2008/4/2

読書日記.30  その他

<乱読王の読書日記.30>

理想生活は晴耕雨読だが 

0320
今日は春分の日で休み。朝から箕面霊園と川西中央霊園に墓参り。昼食は久しぶりに、石橋のかつれつ亭。ここは本当に美味しい。夕方、石橋で帰阪中の林と会い、居酒屋の蔵四季で酒。最近の仕事の件や懐かしい話など。その後、花の館でコーヒーを飲みながら、昔のカフェバーの話。20代の頃に林と行った新御堂のウエストウッドやサンタモニカ、ピレーネの話。梅田にあったディスコのラジオシティの話など。40代も半ばになると、昔の懐かしい話が楽しい。午後10時過ぎに別れる。

0322
本日は土曜出勤。昼食はチャイナ厨房で昼食。今日は週末なので午後7時に退勤。三番街のピッコロで夕飯にビーフカレー。そのままブックファーストリビングカフェでコーヒーを飲みながら1週間の仕事のまとめ。こういった静かな時間で仕事を振り返る時間が重要だ。帰宅後、セカンドシーズンの「Lの世界」@Aを観る。あまり面白くもないんだが。深夜、3年ぶりにHA嬢からメールがあった。彼女は俺のデザイン学校時代の女友達の友人で人妻だ。こうしてまた付き合いが始まる。

0323
昼から神戸まで出かける。元町のジーンズメイトで取り寄せていたエドウィンのジーンズを受け取り、昼食に日本駄右衛門でカツカレー。その後、海文堂へ。初めて二階へ行くが、海関係の書籍も多く、なかなか良かった。エビアンでコーヒーを飲んでから帰宅。帰宅後、珍しくビーフステーキで夕食。

0327
午後よりカタログの打ち合わせ。いつもは5時間かかるのだが、今日は珍しく2時間で終了。午後8時に退勤。帰宅後、珍しく揚げそばを作って食べる。あまり美味しくない。揚げそばの麺は自分で揚げてこそ、だ。深夜に久しぶりにKM嬢からメールあり。彼女は俺の整体師時代の友人で、滋賀のお寺の娘だ。好きではない人と結婚させられたものの、相手への嫌悪感からか一度もセックスせずに別れた。激怒した旦那に慰謝料を請求されたものの、実家には離婚したとは言えず、ひっそりと片田舎で働きながら慰謝料を月々返していたらしい。慰謝料がどうなったかは知らないが、今は京都に住んでいるというメールだった。元気ならいいんだが。布団の中で坪内祐三「まぼろしの大阪」という随筆集を読みながら寝る。

0328
週末なので、午後7時に退勤。退勤後、花柳でミルフィーユかつを夕食に食べ、ブックファーストリビングカフェへ。コーヒーを飲みながら、会社より持って帰った仕事の検討。その後、専務から教えられた仕事のコツについてまとめる。ここで買った久野康宏「湘南アトリエ散歩」という本を読んでいると、女友達のK嬢より携帯に電話があり、会うことにする。旭屋の前でK嬢と会い、お初天神の瓢亭へ。K嬢は天婦羅蕎麦、俺は夕霧蕎麦。食べている時に、会社の生産部のNから自らの股間を写した写メールが届く。キチガイかこいつは。この男のこういう部分が俺は非常に不愉快だ。なんで30過ぎた男がこういうバカメールを送るかね。瓢亭の後、BARインスパイアでウイスキー。甘くせつない夜の幕開け。

0329
今日は昼前に正井病院で箕面市の誕生月検診。箕面市で40歳以上は無料で受けられる検診だ。昼過ぎより新開地を過ぎて、湊川まで行く。いつも行く東山市場の肉屋で食材として牛肺を1キロ購入し、湊川神社界隈を見てから、三宮へ。海文堂に寄ってからセンター街をぶらぶら。早いが、神戸浪漫で海老フライカレーを夕食に食べる。三宮駅構内のmielでコーヒーを飲みながら、店内にあった「パリジャンたちの週末スタイル」という本を買って読む。午後10時頃に帰宅する。深夜、「呪怨パンデミック」と、豊川悦司主演「犯人に告ぐ」を観る。「呪怨」は本当にくだらない駄作だが、「犯人に告ぐ」はよく出来たドラマだった。ラストが少しあっけないものの、悪くない刑事ドラマだった。

0330
昼に起きて朝食を食べてから、リドリー・スコット監督の「プロヴァンスの贈りもの」を観る。2回目。前回観た時に、あまり面白く感じなかった、というより居眠りをしていたので、はっきり観ていなかった。しかし俺が信頼する映画評論家のミルクマン斉藤(グルーヴィジョンズ)が絶賛していたので、今一度観ることにした。いや良かった。ストーリーも良かったし、ラッセル・クロウも、何よりマリオン・コティヤールが色っぽくていい。やはりプロヴァンスに住んでみたくなる。夕方より、競馬中継で高松宮記念を観る。惜敗。2着のキンシャサノキセキを迷って捨てたことが敗因。夕方、雨の中、石橋までDVDを返却しに行く。帰宅後、夕食に牛肺を焼いて食べる。明日からまた仕事だ。本当はジャズを聴き、本だけ読んで過ごしたいのだが。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ