2011/3/27

読書日記.49  その他

<乱読王の読書日記.49>

Once upon a time
はるかな夢
もう誰もここにいない
引き潮の海のように
十年ロマンスといわれた愛は
今もきらめいているだろうか


0226
1400北浜・モリタ万年筆。以前から欲しいと思いつつ、躊躇していた鉛筆を購入しに行く。単なる鉛筆ではない。ドイツの最高級鉛筆メーカーのファーバーカステル社のパーフェクトペンシルだ。補助軸にもなるカバー部分(鉛筆削り内臓)と、鉛筆に付いている消しゴム部分の鉄製カバーにプラチナコーティングしている。定価2万7千円で、この万年筆専門店は1万7千5百円で販売している。戦略会議も無事に終わったし、自分への褒美に買ってみた。鉛筆なんかに2万円近くも支払うのかと言われればそれまでだが、こういう鉛筆を持つこともまた意味があると考える。ただ、交換用の鉛筆が6本で5千円というのも凄い話だ。モリタ万年筆の後、北浜で働いていた頃によく通った丸福珈琲店でコーヒー。相変わらず美味しい。濃くて味に深みがある。その後、梅田に戻り、ミンガスで昼食を食べてから、阪神電車に乗り元町へ。元町駅から歩いて栄町に行き、鞄と雑貨の店cluetoへ。オーダーしていた黒いベルトを受け取り、センター街へ。海文堂ジュンク堂を経て、三宮地下街のこだわりカレー屋MINTで夕食。海老フライカレーを頼む。それなりに美味しい。夕食後、駅前をぶらぶら見て周り、駅構内のカフェでコーヒーを飲んで帰宅。深夜、デュワーズの水割りを飲みつつ、吉田健一「私の食物誌」を読む。

0227
昼過ぎに母を連れて池田の水月公園へ梅を観に行く。昨年に較べて、梅の開花が遅いような気がする。昨年は満開だったんだが。深夜から熱が出る。鼻風邪かと思ったんだが。

0228
昨日で熱は下がるかと思ったが、下がらなかった。、会社に電話してから、昼過ぎまでひたすら寝る。昼過ぎに起きて、牛乳を温めて飲む。クラクラする。その後、厚着して近くの病院へ。診察を受けるとインフルエンザではなく風邪だった。約1時間点滴を受け、熱を下げる頓服薬をもらい帰宅。夜まで爆睡する。11時頃に目が覚めると、かなり熱は下がっていた。温めた牛乳とビスケットを3枚食べて、布団の中で矢作俊彦「さまよう薔薇のように」を数頁読んでから寝る。

0302
まだ体が不調。定時退勤。今週はなるべく早く退勤したいものだ。帰りに梅田駅構内のブックファーストで、安倍夜郎「深夜食堂」7巻を購入。相変わらず泣かせる話が多い。帰宅後、讃岐うどんで夕食。

0303
定時退勤。1930北浜。かつて10年働いた街、そして去った街。ここに来るのはどこか複雑だ。待ち合わせのフレンチ(店名は失念)。旧知のGFの美樹嬢が働くS商事の女子会へお招きをいただく。同期の桜嬢、薫嬢と4人で食事。なかなか楽しい話で盛り上がる。みんなアラサーだが可愛くってクラクラする。フレンチの後、おれの旧知のBARへ。2300西九条在住の桜嬢がタクシーで、枚方在住の美樹嬢が電車で帰り、北摂のおれと薫嬢がタクシーで帰る。途中で薫嬢を曽根で下ろし、おれは箕面に戻る。楽しい夜だった。

0304
定時退勤。南森町で下車し、天神町筋商店街の天牛書店。以前に購入した「ローマ皇帝歴代誌」という書籍を改めて購入。オクタヴィアヌスによる帝国の建設、その後の変遷を歴代の皇帝を紹介しながら帝国衰亡までを解説。なかなか深い本なのだ。こういうのは2冊あってもいい。その後、天満からJRに乗って大阪に戻る。そのまま西梅田のブリーゼブリーゼへ。2030 6階の日本料理うおまん。以前に世話になった広告代理店D社のM部長、次長のK氏、旧知の友人でデザイナーSくんと会食。久々の再会を喜ぶ。今日は仕事の話ではなく、以前よりM部長から食事しようと誘われていたのだ。M部長も春に定年らしく、退職後は隠居するのだと言う。

「隠居なんて羨ましいですね」
「他の者みたいに、まだ隠居の年じゃない、と君は言わんね」
「言いませんよ、おれだって隠居したいですし。いつ一線から退くかは、その人次第だし。でもM部長はきれいな引き際ですね」
「そう言ってくれるのは君だけだな」

2200堂島ホテル。ここはおれの好きなホテルだ。BAR 堂島倶楽部。楽しい夜、美味しい酒だった。

「部長が隠居されたら、一緒に温泉に行きましょう」

そう言って笑顔で解散。M部長がまだまだやれることは、おれも知っている。でも余力を残して隠退する決断、引き際は美しい。クリエイターはこうありたいものだ。

0305
1630JR大阪駅の御堂筋線改札。美容師のN嬢と待ち合わせ。電車に乗り、京橋で下車。ライブハウスレストランのベロニカを探すが道に迷う。1740ベロニカにようやく到着。傅田真央ライブ“傳田会”。おれは数年前から傳田真央に興味を持ち、CDも数枚持っているのだが、たまたまN嬢も傳田ファンだったので、今日は一緒にライブというわけだ。1800ライブスタート。傳田真央は良い。きれいだし可愛いし、何より歌唱力が素晴らしい。スタンディングで疲れたが、約2時間充実したライブだった。古内東子の後を継ぐ“恋愛教の教祖”は傳田真央じゃないか。ライブの後、京橋の商店街の中にある、とんかつ屋の三谷で夕食。その後、駅近くにあるBARで酒。おれはアーリータイムズの水割り、N嬢はマンハッタン。終電で別れる。

クリックすると元のサイズで表示します


0306
昨日の深夜、映画館で観た「ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う ディレクターズカット版」をDVDで観る。石井隆の映画はおれたちの世代に郷愁を誘う。昼過ぎに起床し、スクランブルエッグを作って、トーストで食べる。その後、イノダコーヒのアラビアの真珠の豆を挽いてコーヒーを飲む。朝食後、金曜日にも観た「ほんとにあった呪いのビデオ41」を繰り返して3回観る。今回のはなかなかよく出来ている。心が凍る投稿が多くていい。夕方、石橋までDVDを返却しに行く。帰宅後、夕食。夕食後、コーヒーを飲みながら、久しぶりにボズ・スキャッグス「HITS!」を聴きながら、「ジャズ批評」の白人テナーサックス特集を読む。

0311
夕方に東北地方で地震。大阪も軽く揺れた。定時に退勤。西梅田のショコラティエ・パレ・ド・オールで、ホワイトディのチョコレートを数個購入。それからブリーゼブリーゼのルイヴィトンの前で渚くんと逢い、アウトバックステーキで夕食。以前に友人の林と来て失敗したので、今日は軟らかめのステーキを頼む。その後、堂島のBARでウイスキー。2330別れる。帰宅後、風呂に入ってから、佐野元春「BACK TO THE STREET」を聴きつつ、テレビを点けると東北地方は壊滅的な打撃を受けていた。迂闊にも全く伝わっていなかった。渚くんからも、その件についてメールが来た。

0312
昼過ぎに神戸。元町のパティスリーのグレゴリー・コレ神戸元町本店で、ホワイトディのチョコレートを購入。その後、栄町通りの鞄と雑貨の店のcluetoへ。オーダーしていた茶色のベルトを受け取る。素晴らしい仕上がり。他のお客がいなかったので、美人スタッフの河村嬢と南條嬢と少し話す。二人ともに癒し系で実に可愛い。巾着型の帆布の鞄を購入し、革ベルトの長さを調整依頼してから店を出る。1600南京町の入り口で待ち合わせた塾講師のE嬢と逢う。北京飯店で少し遅めの昼食。最悪。南京町で美味しい店にあたったことがない。唯一の及第点クリアは楽園酒家の牡蠣老麺か。その後、元町サントスでコーヒーと名物のホットケーキ。でもおれはパンケーキの方が好きだな。その後、センター街を歩き、ジュンク堂と地下のHMVに寄る。夕食はセンター街地下のMINT。ここのカレーは上品なのだが、美味しいのかどうかがわかりにくい。2100三宮駅構内のブックカフェのmielでコーヒーと焼きドーナツ。2230十三駅でE嬢と別れる。東北では壊滅的な被害が出ているにも関わらず、神戸ではまったく変わらない日常だった。これが現実なんだろう。

0313
早めに起きて、母を連れて中山寺まで行き、寺の裏手の梅林公園にて観梅。梅は7分咲き。なかなか美しい。境内にある観音茶屋でぜんざいとコーヒー。その後、帰宅。愛機ブラックドラゴンで牧落のHIROでコーヒー。自宅用にドミニカ・ブルーアンバーの豆を購入。帰宅後、黒いスーツに着替え、淀屋橋へ。1800デザイン事務所G社。今日は真宮くんに頼まれていたので、ここでセミナーの講師をする。セミナーと言うよりはワークショップか。テーマは「クリエイティブとエディトリアル、その発想術」。約2時間好きに話させてもらって終了。その後、出席者の質疑応答に答える。みんな熱いねえ、こうでなくっちゃね。セミナーの後、K社長、チーフの真宮くん、真宮くんの奥さん、他のデザイン会社のADのひとみくん、おれの5人でタクシーに乗り、ブリーゼブリーゼへ。最上階のフレンチビストロのル・コントワール・ブノワ大阪で食事。K社長に御馳走になる。その後、堂島ホテルのBAR 堂島倶楽部でウイスキー。ひとみくんと深夜タクシーで帰宅。 少し疲れた。

0318
退勤後、2000西梅田ブリーゼブリーゼのルイヴィトン前。最近はブリーゼブリーゼによく来るよな。好きではないんだが。美容師のN嬢と逢い、北新地のダイニングバー水響亭。料理も美味しいし、山崎12年の水割りもいい。水響亭の後、電通大阪支社近くにあるBARへ。少し甘い話。今日のN嬢は赤いピーコートが可愛い。

「今度、髪を切らせて」
「だめ」

N嬢とは終電で別れる。

0319
1200友人の林と会い、車で須磨の三井アウトレットパークへ。往路は筒見京平作品のカバーを聴きながら走る。1450インド料理のゲイロード。海を見ながらランチ。東北では地震で大規模な被災をしているというのに、遠く離れた関西ではのんびりしている。それはそれで仕方のないこと。ゲイロードの後、アウトレットのエドウインで、ジーンズとチノーズを購入。その後、宝塚のロイヤルホストで夕食。頭の悪い奴に仕事をどう教えるかという話など。2330に林と別れる。

0320
昼過ぎより、川西中央霊園まで父の墓参り。その後、川西能勢口に寄り、モザイクの紀伊國屋「川島小鳥写真集 未来ちゃん」購入。それから岡町へ。中学の時に通学に使用した商店街を散策。10代の時によく通ったラーメン太郎で昼食。変わらぬ味で美味しい。その後。桜塚商店街を歩き、箕面に戻る。深夜、録画したままになっていた、ドラマ「悪党 重犯罪捜査班」を観る。6本観たのだが、面白い。ただ、イメージしていたドラマではなかった。主演が高橋克典なので本当の悪党にはなれまいか。明日も休みなので、深夜、アート・ペッパーのアルトを聴きながら、東電OL殺人事件に関する書籍を数冊読む。

0321
祝日。東北の大震災は、地震と津波だけなら早期の復興の目処も立ったろうが、原子力発電所が壊滅。放射能が漏れるという最悪の事態。東北には知り合いがいないのだが、東京と千葉、神奈川には旧知のGFが複数人住んでいるので、地震発生日にはメールはしたが、改めて電話してみる。みんな計画停電には困っているらしいが無事だった。安心した。
0

2011/3/21

写真集 未来ちゃん  読書

田舎の幼児“未来ちゃん”を撮影した珠玉の写真集。

以前、一乗寺の恵文社のネット販売で見つけて買おうと思っていたのだが売り切れて入手できなかった。しかし最近になって再販し、一般書店でも販売することになった川島小鳥写真集「未来ちゃん」を入手した。

近未来的な“未来ちゃん”と言う名前の割りに、いかにも田舎の女の子(幼児)の日常を撮影した写真集だ。都会の小さな女の子のようにお洒落でもなく、テレビ等で、大人に媚を売って演技する幼児タレントとは程遠い未来ちゃん。泣き、笑い、怒り、鼻を垂らし、よだれを垂らし、でも、きらきらと輝く目でレンズを見る未来ちゃんは果てしなく可愛い。

川島小鳥という写真家は知らなかったが、巻末のプロフィールに「大学卒業後、沼田元気に師事」という部分で、なるほどね、と何となくわかった気がした。この写真集はお勧め。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


川島小鳥写真集「未来ちゃん」(ナナロク社 2000円)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ