中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2010年 ユナイテッド航空(成田→台北)ビジネスクラス搭乗記

大連空港のHPを見たら、昨日はかなりの濃霧でしたが、空港閉鎖は免れたようですね。ただ離着陸の時間が大幅に乱れていました。今日は一転、素晴らしい青空ですが、もう一つの大連「名物」である「風」に悩まされています。朝の出勤時の気温がマイナス11度。風の影響もあって体感温度は凄いものがありました。

今日、日本は「天皇誕生日」で祝日、年末年始最初の出国のピークだそうです。今回のエントリーは5か月前の事なのでちょっと前になりますが、ユナイテッド航空の「東京成田→台北桃園」線のビジネスクラスに乗りましたので、その搭乗記を書きたいと思います。

台湾は近くて暖かいし、食事も美味しい、更には親切で優しい人も多い、更には清潔感溢れる美女までも。同じ中国語圏内でも日々暮らしている大陸の無法国家とは全く違います。ですから何度行っても毎度「息抜き先」の候補地になってしまいます。

ユナイテッド航空のマイレージプログラム(マイレージプラス)もヒラ会員の私ですが、ここのマイレージプログラムは無料特典航空券が必要マイル数の半分で片道でも取れるという規定があるなど、なかなか使い勝手が良くなっています。貯めやすいマイレージプログラムなのですが、ヒラ会員にとっては逆に「商品」である無料特典航空券が取り辛いというマイナス面もあります。

渡台を控え、検索してみたらファーストクラスとエコノミークラスは満席でビジネスクラスに空き有りという状態でした。ただし帰国便に全く空席が無く、取れません。ということで帰国便の事は特に考えずに、ビジネスクラスの片道だけの無料特典航空券(2万マイル)を取って渡台しました。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、成田空港第一ターミナルにあるユナイテッド航空のラウンジです。「レッドカーペットクラブ」というそうで、セレブな感じのネーミングです。入り口は大きく、中も広そうな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
中の様子です。ここはとにかく広いラウンジで、写真は同ラウンジ内のほんの一部分にしか過ぎません。利用客も国際色豊かでこの日は本当に多かったです。窓側に空席がチラホラありましたので、ここに陣取ります。利用客が多かったのでややうるさく感じられました。飲食コーナーに置かれていた食べ物は「100均」で買い揃えられるようなものばかりでちょっとガッカリです。生ビールとつまみを少々いただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
搭乗時間が近づいてきたので搭乗ゲートに向かいます。今回の機材はジャンボ(ボーイング747−400)でした。台北までの飛行時間は約3時間半です。なおこの機材は「サンフランシスコ→成田→台北」という路線で飛んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
席に着くと、すぐにCAさんがウェルカムドリンクの注文を受けに来ました。日本語が不可のCAさんでしたので、到着まで中国語での会話となりました。かなりフレンドリーな方でした。シャンパンをいただきました。シートは180度フルフラットの仕様で、モニターも大きい(17インチ)です。

クリックすると元のサイズで表示します
機内の席に着いた時点で既にお隣さんが着席していましたので、座席の様子は写真に取れませんでした。ということで機内誌の写真を拝借します。窓側に座りました。

クリックすると元のサイズで表示します
離陸間際になったら急に雨が降ってきましたが、雲の上に上がったら綺麗な夕焼け空でした。すぐ隣に雷雲があって頻繁に稲妻を光らせていました。かなり間近で見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
引き続きシャンパンをのんびりと味わいます。

クリックすると元のサイズで表示します
機内食のメニューに目を通します。まずはドリンクです。赤ワインは3種、白ワインは4種から選べます。1人用の小瓶タイプのものではありません。ただメニューに記載されている名前だけでは正直良くわかりません。しかし心配無用でした。注文するとCAさんがワインを持ってきて、すぐ隣で開けてくれ、飲む前にテイスティングさせてくれます。本格的ですね。またメニュー最下段に記載されているように、ユナイテッド航空の機内におけるコーヒーは「スターバックスコーヒー」のようです。

クリックすると元のサイズで表示します
食事です。「ディナー」となっていて、「メインコース」は洋食(牛肉)、和食(魚)、タイ料理(カレー)という3種類からの選択制です。
ハァ?!カレー?!
興味を持ちましたのでカレーに即決しました。アメリカ系のエアラインということでデザート(チェリータルト)も楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します
実際に運ばれてきた食事です。サラダがやや多めなのはやはりアメリカ系エアラインです。これだけでお腹が膨れます。ガーリックトーストは暖かくて匂いも良くて美味しかったです。タルトもチェリーが多く乗っています。シャンパンから赤ワインに移行しました。

クリックすると元のサイズで表示します
サラダを食べ終えるとメインコースが運ばれてきました。選択したホワイトソースのカレーです。肉は柔らかいし、辛さもそれほど強くなく、食が進みます。

お腹一杯になって、アルコールも結構回り、眠くなります。機内も照明が落ち、就寝モードに入りました。フルフラットのベッド仕様にして1時間ほど眠りに落ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
再び機内に照明がつき、そろそろ下降に入ろうかというところでコーヒーをいただきました。「スターバックスコーヒー」だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
特に何も考えずにいただいたアメニティをホテルで確認します。耳栓、アイマスク、歯磨きセットです。歯磨き粉がこんなにデカイとは・・・。

個人的にはかなり満足度の高いビジネスクラスでした。同じ日本の隣国とはいえ、今まで乗った「日本⇔中韓」線とは比べ物にならないほど良く感じました。

御参考までに。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ