中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2017
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

旅順に移転して10年、今現在の旧「大連外国語学院」とその周辺を歩く(2)

今日の大連は本当に久しぶりの快晴でした。

クリックすると元のサイズで表示します
気温は午後2時に33度まで上がりましたが、

クリックすると元のサイズで表示します
湿度は28%で風もソコソコありました。洗濯物が直ぐに乾き、「蒸し」暑いとは無縁の夏。これが満州の夏です。

同じ時間帯の他都市です。

クリックすると元のサイズで表示します
上海が41度!

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ側の蘇州も41度!

クリックすると元のサイズで表示します
これまた蘇州のすぐ側の南京が40度!

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって西安が41度!

夏休みに入っていますので、ディズニーランドやこれら世界遺産都市巡りなどは十分にお気を付け下さい。まあ中国なんて「悪い国」の代表例だし、仕事以外に来る国ではありませんよ。

さて、一週間ほど空いてしまいましたが前回の続きです。

クリックすると元のサイズで表示します
旧「大連外国語学院(現・大連外国語大学 国際培訓学院)」の正門から、かつては留学生で賑わっていた旧「漢学院」の方へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
御覧のように、正門のすぐ横から高級住宅地が始まります。残念ながら不法侵入になってしまうので入ることは出来ません。

クリックすると元のサイズで表示します
「23路」公共バスの終点「外国語学院」駅の方へ足を進めます。

クリックすると元のサイズで表示します
ここの高級住宅地の営業所ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
足を進めます。

クリックすると元のサイズで表示します
かつて留学生のみならず、「大連外国語学院」の大学生で賑わっていたカラオケです。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。ガラスは割れ、ボロボロになっていますが当時のままの姿で放置されています。

クリックすると元のサイズで表示します
写真中央部で遠くに写っているのが「23路」公共バスの終点「外国語学院」駅です。

クリックすると元のサイズで表示します
このカラオケの所を右折して、坂を上がっていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
右側に写るかつての「大連外国語学院」のキャンパス、校舎は全て高級住宅地に変わっているのが御確認いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
この高級住宅地、名前は「南山首府」というようですね。セキュリティーもしっかりしています。

クリックすると元のサイズで表示します
足を進めます。かつての数ではないものの、学生街だったことを思い出させてくれる理髪店や安い食堂は健在です。

クリックすると元のサイズで表示します
足を進めます。右側には駐車が目立ちますが、かつては青空商店や路上販売店が多かったですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの「門」には守衛さんがいます。

クリックすると元のサイズで表示します
駐車場は地下ですか。ここ、かつては喫茶店だった記憶があります。

クリックすると元のサイズで表示します
足を進めます。坂がキツくなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
「登山者」は皆、自然に腰に手を当てるようになります(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒイヒイ。

クリックすると元のサイズで表示します
「頂上」が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
この壁の向こうが旧「漢学院」ですね。かつての出入り口には壁が築かれて中の様子は分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します
足を進めます。もうちょっとで「頂上」です。

クリックすると元のサイズで表示します
「頂上」です。店こそ変わりましたが今も昔も焼肉屋です。外でガンガン焼いてますよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
今、上がって来た坂道を振り返ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに「頂上」を左折すれば「気象塔」へ、

クリックすると元のサイズで表示します
右折すれば「気象台」です。

クリックすると元のサイズで表示します
手前の路地に入って、これまた有名な長階段を下ります。井戸端会議に夕涼み、野良犬に野良猫、と、ここは本当に「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」のリアル「昭和の世界」です。

クリックすると元のサイズで表示します
この階段、下りるは良いが上るは地獄ですよ。下りた突き当たりは日本統治時代(満州国時代)、大連最大の性風俗エリア(=遊郭地)の一つであった「逢坂町」(現「武昌街」)です。当時の建物も顕在しています。

クリックすると元のサイズで表示します
下りていくと階段途中にワンちゃんが(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
可愛いねえ。平成の日本じゃ体験出来ない世界です。

クリックすると元のサイズで表示します
長階段を下り切りました。左を見れば、遠くに丸い「気象塔」が見えます。

以上で、かつての「大連外国語学院(現・大連外国語大学)」とその周辺の散策を終えたいと思います。旧キャンパスの殆どが高級住宅地に変貌したわけですが、周囲だけは当時同様、まだ「時間が止まっている」場所が少なくないので、当時の思い出に耽りながら散策することは出来ますね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ