中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2011
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連はマイナス気温に突入! ネットで「中国サッカー協会杯」決勝戦観戦

今週は忙しかったです。今朝7時に起きて外の温度計を見たら、ちょうど気温は0度でした。まあ昨日の新聞の天気予報欄で予想最低気温がマイナス2度、最高気温も4度、と出ていたので想定内です。しかし昨晩から風も強く、体感温度は凄まじいものがありましたね。

昨日の退勤時に強風の中、スーパーに寄り、数日分の食材等を買っておきましたので、今日は新聞を買いに外に出た程度で、のんびり出来ました。夕方(16:00)からは来シーズンのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権をかけた「中国サッカー協会杯」の決勝戦がありました。「山東魯能」vs「天津泰達」戦です。試合の行われる場所は安徽省の省都・合肥です。まあ個人的にはどっちが勝とうがどうでもいいです。

試合結果は「1:2」で「天津泰達」の勝ち。試合内容は相変わらずの中国サッカー(笑)。無謀な個人プレー有り、両チームで「揉め事」有り、といういつもの光景でした。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の「中国サッカー協会杯」決勝戦を制した「天津泰達」です。今大会のメインスポンサーは東芝のようですね。なお写真は全て中国のサイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
「天津泰達」の監督、アリー・ハーン(オランダ人、元中国代表監督)です。優勝したものの今シーズンで「天津泰達」を退団するようですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「天津泰達」の于大宝(FW、23歳、背番号22)です。先のW杯予選中国代表の選手でもありました。この日、決勝点を決めましたが、試合中にはこのような無謀なプレーも見られました。先のW杯予選同様、たいした個人技も無いのに、この手のプレーが大好きなのが中国人です。

クリックすると元のサイズで表示します
先のW杯予選中国代表のキャプテンでもあった「天津泰達」の李瑋鋒(DF、33歳、背番号5)がエキサイトし始めました。まあこれはどうでもいいのですが、一番右端に写っている「山東魯能」の18番の外国人選手、そうレバノン代表キャプテンのロダー・アンタルです(代表での背番号は20)。これまた先のW杯3次予選の「レバノンvs韓国」戦では開始早々、先取点の糸口を作り、結果「2:1」でレバノンは勝利、と番狂わせを起こしましたね。その立役者です。韓国は無事W杯3次予選を勝ち抜けるでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
この日の主審は八百長防止、公平を期すため、ということでなんと日本人の山本雄大さんです。

クリックすると元のサイズで表示します
準決勝は韓国人の審判が笛を吹きましたが、試合後ひと悶着あってダメでした。まあ八百長防止、公平を期すために韓国人の審判って・・・(笑)。試合前の報道によれば扇谷健司さんとのことでしたが(下記「参考記事」参照)、若い山本さんが笛を吹きました。試合後、こちらの報道によれば、ジャッジに関しては概ね好評だったようです。

「公平を期すために中国人審判、韓国人審判ではダメ。日本人審判が呼ばれる」それも「決勝戦に!」です。何とも嬉しいですね。日本人としてサッカーに興味の無い方でも、これは誇れる「現実」だと思いますね。
この「現実」、どういうことかわかりますか?

アジアの良心、アジアの切り札、日本!

ってことです。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
ACL賭けた協会杯決勝、「公平期すため」日本人審判採用―中国

 来シーズンのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権がかかった中国サッカー協会杯決勝戦に、「試合の公平性を期すため」に3名の日本人審判を採用することが明らかとなった。天津網が伝えた。
 中国サッカー協会杯の決勝戦、天津泰達―山東魯能戦は19日に行われる。4シーズンぶりに開催された同杯は、優勝すればACL出場権が手に入るということもあって各チームが本気で闘ってきた。そこで中国サッカー協会は公平性を期すため、準決勝から審判を全員国外から招待した外国人審判とすることを決定していた。
 準決勝は韓国の審判を招いた。ジャッジに問題はなかったが、試合後に一部チームからクレームがついたため、決勝ではJリーグのジャッジで定評のある扇谷健司氏ら日本人審判3人を招聘することとなった。
 扇谷氏は8月にも中国国内リーグの公式戦で審判を務め、「今年度のベストゲームの1つ」と高い評価を受けていた。
 決勝を戦う両チームも、日本人審判の採用に賛同しているという。天津泰達のある選手は「公平な環境で試合が行われ、勝ち負けに関して不満を抱くことがないことを期待したい」と語った。
2011年11月18日
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1118&f=national_1118_047.shtml


サッカー日本代表が好きになった! 中国人評論家が勇気を出して告白

  中国の評論家である張振芳氏はこのほど、サッカーアジア・カップでの日本−カタール戦を観戦し、日本代表が好きになってしまったことを、「勇気を出して」告白した。江西文明網が報じた。
  中国では「日本」と「好き」を一緒にすることはある意味でタブーとなっているというが、アジア・カップでの日本−カタール戦を見て、「日本代表が好きになってしまったことを認めざるを得ない」と語った。だが、「サッカー日本代表が好きなのであって、日本人が好きなわけではない」ことを強調した。
  開催国のカタールが日本に勝つ様子を見るために試合を観戦したと語る張振芳氏だが、結果は日本の逆転勝利。「日本はアジアのバルセロナとの異名にたがわず、高いテクニックやチームワーク、ワンタッチパスはまさにアジア最高レベルだった」と評価した。さらにこの試合での3得点はすべてパスワークからの得点であることを指摘し、中国代表のリーグ戦での4得点はすべてフリーキックからの得点だったことと比較して、日本代表を高く評価した。
  また、テクニックやチームワーク以外に、日本代表の強い意志に敬服したと語る張振芳氏は、「10人で戦う日本は完璧(かんぺき)な逆転劇を演じた!」と興奮気味に、「これが日本代表だ!そしてこれが日本人だ!」と絶賛(ぜっさん)した。
  さらに毛沢東の「戦略上は敵を蔑視(べっし)し、戦術上は敵を重視せよ」との言葉を引用し、「この先数十年、日本は中国のライバルとなるだろうから、中国代表は日本代表から多くのことを学ぶべきだ」と意見を述べた。
  そして、「見苦しい中国代表を考えると、日本代表のことが好きになってしまう。国を裏切る売国行為といわれたとしても何度でも言おう。すべてはサッカーのためだ!」と結んだ。
2011/01/25
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0125&f=national_0125_094.shtml

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ