中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2010
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連で金正日総書記の「車列」に遭遇する(2)

昨日の続きです。

5分ほどフラマホテル入り口を見ていると、警官の動きが慌しくなってきました。来ました。将軍サマ御一行の車列です。時間は午前10時56分でした。この車列長い!、とにかく長い!です。

中国では結婚式の時、「一族郎党」で車列を組んで「行進」し、披露することが多いので、車列というもの自体を見るのは日本とは違い毎週末の恒例です。また私は自宅も職場も市中心部にあり、それなりの年数をここで過ごしていますから「VIP」の車列=道路封鎖しての「行進」を目にする機会も少なくありません。「棒棰島風景区」に入る党中央幹部の車列、ダボス会議に来連時した時の温家宝首相の車列、などです。この時の車列もまたそれなりに凄いものでしたが、今回の将軍サマの車列は桁が違います。度肝を抜かれました!下記「参考記事」内容通り、本当に30〜40台の車列でした。江戸時代ではないですが、これまさに現代版の大名行列といっても過言ではない、そのくらい凄かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
今まで注意されなかったし、これほどの規模の「大名行列」はそう簡単に見れませんから、ぜひ記念にと思い、写真を撮りましたが見事に怒られてしまいました。ごめんなさい。でも「写真は撮るなよ」と言われただけで引き続きそこに留まる事、そして引き続き一部始終を見る事に関しては、特に注意される事も無く、ましてや拘束されるなどということも無く、結局そのままその場で野次馬の皆さんと一緒に引き続き見学をしてました。携帯電話で撮っていたから許してくれたのでしょうか。もう一回言います、ごめんなさいね。
パトカーを先頭に写真左から奥にかけて写っているのが将軍サマの「大名行列」です。

で、フラマ正面に将軍サマの車が到着しました。数ある黒塗りの車から何故将軍サマの車が分かったかというと、正面入り口に近づき、車が最徐行すると同時に屈強な多くの男性が車の周囲を囲んだからです。この日は前日のNHKの「スクープ」を許した反省もあってか、車は入り口ではなく、最徐行しながらフラマの地下駐車場へと消えていきました。この時、多くの警官が連日の「スクープ」を阻止すべくホテル向かい側のあらゆる場所に目をやっていました。

ということでさすがに将軍サマ自体を見るのは不可能でしたが、偶然の機会とはいえ貴重な経験をしました。良い意味、悪い意味はさておいて「国体」がまるっきり違うだけに日本ではなかなかこういう経験はしませんね。

地元紙で私が日々購読している『大連晩報』に将軍サマの訪中に関する記事は載っていませんでしたが、昨日のエントリーの下記「参考記事」によれば『環球時報』と『チャイナ・デイリー』は報じていたのですね。共に市内のあちらこちらで、また「青空」販売所でも気軽に誰でも買える新聞です。ただ『環球時報』は中国で最高格の新聞『人民日報』系列の新聞なだけに、中国的には将軍サマの訪中報道を規制したかったのか、規制したくなかったのかよくわかりません。

今回のブログネタは前述した通り、中国で全国展開している2紙が既に4日付で報道していますので、特に大きな問題は無いと考え、取り上げました。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
金総書記、北京へ出発か 5日にも中朝首脳会談

 【大連(中国遼寧省)=多部田俊輔】3日に中国入りした北朝鮮の金正日総書記は4日午後4時(日本時間同5時)、遼寧省大連市内のホテルを出発した。市内は道路封鎖などが解かれており、大連を離れて北京に向かったとみられる。5日にも胡錦濤・中国国家主席と会談する見込み。核問題を巡る6カ国協議復帰や中国の経済支援、北朝鮮関与を取りざたされる韓国の哨戒艦沈没などへの言及が焦点となる。
 総書記一行は4日午前9時半にいったん外出して地元の政府系企業を視察。約1時間半後に戻り、午後4時に再びホテルを出た。行き先は明らかでないが、車列が大連駅に到着したという情報もあり、待機していた特別列車で北京に直行したとすれば4日深夜から5日未明にかけて北京に到着し、早ければ5日にも中朝首脳会談に臨むことになる。
 総書記が宿泊したホテルは午後5時には入り口を覆っていた白布を撤去して通常営業を再開。「ほっとしている」。同ホテルの女性従業員(25)は安堵(あんど)の表情を見せた。
 総書記は3日早朝、北朝鮮から遼寧省丹東市を経て大連に入った。大連では黒塗りの乗用車や小型バス、最後尾の救急車を含めた30〜40台の車列で移動していた。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE2E6E2E09A8DE2E6E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL
投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ