交通マナーが悪いんですよ。全く守りません。逆走、信号無視は当たり前。クラクションも使い放題で「我が物顔で」歩道もカッ飛ばします。「どけ!どけ!」ってやつですね。分かりやすく言うと「中国の暴走族」です。

中国は日本と違って「職に貴賤あり」の国ですからね。ですから「高考」という名の大学入試が世界一過酷となるわけです。「超学歴社会」で「学無き者」はどうなるか?こういった「賤業」、そして「負け組」に属することになります。厳しい社会ですよ。

先月撮った写真ですが、公共バスの最前列に座ると連中の姿が良く分かります。

クリックすると元のサイズで表示します
赤信号で止まります。日本と違ってヘルメット無し、二輪もナンバー無しです。いざとなった時、身軽に逃走できないし、証拠も残りますからね。

クリックすると元のサイズで表示します
待っているのが面倒くさくなって無視。まあデリバリーは商品到着までの配達制限時間も設定されていますからね。

クリックすると元のサイズで表示します
私の乗っているバスが次の信号で先程の「オレンジオヤジ」に追い付きました。こちらの交差点では奴の前に2台の「先客」です。

クリックすると元のサイズで表示します
3台まとめて信号無視(!)。行ってしまいました。

今の若い方は御存じないかもしれませんが、今から約30年前の1980年、ビートたけしさんはビートきよしさんとコンビを組んでいて、「ツービート」というコンビ名で活躍していました。で、「赤信号みんなで渡れば怖くない」という流行語を生みました。私がガキの頃の話です。

大連は「坂の町」ということもあって、二輪車に優しくない町です。若い人だと自転車に乗れない人も少なくありません。日本人的に中国と言えば「自転車」のイメージがあることに加えて、最近では一時期、中国発のビジネスで「シェアサイクル」が広く報道されたこともありました。が、大連のみならず、こちら満州の大都市中心部で自転車(シェアサイクル)は見られません。黒竜江省の省都・ハルビン中心部には無し。吉林省の省都・長春にも無し。例外はこちら遼寧省の省都・瀋陽で、こちらは「自転車王国」です。まあ先程の満州里市の雪ではありませんが、こちら満州は他地域に先駆けて冬が早いのと積雪、道路の凍結といった問題もありますからね。

さて自転車が一般的でない町で、一般人民が自転車を乗ったらどうなるか?基本、自転車道(二輪車専用道路)も無いし、連中もまた「ルール」を知らないし、元からの「自己中心主義」という考え方もあって、道の端や脇を走る奴はまだ良い方で、道路のど真ん中をチャリで走る奴なんてのがいるんですよ。

当然、交通事故です。

クリックすると元のサイズで表示します
該当者は不在で、事故現場がそのまま維持されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
潰されたお弁当です。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。

クリックすると元のサイズで表示します
ナンバープレートがひん曲がっていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって、こちらはマクドナルドのデリバリーですね。タクシーとの接触事故です。御覧のように、あの「大型リュック」は、いざという時、体の動きの自由を大きく奪いますね。世界的企業といっても、この国では所詮この程度です。これを「安全第二」と言います。

次回に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

一週間ぶりの深呼吸、そして「敬老」と「老害」、更に「すき家」

前回のエントリーでも書きましたが、先週末から大連ではこの秋最初の「大型大気汚染」が続いていました。毎日霧で、風=大気の流動、は殆ど無く、汚染された大気が蓄積されていくのみという「PM2.5地獄」の日々です。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の朝はかなり酷かったです。いつも撮っている市中心部の労働公園「緑山」と電視塔ですが、電視塔がすっぽりと消えてしまっていましたね。で、夜中は本当に久しぶりの雨が少し降り、のちに強風となったので、

クリックすると元のサイズで表示します
朝は素晴らしい天気となりました。同所です。「PM2.5地獄」と「快晴」の対比写真が撮れました。24時間でこんなに変化が起きたという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
今日10時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。本当に久しぶりの、外での深呼吸を堪能しました。これが「中国での日々」なんですよ。が、気温は低くて8度、更にはかなりの風です。

クリックすると元のサイズで表示します
前回のエントリーでも触れましたが、先日、PM2.5が「200」=「非常に健康に悪い」表示の中、ライトレールに乗って「開発区」、「保税区」に行きました。「保税区」駅前のバス停で一人のお年寄りが字を書いていました。中国ではよく公園などで見られる光景です。大きな筆で水を墨汁代わりにして地面に書きます。水で書きますので、時間が経つと綺麗に消えるだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
「お上手ですね」と声をかけると、にっこりとしていました。私にとっては「中国人」で、「敬老」対象です。芸術性が感じられ優雅な趣味を持つ人間から学ぶことって本当に多いですよ。

「あいちトリエンナーレ」でしたっけ、あんなの幼稚な人間を多く集めた「芸術」という名の「ゴミの展示」と「自由」という名の「反社会の主張」でしょ。

中国は歴史と漢字の国です。こちらに来ていながら歴史を学ばず、知らず、字も汚い日本人って多いんですよ。以前、こちら中国でも大使館、領事館に天皇陛下の御即位を祝賀するための記帳台が置かれ、私も参加したんですが、見るに堪えない字が少なくなく、「同じ日本人」として恥ずかしさを覚えましたね。

建国の父・毛沢東を筆頭に、中国のトップはとにかく毛筆で自分の字を残します。これを揮毫(きごう)と言います。が、今現在のトップである北京の「核心」はあまり揮毫をしません。何故か?言わずもがなですね。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部に戻り、公共バスに乗ると、こちらもまたお年寄りで、女性(!)です。ナメた態度で座っていますねえ。私にとっては「支那人」で、「老害」対象です。

クリックすると元のサイズで表示します
同じバスの車内で、こちらはシルバーシートに座る中年女性(!)です。何とかなりませんかねえ、連中の足・・・。日本には絶対に来て欲しくないですね。が、この手の輩ばっかし来るんですよねえ・・・。

「PM2.5地獄」の日々のため、こちら大連では女性を中心にマスク姿が増えてきている様子もお分かりいただけたかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昼食は「オリンピック広場」の地下にある、日本の牛丼チェーン店「すき家」で食べました。日本とは違って、ラーメン、カレー、おでん、焼き魚(サンマ)、デザート、と何でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに隣の隣は「商売敵」の「吉野家」です。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに「すき家」の牛丼を食べます。メニューを見ましょう。ミニ盛(13元=約200円)、並盛(中国語表記:小碗、16元=約250円)、大盛(21元=約320円)、特盛(中国語表記:超級碗、28元=約430円)ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
並=小、など日本語との「表記」にズレを感じるでしょう?注意しましょう。で、「超級碗」で行きます。

蛇足ながら、本家日本の「すき家」には、更に「メガ盛」というメニューがあります。そして更に「裏メニュー」で「キング盛(キング牛丼)」というのがあります。この「キング盛(キング牛丼)」は知らない方が多いですね。こちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
で、注文後、30秒ほどで来た「特盛」(中国語表記:超級碗)です。紅ショウガをたっぷり乗せて美味しくいただきました。お肉は多すぎて満足、そしてこちらでは何も言わなくても「つゆだく」になるので美味しかったですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りのバス停では「野良ちゃん」に「お見送り」を受けました。風邪ひくなよ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連で続くこの秋最初の「大型大気汚染」、一方で日本は新時代へ

日本ではこの秋、大型台風が続きましたが、こちら大連では先週末より、この秋最初の「大型大気汚染」が続いています。酷い霧の毎日ですね。「この秋最初の連チャン」という事で、大連生活が長い私のみならず、職場の地元の人間まで体調を崩しかけており、改めてこの国の「健康第二」、そしてこの国は「人間の住む所ではないなぁ・・・」というのを実感しています。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日、日曜日の夕方です。先週末の金曜日から大気は悪化して、週末は家で「缶詰め」を強いられました。夕方に食材を買いに出かけたのですが、大気汚染が酷くて太陽を「ガン見」しても眩しくありません。思いっ切りカメラのレンズを直に太陽に合わせても大丈夫!

クリックすると元のサイズで表示します
翌日の月曜日は昼前に郊外の「開発区」、「保税区」に行きました。この日11時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。PM2.5は大台の「200」で「非常に健康に悪い」表示です。日本基準の約6倍の汚染度です。行きたくない・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
外の様子です。乗っていたライトレールから撮った日系企業「日本電産」と開発区のランドマーク・大黒山です。汚染が酷くて巨大な大黒山がすっぽりと消えました。

クリックすると元のサイズで表示します
御参考までに私が撮った晴天の同所です。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の11時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。ここ数日、日中はレッドゾーンの「健康に良くない」表示、夜になると一層酷くなってパープルゾーン=もう一段階上がった「極めて健康に良くない」表示、だったことがお分かりいただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻を地図で見ます。海を隔てた大連の下、山東半島の蓬莱市、威海市も同様で、特に真下に位置する煙台市が酷いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。大連からちょっと上にある遼寧省第三の町・鞍山市は最高レベルの「危険」表示でした。PM2.5は日本基準の約9倍の汚染度です。「危険」表示は今の時代の満州「冬の風物詩」(泣)ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝は日本統治時代は「西広場」、現在名は「友好広場」で人と待ち合わせです。早朝の市中心部の労働公園「緑山」と電視塔です。先程ご覧いただいたように、PM2.5は「163」で、日本基準の約5倍の汚染度です。

クリックすると元のサイズで表示します
御参考までに私が撮った晴天の同所です。

クリックすると元のサイズで表示します
公共バスに乗って向かうと、満員の中、車内テレビで朝っぱらから「日本鬼子」の映画上映です。日本国旗を銃身に付けた「中国語だけを話す兵隊(!)」が若い娘さんをかっさらっていき、中国人の両親が復讐を誓うという白黒映画です。やれやれ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
「青泥窪橋」で降り、まだ交通量の少ない大通りから、酷いPM2.5で霞む、日本統治時代は「西広場」、現在名は「友好広場」を望みます。PM2.5の中、デカデカと「中国建国70周年」を祝う広告が見えます。この「一風景」、今の時世と今後を表しているかの如く前途多難ですな。広告の左下に見えるのが日本統治時代「西広場」からある「キリスト教教会」で、建物は現役です。現在は「ケンタッキーフライドチキン」が入っています。

クリックすると元のサイズで表示します
御参考までに日本統治時代の様子で、当時の古写真です。

PM2.5まみれの建国70周年看板の一方で、今日、日本では「即位礼正殿の儀」が行われ、天皇陛下が即位を内外に宣言されました。こちら中国でもネットでリアルタイム中継でしたね。NHKの報道によれば、即位礼正殿の儀の直前に雨は上がり、更には虹もかかったそうです。お天道様は日頃の行いをちゃんと見ていて、祝福しているんですねえ。そういえば天皇陛下の祖先、天照大神(あまてらすおおかみ)って太陽神でしたね。歴史を知っていると、この神秘的な現象も納得というものです。




参考記事:
即位礼正殿の儀の直前 雨上がり虹かかる

 22日の都内は午前中、天気が崩れ、時折激しく雨が降りましたが「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が行われる直前に雨は上がり、一時青空が見えました。
 また、同じ頃スカイツリーにあるNHKのカメラは北の方角に虹がかかる映像をとらえました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191022/k10012143731000.html



にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

令和元年を迎えた大連「旧・光明台小学校」周辺を歩く

今日の大連は暖かく、風もありません。ということで前々日、前日からの大気汚染は加速中です。

クリックすると元のサイズで表示します
朝はPM2.5の大気汚染が酷く、真っ白でした。今朝8時、市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。日本基準の約4.5倍の汚染度で、「健康に良くない」表示です。久しぶりに日本から持ってきたPM2.5対応マスクを装着しての出勤です。

さて、今日は日本統治時代の「旧・光明台小学校」とその周辺を歩きます。今現在の「オリンピック広場」からすぐですね。

クリックすると元のサイズで表示します
アクセスは簡単で、公共バスの「27路」、「529路」、「527路」に乗って「九六七医院」という名のバス停で下車、真ん前に立っている大きな病院が今現在の「旧・光明台小学校」です。残念ながら、かつての姿は失われています。

クリックすると元のサイズで表示します
病院前です。御覧のように中華人民共和国人民解放軍が管轄している病院なので、撮影は控えましょう。大通り(勝利路)沿いから撮る、最低限に留めておいた方が無難です。この病院ですが、つい最近まで「二一〇医院」という名でした。今でこそ「九六七医院」という名ですが、大連地元的にはまだ「二一〇医院」表記の方が少なくありません。つまりタクシーや市民の間では新しい名の「九六七医院」では通じない場合もあるという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
先程降りたバス停から令和元年である、「旧・光明台小学校」の現在の姿を撮りました。公共バスで行かれる方はこちらをどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
さて降りたバス停から左側を望みます。このまま真っ直ぐ歩いて二つ目の交差点の角にあるのが、かつての「昭和高等女学校」です。行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、この「九六七医院」の患者衣を着たまま散歩を謳歌しているハゲオヤジがいました。退院が近いのかウキウキです。

病院周辺では各病院の「患者衣」のまま、朝市などでは寝起きの「パジャマ姿」のまま、夏には「北京ビキニ(?!)」と称される「腹出し姿」のまま、外を歩く、外出する、これが「支那人」です。私の職場に居る「中国人」は皆こういう姿を見ると眉をひそめて無言になります。自分たちと「同じ中国人」と認識せず、「違う中国人」と認識しているんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
で、二つ目の交差点の角にあるかつての「昭和高等女学校」の今現在=令和元年の姿です。現在は大連市「水仙小学校」となっています。真横がちょうどバス停ですので、ここもアクセスが良いです。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。

令和元年を迎えた大連「昭和高等女学校」、そして5月で気温40度
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/695.html

クリックすると元のサイズで表示します
日本では未だに台風19号の被害が収まりませんが、ここ「水仙小学校」は日本同様、災害における緊急避難場所となっています。和訳は不要でしょう。

さて、先程の「旧・光明台小学校」の前、「九六七医院」のバス停に戻ります。バス停から左方向を真っ直ぐ歩いてきましたが、今度は逆に右方向を歩いて、かつての「早苗小学校」に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
バス停から右方向を望みます。二つ目の信号まで真っ直ぐ歩いて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
この横断歩道を渡って右折します。

クリックすると元のサイズで表示します
またひたすら真っ直ぐ歩きます。道路の名は「東北路」です。

クリックすると元のサイズで表示します
一つ目の信号を渡り、

クリックすると元のサイズで表示します
ひたすら真っ直ぐ。もし左折して、この「風鳴街」に入り、ひたすら真っ直ぐ歩くと日本統治時代の家が数多く見られます。日本統治時代の「早苗町」、「若菜町」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
話を戻します。ひたすら真っ直ぐ歩くと、次は「新華街」に入る角です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。ここの角にある家も日本統治時代の家ですが、人が住んでおり、現役です。調べてみると日本統治時代の住所は「大連市早苗町92」、そして「94」です。日本統治時代に住まれていた方はいますかね。

クリックすると元のサイズで表示します
また真っ直ぐ歩くと左に校庭が見えてきました。「旧・早苗小学校」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
今現在は高校です。

クリックすると元のサイズで表示します
「旧・早苗小学校」の入口へと向かいましょう。校舎を左に見ながら真っ直ぐです。

クリックすると元のサイズで表示します
歴史を感じさせてくれます。ここを左に曲がると、

クリックすると元のサイズで表示します
到着です。「旧・早苗小学校」で、現在の「大連教育学院」です。

令和元年を迎えた大連「早苗高等小学校」、そして異常気象の満州主要都市
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/696.html

このルートは大通りばかりを歩きますので、車の排気ガスが凄いです。マスク必携ですよ。

御参考までに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

令和元年を迎えた大連「旧・常盤小学校」周辺、「越後町」、「能登町」を歩く

今日の大連は風が収まり「秋」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
が、風が無いと大気が動かないので、昼頃から汚染日になりましたね。午後2時、市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。

さて、今日もこの「青泥窪橋(大連駅)」周辺ネタで、日本統治時代は旧「常盤小学校」の周辺、そして「越後町」、「能登町」へと歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日のエントリーでも取り上げた、旧「常盤橋」交差点のそばです。茶色い建物が日本統治時代の当時から残る「南満州鉄道瓦斯(ガス)会社」です。

クリックすると元のサイズで表示します
道路を隔てた向かい側です。「老虎灘」、また日本統治時代は高級料亭で名古屋城を模して造られた「一方亭」方面に向かうバス(「2路」)のターミナルとなっています。写真中央に写るのが「大連商場」です。日本統治時代の名は「大連市場」です。行ってみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
当時の絵葉書です。これが日本統治時代で、

クリックすると元のサイズで表示します
これが令和元年の現在です。

先程の「南満州鉄道瓦斯(ガス)会社」が見えるバス停へと戻ります。バス停の目の前にローソンがあるんですが、このローソンの裏にも日本統治時代の建物が残っています。行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
この道を入って行きます。突き当りはこれまたローソンなんですが、その手前の角を右に曲がります。

クリックすると元のサイズで表示します
左にとても古い建物が建っているのがお分かりいただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。この建物の前はゴミ収集箱が並んでいて気の毒です。

クリックすると元のサイズで表示します
正面です。

クリックすると元のサイズで表示します
また角度を変えます。今も現役ですよ。日本統治時代は旅館?ホテル?らしいですが、当時の『大連商工案内』では確認できませんね。一時帰国の際に信頼に値するソースを見つけて、またゆっくり調べましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
またまた先程の「南満州鉄道瓦斯(ガス)会社」が見えるバス停へと戻ります。そこから撮った今現在の旧「常盤小学校」です。今は残念ながら四つ星ホテル「中山大酒店」、そしてショッピングモール「百年城」となっています。つまり「大連市場」の斜め前に旧「常盤小学校」があったんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「常盤小学校」で、今現在はショッピングモール「百年城」です。

クリックすると元のサイズで表示します
ショッピングモール「百年城」ですが、日本人的に中で買うものは少ないです。1階に「スタバ」と「アップルストア」、

クリックすると元のサイズで表示します
3階に「無印良品」、

クリックすると元のサイズで表示します
5階に熊本発で、中国で最も有名な日式ラーメンチェーン店「味千ラーメン」があります。

クリックすると元のサイズで表示します
令和元年の今年は中国にとって建国70周年です。入り口に置かれたモニュメントです。

クリックすると元のサイズで表示します
では旧「常盤小学校」の前、旧「トキワホテル」があった角から「越後町(現・玉光街)」に入りましょう。ひたすら前進です。突き当りは「青泥窪橋小学校」です。

クリックすると元のサイズで表示します
最初の交差点です。これまたレトロな白い建物です。隣に写るグレーの建物は、

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代そのままの姿の「香港上海銀行」です。令和元年の今は「中国工商銀行」が入っています。銀行業で変わっていないんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「石碑」です。

クリックすると元のサイズで表示します
突き当りは「青泥窪橋小学校」ですが、一歩手前の角を曲がり「同心街」へと入ります。かつての「能登町」へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐに日本統治時代の家が見られます。今も現役です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代に住まれていた方、今も現役ですよ!

クリックすると元のサイズで表示します
左に曲がれば、今の子たちが通う「青泥窪橋小学校」です。この辺りの子供ですが、日本統治時代は「常盤小学校」、今はこちらの「青泥窪橋小学校」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代の名前ですと「能登町」と「摂津町」の交差点です。ここにこの「青泥窪橋小学校」があります。

クリックすると元のサイズで表示します
正門です。

で、この「青泥窪橋小学校」の隣に、日本統治時代の「大連消防署」が建物そのままに残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
今は消防署ではなく「日月明賓館」というホテルです。宿泊料は写真に写る電光掲示板でお分かりいただけますように、二人部屋で一泊139元(=約2130円)ですね。リーズナブルな価格ですし、アクセスも良いので、日本統治時代のこの地域に思い入れや所縁のある方は「記念宿泊」も悪くないですね。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

令和元年の今でも残る建物を散歩がてら見てきました。御参考までに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ