中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2007
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

開店休業、そして警備員が闇両替を勧める中国銀行

国慶節の期間中、日本に帰国することにしたんですが、ここ大連で飛行機のチケットを買う際、意外に多くの代理店でカード決済(VISAMASTERJCB)が出来ないんですね。使えても若干の手数料が上乗せされてしまうということもあります。特に他店より若干安い価格で売っている店などは割と現金払いしかダメ!というところが多いです。そのため日本への往復切符を買うと大体40007000元ぐらいの現ナマ(人民元)が手元から出て行ってしまうわけです。

 

手持ちの人民元も少なくなったので、日本円を少し人民元に変えようと家の近くにある中国銀行の某支店に行きました。この支店は小さく、普段からお客さんもあまり多くありません。もちろん外国人の客などは殆ど来ません。そんな所を「メインバンク」として通っているわけですからカウンターのおばちゃんにも顔を覚えられ、ちょっとした世間話をするような関係になりました。似たような経験をされた方も少なくないでしょう。

 

さて今日も普段と変わらず両替に行ってみると営業中にもかかわらず銀行中は薄暗い・・・。まあこの点は黒石礁のマクドナルド2Fで長年経験済みなので、「ここも利用客無視の節電が始まったかぁ」と思っていました。カウンターの馴染みのおばちゃんにパスポート、日本円を渡し、両替をお願いしようとすると「今日は出来ない」との返事。「どうしたの?!」と聞くと、なんと「この付近一帯停電だ」と、つまり電気が来ていないので開店休業状態なんだそうです。

 

日本の銀行って周囲が停電になると一緒に停電、つまり一切の業務停止、開店休業になっちゃうんですかね?!当然自家発電なり何らかの対策が講じられているんでしょうけど。遭遇したことが無いので今まで考えたこともありませんでしたが。

 

仕方が無いので中山広場の近く、五一国際飯店(3つ星)の向かい側にある中国銀行に行きました。最近は取り締まりも強化され、銀行内、入り口をうろつく闇両替屋の姿も少なくなりましたが、そこではなんと銀行内の治安を守る警棒を持った警備員に「両替するよ〜!レート良いよ〜!」と声をかけられました。

 

闇両替は若干レートが良い代わりに偽札がかなりの確立で混じっていますのでとにかく無視して下さい。後々トラブルにも巻き込まれかねませんし。

 

正規警備員が副職として闇両替屋?!。

 

発展著しく旧満州エリアナンバーワンの国際都市となった大連ですが、依然「人間の向上」という面だけはこの速度に乗り遅れているようで・・・。

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ