中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2014
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国サッカー、地元「大連阿爾濱」の監督に日本人・倉田安治氏!!!

ここ最近の大連は異常気象で、5月にもかかわらず、昨日まで4日間連続で気温が30度越えの毎日です。さすがに地元紙もトップニュースに持ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
本日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。見出しは「5月の大連で気温30度越えの日が4日間も続くのは非常に珍しい」とあります。昨日の大連市は31.3度まで上昇、同じ遼寧省内では38度を記録した町もあり、首都・北京は42度だったというのも併記されていますね。海の無い北京なんかこの気温に酷い大気汚染が加わりますから、もう人間の住む町ではないですね。さすが「国家主席様のお膝元」です(笑)。

中国は明日から端午節の三連休に入ります。今日は昼間、出張できていた方を大連駅まで見送りに行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
本日の大連駅です。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前の路面電車です。

共に日本統治時代の遺産なので興味深く見学していました。ちなみにこの「大連」という都市名の命名も日本(人)によるもので、今でも継続使用されています。

さて、話題はガラリと変わります。今年2014年の中国サッカー・スーパーリーグ(中超)ですが、地元チームの「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」はホームスタジアムを、老朽化激しく、金州区という市中心部からかなり離れた場所にある「大連金州体育場」から、新しく建設された「大連スポーツセンタースタジアム(中国語:大連体育中心体育場)」に変更しました。

今シーズンは監督、そして外国籍選手4名も一掃し、新監督には中国人監督、馬林(51歳)を迎えました。昨シーズンは省都・瀋陽をホームタウンとする「遼寧宏運」の監督でした。中国サッカー界では百戦錬磨の監督で、2011年にはリーグ制覇は出来なかったものの、「最優秀監督」に選ばれています。選手時代の1992年には一年間、日本の日本鋼管サッカー部にレンタル移籍した経験も持っています。Jリーグ開幕前の時代のことですが、一応、日本サッカーとは繋がりがある人です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の指揮となった第14節(5月25日)、古巣「遼寧宏運」戦での様子です。

外国籍選手は、
クリックすると元のサイズで表示します
ブルーノ・メネゲル(ブラジル、FW、26歳、背番号11):昨シーズン15位で二部リーグ(「中甲」)に降格した「青島中能」に2シーズンに亘って在籍していたチームの得点王。代表暦はなし。

クリックすると元のサイズで表示します
ニクラス・バックマン(スウェーデン、DF、25歳、背番号3):スウェーデン代表6試合。

クリックすると元のサイズで表示します
レオン・ベンコ(クロアチア、FW、30歳、背番号9):2012-13年のクロアチアリーグの得点王で最優秀選手。クロアチア代表4試合。

クリックすると元のサイズで表示します
ナシャト・アクラム(イラク、MF、29歳、背番号25):イラク代表の中心選手で、2005-2006年のサウジアラビアリーグ最優秀外国人選手、2006、08年のイラク年間最優秀選手。

更には中国人選手も中国代表が、
于大宝(FW/MF、26歳、背番号22):チームの看板選手でキャプテン。
于漢超(MF、27歳、背番号20):局面が打開できるドリブルが持ち味。
を筆頭に、元代表や代表候補が多いです。

これほどの素晴らしい戦力を誇るも、ただ今、第14節終了地点(全30節)で、まさかの「3勝6敗5分」の勝ち点14、第13位(全16チーム、下位2チームが降格)、と降格危機を抜け出せていません。W杯の影響もあって、中国サッカーはこの第14節(5月25、26日)をもって一時中断、次節である第15節は7月19、20日に開催、と約1カ月半の「夏休み」に入ります。絶好のチーム建て直し期間で、さあシーズン後半へ、と思っていたら、なんと監督の馬林が就任半年(!)で突然の辞職です。これには地元のサッカーファン、そしてマスコミも本当にビックリでした。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは昨日付けの大連地元紙『半島晨報』の一面です。見出しは「あまりに突然の出来事!馬林が辞任」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
同紙(A13ページ)の記事です。見出しは「馬林の後任は誰か?U-18大会を制した倉田安治監督の就任が相応しい」とあります。

で、現実となります。後任の白羽の矢が立ったのが、現「大連阿爾濱」リザーブチームの監督で、過去、全中国U-17、U-18の二大会を制覇した実績を持つ日本人、倉田安治監督です。トップチームの監督に昇格となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはリザーブチームの指導に当たる倉田監督です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本日午前中に行われた新監督就任記者会見の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します

中国の国内プロサッカーリーグにおけるトップディビジョンである「中国サッカー・スーパーリーグ(中超)」の日本人監督となると、2012年、13年の二シーズン、「杭州緑城」を率いた前日本代表監督・岡田武史監督以来で二人目となります。倉田監督が岡田監督と違う点は、中国の下部組織を経験し、輝かしい実績を残した上での就任ということです。

全中国U-17、U-18の二大会を制覇という「偉業」です。日本での指導者実績に比べて、こちら中国に来てからの実績はあまりに輝かしく、それも就任後、短期間での偉業達成なので、私は倉田監督を「平成の山田長政」である、と過去エントリーで書きました。また、倉田監督がこのまま結果を出し続けると、2020年の東京オリンピックでサッカー中国代表を率いる可能性もゼロではない、とも書きました。

今シーズンは「大連阿爾濱」のあまりの不甲斐なさに、生観戦はたった1度だけでテレビ観戦が中心したが、日本人監督就任、それも地元大連のチームとなれば話は別。同じ大連で働く日本人として、そしてサッカーを愛するものとして、これからは積極的に足を運びたいと思います。

2014年サッカー、大連は新スタジアムで開幕!で見に行く(1)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/431.html

2014年サッカー、大連は新スタジアムで開幕!で見に行く(2)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/432.html

なお蛇足ながら、倉田安治監督が制した全中国U-18大会の決勝戦は、石崎信弘監督(現J2「モンテディオ山形」監督)が率いる杭州チームとの日本人監督対決となりました。この歴史的決戦の試合会場はここ大連で、延長120分の死闘でした。当時、生観戦レポートを書き、かなりの反響がありましたので、過去のエントリーとなりますが、お読みいただければこれほどありがたいことはありません。

中国サッカーの決勝戦で日本人監督対決!を見に行く(1)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/395.html

中国サッカーの決勝戦で日本人監督対決!を見に行く(2)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/396.html

中国サッカーの決勝戦で日本人監督対決!を見に行く(3)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/397.html

クリックすると元のサイズで表示します
頑張れ、倉田安治監督!!!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ