2007/6/18

ツインピークス  ドラマ

久しぶりに鬼才デイヴィッド・リンチ総指揮のドラマ「ツインピークス」のファーストシーズンを観た。懐かしい。

このドラマは、ローラ・パーマーという一人の美少女の死をめぐって不可解な人間関係に満ちた世界を描いたテレビシリーズで、アメリカでは大人気を博した。日本では社会的なムーヴメントまで引き起こした作品だ。今で言えばちょうど「24」みたいなものではないかと思う。しかし実際に日本での放映(確か放映が始まったWOWWOWの目玉として紹介されていた)が、18年ぐらい前のことで、俺が25歳で、専門学校に通っていた頃だ。

このドラマのファーストシーズンのDVDが発売されたのが、確か3〜4年前だ。長い、長すぎる。今の若い人に「ツインピークス」と言っても何のことかわからないだろうし、デイヴィッド・リンチの名前もだんだん忘れられているようにも感じる。

デイヴィッド・リンチといえばカルトな映画監督して知られており、「イレイザーヘッド」という不思議な作品の後、全世界が涙した「エレファントマン」の監督として名を挙げた。しかしその後の作るキワモノ路線によって、「エレファントマン」はヒューマンな視線で作ったのではないことが露見する。その後、「デューン砂の惑星」でコケて、「ブルーベルベット」でまた名を挙げる。その後、最高傑作「ワイルド・アット・ハート」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞、その後は「ツインピークス」で一躍時の人になる。しかしこのドラマシリーズの解決編として監督した「ローラ・パーマー最後の7日間」でまたまた挫折。その後、長く低迷を続けるが、ナオミ・ワッツ主演の「マルホランド・ドライブ」でスマッシュヒットを飛ばし、唯一のヒューマン作品「ストレイトストーリー」でまたまた世界を驚かせた。で、今年はまたまた不気味な映画「インランドエンパイア」の公開が待たれている。

話を「ツインピークス」に戻す。このドラマは何度も観ないとわからない部分が多く、FBIから派遣されてきた特別捜査官デイル・クーパー(カイル・マクラクラン)の話しかけるテープレコーダーの“ダイアン”についてや、ツインピークスという村に住む人々の人間関係が複雑に伏線として描かれている。俺は「ツインピークス」本編よりも、物語を無理矢理切って貼ったような「ツインピークス」のパイロット版の方が好きだった。

この秋、ようやく「ツインピークス」DVDのセカンドシーズンが発売されるらしい。不可解なエンディングを迎える最終シーズンの発売まで何年かかることか。とりあえずDVDのセカンドシーズンを購入する予定は今の俺にはない。

クリックすると元のサイズで表示します


「ツインピークス」DVDファーストシーズン
(製作総指揮/デイヴィッド・リンチ マーク・フロスト)

乱読王の評価 ☆☆☆(最高は5つ星)
0

2007/6/11

読書日記.16  その他

<乱読王の読書日記.16>

0529(火)
河瀬直美がカンヌ映画祭でグランプリを獲得した。カンヌ映画祭でグランプリというのは一番上の賞ではない。カンヌではパルムドール(最高賞)が一番上だ。グランプリとは審査員特別賞のことを指す。実にややこしい。むろんカンヌ映画祭でもグランプリとパルムドールの格がややこしいので、入れ替えた時期もあった。しかし1990年にやはりパルムドールが最高、次点がグランプリとなった。1990年といえば、鬼才デヴィッド・リンチが「ワイルド・アット・ハート」でパルムドールを獲得した年だ。この映画は本当に面白かった。河瀬直美はデビュー作でもカンヌ映画祭でカメラドール(新人賞)を獲得していた筈だが、彼女の映画はあまり面白くない。生瀬勝久の出ていた「沙羅双樹」たけが良い作品だったと記憶している。

0530(水)
午後8時に退勤し、チャイナ厨房で海老チリ定食の夕飯を食べていたら、店のテレビで藤原紀香の結婚中継を放映していた。藤原紀香は俺の好きなタイプの女だ。人の披露宴には興味がないんだが、たまたま食べながら観ていた。やはり紀香はきれいで可愛い。今日はほんの少しだけ結婚したいと思った。店を出た時、GFのY嬢より「紀香、可愛いですね」というメールが届いた。確かに。でも君も可愛いぜ。帰宅後、ヴェンダースの「都会のアリス」を観る。

0601(木)
毎朝、朝礼を兼ねたミーティングみたいなものを行っているのだが、入社以来、商品企画開発部と品質管理部、スローライフ部で合同で行っていた。しかし販売促進企画部の俺の上司であるYチーフから、「来週からはうちのミーティングに加わって下さい」と言われた。同時に新しい名刺をもらった。部署と肩書きは販売促進企画部 コピーライター”だった。人生4回目のコピーライターか。もうこの仕事での復活はないと思っていたのだが。帰りにキャリアウーマンの友人・N女史と夕飯。ニール・サイモンの戯曲「ブロードウェイ・バウンド」の話など。芝田町の巽寿司からBARドルフィンへ。甘い夜。

0602
昼前に起床し、京都に行く用意をする。相國寺天閣美術館に伊藤若冲の作品を観に行くつもりで、インターネットで地図を確認すると、待ち時間が2時間と出ていた。若冲の絵は観たいが、2時間は待てない。京都行きを諦め、どこに行くか考える。長く行ってなかった、俺の生家のあった阪急春日野道界隈に行くことにする。春日野道界隈の懐かしい場所に行ってから、歩いて三宮まで。センター街の海老財天で昼食を食べ、その後、ジュンク堂の喫茶室でコーヒー。それからクロワッサンの店で体に良いパックスナチュロン社のボディソープと歯磨き粉を買う。文具のナガサワでいくつかの文具を買って、CoCo壱番で夕飯を食べてから帰宅。帰宅後、心霊ヴィデオと「稲川淳二の怪談百物語」を観る。その後、録画していた「柳生十兵衛七番勝負・最後の闘い」の第6回と最終回を観て寝る。

0607
昼食はチャイナ厨房。夜の9時半に退勤し、帰ろうとすると生産部のN氏に誘われ、再びチャイナ厨房。終電ぎりぎりで帰宅。帰宅後、目黒考二「笹塚日記」を読みながら寝る。

0608
昼食はFマネージャーとレザン。午後8時に退勤。帰りに三番街のインデアンで夕食。ここのカレーは本当に美味しい。帰宅後、アイスコーヒーを飲みながら、宮崎あおい主演「海でのはなし」を観る。スピッツのヒット曲を使用した良い佳作だった。映画を観ていると、生産部のN氏より電話。妙にテンションが上がっているようだが、人生はクールでなければダメなんだ。その後、友人のK嬢からなぜか甘い電話。

0609
チャイナ厨房で一人で昼食を食べていると経理部のK氏が来たので一緒に食べる。少し深い話。ここ最近、社内で起こっている騒がしい話など。人格者のK氏の話は的を得ていた。同感だな。午後7時半に退勤。梅田まで商品企画開発部の大西女史と一緒に帰る。その後、女史と別れて三番街の成城石井でバジルペーストと生ハムを買って帰宅。帰宅後、バジルペーストにバターを加えたものをパンに塗り、生ハムをはさんで食べる。深夜「ほんとにあった呪いのビデオ24」を観て寝る。

0610
今日は昼過ぎに起きてバジルトーストとコーヒーの朝食。その後、部屋を片付けつつ、借りてきていたブライアン・デ・パルマの「ブラックダリア」のDVDを観る。古き良きアメリカの雰囲気を持ったミステリーだが、話が複雑過ぎて面白くない。期待はずれだな、これは。夕方になり、梅田に行き、コピーライター時代の友人からのお誘いによるコンパに参加。こちらは俺を含め男3人、あちらも女3人。なぜかあちらはすべてグラフイックデザイナーばかりだった。会場は友人のユウちゃんの探してきた茶屋町の居酒屋。なかなか盛り上がって楽しい宴会。その後、カラオケ。久しぶりにケミストリーなんぞを歌う。女性たちとは再会を約束して終電で帰宅。帰宅してコーヒーを淹れながら、大西順子の「ビレッジ・バンガードU」を聴く。大西順子のピアノはせつない。


0

2007/6/11

お知らせ  その他

3ヶ月ぶりに「浮月堂週末通信」を更新しました。
また覘いて頂けましたら幸いです。
下記のアドレスをクリックして下さい!!

http://wave.ap.teacup.com/weekend/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ