2009/3/5

読書日記.35  その他


<乱読王の読書日記.35>

そして45年目の冬

0103
昨日も明け方に寝たので、昼前に起きる。本当はゆっくりしたかったのだけれど、30日に園田で買った園田ジュニアカップの馬券が中途半端に5千円ほど勝っているので、仕方なく引き換えようと考える。園田に行くのはなんかしんどいので、梅田経由でJRに乗り、元町駅で下車してウインズ三宮B館で現金に引き換える。万札ならぱ嬉しいけれど、5千円という額がどうもな。

ウインズの後、ジュンク堂に寄り、目黒考二「笹塚日記・ご隠居篇」を買い、センター街地下の神戸浪漫で海鮮カレー。遅いけれど朝食だ。本当はバーゲン中の、ギャレ大阪に行きたかったのだが、夕暮れになってきたので諦めて、高架下の飲み屋で串揚げで日本酒を飲む。酩酊したまま駅構内のブックカフェでコーヒー。その後に帰宅。


0109
本日は定時に退勤して、服部戎(宵戎)に行く。足腰の良くない母のためのお札を買い、お参りしておく。そして服部戎参拝時に必ず寄る喫茶果琳に寄る。珍しく夕食にカツサンドセットを注文。コーヒー以外にコーヒーゼリーも付いているのだ。そこそこの味。その後、服部をぶらぶら歩く。この街は俺の卒業した三流高校のある場所だ。懐かしくて散策してから帰宅。


0114
今日は朝から左肩が重い。肩甲骨の横が硬く張っている。この張り方はかなり重症だ。少しはぁはぁ言いながら会社に通う。これも不摂生か。

最近になって、久しぶりに「ザ・ジェントルレイン」というボサノヴァが聴きたくなった。この曲の原曲はルイス・ボンファだが、俺にとっての「ジェントルレイン」は、やはりけだるいアストラッド・ジルベルトの曲なのだ。退勤後、泉広場の整体院で指圧を受けてから、NU茶屋町タワーレコードに行って、「ジェントルレイン」の収録されているジルベルトの「いそしぎ」の輸入版を買う。このCDに入っていたことは承知のうえだ。ついでに松岡直也の「ハートカクテル・アゲイン」サントラCDを買って帰宅。

「ジェントルレイン」は和訳すると、やはり「優しい雨」が正解か。帰宅後、鶏肉を塩と胡椒で焼いたものを夕食に食べる。少しワインをかけてフランベする。


0119
紀伊国屋書店で文庫を見ていると、俺の好きな戯曲家、ニール・サイモンの作品が文庫になっていたので、「サンシャインボーイズ」「ピロクシー・ブルース」の2冊を買う。ニール・サイモンの自伝3部作は、家族との思い出を描いた「思い出のブライトンビーチ」、軍隊時代を記した「ピロクシー・ブルース」、そして劇作家として活躍するまでを綴った「ブロードウェイ・バウンド」と続く。

サイモンの戯曲を読むたびに、ニューヨーカーの好きな洒落た都会小説を思い出す。俺もニューヨーカー派の小説のファンだ。今でもサイモンの戯曲やアーウィン・ショーの短編はよく読む。三谷幸喜もサイモンのファンで、彼が作った劇団「東京サンシャインボーイズ」は、むろんサイモンの戯曲「サンシャインボーイズ」から名付けられたのだ。


0123
NU茶屋町ロクシタン前で待ち合わせたA嬢と会う。2人で某洋食屋で夕飯。ここは少々値段が高いが、素材が抜群に良くて、なかなか美味しい。ゆっくり時間をかけて食べる。その後、タワーレコードを少し見る。俺は「KYON3」という3枚組の小泉今日子CDを買う。最近小泉今日子にハマっているのだ。その後、茶屋町の某BARで酒。酩酊しつつ、A嬢のアパートへ。2人でペリエを飲みながら、録画していたドラマ「ラブシャッフル」を観る。深夜3時にタクシーで自宅へ戻る。帰宅後、明け方までキャンペーンのコピーなど。ああ、疲れた。


0124
午後に起きて、トーストとイタリアンブレンドで遅めの朝食。その後に外出。地下鉄梅田駅の改札でJ嬢と会い、2人で大阪港のサントリーミュージアム「純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代−機能主義デザイン再考」を観に行く。ラムスはブラウン社で40年間プロダクトデザイナーを務めていた人だ。ラムスのテザインはたぶん今なら間違いなく売れるデザインだ。ちょうどナショナルの名機ラジオ「クーガ」に似たようなデザインが多い。なかなか興味深かった。ミュージアムの後、近くのアメリカンカジュアルのショップで長袖のTシャツを買う。その後、ファーストキッチンでハンバーガーを食べ、ここの名物でもある巨大な観覧車に乗る。

夜になり、梅田に戻り、新地のつるとんたんでうどんすき。その後、新地の某BARで酒。最近は飲んでばかりいるよな。J嬢とは終電で別れる。


0131
退勤後、某洋食屋でステーキオムライス。高いがこれは美味しい。食べる価値があるね。その後、タワーレコードでトノバン加藤和彦の復刻盤「あの頃、マリーローランサン」、ポール・デスモンド「明日に架ける橋」、そしてムーンライダーズの「ムーンライダーズ・ライブ・アット・新宿ロフト2006」のDVDを購入。茶屋町のタリーズカフェで読書して帰宅。


0202
田辺駅近くの麺屋で夕食。梅田に出て書店に寄って帰宅。紀伊国屋で見て、今、話題になっている映画「ベンジャミン・バトン」の原作者がスコット・フィッジェラルドと知って少し驚く。安倍夜郎「深夜食堂」の3巻を買って帰宅。


0205
45歳になってしまった。別に憂鬱でもないんだが、結婚するアテもなく、こんな満ち足りた生活で良いのか、俺は。昼食はU氏に昼食をご馳走になる。社内の人からもプレゼントをいくつか頂戴した。特にU氏より頂いた民族楽器カリンバはいいよな。嬉しいことだ。みんなありがとう。帰宅すると、デザイン学校時代の同級生の恭子、J嬢、朝美ちゃん、敬愛する久美子姉、瞳くんからお祝いの品が届いていた。みんな本当にどうもありがとう。


0206
退勤後、いつものように某洋食屋で夕食。今日はビーフオムライスを注文。ステーキオムライスより若干安いけれど、こちらの方が美味。その後、茶屋町のタワーレコードでジャズの旧譜をあさる。前にミムラで買おうと考えて、そのままになっていたスタン・ゲッツの「リフレクションズ」を買う。コーヒーを飲みに行こうと思いながら、閉店ぎりぎりまでタワーレコードにいたので行けなかった。まあいいか。

帰宅後、ロードショーに行けなかった「純喫茶磯辺」をDVDで観る。きっと良い映画だろうと思っていたが、やはり良い映画だった。宮迫博之も良かったし、仲里衣沙も尻軽ウェイトレスの麻生久美子ももちろん良かった。こういう映画を待っていたのだ、俺は。


0207
午後より、昔の同僚のM嬢と神戸。久しぶりに、とんぼ玉ミュージアムに行き、とんぼ玉を作りに行く。俺は自宅用に薄い青とGF用にオレンジ色の2つを作り、M嬢は白い玉を作った。冷やしている間に近くのUCCカフェでコーヒー。その後、中山手まで歩き、贔屓にしているチリ料理屋のグラン・ミカエラ・イ・ダゴへ。M嬢と会うのは久しぶりで、少し懐かしい話に終始。夕食後、三宮駅前の茜屋珈琲店でお茶。楽しい一日だった。


0214
退勤後、某洋食屋で夕食。今日はシーフードオムライスにしてみる。こちらは先週に食べたビーフオムライスより美味。その後、NU茶屋町のタワーレコードへ。先日、NHKのSONGS「小泉今日子 第二夜」で聴いた「イノセントラブ」という曲がなかなか良かったので、彼女のアルバム「NICE MIDDLE」を購入。「イノセントラブ」という曲の詞が気になっていたので、誰の詞なんだろうかと調べると、TOKYO NO.1SULSETだった。なるほどね。納得。

帰宅するとJ嬢をはじめ、いくつかチョコレートが郵便で届いていた。ありがとう、こんな俺なんかにくれなくても良いのに。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ