中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

日本航空(JL)と中国東方航空(MU)がマイレージプログラムを提携

今日は朝起きたら一面の雪景色。最近は日中でも零下ですから寒くてかないません。

 

さて久々に「エアライン&マイレージ」ネタです。

 

日本航空(JL)と中国東方航空(MU)がマイレージ提携を行なうようです。中国東方航空(MU)のマイレージプログラム「イースタンマイルズ」は「旨味」の全く無いもの(=乗らない、乗りたくない)でして、それまで敬遠してきた方は多いと思います。が、日本航空(JL)とマイレージ提携をするのであれば話は別。中国国内線を使う機会の多い中国長期滞在者には嬉しい朗報と言えるでしょう。国際路線も昨年新規開設、「大連〜岡山」間を週2便(火・土)で飛ばしており、マイレージの関係で今まで他社を使っていた方もJALのマイレージプログラム「JALマイレージバンク」に積算できるとあれば検討の余地有りです。詳細は下記「参考」に譲ります。ただJALは格安航空券に対する加算が厳しく(殆どが加算対象外。「おじゃる」と言われる所以の一つ)、今回も厳しい制限が予想されます。更なる詳細の発表が待たれます。

 

「大連〜成田」間の日本航空(JL797798便)はこれまで中国東方航空とコードシェア便という形で提携していました。日系エアラインは中国系エアラインに比べて「乗務員の接客態度・サービス」「機材・設備の快適性」「機内食」「利便性」「経済性」「安全性・信頼性」「エンターテインメント」「マイレージなど利用者特典」などが優れているだけにチケットが格段に高くなってしまうのですが、この中国東方航空のコードシェア便でもある「大連〜成田」間の日本航空(JL797798便)を「中国系エアライン=中国東方航空名義=安い」で買えないかという、「ムシ」の良い話を考えたことがある方がいると思います。つまり「大連〜成田」間の日本航空運行便を中国系エアラインの料金で乗れないかということです。

 

結論を先に言うと「出来ます」。マイレージも購入先代理店によっては加算されます。

http://abroad.air.travel.yahoo.co.jp/bin/aair_search?ap=TYO&al=MU&pmin=&pmax=&exp=&tp=a&tp=b&areacd=0100&countrycd=CN&citycd=DLC&ao=o&x=40&y=7

この手段、我が社では主に「贈答及び招聘」用で使ってます。

 

「大連〜成田」間は3時間程度のフライトとはいえ、やはり日系エアラインは優れている点が多く、「贈答、招聘(招待)」では相手の印象、満足度が違います。セコい手と言う無かれ、中小企業社員による知恵を振り絞った「立派な品質維持&コスト削減手段、そして誠意」ですよ(笑)。

 

最後に『地球の歩き方』による「2008年版エアライン・ランキング」が発表されていたので掲載しておきます。個人的には台湾の「エバー航空」のファンで、渡台の際はいつもこれです。結構お勧めです。

 

このランキング、価格、そして安全性(意外?!隠蔽されてるだけ?!)の2点しか勝負カードがない中国系エアラインにとっては今もこれからも全く縁の無いランキングと言えますね。

 

 

 

 

参考:

日本航空、中国東方航空とメキシカーナ航空とマイレージプログラムを提携

 

 日本航空(JL)は21日から、中国東方航空(MU)とメキシカーナ航空(MX)とマイレージプログラムを提携する。これにより、JLのマイレージプログラム「JALマイレージバンク」(JMB)の会員はMU便、およびMX便の利用でJMBのマイル積算と、JMBマイルによるMU便、MX便への特典航空券の引き換えが可能となる。特典航空券の予約受付開始日は、MU便が21日、MX便が122日。特典利用開始日はMU便が28日、MX便が21日からとなる。

http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=33508&cid=2

 

 

 

2008年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング

 

 1  シンガポール航空          (3)

 2  エミレーツ航空             (6)

 3  ヴァージン アトランティック航空  (1)

 4  スカンジナビア航空          (15)

 5  アシアナ航空             (10)

 6  オーストリア航空            (11)

 7  エバー航空                             (18)

 8  キャセイパシフィック航空           (17)

 9  ルフトハンザドイツ航空              (7)

10  大韓航空                               (16)

11  ANA                                      (4)

12  フィンランド航空                       (2)

13  タイ国際航空                          (9)

14  日本航空                              (13)

15  KLMオランダ航空                    (8)

16位 マレーシア航空                       (19)

17  エールフランス航空                (14)

18  JALウェイズ                          (圏外)

19  アメリカン航空                       (27)

20  ユナイテッド航空                    (24)

 

※( )内は、「2007年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」の順位

【調査概要】

2007214日から1031日までの期間、「地球の歩き方ホームページ」上でのオープン告知によるアンケート調査を実施。有効回答数2,017名をもとに集計した。「乗務員の接客態度・サービス」「機材・設備の快適性」「機内食」「利便性」「経済性」「安全性・信頼性」「エンターテインメント」「マイレージなど利用者特典」の8項目による評価を行い、その数値に、別途、調査した8項目の優先度を加重して算出した数値でランキングを決定。

http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/0801/sp/080100sp_top.html

 

 

追記:

JALHPで詳細が発表されていました。

「日本=中国間のすべてのMU便はマイル積算対象外」だそうです。厳しいですね。中国国内線で貯めるしかないみたいです。

加算率等、詳細は

https://www.jal.co.jp/jmb/earn/travel/flight/mu02.html

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ