中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2007
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

魯迅路にある「南満州鉄道本社」内の総裁室、一般公開へ

MANTETSU日本に帰ると「大連市内の見所は?」とよく聞かれますが、「わざわざ日本から足を運んでもらってまで見るほどの所は無いね」と答えています。郊外に行けば「旅順」という日露戦争関連の見所がありますが、外国人非解放区(軍区)もあり、また、それほど交通が整備されているわけではないので、案内人無しの初心者にとっては厄介かもしれません。

 

旧満州エリアには歴史的な遺構や日本では見れない雄大な景色も少なくなく、瀋陽なら市内はもちろん、郊外の撫順や本渓も回れる、丹東に行けば北朝鮮が見れる、吉林省に行けば旧満州国の首都・溥儀関係の長春があり、黒龍江省まで足を伸ばすとハルビン、と見所には事欠かしません。

 

一方で、かつては「満州国の玄関」と称され、日本(人)が命名した、ここ「大連」。先ほども申し上げましたが、残念なことに日本からわざわざ足を運んでまでじっくりと見る歴史的遺構は少なく、期待外れを感じる方は多くないようです。経済発展、国際交流、交通、治安、衛生、といった点では上記の旧満州諸都市の追随を許しませんが、「魅力ある観光地」という点では残念ながら最下位争い・・・。さらに留学生、駐在さんには「男性天国の町」なんて称される悲しき現実・・・(涙)。

 

さてこの度、大連に満鉄本社が構えられて100年ということもあって中山区魯迅路にある「南満州鉄道本社」内の総裁室が一般公開され始めるようです。この「満鉄本社」ですが、交通は19路、515路のバスに乗り「中山広場」駅で降りて下さい。バス停の駅名こそ「中山広場」ですが、この2つの路線は「満鉄本社」の入り口真ん前で停まります。

 

一般公開に関する詳細は下記の「参考」に譲ります。にわか作りのくだらない観光施設の増加に没頭するぐらいなら外貨獲得の増加が期待できる、他の都市では真似できない、国際都市・大連に相応しい「真」の観光施設の復元、整備を期待したいと思います。

 

勝g小平の改革解放後、積極的な日本企業、日本人の誘致で旧満州エリア・ナンバーワンの国際都市にまで発展した大連。観光地という点でも日本人観光客を大いに引き付ける、特級品の「材料」(満鉄本社、超特急あじあ号など)はあるんですから、それをどう「料理」(観光地整備)し、日本人観光客の前に「商品」(魅力ある観光地)として提示するか。

 

日本史、世界史を学んだことがある日本人なら誰もが目にし耳にする「満鉄」という言葉。日中国交35周年を迎えた今、まさに大連でしか出来ない、観光地の整備、再開発という分野に真剣に目を向けても良いかもしれません。そして上手い具合に長い友好関係に繋げる作りにしてほしいですね。特に日本の団塊世代はお金も時間も興味も持ってますよ〜。

 

市長さんを始め、市政府の皆さんにはぜひ力を入れて欲しい分野ですね。絶対に「ハズれる」開発分野ではありませんし、対日向け観光客誘致の増加、アピール、市の収入など、その経済的な効果も決して小さくないでしょうから。

 

しばらくはお手並み拝見といったところですかね。 

 

 

 

 

参考:

元満鉄本社の総裁室、観光客らに公開へ 中国・大連市

 

 中国東北地方支配のため日本が日露戦争後、国策会社として設立した旧南満州鉄道(満鉄)の本社があった遼寧省大連市で、満鉄関連の資料を展示した「満鉄旧址陳列館」が元本社社屋内にこのほど完成、当時の総裁室とともに観光客らに公開されることになった。地元旅行会社が10日から正式に観光客らの見学を受け付ける予定。

 満鉄は1906年に設立され、翌年本社を東京から大連に移し営業を開始。今年で100年を迎えたのを機に、大連市当局などが資料展示館の整備や元総裁室の公開を決めた。

 元本社社屋は現在、地元鉄道当局の事務所となっているが、2階の元総裁室にはかつて使われていた机やいすが置かれ、関係者は「当時の室内の様子をできるだけ復元するよう努めた」と話している。壁には初代総裁後藤新平をはじめ、歴代総裁の写真も掲げてある。

 隣接する資料展示館では、満鉄関連の写真計300枚以上を並べたパネルを使って、当時の日本の東北地方統治の状況や人々の生活を紹介。満鉄で使われ、これまで市内の公文書館などに保存してあった工具や時計などの資料も展示している。

 鉄道当局関係者によると、展示館は今年5月に準備を始め、8月下旬から試験的に公開していた。

http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070908/chn070908000.htm

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ