中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

うるさくて汚い新年=「春節」(2) 気になる女性の赤下着

旧正月5日目です。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日から朝晩に霧が出ています。昨日の朝はこんな感じで、すぐ目と鼻の先にある労働公園「緑山」の電視塔はスッポリ隠れました。花火と爆竹による大気汚染、そして手前の煙突から激しく出ている煙は、各家々に供給される、中国語で「暖気」と呼ばれる「スチーム(セントラルヒーティング、集中暖房)」のために燃やしている石炭によるものです。

ただでさえ酷いのに「花火爆竹」、そして「暖気」。これを「火に油を注ぐ」と言います。日本の朝だったら東京都や千葉県から遠く富士山までもが見えるのにねえ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝8時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。まあ毎日朝晩、花火と爆竹が止まりませんからこんなものでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
「セカンドオピニオン」として使っているサイトの同日同時刻の大気データです。一番酷いのは空港のある「周水子」で「PM2.5」の数値は「138」ですか。

さて、今回のエントリーもこちら大連の旧正月の様子を記したいと思います。「赤、赤、赤」です。

クリックすると元のサイズで表示します
道端で売られている「福」ですね。中国ではドアや門に張ります。昔は「語呂合わせ」で、これをひっくり返して張っている光景をよく見ましたが、最近は素直に張っている所が殆どです。御利益(ごりやく)が無かったのでしょう(笑)。

ハッキリ言いますが、この国に「福」なんて来ませんよ。「人民」に来るのは「規制」だけです。これが「現実」というものです。

クリックすると元のサイズで表示します
「開発区」のショッピングセンター「大連商城」の前です。日本だと正月は「しめ飾り」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄は一部の車両がこのように「春節仕様」です。乗った時はビックリしましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭車両です。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって市中心部「青泥窪橋」のショッピングセンター「大連商城」の前です。コカコーラ社によるものですが、「金運が間もなく来る」とあります。この国は全てが「カネ」です・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
戌年の飾りです。良い記念写真が撮れますね。

クリックすると元のサイズで表示します
「大連商城」の中に入ります。金色の植物が飾られています。「カネ、カネ、カネ」です。後ろに写っているのが、日本からの直輸入品を売っているコーナー「日本館」です。

クリックすると元のサイズで表示します
「センターサークル」には「春節」の記念撮影スポットが設けられていました。

クリックすると元のサイズで表示します
上から見るとこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
「春節グッズ」売り場です。子供とお爺さんが仲良く商品を選んでいます。微笑ましい光景です。

クリックすると元のサイズで表示します
並べられている犬グッズです。

本日のエントリーの「本題」に移ります。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって「開発区」のショッピングセンター「安盛広場」にあるユニクロです。店内には、

クリックすると元のサイズで表示します
女性下着も「春節仕様」で真っ赤な物が売られています。ブラジャーは149元(=約2600円)ですか。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって「オリンピック広場」にあるアメリカ系スーパーのチェーン店「ウォルマート(Walmart)」です。世界最大のスーパーマーケットチェーンで、売上額も世界最大です。ここにも「春節グッズ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
ブラジャーは59元(=約1000円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと脱線しますが、中国ってデリカシーが無いので女性下着も「ドーン」と売っているし、男性に至っては、こんな感じでその場で「ドーン」と脱いで試着していますよねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
戻ります。戌年Tシャツです。39.9元(=約680円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
「赤から離れた」戌年Tシャツです。これまた39.9元(=約680円)です。

「開発区」のデパート「マイカル」です。
クリックすると元のサイズで表示します
寝室のダブルベッドです。「赤尽くし」の寝室は春節限定ではないそうです。中国人カップルは凄いと思います。日本人男性ならドン引きです。これでは大きくなるものも大きくならないし、固くなるものも固くならないということです(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
「青泥窪橋」の「大連商城」に戻ります。「春節仕様」です。もし嫁さんがこの姿で突然現れた場合、私なら精神科に連れて行きます。

中国人男性を恋人に、御主人にお持ちの方は年に一度のことですので、金運アップとか信じてコソコソ一人で楽しむのではなく、ぜひ相手も「楽しませて」あげて下さい。「郷に入っては郷に従え」、「旅の恥は掻き捨て」です。

始めにご覧いただいたように中国は「カネ」です。赤い下着は需要が無ければ売らないでしょう。どこも「激しく」売っているということは、「激しく」需要があるのでしょう。

「女性の赤下着」は、この時期、街中でしょっちゅう目にする一方で、誰も取り扱わないのは、日本人ブロガー的にドン引き、またはタブーなんでしょうか?旧正月の一時帰国のお土産に「旬の物」を!はヤバいんですかね(笑)。人気の高い「チャイナドレス」とは大違いです。

今日はちょっと下品なエントリーになってしまいましたね(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ