2008/11/28  15:44

研修旅行 3  

 地中美術館は今までいった美術館の中で一番印象に残りました。光の使い方や補色の関係を利用した作品など驚きの連続でした。地中に埋まっているというだけでもすごいのに中も見ごたえあって是非行って欲しい所です!ベネッセミュージアムもすばらしかったです、ありを使った作品や木彫りの雑草の作品など面白いものがたくさん詰まってました。お店に作品の本があるので見てください!!ミュージアムを見終わったらもう時間が無くて、家プロジェクトを急いで見ました。まだまだ見きれてない所がたくさんあり心残りでした、がこの日のうちに浜松あたりまで行ってしまう予定なので直島にさよならしました。淡路夢舞台にもう一度立ち寄ったら大阪湾と満月に見とれてしまいすっかり夜。途中道を間違えたり、東名が工事だったりしたので静岡に着いたのは11時過ぎてしまいました。その日もすぐ寝ちゃって、次の日は静波海岸で海を眺めて、御前崎市場でご飯を食べて帰ってきました。イソイソした旅になりましたがたくさんいい物がみれたので感性が少し豊かになった気がします。


0

2008/11/21  2:31

研修旅行の思い出 2  

 今日は、11月20日です。すごく冷え込んで空気が澄んでいるので宇都宮で見る星もすっごく奇麗に見え、冬がやってきたなとわくわくしました。寒いのは嫌ですが四季の中では好きな季節です。北の方では雪も降っってるようで、いつもより冬が早くやって来ている気がします。

旅行から1か月もたってしまいましたが、続きを書かせていただきます。

淡路夢舞台はまた帰りに寄ろうと言うことになり早々に切り上げて
本福寺水御堂へと向いました。本で見たとおり蓮の花の咲く池があり、まさかこの下にお寺があるなんて信じられない設計です。本堂に続く階段も自分の足音が響きわたり異空間へと下りて行く気分でした。本堂はもちろん素晴らしかったですが、もう池に感動でした!!その日は直島泊なのでまたまた急いで高松港を目指しました。鳴門海峡大橋を渡り、渦潮を見ようと張り切ってましたが、やはり橋の上からでは全然・・・。なんとなく海流がぶつかって荒れているのは見れましたけど。2時間程で高松に着いてフェリーに乗りました。香川と言ったら讃岐うどんなのに時間がなくて素通り。本場のうどん食べたかったあ。残念。

 
50分かけて直島に到着!赤と黒の水玉南瓜が出迎えてくれました。とりあえず南瓜に出会えておおはしゃぎ。写真を撮り、夕方だったから夕日を眺めてぼーっとしたり、宿泊先に向かって出発したと思ったら夕日が真っ赤になって、案の定津久井が写真撮りたいと言い出し逆戻りしたりしてたら、すっかり真っ暗になっていました。宿泊先のつつじ荘に着いてからも時間はあっという間に過ぎて、と言うよりも眠くて、買ってきたビールもほとんど飲まないうちに寝てしまいました。泊まったテント、パオは意外と広くてベットもあって寝るには十分でした。でもほんとはパオからも見えるベネッセハウスに泊まりたかったですね。ちょっと高いのでまたの機会にとっておきます!直島貯金しようと思います。



次の日は地中美術館、ベネッセミュージアム、家プロジェクトなどなどアートな直島を楽しみました!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

続く・・・
0

2008/11/9  1:45

研修旅行の思い出。  

 大幅に予定が変更になったのが良かったのかもしれません。本来は沢田マンションがメインでしたが宿泊の予約が取れなかったため直島に急遽変更、そして淡路島にも行くことになりました。安藤さん建築が見放題です!個人的には直島、淡路島コースになって良かったと思っています。今回の旅でいろんな面で意識が高まったと思います。感動の連続でした。

出発はPM22:00。そこから寝ずに走り続けてAM10:00頃淡路島に着きました。寝ずにといっても津久井だけです。私はときどきうとうと、高田は爆睡でした・・・。私はナビ役だったので、東名を過ぎてからは緊張感で寝れませんでした。そのおかげですごい光景を見ることができたのです。愛知県四日市市当たりの港のコンビナートがほんとにすごかったんです。朝方4.5時、朝靄の中に浮かび上がったコンビナートはなんとも幻想的で一気に眠気が覚めました。写真を撮り忘れるくらいに感動して見入ってしまい、しかし体には悪そうでした。

明石海峡大橋を渡って淡路夢舞台に着いたときには残念ながら大雨・・・。でも百段苑の予想以上の広さに感動しました。



クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ