中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2012
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

アネルカに絡む「支那人」について

今日は七夕ですね。幸いなことに今日の大連は晴れましたが、ガスっています。相変わらずの排気ガスと光化学スモッグです。今日のサッカー観戦は「生」か、それとも「映像」で済ますか(笑)、どうしようかな・・・。

さて、最近はアクセス数が驚異的に伸びており、ご訪問いただきました皆様には本当に感謝しております。一昨日は「8512」ものアクセスを頂きました。中でも中国サッカーに関する記事は多くの方々に御覧いただいており、「やっぱりサッカーはワールドスポーツなんだなぁ」と実感しています。FIFA(国際サッカー連盟)に加盟する国と地域は「209」を数え、これは国連の「193」を超えていますしね。

また中国は言論出版報道の自由が認められていない国であり、尚且つ日中間には「日中記者交換協定」という「モザイク」も存在しますので、なかなか真実を、「無修正」を「得る」のは難しいです。

私は「歴史」、「論理」、「心理学」の「3つの武器」を駆使して、この国に起こっているあらゆる物事を「多角的解析」する人間です。おかげで職場では避けに避けられ、自他共に認めている発展途上国であるこの国に飛ばされ、更にはその中でも中都市に飛ばされ、更には職場の部屋でも「窓際」席に飛ばされているのです(笑)。

さて今日は内容を変更して「飛び込みエントリー」です。中国人の中でも最下層に位置する「支那人」が「上海申花」に所属するスター選手・アネルカに絡んだ、ということで私なりの考察を記してみたいと思います。

このニュースの一部始終は下記「参考記事」に譲ります。「支那人」らしい「中華思想(自己中心主義)」に満ちた行動ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
フランス代表時代からアネルカは決して「優等生」ではなかったようですが、ここ中国では本拠地の上海だけに留まらず、試合のために他の都市を訪れてもファンに対して「ワールドクラス」の選手に相応しい対応をしていると思いますね。「大連実徳」との公式戦で金州体育場に来た時も、試合前日(4月20日)にはファンに対して、このようにサインに応じていました。なお写真は中国のサイトの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

で、大連の観客はアネルカに対し、どういう「御礼」をしましたか?当ブログを訪問いただいた日本のサッカーファンにはかなり衝撃を持って御覧いただいたようです。
http://sky.ap.teacup.com/applet/dalian4649/20120423/archive
http://sky.ap.teacup.com/applet/dalian4649/20120424/archive

聞いた千遍より見た一遍
聞いた百より見た五十
聞いた百より見た一つ
耳聞は目見に如かず
鯛も鮃も食うた者が知る
百聞は一見に如かず
論は後、証拠は先
論をせんより証拠を出せ
The proof of the pudding is in the eating.(プディングの味は、食べてみることだ)
モザイク物より無修正(中国遼寧省大連で生きるおっさん)
ですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「上海申花」のホームスタジアムでもある「上海虹口スタジアム」でのひとコマです。4月28日の「山東魯能」戦の前の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
警察も制服姿、仕事そっちのけでこの通り。

こちらはオフの様子です。
クリックすると元のサイズで表示します
上海では外せない観光地の一つ、「外灘」で友人とリフレッシュしていても・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ファンがくれば応じます。無礼な「支那人」ファンということがアネルカの顔の表情から見て分かりますが、ちゃんと肩に手を回してあげています。「支那人」ファンがリクエストしたのかな。いちサッカーファンとしては「一生モノ」の写真でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも上海では外せない観光地の一つ、「豫園」で友人とリフレッシュしていても・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「無差別」シャッター攻撃。

クリックすると元のサイズで表示します
アネルカの迷惑そうな表情が見て取れます。

クリックすると元のサイズで表示します
それでもイヤイヤな表情ながらも記念撮影には応じています。素直にアネルカは偉いと思いますよ。中国ビジネスでは挨拶で「握手」が多用されますが、私、大・大・大嫌いですもの。

W杯をも制した名将・現「広州恒大」監督のリッピも「支那人」の行動には閉口しています。これは以下「参考記事」に譲ります。

警察が職務を遂行しないように、ホテルに殴りこんできた「支那人」など相手にする必要はありません。この国に「指導部」として、人民の上に燦燦(さんさん)と君臨する「中国共産党」のトップは北京に来た「支那人」の「陳情」など一切無視、門前払いです。これは中国人なら誰でも知っている「常識」です。人民も農村戸籍、都市戸籍と分けられ「平成の士農工商」が続行中です。これが中国における「郷に入っては郷に従う」という事でもあります。つまりアネルカほどのスター選手が「支那人」サポーター如きに関わる必要はないし、気にする必要もありません。中国人サポーターだけ、とりあえず相手にすれば良いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
サッカーは11人でやるものです。得点できないからといって一人で責任を負う必要はありません。こんなチーム作りをしたオーナーが悪いのです。このオーナーはこのチームで毎年のように同じ失敗を繰り返しています。ボロボロの「大連実徳」ですらユニホームには8回のリーグ制覇を示す、8つのスターマークが「輝いている」のに、「上海申花」には甲Aリーグ時代の2つしか「輝いていません」。スーパーリーグになって=時代が変わって、リーグ制覇と無縁なのは、チームの私物化とムダ使いが過ぎるからです。まあ元ヤクルト監督・野村克也氏の言葉を借りれば「組織(チーム)はリーダー(オーナーや監督)の力量以上には伸びない」という事ですね(笑)。

またアネルカのようなワールドクラスの選手にはそれなりの環境というものが必要であり、礼儀でもあります。先日、負けてしまいましたが、人類最速の男、ジャマイカのウサイン・ボルトを小学校の校庭に連れて行って100mを9秒58で走れと言っても無理なのです。これと同じことです。

更には中国医療界は患者に抗生物質の投与が大好きです。すぐに効果が現れるからです。サッカーはこういうわけにはいきません。そういえば中国サッカー界が好きなものは日本の相撲界が隠語として使うところの「注射(八百長)」でしたね(笑)。この「上海申花」で過去、監督として指揮を執っていたのは約20年の歴史を誇る「Jリーグ」の中でも唯一の中国人(大連出身)でラモスと口論で記憶に残る「賈秀全(かしゅうぜん)」でした。八百長で捕まっています

中国は「中華思想」でわかるように儒教の影響が強い国家です。今でも色黒とは社会の低層=労働者、のイメージが強く、蔑視、軽視される事が多いです。美人とは色白を指し、色黒を指しません。アネルカに怪我・暴言の心配を抱かせずに「挨拶」をして欲しかったら、まずは自分たち「支那人」としての言動を振り返るべきですね。

まあ「支那人」が人様に対し「道徳・マナー・礼儀・衛生」について言うのは、童貞がセックスについて「熱く、深く、長く、詳しく」語るのと同じ「論理」です。聞くに値しないんですね。

アネルカは中国サッカーの「フロンティア」です。人民は来てくれただけで、居てくれるだけでとにかく「感謝」という気持ちを持たなければいけませんよ。調子に乗るな!




参考記事:
アネルカと中国のサポーターが一触即発に…試合後にお辞儀をしないと非難

 中国の上海申花に所属する元フランス代表FWニコラ・アネルカと中国のサポーターの関係が、危機的な状態になっているようだ。イギリス紙『ミラー』が伝えている。
 事件が起こったのは、1日に行われた青島中能vs.上海申花の試合後。0-1で試合に敗れ、ゲーム後に観客にお辞儀をするチームメートの輪に入らなかったアネルカの態度に怒ったファンが、上海申花の選手たちが泊まるホテルに押しかけた。
 「なぜ他の選手たちとお辞儀をしない」と英語で叫ぶファンに、アネルカは歩み寄り、話し合いを提案する。すると、試合観戦のために上海から700マイルも往復するというファンが、「仕事を休み、飛行機代やホテル代を払ってあなたたち全員をサポートしに来たのに、あなたはいったい何をしたんだ?」とアネルカを非難した。
 アネルカが「なぜ僕なんだ? なぜ中国人選手を見ようとしない?」と答えると、ファンは「あなたはキャプテンじゃないか。ファンにお辞儀をする責任を負うべきだ。我々に敬意を払わないなら、あなたには敬意を払わない」と叫び、去っていった。アネルカは、「気にしないよ」とこぼしていたという。
 この件の背景には、今シーズン12試合でわずかに2ゴールと期待を裏切っているアネルカのプレーへの不満があるようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000319-soccerk-socc


<サッカー>なれなれしすぎる中国人ファンに名将リッピ監督も困惑―中国メディア

 2012年5月24日、網易は、サッカー中国スーパーリーグ・広州恒大に就任したイタリアの名将マルチェロ・リッピ監督が、写真をせがまれるなどファンに囲まれて立ち往生したと報じた。
 大型補強で一気にチームを強化し、昨年の中国スーパーリーグを制した広州恒大。今年も元イタリア代表監督のマルチェロ・リッピ氏を獲得して話題となった。25日はアウェーで山東魯能と戦い1対1の引き分け。初のアウェー戦を勝利で飾ることができなかったが、「アジアチャンピオンズリーグに余力を残していた」とリッピ監督は満足げな表情。
 もっとも試合前日の一幕はリッピ監督を困惑させたようだ。山東省済南市での練習には50人以上の記者と100人以上のファンが殺到。記者会見が終わると、ファンが監督を取り囲み勝手に記念撮影を始めた。中には肩を組むなれなれし過ぎるファンも。思わぬ大騒ぎにリッピ監督も困り果てていた。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=61582&type=


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ