2010/11/14

読書日記.46  その他

<乱読王の読書日記.46>

夜に流れるような おまえの髪に
誘われる二人のランデヴー
その思わせぶりな 冷めた唇に
迷い込む危険なランデヴー
高鳴る想い 誰にも止められない
風は遠く 連れ去ってくれるから


1003
昨日、「十三人の刺客」へ行ってしまったので、本日は予定が空いてしまった。そんなことを考えて朝食を食べていると、整骨院を経営している友人から、午後から診療を手伝ってもらえないかという連絡があり、少し考えてOKした。整体の世界を捨てて、今年で5年目に入る。整体の仕事には戻らないんだが、困っている友人のために久しぶりに白衣を持って出かけることにした。友人の経営する整骨院は、豊中の上野東にある。日曜日も経営しているなんて凄い話だ。友人のM院長と1年ぶりの再会。午後3時から午後8時まで頼めないかというので快諾する。この整骨院はM院長と、奥さん(受付とカルテ記入)、そして若い奴が2人いるらしいんだが、1人は旅行で休みだったらしいが、もうひとりが急な病欠とのこと。とりあえず、この整骨院の診療システムと、矯正業務の有無を確認する。電気治療の後、指圧、必要な時は矯正らしい。矯正に関しては、おれが補助すれば良いという。まあまだ指の力も大丈夫だろう。午後3時になり、患者が大挙来院。人気の整骨院なんだな。とにかく午後8時までで18人に指圧する。意外に指は痛くなく、終了後も問題なかった。「チャーリーさん、またこの世界に戻ればいいのに。うちに来てくれたら副院長に迎えるよ」とM院長に言われたけれど、整体師の民間ライセンスは持っているものの、柔道整復師の国家免許を持っていないおれとしては、出来ることには限界があるんだ。院長夫妻に挨拶して院を出る。疲れていたのでバスで豊中駅へ。帰宅してスンドゥブを作って夕食にした。疲れたが、充実した日曜日と言うべきか。

1006
終日、仕事。退勤後、渚くんと逢い、マルビル地下の東京純豆腐で夕食。2人で3鍋食べた。その後、お初天神通りのBARで酒。おれはオールドパーの水割り、渚くんは角のハイボール。今日は久しぶりに、おれと渚くんが上司部下だった頃の懐かしい話に終始。あの頃は良かったなあ、なんて会話に終始。

1008
退勤後、雨の中、西田辺の病院にインフルエンザの接種に行く。終了後、西田辺から梅田に戻り、うめだ阪急地下の石鹸屋LUSH前でJ嬢と逢い、ホワイティの鰻屋の江戸川で夕食。日本酒を飲む。少し酩酊する。夕食後、J嬢がよく行くという太融寺にあるBARへ。J嬢は珍しくアーリータイムズをロックで、おれは膳の水割り。飲みながら懐かしい音楽の話など。J嬢はすっかり体調は回復したようで良かった。週末なのでゆっくり飲み、終電がなくなったので、2人で深夜タクシーに乗って帰宅。

1009
午後より神戸に行き、栄町通りの雑貨ショップcluetoでトート型リュックを購入。なかなか使い勝手のいい鞄だ。その後、エビアンでコーヒーを飲み、珍しく三宮駅前の鶴橋風月で夕食。インド料理屋に行こうかと思いながら、お好み焼きが食べたくなったのだ。夕食後、三宮駅にあるブックカフェでコーヒーを飲んで帰宅。
クリックすると元のサイズで表示します

1011
祝日。昼過ぎに梅田に行き、色々見て回ってから、夕方に梅田ロフト地下のテアトル梅田で、映画「ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う」を観る。おれは劇画「天使のはらわた」時代(当時の石井は映画監督ではなく劇画家だった)の頃から石井隆が好きだし、主演の佐藤寛子も好きなので期待する。佐藤寛子の脱ぎっぷりは凄まじいが、全体的な石井映画のトーンもいい。観終わった後の喪失感も良かった。その後、梅田駅近くのお好み焼き屋兼居酒屋のざんまい屋で夕食を食べて帰宅。

クリックすると元のサイズで表示します

1012
終日、仕事。退勤後、最近知り合った塾講師のE嬢と、駅前第三ビルの魯山で夕食。子供への教育に情熱を語るE嬢の話をふむふむと聞く。その後、北新地のブルースの流れるBARへ。何か美味しそうなカクテルを選んで下さい、とE嬢が言うのでマンハッタンを選ぶ。おれは竹鶴の水割り。店内には、いつも流れているB.Bキングからバディ・エモンズのスチールギターに変わっていた。BARを出て、歩く人の少ない駅前ビルの陰で甘いひととき。子供の教育に情熱を燃やす才媛も悪くない。JRに乗るE嬢と別れて、阪急の終電で帰宅。
クリックすると元のサイズで表示します


1022
終日、忙しい原稿書き。定時に退勤して、ヒルトンホテルの入り口で人妻のS女史と逢い、新地の某和食屋(店名は失念)で夕食。刺身が絶品。久しぶりに美味しい刺身を食べた。その後、最近よく行く、ブルースの流れるBARへ。S女史はサイドカー、おれは初めてミントの効いたモヒートを飲む。なかなか爽やかな感じ。その後、竹鶴の水割り。深夜2時に新地のタクシー乗り場で甘いひととき。その後、別れる。眠くて仕方がなく、運転手に起こされたら自宅近くだった。シャワーを浴びて寝る。
クリックすると元のサイズで表示します

1023
午前中に起床して歯科。奥歯が欠けたので、特に問題はないのだが、舌に当たるので削ってもらう。帰宅して朝食の後、西梅田へ。珍しく、天丼屋のかえんが開いていたので昼食。1430肥後橋、国立国際美術館にてマン・レイ展。膨大な作品を見るが、やはりおれはアンリ・カルティエ・ブレッソンの方が好きだな。その後、1600電気科学館で久しぶりにプラネタリウムを見る。少し癒された。プラネタリウムの後、行きつけのバールのPORCOでコーヒー。古い雑誌「m」なんぞを読む。1830駅前第一ビルの大阪トンテキで夕食。前にも一度来たが美味しくない。なんかつまらない味。ピッコロでコーヒーを飲んでから、マルビル一階のタワーレコード八神純子のCDを2枚買い、ついでに松田聖子の旧作アルバム「パイナップル」も購入。2030帰宅。帰宅して、借りている「フリンジ セカンドシーズン」の1〜3巻まで観る。このシリーズは最高に面白い。

1024
社員旅行から帰って、ずっと仕事で疲れていたためか目が覚めたのは午後1時30分。珍しく9時間も寝た。起床して、ハワイコナを淹れてトーストを焼く。先日購入した北海道のトラピストバターを使ってみるがなかなか美味しい。朝食後、菊花賞の電話投票。今回はヒルノダムール本命で馬連勝負。先週は旅行先の済州島より秋華賞に投票したが惨敗したので、このあたりで取り返さないと。しかし優勝は伏兵のビッグサンデー。いかんなあ、この負け方。ハングリーじゃないからか。競馬の後、真理さんにいただいた「超訳 ニーチェの言葉」を読む。最後は発狂して死んだ哲学者ニーチェの言葉は、おれが傾倒している禅に共通する部分がある。最近はなぜか哲学が流行っているんだな。夕方、久しぶりに散髪。その後、夕食を買いに行く。持って帰った仕事があったが、別にやらなくてもいいだろう。誰かが死ぬわけじゃないし。最近はそんなことぱかり考えている。夕食後、甘いメールが2通ばかし届く。疲れた日曜日には嬉しい限りだ。

クリックすると元のサイズで表示します

1028
有休。朝早く起きて、母の腸内検診のために医院へ付き添い。1030蛍池・今川クリニック。母の検査中、ずっと待合で待つが、なかなか帰ってこない。看護師の人に聞くと、今の腸内検診は軽い全身麻酔をしてやるらしく、検査は終わっているのだが、まだ眠っていらっしゃるのでもう少し待っていて下さいと言われた。結局、2時間待つ。ようやく検査が終了して、母を連れて帰宅。母を布団に寝かせてから、おれはようやく昼食。その後、一歩も家を出ずに、借りてきたTVシリーズ「フリンジ セカンドシーズン」6話分を観ながら、営業収支のまとめ。ずっと「フリンジ」を観てきて、今日初めて、重要な役の人物がスタートレックのレナード・ニモイであることを知った。迂闊だった。考えてみれば、総監督が映画「スタートレック」のJ.Jエイブラハムだし当然か。夜に仕事も一段落したので、膳の水割りを作って飲み、その後にフライドチキンとコロッケで夕食。

1029
終日仕事。午後8時頃に退勤。梅田地下街のピッコロでコーヒーを飲んで時間つぶし。2130新阪急ホテル1階のサントル。待ち合わせていたN女史と逢う。N女史とは久しぶりだ。濃紺のスーツが美しい。「働く女性は美しいよなあ」と言うと、「働く主婦ですよ、あたしは」と言われた。主婦がスーツは着ねえだろう。東梅田のイタリアンのGという店へ。N女史の選んだ白ワイン、そして牛肉料理など。世間的に流行っているビジネスについて話しながら夕食。N女史もおれと同様に、佐藤可士和はダメと評価していた。そりゃそうだろう、嫁と共に、ちょっとメディアに露出しすぎだし。Gの後、お初天神にある老舗BARへ。おれは竹鶴の水割り、N女史はギムレット。カクテルにうるさい彼女も、この店のギムレットには満足。「チャーリーさんは何でカクテルを飲まないのよ」と言われた。カクテルに多い、甘くて苦いという味が苦手なんだ、と答える。おれが水割りを飲む理由はウイスキーよりも水にある。美味しい水を使った水割りは本当に美味しい。BARを出てから、人の少ないお初天神で甘いひととき。N女史から甘い香水の香りがした。確かこれはブルガリではなかったか。その後、タクシーに別れて乗って帰宅。

クリックすると元のサイズで表示します

1030
珍しく早く起きて、外出。1200天王寺一心寺。同僚のKさんが所属するグループの書画展を見に行く。Kさんは永く書道をされているので、やはりお上手。15分ほどお話して失礼する。天王寺から梅田を経由して、京都へ。1430四条烏丸。本日の目的である新京極通りの眼鏡研究所へ。新しい眼鏡はここで作りたいと思って来たのだが、鉄製(チタン?)のフレームも高いし、レンズも予想以上に高いので断念。この時点で京都へ来た意味がなくなってしまった。レコード屋を見たり古着屋を見て歩く。某店で唐突に本つげ製の櫛を購入。高いのだが、いつの日か、本つげの櫛を買おうと考えていたのでいいだろう。さすがに本つげの櫛は椿油が塗られて光っている。その後、新京極通りの老舗酒場のスタンドで夕食。ビーフカツ定食と角のハイボールを注文。店の雰囲気は悪くない。夕食を食べた後、某眼鏡屋をふらりと見ると、欲しい形の眼鏡があったので購入。30分ほど待つとレンズもすぐに付けてくれた。そして四条烏丸通りのロクシタンで、新作のハンドクリームを買い、スターバックスでコーヒーを飲んで帰宅。帰宅して、膳でハイボールを作って薩摩揚げを肴に飲む。酩酊しつつ、レコードコレクターズの最新号を読む。

1103
久しぶりに神戸。前回来た時に閉まっていたパンケーキ屋のうおっぷに寄ると、今日は息子さんじゃなくて親父さんがいた。この人がパンケーキの求道者なのだな。パンケーキについて話をするが、なかなか雰囲気がいい。なんか、今観ているTVシリーズ「フリンジ」に出てくる天才科学者のウォルター・ビショップ博士みたいだ。その後、南京町の皇蘭で昼食。豚重を食べる。味はともかく、待つ時間が長すぎる。昼食の後、今日の目的地の、栄町通りの雑貨屋cluteoへ。大切なGFのためのプレゼントに帆布製の鞄を購入。1700エビアンでコーヒー。夕食はセンタープラザ地下にある、長田名物の焼きそば屋タンクで夕食。いつものブックカフェでコーヒーを飲んで帰宅する。

クリックすると元のサイズで表示します

1105
午後7時半に退勤。退勤後、駅前第三ビルの三代目玉五郎でつけ麺の夕食。その後、久しぶりに駅前第一ビルのBARデワーハウスへ。この店と同じ名前の店は、かつて堂島のビルの地下にあった。おれが20代後半に堂島の広告会社に勤めていた頃、何度か通ったBARだった。スコッチウイスキーのデュワーズの宣伝店(というのが昔は存在し、たとえばトリスバーはサントリーが直営で自社のトリスウイスキーを飲ませる店だった)だった。駅前第一ビルのBARデワーハウスはいかにも場末の雰囲気なんだが、おれはこういう店は嫌いではない。デュワーズウイスキー(デュワーズホワイトラベル)の水割りを飲む。店を出る時に、マスターに聞くと、あの堂島の店の姉妹店だと言われた。なるほどね。でもどうして、店名はデワーハウスなんだろうな。夜道を歩いていると、渚くんより電話。仕事が終わったので何か食べませんかと言われた。駅前第一ビル一階の信長書店の前で待ち合わせて、久しぶりに北新地の老舗の蕎麦屋の喜庵(よろこびあん)へ。渚くんは鴨南蛮、おれは夕食を食べていたので、もり蕎麦。食感がいい。でも味的には、おれはお初天神の瓢亭だな。食べた後、珍しくお互い少し疲れ気味なので早めに別れる。

クリックすると元のサイズで表示します

1106
早く起きて、母を連れて先日検診した医院へ行く。とりあえず精密検査の結果は問題なかった。昼過ぎに医院を出て、石橋へ。1230石橋 かつれつ亭。母と昼食。ここはいつ来ても美味しい。帰宅して、シェイカーでカルーアミルクを作って飲んだり、膳の水割りを作って飲みながら、借りてきた「フリンジ セカンドシーズン」を観つつ蔵書の整理。深夜、野球中継で放送時間が伸びた「バブルへGo! タイムマシンはドラム式」を観る。DVDを持っているのだが、ついつい観てしまった。懐かしくて良かった。

1107
今日は家から一歩も出ずに、自宅で仕事。昼に起きて、朝食を食べて、「フリンジ セカンドシーズン」と、ロードーショーを観に行けなかった「つむじ風食堂の夜」のDVDを観ながら仕事。「フリンジ」はそろそろ佳境に入り、目が離せない。「つむじ風食堂の夜」は、すでに原作を読んでいたのだけれど、映像的にも悪くなかった。いいねえ、大人の童話。夕食は餃子と、ラー油のたまごスープを作って食べる。

1109
今日は午前中にバタバタしていて、午後より会社の同僚4人とおれの計5人で、南森町までセミナーを受けに行く。薬事法のセミナーだが、取り立てて新しいことは聞けなかった。夕方になり、南森町で他のメンバーと別れ、天神橋筋商店街へ。市場調査の後、天牛書店でカクテル制作の本と古い雑誌を購入。JR天満駅近くで、梨花食堂というカレー屋を見つけたので入ったのだが、これがまた美味しい。久しぶりの収穫。その後、帰宅。

1112
午後7時半に退勤。明日は検査なのでどこにも寄らず帰宅。途中でレンタルヴィデオ屋に寄り、「フリンジ セカンドシーズン」の最終巻を借りに行くが、まだ出てなかった。夜中まで仕事をして「怪奇大作戦大全」を読みながら寝る。懐かしい。

クリックすると元のサイズで表示します

1113
午前中に正井病院で検診。医師に、数値の悪さをきつく指摘される。もういいかげんにしないとひどい目にあうかもしれない。帰宅して部屋を少し整理して、遅めの朝食。その後、外出。1530新梅田シティ。地下のドトールでミラノサンドとコーヒーで昼食。1630梅田ガーデンシネマ映画「マザーウォーター」を観る。ストーリーらしいものはないが、美味しい水のある京都での小林聡美と小泉今日子と市川実日子、そしてもたいまさこの淡々とした生活を描く。特にウイスキーしか置いていないBARを経営する小林聡美、そして装飾すら何もないBARが良かった。1900三番街フランフラン。カクテル用のバースプーンとカクテルメジャー、水割り用のグラスを購入。1930南森町。先日、セミナーの帰りに目を付けていた書籍を買うために、天牛書店へ。上野益三著「博物学者列伝」はまだ売れていなかった。価格は2500円と古本にしては高いが、本草学(ほんぞうがく)とバウハウス研究をライフワークとしているおれとしては買わずにはいられない。たまたま「バウハウステイスト バウハウスキッチン」という本もあり、そちらも買う。2100天満 梨花食堂。セミナーの帰りにも来たが、やはり美味しい。久しぶりに美味しいカレー屋を見つけた。天神橋筋商店街から中崎町商店街を経て、中崎町へ。久しぶりに書律アラビクへ。ここについてはいつか詳しく書きたい。濃いめの絶品コーヒーを飲む。深夜、膳の水割りを作って飲みながら、今日買った古本を読む。本草学は奥深い。

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ