中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2007
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「NHKスペシャル 人事も経理も中国へ」を見て

一昨日、NHKで「NHKスペシャル 人事も経理も中国へ」という特番が放送されました。

 

詳しい内容は下記の「参考」に譲りますが、内容を掻い摘んで申し上げますとアウトソーシングの話でありまして、製造やコールセンターの分野だけではなく、総務関係の仕事までもゴッソリ中国に移してしまおうという過激な内容でした。その最大理由は人件費でありまして、既に中国にホワイトカラー業務を移した日本企業は2500社に上るとのことです。

 

さてこの番組、「中国へ」というタイトルではありますが、内容は正に「大連特集」でありました。出てくる風景、内容殆ど全て大連で、大連外国語学院の日本語科の授業風景まで出てくる始末。北京・上海・広州の中国三大国際都市に次ぐ、この現満州最大の都市が今、最も注目を浴びているという現実でした。

 

このグローバル化の荒波に突然飲み込まれたサラリーマンの苦悩と再起も描かれていました。この中国という、人、製品、食品、環境(水・空気)等、全て日本ではワーストに近いイメージの国に突然行かされるんですから、自分のみならず、家族、親族、友人の心配も凄まじいものがあると思います。

 

一昔前、対中ビジネスの大連の「位置付け」というのは北京・上海・広州の中国3大国際都市の下に位置付けられ、支社はあるが「決定権」が無いという人事配置をしている企業が殆どでした。しかし、日本やソウル、さらには空港から市中心部までの交通の便の良さ、耐えられないほどではない環境(街の衛生、空気・・・)、民度(大規模な暴動・一揆無し)、上記の三大国際都市に比べ人口も多すぎず、街も複雑すぎず、物価も安い、タクシー・公共バスの安全性、領事館(出張所)・日本人学校の存在、といったことがトータル的に再評価され、その結果「位置付け」も変わり、中国での拠点を三大国際都市から移動してきた企業が多いようです。

 

今後も多くの人材が中国に行くそうです。が、できることなら日本に留まるべきです。お金の面だけを考えての中国での生活、企業進出は身を滅ぼします。この国は人治(党治)国家で法治国家ではありません。法律はあくまで目安に過ぎず、厳格に守られることなどないし、する必要もないのです。

 

真の勝ち組は中国へ新規進出など考えない企業でありまして、真の先見性とは東南アジア(今はベトナムが旬)方面に進出を考えている企業です。中国は今、進出どころか撤退を考えるべきです。

 

はっきり言います。

特異な人間性、人間関係に朝令暮改、そして何よりも何よりも何よりも拝金主義。中国に新規進出したって誰一人ガバガバ儲けることなど出来ませんよ。

「安物買いの銭失い」です。

 

 

 

参考:

NHKスペシャル 人事も経理も中国へ

 

 製造業の分野では続々と生産拠点を中国へ移し、コストダウンを図ってきた日本企業。そして今、人事や経理などホワイトカラーの仕事までもが次々に中国へ移っている。大連や上海などの都市では、日本語を話せる人材の育成を強化し、日本のサラリーマンの5分の1以下という人件費を武器に、日本企業の仕事を大量に請け負っているのだ。中国にホワイトカラー業務を移した日本企業は2500社に上る。
 血のにじむような効率化を重ねてきた製造現場に比べ、日本のホワイトカラー一人当たりの生産性は先進国で最低と言われている。言葉の壁に守られてきた日本のホワイトカラーが中国との厳しい競争にさらされている。
 番組では、ある大手通信販売会社が踏み切ったホワイトカラー部門の中国への業務移管に密着、グローバル化の荒波に突然飲み込まれた、サラリーマンたちの苦悩と再起への決意を描く。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/070903.html

投稿者:dalian4649
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ