中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2019年8月30日開始の新版人民元「全7種」を入手する、あと「ニセ札」(2)

夜の帰宅時間になって酷い大気汚染の大連です。

クリックすると元のサイズで表示します
夜7時、市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。「健康に良くない」表示です。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日は午後から大雨となり、夜になると雷まで鳴りました。頻繁に雨が降り、湿度も高い南方に比べて、こちら満州では雨は貴重です。せっかく雨が降っても綺麗な大気は一日も保てませんでしたね・・・。

今日は前回のエントリーでちょっと触れた「ニセ札」の話題です。中国では最高額紙幣である100元札、50元札は買い物などの受け渡しの際に念入りに調べられます。「高額過ぎず、かといって低額過ぎず」ということで「中途半端」な20元札はターゲットとなり、ニセ札に多いようです。

日本からの旅行者はまず現金決済ですから、連中からしてみればまさに「鴨が葱を背負って来る」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
大連地元紙『半島晨報』の記事です。3年前の2016年6月9日付けの記事(A07ページ)ですが、見出しは「タクシー料金を100元札で支払ったら、お釣りに4枚のニセ20元札が来た」とあります。この被害女性の心情を考えると、「もう現金はたくさん!二度と使うか!」ということでQRコード派=スマホ決済至上主義派、に移行することは火を見るよりも明らかですね。

最近はスマホ決済社会なので、新聞のニュースですと、この時代の変化を反映して「ニセ札被害」ニュースから、現金決済の拒否=「現金受け取り」拒否のニュースまでも見られますね。「現金はダメだよ」とお客さんにストレートに言うと社会問題になるので、「現金決済でも良いけど、お釣りはないよ」と言って遠回しに拒否するわけです。

まあ使ってみると分かりますが、スマホ決済はとにかく便利ですからね。そりゃ爆発的に普及するでしょう。またこの国の最高額紙幣は100元札で、約1500円にしかすぎませんから、家賃や学費の支払い、大きな買い物をする時などには、手間と安全面を考えただけでスマホ決済の一択です。現金の持ち歩きは量も多くなって危険なんですね。一方で「お上」にとってもスマホ決済は記録に残ってカネの流れが把握できるんで悪い話ではありません。

店側も基本的にスマホ決済を推奨です。設備投資にお金がかからないし、釣り銭確保などの準備も不要、仕事が大幅に減りますからね。

映画館なんかに行くと現金決済とスマホ決済ではチケット価格が全く変わることもあって、現金でチケットを買おうとすると、「ハァ?!」って言われるのが普通ですね。

話を戻します。

こちら大連で十数年暮らし続けていますが、私が今までニセ札を渡されたのは3回あります。私の場合も全て20元札で、100元札、50元札被害はありません。1回目はタクシーのお釣り、2回目はマクドナルドでのお釣り、3回目はローカルスーパーでのお釣りです。

2回目の時はブログネタで書きました。

大連のマクドナルドで渡された偽札を検証する
https://sky.ap.teacup.com/dalian4649/443.html

今回は前回のエントリーでもちょっと取り扱った「3回目のニセ札」を検証します。

クリックすると元のサイズで表示します
上が「ニセ札」、下が「現行版」の本物20元札です。ニセ札はやや小さいですね。紙の質からくる手触りは本物と殆ど同じです。いい紙使っていますねえ(笑)。本物の横流しかと思いましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
裏です。実は前回のエントリーでも取り扱ったように、今回巡り合ったこのニセ札は上下逆さまに印刷されています。が、「間違い探し」をしやすいように、向きを変えて見てみます。ニセ札は下の余白が狭いといったところが違いますね。

今の中国はスマホ決済の国で、実際、財布は不要の国です。「プレゼントにお財布を」という選択はもはやありえません。この間、2024年(令和5年)より日本の1000円札、5000円札、10000円札が新しくなるという事で話題になりました。話題にしていた私は「まだ日本は現金かよ?」なんてバカにされたこともあります。そんな中での中国がまさかの新版人民元の発行です(笑)。やっぱり「お上」は現金廃止までは行けないんですねえ。何故か?

この国は「党治国家」ですからね、人民元発行の「お上」である「中国人民銀行」様が、スマホ決済の代名詞的存在アリババのジャック・マーさんに「負け」てはいけないんですよ。能力もあって「飛ぶ鳥を落とす勢い」の世界的なビジネスマンですが、そりゃ「お上」に「もうこの辺でいいだろう」と早めに「引退」もさせられるというものです。中国の富豪って「短命」なんですよ。こちらです。

「民間」は「お上」を超えてはならない。1位は絶対に「党」、それ以外は「2位じゃなきゃダメ」なんですよ。

今日は折りしも、この「2位じゃだめなんですか?」を乗り越え、世界1位なったスパコン「京」が役目終え、電源オフとなる節目の日ですが、この「迷言」を吐いた、あの中華系女性代議士はさすがに絶対不可侵のこの「序列」を心底よ〜く理解しているなあと思いますねえ。

という事で、中国では今や時代遅れの現金ネタですが、せっかく新版が発行されたので、タイムリーに、ニセ札と共に取り上げてみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

2019年8月30日開始の新版人民元「全7種」を入手する、あと「ニセ札」(1)

先週末の8月30日(金)、新しいデザインとなった人民元が発行されました。

中国の銀行は日本と違って、土日も営業していますし、平日は夕方5時まで営業しているのが普通です。まあ店舗によっては週末に休む支店もあったり、一部の業務を休んでいる支店があります。

大連市内には星の数ほど銀行がありますし、流通開始から二日が過ぎているので、日曜日に散歩がてら目に留まった銀行に入り、「新しい人民元来ていますか?」と聞いたところ「ありますよ」とのことなので、今回新しくなった「全7種」を入手してきました。

中国のお金ですが、現在、紙幣は全部で6種類です。最高額紙幣が100元(=約1500円)で、以下50元(=約740円)、20元(=約300円)、10元(=約150円)、5元(=約75円)、1元(=約15円)となります。硬貨は全部で3種類で、1元(=約15円)、5角(=約7円)、1角(=約1.5円)です。紙幣の肖像は全6種全て「建国の父・毛沢東」のみで統一されており、1元は紙幣と硬貨の両方があるのが特徴ですね。

今回はこのうちの紙幣4種(50元、20元、10元、1元)、そして硬貨3種(1元、5角、1角)に新デザインが加わったという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
今回、銀行窓口の行員の方は良い方で、この新版「全7種」の変更点についてまとめられた中国人民銀行発行のパンフレットもくれました。一緒に掲載したいと思います。

まずは50元札です。
クリックすると元のサイズで表示します
上が現行版、下が新版です。汚い紙幣ですが、これが中国の「日常」です。

クリックすると元のサイズで表示します
裏です。チベットのラサのポタラ宮ですが、新版はなんだこりゃ?!ポタラ宮の真ん中「だけ」がゴールドですね。

クリックすると元のサイズで表示します
パンフレットにおける新50元札の変更点です。

20元札です。何で3種類?!
クリックすると元のサイズで表示します
上は私が市内でお釣りとして渡されたニセ札(!)、真ん中が現行版、下が新版です。

クリックすると元のサイズで表示します
裏です。桂林の漓江ですね。ニセ札は多種多様があるようですが、私が渡されたのは上下逆に印刷されていましたね(笑)。まあニセ札ネタは次回のエントリーで改めて取り上げます。「ニセ札が多い」これも中国では「日常」です。

クリックすると元のサイズで表示します
パンフレットにおける新20元札の変更点です。

10元札です。
クリックすると元のサイズで表示します
上が現行版、下が新版です。

クリックすると元のサイズで表示します
裏です。長江三峡の瞿塘峡の夔門ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
パンフレットにおける新10元札の変更点です。

1元札です。
クリックすると元のサイズで表示します
上が現行版、下が新版です。

クリックすると元のサイズで表示します
裏です。杭州西湖ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
パンフレットにおける新1元札の変更点です。

硬貨です。

まずは1元硬貨です。
クリックすると元のサイズで表示します
左が現行版、右が新版です。

クリックすると元のサイズで表示します
裏です。

クリックすると元のサイズで表示します
現行版の上に新版を重ねてみると一回り小さくなったのがお分かりいただけます。硬貨の大きさを変えるのは、重ねたり数える時に不具合が生じるので、愚の骨頂と思います。

5角硬貨です。
クリックすると元のサイズで表示します
左が現行版、右が新版です。色がガラリと変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します
裏です。新版ですが、「パッと見」は1角でしょ。

1角硬貨です。
クリックすると元のサイズで表示します
左が現行版、右が新版です。

クリックすると元のサイズで表示します
裏です。ほとんど変わりませんね。

1元硬貨は小さくなり、色も全3種類一緒となり、外国人はおろか中国人ですら、これまで以上に注意力は必要と思われます。中国は長年続いた「一人っ子政策」の影響で、これから「超高齢化社会」が訪れますが、今回の硬貨改悪は、「視力が衰え、注意力も散漫となり、間違いや物忘れが日常」となるお年寄りにとってつらいでしょうね。

スマホ決済社会だから現金は不要?いやいや「超高齢化社会」における「スマホ絶対至上社会」で喜ぶのは詐欺師だけですよ。この国は悪い人が多くて良い人が少ない、居ない、つまり日本とは真逆の「性悪説」の国だからです。「知らない人は悪い人」、これがこの国における幼少教育の常識です。

地方中都市の大連も、中国の他都市に漏れずスマホ決済が中心で、買い物の際、同じ物でもスマホ決済と現金決済では価格も特典も違う、全然違うという事が多いですが、まだまだ普通に現金は使われています。大連駅周辺に多い「物乞い」も見ていると、皆「現金決済」による「お金ちょうだい」で、「スマホ決済」は居ませんねえ。

商店やスーパーに行くとスマホ決済のレジは行列で、現金オンリーのレジはガラガラ、なんてのも少なくありませんよ。これを「本末転倒」と言います。

こちらに多い「中国スゲー、日本死ね、俺はビッグ」の反日日本人の連中は、とにかく「スマホ決済、ファーウェイ、シェアサイクル」至上主義者が多いですが、連中に流されず、上手く「使い分け」をすることが必要ですね。

この国は「昔アヘン中毒、今スマホ中毒」の国です。キャッシュレス時代の到来を頭の片隅に置きつつも、全否定せず、極端に走らず、冷静に「他人は他人、私は私」で良いと思いますよ。逆に言えば、それが出来ることが日本人の強さではないかと思いますね。

次回に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ