中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2008
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

バスの中でスリ「事件」に遭遇する(1)

始めに断っておきますが、スリ「事件」に遭遇したのであって、私自身がスリ「被害」に遭ったというわけではありません。誤解無きよう願います。

 

先日、23番バス(「大連理工大学東門」発→「大連外国語学院」行き)のバスに乗りました。時間は18時頃、通勤帰りで車内は満員です。途中、「和平広場」駅に差し掛かったところで突然、一人の男性乗客が車内で叫びました。「俺の財布が無い!!!」との事です。

 

私も大連生活が長くなりつつありますが、バス車内でこのような事件に遭遇するのは初めてです。この自称「被害者」は運転手に即座にバスを停車するように要求。運ちゃんは「被害者」の要求通り、路肩にバスを止めました。私としては事態の推移を興味津々、いやヒヤヒヤしながら見守るしかありません。満員のバスでは在りましたが、私はその時、たまたま席に座っていましたし、特に急いでいたわけでもないので、とにかく目立たぬようにという事だけを第一に考えていました。

 

さて、バスは停車し、「被害者」は大声で「この中に俺の財布を盗んだ奴がいる」と言い始めました。この「被害者」と口喧嘩を始める者、携帯電話やメールで外部と連絡し始める者、乗車口ドアを開けろと騒ぎ出す者、一切を無視して黙っている者など様々です。「被害者」は「犯人を見つけ出すまでは絶対に乗車口ドアを開けるな」と運ちゃんに要求。運ちゃんは素直に全て従っています。ザワザワとしている中、時間が過ぎていきます。

 

大きい荷物を持った学生風の女の子2人組が「このままでは駅の列車に間に合わない。降りて他のバスに乗り換える」と言い始めました。正論です。しかし被害者は運ちゃんにドアを開けさせません。女の子2人組はこの「被害者」に列車の切符を見せたり、必死になってこのバスからの「開放」を求めるも「被害者」は「仕方が無い」、「ダメだ」と拒絶です。運ちゃんも何一つしようとしません。更に時間は過ぎていきます。「被害者」は「全員の持ち物検査をさせろ」とますます図に乗ります。車内はついに「大」口喧嘩大会に発展しました。

 

もう埒が明かないと判断した乗客がいたのでしょうか、警察に通報した乗客がいたらしく、ここでやっと警察官が登場。私も「開放される」と思ったのも束の間、警察官はなんと車内に入ってきて事の成り行きを事情徴収し始めました。一人の警察官はポケットに手を突っ込んだまま聞いています。ここでキレた一人の客が「コイツの言っているのは全部嘘だ、ただ被害者を装って金を巻き上げようとしているだけだ」と言い始め、周りも「そうだ、そうだ」の大合唱。「精神病だろ」や「何故警察はこんな奴を街中に放置しているんだ」と逆に警察に責任転嫁、食って掛かる奴まで出始めました。

 

この段階まできてやっと警察はこの「被害者」を確保。パトカーへと連行し、バスの乗車口ドアは開放されました。多くの客がバスを乗り換えたり、タクシーを拾ったり、立ち去ったり、でとにかくこの場から去ります。この一部始終は約20分です。私的には今回は何も被害を受ける事はありませんでしたが、「初ケース」という事もあり、結構怖かったというのが正直な気持ちです。もしこのよう状況に実際に遭遇した時、私達日本人はどうしたら良いのでしょうか。

 

次回に続きます。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ