中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2012
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

新体制のチーム作りが進む「大連実徳」と「大連阿爾濱」

正月休み(三が日)が終わってようやく週末です。日本は三連休開始ですね。私は春節の大型連休まで突っ走るのみです。早く日本に帰りたい・・・。

今シーズンから「中国サッカー・スーパーリーグ(1部リーグ)」に参加する大連のチームは「大連実徳」と「大連阿爾濱」の2チームになります。大連市は国内向けの宣伝文句=「サッカーの町」、としての面目躍如となるわけですが、着々と新体制のチーム作りが進んでいるようです。なお、写真は中国のサイトからの転載、選手年齢は今年度版です。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは「老舗」の「大連実徳」です。監督が昨シーズンは3回も変わった(!)わけですが、今シーズンは昨シーズン終盤に就任した元ポルトガル代表監督、ネロ・ヴィンガーダが引き続き指揮を執ります。一昨年は韓国の「Kリーグ」でFCソウルを率いて優勝。その実績を引っ提げての就任でしたが、「大連実徳」ではその片鱗すら見せていません。

クリックすると元のサイズで表示します
本日発表された外国籍選手、リカルド・エステヴェス (ポルトガル、MF、33歳)です。中国のサイトの記事によれば、一昨年、ネロ・ヴィンガーダが「Kリーグ」でFCソウルを率いて優勝した時の中心選手の一人だったそうですね。過去、イタリアセリエAのレッジーナでもプレーしています。「大連実徳」は昨シーズン、韓国人監督をクビにすると韓国人選手2名も「連座」としましたが、同じポルトガル人ということで、ネロ・ヴィンガーダ監督とは一蓮托生の運命になると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
サポーターと記念写真。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは柏レイソルから来たパク・ドンヒョク(朴東赫、韓国、DF、34歳)です。

クリックすると元のサイズで表示します
熱くなりやすくファウルも多い選手とのことですが、中国ではどうでしょうか。

「大連実徳」の外国籍選手は、以上の新加入選手2名に加え、昨季のチームの得点王、マーティン(ブルガリア、FW、32歳)、そしてジェームス(ザンビア、FW、32歳)、アドリアーノ(ブラジル、FW、25歳)の3名、で計5名です。とりあえず外国籍選手の獲得はこれで打ち止め。あとは中国人選手の獲得に移るようです。代表選手、一人も居ないしね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
次に新規昇格してきた「大連阿爾濱」です。監督はチャン・ウェリョン(張外龍、韓国)です。昨シーズンは「青島中能」の監督に途中から就任し、見事にチームを立て直し、中国における評価も高いです。以前は大宮アルディージャやコンサドーレ札幌などの監督を務めていました。ここ中国でも更なる結果を出せば、将来的には韓国代表監督も見えてくるかな。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ記者会見に参加した外国籍選手、リー・アディ(ガーナ、DF、22歳?27歳?)です。年齢はネットでは二説確認でき、不詳(笑)です。ガーナ代表として2010年の南アフリカW杯にも出場しています。

イングランドプレミアリーグ・チェルシー所属のディディエ・ドログバ(コートジボワール、FW、34歳)に年俸1200万ユーロ(=約12億5千万円)のオファーを出したように、「大連阿爾濱」は新規昇格組とはいえ財政がかなり豊かなチームで、新たに探している外国籍選手も「大物」ばかりですが、なかなか契約合意までは至らないようです。

個人的な見解ですが、このチャン・ウェリョン(張外龍)という監督で世界的大物の選手を呼んで来てもチームは上手くまとまらないと思います。Jリーグも創成期にジーコ、リトバルスキーなど大物選手は皆、監督と対立しましたよね。その点、アネルカを獲った「上海申花」はそれなりのフランス人監督を就けましたし、まずは合格点だと思います。同じフランス人監督でもトルシエでは役不足なのです。

このチームの豊富な資金力と韓国人監督という現状から、私がGMならイングランドプレミアリーグのアーセナルで全く出場機会に恵まれていない現韓国代表キャプテンのパク・チュヨン(朴主永、FW、27歳)を獲りに行きます。

アン・ジョンファン(安貞桓)が「大連実徳」に「都落ち」して来た時、「彼はもう終わった選手」と見られていましたが、彼はこの地、このリーグでそれなりの結果を出し、見事2006年のドイツW杯の韓国代表選手に選ばれました。3回目のW杯です。「可能性」はあるのです。

「大連⇔ソウル」の空路は毎日4往復、片道1時間で結ばれていますから韓国人選手にとっての大連は交通の利便性が極めて高いです。また大連は韓国人も多いし、中国人朝鮮族も多いし、韓国料理屋も多いですし、住みやすい町だと思います。

大連を「日本だらけの町」とすると、青島は「韓国だらけの町」。チャン・ウェリョン(張外龍、韓国)が、昨シーズン、「青島中能」の監督に途中から就任し、短期間で見事にチームを立て直したのも、この「地の利」と決して無関係ではなかったはずです。

ともあれアン・ジョンファンという「成功の前例」があるので、私ならこれを使って口説きに行きますね。ただパク・チュヨンは兵役(陸軍26ヶ月、海軍28ヶ月、空軍30ヶ月)の問題もあるのかな。移籍金も凄くかかりそう。韓国人だけに見栄にも人一倍こだわるだろうし。彼にとって「名より実を取る」にはもう少し人生経験が必要かもしれないですねえ。

私は昨シーズンは2部リーグに属していた「大連阿爾濱」の試合は見た事はありませんし、所属する中国人選手も全く知りません。娯楽の少ない中国で、今年は少しだけ娯楽(=生観戦)が増えるので楽しみです。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連は今年初めての積雪で〜す

正月も3日目、大連は今年初めての積雪となりました。昨夜、ブログを書いている時に雪は降り始めたのですが、朝起きたら積雪量は多すぎず、少なすぎずでちょうど「楽しめる量」ですね。昨年はうっすら程度しか積もりませんでした。「寒いけど雪は少ない」というのも大連の特徴です。

地元紙『半島晨報』の天気予報欄によれば、今日の最低気温はマイナス12度、最高気温がマイナス6度です。天気は「晴れ時々雪」という予報を出しているところもあったので、雪化粧景色が崩れないうちに、また写真を撮るので晴れているうちに、ということで午前中、また近所を散歩に出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します
うちの近くにある満州国時代の建築物、雪化粧をした大連「東本願寺」(現・大連京劇院)です。

クリックすると元のサイズで表示します
バスなら「南山」駅下車です。

クリックすると元のサイズで表示します
商店の前では雪だるまを作っていたところもありました。なかなか可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部にある労働公園(北門)です。祭事のあるときを除いて基本的に入場無料です。

クリックすると元のサイズで表示します
北門全景です。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ今、園内では子供を対象にした雪や氷で遊ぶイベントをやっています。

クリックすると元のサイズで表示します
園内の池です。厚い氷で覆われていますが、入ってはいけません。でも池の上には雪だるまが作られていました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側からもう一枚。真っ白です。

クリックすると元のサイズで表示します
「サッカーの町・大連」のシンボル=サッカーボールモニュメントに向かって上っていきます。階段の両脇には「十二支」の動物のモニュメントが置かれています。

クリックすると元のサイズで表示します
人が集まる一番人気はやっぱり今年の干支「辰」です。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら、日本の十二支と中国の十二支には違いがあります。日本は「いのしし」であり、中国は「ぶた」です。ということで「ぶた」の前でパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します
上の方まで上がってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
園内の桜です。石碑があります。

クリックすると元のサイズで表示します
石碑のアップです。近くに行って見ると落書きだらけです。「日中友好」とは前時代的な理想論に過ぎず、個人的には「日本人として自分の良心を裏切る事、自分に嘘をつく事」と解釈しています。

クリックすると元のサイズで表示します
石碑の裏です。表と同じでやはり「落書き→消去」のいたちごっこのようです。

クリックすると元のサイズで表示します
園内の風景です。静かです。

クリックすると元のサイズで表示します
園内で雪景色の写真を撮っている人は少なくありません。

クリックすると元のサイズで表示します
「赤」がよく映えます。

クリックすると元のサイズで表示します
景観の統一性を考えていない意味不明のモニュメントもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
生演奏(!)をバックにダンスを楽しむ中高年です。この寒さの中、若い!ここは以前、「猿の山」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
「ハルビンビール」です。とにかくデカい。隣に写っている人と比べるとその高さがよく分かります。最悪ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
園内の階段を職員総出で除雪作業です。

クリックすると元のサイズで表示します
園内のタンチョウです。中国は国鳥希望も、学名はなんと「日本鶴」で、人民は愕然としました。詳細は下記「参考記事」に譲ります。

このあとお昼近くになってまた雪が降り始めました。今日も特に何もすることが無い正月休みの3日目でした。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
タンチョウの中国国鳥化に異議、「学名が“日本鶴”!」

 黒龍江チチハル市人民大会の曹書傑代表(議員)が先日、タンチョウ(丹頂鶴)を中国の国鳥に定める手続きが進んでいると述べたことで、中国のインターネットで異論が巻き起こった。英語名やラテン語の学名でタンチョウが「日本鶴」であるため「ふさわしくない」という。
 同鳥は英語名が「Japanese crane」、ラテン語の学名が「Grus japonensis」で、いずれも「日本鶴」の意。インターネットでは、中国の国鳥として名称がふさわしくないとする意見が続出した。
 3日付中国新聞社電によると、曹代表は国家林業局から、「タンチョウの国鳥制定で、すでに国務院が審議を進めており、最終的には全国人民代表大会常務委員会が法制化を決める」との回答を受けた。しかし4日付新京報は中国野生動物保護協会からの情報として、「激しい議論が巻き起こったため、国務院も結論を控えている」と伝えた。
 国鳥の選定にあたっては、国家林業局と中国野生動物保護協会が2003年に選定基準などを定め、04年5月から6月にかけて、中国全国20メディアのウェブサイトでアンケートを実施。回答数約500万のうち、約64.9%がタンチョウを推す声だった。
 ところが、「日本鶴はふさわしくない」とする意見が続出するようになって、大手ポータルサイトの新浪網が改めてアンケートを実施したところ、4日午後5時現在の回答者7万561人のうち、タンチョウがふさわしいとする人は33.89%と明らかに減少した。2位はトキで、22.19%が支持している。
 なお、支持率が2位のトキのラテン語学名は「Nipponia Nippon(ニッポニア・ニッポン)」。異論が噴出した経緯からして、タンチョウをやめてトキを中国の国鳥にするわけにもいかなそうだ。
2008/09/04
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0904&f=national_0904_007.shtml

投稿者:dalian4649

酷寒の中、ガラガラの付家庄公園と老虎灘景区を散歩

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

いろいろありまして大連に残っています。久しぶりに大連で過ごす年末年始です。最悪です(笑)。

大晦日は年越しそばのために、久光百貨店(香港そごうグループ)の地下スーパー「生鮮館」に行きました。入り口前に特設コーナーが設置されていて、年末年始の御用達食材がいろいろと豊富にありました。本当に助かります。

そこで蕎麦2玉(1玉15元=約183円)とそばつゆ1パック(10元=約122円)、かき揚げ1つ(5元=約61円)を買い、自宅で作って食べました。ついでに巻き寿司(10元=約122円)も買いました。店員さんは日本人で親切な対応でしたね。これにビールで腹も膨らみ、仕事の疲れもあって夜10時には就寝、そのまま朝まで寝てしまいました。

元旦は携帯電話の電源を切って「寝正月」に徹しました。外の風も強かったですしね。とりあえず家族と長電話をして新年の挨拶。「お雑煮食べたい〜、おせちが食べたい〜」と散々訴えました。

今日は風が止んだので午後から散歩。家から1元(=約12円)バスに乗って15分ほどの付家庄公園です。海浜公園なので海があり、新鮮な空気が吸えます。「逃避」のため、しょっちゅう来ていますが、正月は初めてです。私は2003年、この町に着任して(飛ばされて)、住みたかった場所(家の希望)がここの辺りでした。大連日本人学校もここの近くですね。良い環境だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口です。巨大な貝のモニュメントです。

クリックすると元のサイズで表示します
一応、国家重点風景区です。左の自転車は「糖葫蘆」という食べ物を売り歩く商人のものです。「糖葫蘆」とは日本的に分かりやすく言えば縁日で売られているリンゴ飴です。で、リンゴの代わりにサンザシが使われているのが最も一般的ですね。値段も1〜4元といったところです。この「糖葫蘆」屋さん、昭和的で個人的には好きな存在、好きな風景ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
園内はガラガラです。気温もマイナス6,7度ですから当たり前です。なお、左右の人間はモニュメントで本当の人ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
とにかく人、人、人、の中国において、この「静寂さ」は貴重です。

クリックすると元のサイズで表示します
水はそんなに汚くないでしょ?

クリックすると元のサイズで表示します
写真左端、磯遊び?している人が居ます。行ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
磯からの風景です。

クリックすると元のサイズで表示します
静かでしたね。癒されました。

クリックすると元のサイズで表示します
バスに乗って老虎灘景区に移動。「解放路」駅下車後、軍艦の前を通り過ぎます。中に入りたければチケット20元(=約245円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
後ろからのショットです。

蛇足ながら、日露戦争で活躍した戦艦「三笠」は、NHKドラマ「坂の上の雲」のおかげで入場者も、39年ぶりに年間18万人を超える勢いだそうで(下記「参考記事」参照)。横須賀なら家からもそう遠くはないし、帰国時に行ってみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
のんびり歩いて着きました。左後方に移っているのは灯台です。

クリックすると元のサイズで表示します
灯台を右に移してのショットです。静かだし空気は良いし住民は羨ましいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
名物の虎のモニュメントです。継ぎ目だらけで完成度は低いですね。観光客ゼロ!

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えて、もう一枚。

2ヵ所共に日本統治時代から人気の海浜公園です。日本統治時代はどんな感じだったのかな。

付家庄公園の方ですが、暖かい時期は一日中、暇そうなお年寄りが居るのですが、以前、この方たちの中の一人と話しをしました。毛沢東の大失政=「大躍進政策」時代で餓死者続出だった時、皆はここに来て、流れ着く海藻類を拾い、食べて空腹を満たすと同時に栄養も取り、餓死を免れた、という話を聞きました。餓死者5000万人の時代を経験した方にとっては「忘れられない、命の、大切な地元の海」なんだそうです。

特に何もすることが無い正月休み2日目でした。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
戦艦「三笠」再び脚光 ドラマ「坂の上の雲」人気で

 日露戦争の日本海海戦(1905年)で活躍した戦艦「三笠」が、NHKドラマ「坂の上の雲」をきっかけに再び脚光を浴びている。復元され、神奈川県横須賀市に展示されている記念艦の入場者は、39年ぶりに年間18万人を超える勢いだ。
 横須賀港近くにある三笠公園。今年最後の“開艦日”の27日、三笠の艦橋(艦長らが指揮を執る場所)の前には、記念写真の順番を待つ家族連れやカップルの列が出来ていた。足形に合わせて立つと、連合艦隊の司令長官・東郷平八郎の気分を味わえる。
 神奈川県鎌倉市の小学1年、相川剣里くん(7)は「意外と小さい船なんだね」と母の美絵さん(38)と顔を見合わせた。歴史マンガで興味を持ち、日露戦争をテーマにしたドラマ「坂の上の雲」に、両親と熱中した。「三笠を見たい」とねだり、連れてきてもらった。
 ロシアのバルチック艦隊を破った連合艦隊の旗艦だった三笠。1925年に保存が決まり、太平洋戦争後は大砲が撤去されるなどしたが、61年、有志の寄付で復元された。
 復元当初は全国から観光客が訪れ、見学者は年間30万人に上った。その後、減少傾向が続き、ここ10年は10万人前後で推移していた。
 だが、2009年に「坂の上の雲」の放送が始まると、人気は復活。今年度は12月末までに約15万人が訪れ、年間18万人を超えるのは確実という。司馬遼太郎が原作小説を新聞に連載していた72年度の水準だ。
 管理する「三笠保存会」事務局長の豊崎健二さん(66)によると、20〜30代の見学者が目立つようになり、「歴女」が男性に説明するカップルが増えたのも最近の傾向という。
 豊崎さんは、「日露戦争の当時も、現在も大変な時代。『このままでは日本という国がなくなる』という危機感や、『がんばろう』という思いが共感を呼んでいるのではないか」と話している。
 新年は元日から見学できる。
2011年12月30日
http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201112280199.html

投稿者:dalian4649
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ