2014/1/2

読書日記.56  その他

<乱読王の読書日記.56>

あなたのいないこの部屋 時が静かに過ぎる
灯りをつけることさえ 忘れてしまうほど
つらく過ごした昨日が 懐かしいのよ今は
ひとりになって 初めて気づいたやすらぎ


1116(土)
夕方に三宮で人妻GFのHA女史と逢い、中山手近くのギリシャ料理「テッサロニキ」で食事。その後、「にしむら」でコーヒーを飲んで別れる。

1122(金)
退勤後、会社近くの東和病院でインフルエンザの予防接種を受ける。夕食は自宅でトーストと大山ポークのハム。吉田篤弘「つむじ風食堂の夜」を再読。7回目。これは素晴らしい傑作。

1123(土)
最後の作陶。諸問題があって辞めることにした。最後作品は、今までにない大鉢と箸置き2つ。金そば釉に青ガラス釉を上塗りし、筆で均窯釉のしぶきを飛ばすという荒技。ちょっと講師も呆れていた。おれらしい終わり方。

1124(日)
売布神社のシネヒピアまで、映画「ベニシアさんの四季の庭」を観に行く。時期のズレた単館上映なのに、割引で1500円と高い。でも映画は良かった。ヴィジュアル的にもライフスタイル的にも。

1128(木)
朝、会社横のコンビニ前で転倒し、左手中指が異常な曲がり方をした。折れた、と思い朝礼を辞して、会社近くの東和病院へ。レントゲンの結果、靭帯がかなり伸びたようだ。すごく痛いわけではないのだが、やはり普通に曲げると痛い。固定してもらった。11月は本当に鬼門だ。

1129(金)
退勤後、うめだ阪急で「いろは」のコロッケと、地下の「トアロードデリカテッセン」でボイルドソーセージを購入して帰宅。金曜日なので、夕食は自宅。トーストを焼き、コーヒーを淹れて、ソーセージを茹でる。本日のBGMは松任谷由実「ユーミンブランド」。この頃のユーミンは良かったんだけどなあ。

1130(土)
箕面109で映画「SPEC」。前回の後編。この作品は付き合いで観ているが、あきらかに前日譚ともいうべき「ケイゾク」の方が面白い。話が、まずあり得ない。来年1月に最終作が上映される「トリック」同様に、監督の堤幸彦は作品の人気が出るとワル乗りする傾向があり見苦しい。イオンで通勤用の杖を購入して帰宅。

1201(日)
以前より気になっていた、桜井駅近くのパンケーキ屋「ALOHA ANGEL」へ。ハワイな店構えも良いが、なかなかパンケーキとオーガニックのコーヒーが美味しい。また行ってみよう。吉田篤弘「それからはスープのことぱかり考えて暮らした」を再読。いい本だ、これは。

クリックすると元のサイズで表示します


1127(水)
退勤後、マルビルのタワーレコードへ行き、間宮貴子「LoveTrips」流線形「シティミュージック」キース・ジャレット・トリオ「スティルライブ」を購入。キース・ジャレットもスタンダーズ(ピアノトリオの名称)も買うのは初めて。その後、マルビル内の「ポムの樹」で夕食。

1206(金)
本日賞与。この厳しいご時世にいただけるだけで嬉しい。ありがたいことだよ。定時退勤後、うめだ阪急でお世話になった方々にお歳暮を送る手配。その後、地下の「トアロードデリカテッセン」でソーセージ等、フレッツカフェでドイツ菓子のシュトーレンを購入して帰宅。夕食はトーストを焼き、コーヒーを淹れて、ソーセージを焼く。本日のBGMはフランク・シナトラ。CMにも使用されている「夜のストレンジャー」がいい。深夜にコーヒーを飲みながら「ほんとにあった呪いのビデオ55」。今回はいいねえ、来たねえ。

1207(土)
箕面109に、映画「すべては君に逢えたから」を観に行くが、急遽上映時間が変更されており、夜の8時。仕方なく諦めて、前売券をもっていた、映画「利休にたずねよ」を観る。おれは市川海老蔵が嫌いではない。映画評は手厳しかったが、ひどい映画ではない。ただ、描き方の時系列に問題はある。昼食に「風月」で食べたので、映画の後に帰宅して夕食。久しぶりに焼肉を食べた。

1208(日)
昼まで寝てから、神戸まで。ミント神戸のタワーレコードでスローカー・トロンボーン四重奏楽団(クラシック)のCDを探すがなく、他を探していたら、持っていなかったスタン・ゲッツとチェット・ベイカーのヴァーヴの競演作「スタンアンドチェット」があり購入。こんなのが出ていたんだな。その後、駅の改札で人妻GFのHA女史と逢い、中山手のチリ料理「グラン・ミカエラ・イダゴ」で夕食。今日もここの老齢の親父さんがギターを弾いて歌ってくれた。お元気なのはうれしい。夕食の後、女史とは9年ぶりにルミナリエへ。前に一緒に行ったのは確か2004年だったか。やはりきれいだ。その後、フラワーロード上り口の「にしむら珈琲店」でコーヒー。
 
クリックすると元のサイズで表示します


1217(火)
ムーンライダーズのドラマー、かしぶち哲郎氏の死去を知る。ダンディな先生だった。これでムーンライダーズの完全オリジナルメンバーでの復活はなくなった。残念だ。吉田篤弘「つむじ風食堂と僕」を読了。吉田篤弘の本はどれもいい。同世代としてリスペクトしたくなる作品ばかり。

1221(土)
会社忘年会。今年は直接奈良に行く。近鉄電車で行けば早い早い。今年は若い人が演芸に頑張り、なかなかの質だった。珍しく深夜に寝る。

1222(日)
近鉄電車で奈良から帰阪。今までJRで鶴橋経由で帰阪していたおれが馬鹿だった。夕方、紀伊国屋書店前で某嬢と待ち合わせ。堂島ホテル1FのTHE DINERで夕食。最初、中華料理にしようかと迷ったが、クリスマスディナーで正解。夕食後、BAR堂島倶楽部。今日はクリスマスライブ。ジャズを聴きながらの酒は美味しい。

1223(月)
堂島ホテルのブッフェで朝食を食べ、某嬢を職場近くまで送る。こんな時期にまで仕事とは大変なんだな。頑張っておくれ。一旦帰宅して、シュトーレンを切ってコーヒーを淹れる。その後、神戸三宮。ミントのタワーレコードで大貫妙子トリビュート購入。1500人妻GFのHA女史改めマダムと逢い、駅前のカラオケ3時間。80年代のラブソングばかり。マダムとは同世代なので楽しい。もう昔のように快活には歌えなくなったんだが。カラオケの後、チャウチャウ餃子・三宮店で夕食。有馬記念は、ラストランのオルフェーブルが8馬身の圧勝。配当は低かったが、低い配当に厚く投票していたことが功を奏して、約10万円余り獲得。

1224(火)
退勤後、マルビルのタワーレコードで佐野元春「NO DAMAGE」リミテッド盤と、フランク・シナトラのクリスマスアルバム購入。2030ヨガインストラクターのK嬢と阪急グランドビル前で逢い、ビル中のにある空庭ダイニングのはまぐり庵で夕食。食べながらK嬢の近況を聞く。元気で何より。夕食後、新梅田シティのドイツのクリスマスイベントを観に行く。冬はこれだな。

1225(水)
夜、この時期恒例の特番「クリスマスの約束」を観る。今回は大御所・吉田拓郎が出ていた。格好良すぎる。「落陽」にシビれる。

1228(土)
仕事納め。大掃除の後、納会。退勤後、阪神百貨店の中古CD市を覘く。今回は特に収穫はなし。他にも寄る予定の所はあったのだが、納会の頃に少し寒気がしていたので、珍しく直帰。夕食後、残ったシュトーレンを切り、コーヒーを淹れて飲む。23日にマダムと話題になった、録画していた「マディソン郡の橋」を再び観る。映画館で観たのは31の頃だが、その頃に気付かなかったことが、今になってわかる気がした。男と女の愛は深い。

1229(日)
夕方より、なんばパークスへ。友人に贈るためのメッセンジャーバッグを購入しに、マンハッタンポーテージへ。スタンダードなメッセンジャーバッグ購入。その後、アンティコカフェでJ女史と逢う。千日前まで歩き、イタリアンの夕食。(店名失念)

1230(月)
体調が戻らないまま、林と明石へドライブ。明石自体はそれほど観る時間はなかったが、海沿いの道路を走れたのは良かった。2000箕面・きんのぶた。今回の季節のだしは正解だった。帰宅して録画していた競輪グランプリを観る。今回は読み間違えで完敗。昨年一年間のギャンブル収益(純益)は約102万円。今日の競輪グランプリ完敗により、2013年は約98万円。ここ数年で初の前年比マイナス。いけませんなあ。

1231(火)
母を連れて池田まで買い物。体調が良くない。このままでは昨年の再現ではないかと心配になる。帰宅して、解熱剤を大量に飲んで2時間ほど寝ると、かなり良くなった。林からのメールで大滝詠一の死を知る。これは本当にショックだ。大滝は山下達郎と共に日本で一番好きなアーティストだったのだ。これで大滝ファンが期待して毎年裏切られる新作は永遠に出なくなった。1984年(30年前!)の「EACH TIME」が実質的な最後のアルバムとは辛い。年越し蕎麦を作って食べながら、大晦日恒例の特番「東急ジルベスターコンサート」を観ながら新年を迎える。大晦日はやはりクラシックだろう。新年を迎えて、ようやく年賀状書きに奮闘。このブログを読まれている方で、元旦に年賀状を下さる皆さん、申し訳ありません。

0101(水)
年を越したので、クラシックからジャズに切り替え、MJQやカーティス・フラーのアルバムを聴きながら、約2/3まで年賀状を書いて、明け方に寝る。昼前に起床。朝食後、再び年賀状書き。今日、元旦なのに大半の友人、会社の同僚より年賀状が届き、自分のいい加減さを痛感した。でも来年もきっとこんな感じか。夕方より、先日ブックオフで入手した工藤栄一監督の「五人の賞金稼ぎ」を観る。テレビで観て以来、30年ぶりぐらいか。無国籍風の時代劇で、若山富三郎の市兵衛が恰好いいんだな、これが。夜、書き上がった年賀状をポストに投函し、デイリーヤマザキでイートインのコーヒーを飲む。深夜テレビ放映していた、劇場版「モテキ」を観る。テレビドラマでは女の扱いを均等に四等分にしていたのに対し、劇場版は長沢まさみ中心。これはどうだか。でもオープニングの拡大演出された女神輿のシーンは拍手。

0102(木)
林と甲山大師に初詣。昨年はおれの体調不良で行けなかった。甲山大師の後、りんくうアウトレットパークへ行くが、渋滞で諦める。正月に甲山からりんくうは無謀だったか。阪急山田駅前のトマト&オニオンで小休止してから、夕食は171号線沿いの久太郎。久々か。その後に珈蔵

0103(金)
三宮の生田神社に、看護師のT嬢と初詣。3日だがまだ参拝客は多い。でも店はほとんど開いており、参拝後、旧居留地まで歩き、カフェで休憩。栄町の雑貨店を見て回った後、生田新道に戻り、神戸牛ステーキの店モーリヤで早めの夕食。神戸牛は何度か食べたが、この店は美味しい。その後、帰阪し、T嬢のマンションでおせち料理をいただく。

0104(土)
朝、自宅に帰宅した頃に寒気がしたので、解熱剤を大量に飲んで眠る。夕方、寒気は一掃された。でも、12月以来、むせるように咳き込むので、近くの病院に。朝、寒気がしたことを言ったが風邪でもインフルエンザでもなく、単に体調不良だった。咳き込むのは喉から副鼻腔が激しく乾燥しているため、水分や麺類の湯気でも咳き込むらしい。季節が温かくなるまで完全回復はしないと言われた。医師曰く、蓄膿の手術による、副鼻腔の通りの良さが乾燥を招いていると言われた。打つ手はないんだな。

0110(金)
退勤後、母の足のお守りをいただきに服部天神の十日戎へ行く。例年より混んでおり、行列に並んで参拝。毎年通っている果琳に行くと営業時間が終わっていたが、中に入れてコーヒーを飲ませてくれた。ありがたいことだ。石橋のかつれつ亭で夕食。

0111(土)
土曜出勤。退勤後、塾講師のE女史と、ニュートーキョーで夕食。大滝詠一についての話。そして深い話など。食事の後、新地近くのBARで酒。

0112(日)
昼過ぎより、J女史と一緒に箕面キューズモールの箕面109へ、映画「永遠の0」を観に行く。ほぼ満員。あえて原作は読まなかったが、映画は素晴らしく完璧だった。岡田准一が実に良い。映画の後、鎌倉パスタで夕食。スターバックスでコーヒーを飲んで帰宅。J女史とは箕面駅で別れる。



0

2014/1/2

新年のご挨拶  その他

乱読王 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
元旦にご挨拶の一文を書こうと思い、気がつけば2日になっていました。
申し訳ありません、今年もこんな調子で。

今年はマメに更新し、コメントにはなるべく早くお返事いたしますので、
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ