Twitter:@arisamag2

2010/9/27

彼は君かも知れない  空想特撮
 本日は微妙に昨日の続きみたいな話を。

 ファミ劇では『月光仮面』幻の第一話の資料を募集中だよ。詳しくはホームページでね。

『月光仮面』の第一話と言えば、本邦初のテレビヒーロードラマの記念すべき第一話でありながら、フィルムが現存しないとされている。

 いや、実は現存してるんですけど、そのフィルムは癒着して再生不可能な状態とのこと。

 で、その幻の第一話を8ミリフィルム等で撮影した映像や、台本をお持ちの方を募集しているそうなんですよ。

 ……こんなハードル高過ぎな募集に応募する奴がいるものなのか(苦笑)。

 知っているか?『月光仮面』は「国産テレビ映画第一号」といわれているが、ホントは二号だってことを。ホントの国産テレビ映画第一号は『ぽんぽこ物語』っていう小鳩くるみ主演の帯ドラマだったんだ。でもこれが人気なくてねぇ、十五週で打ち切りになった穴埋めとして始まったのが『月光仮面』だったんだ。
(参考文献:平凡社新書『月光仮面を創った男たち』)
 
 ……そんな経緯で作られた誰にも期待されてそうにない新番組をわざわざ8ミリフィルムに撮影する奴なんか絶対いないと思う。

 そんなわけで、これはどう考えても失敗しそうな企画だと思うのだが、もしかすると現存する何かがとっくに見つかっていて、その新発見を盛り上げるための仕込み企画なんじゃないか。そんな淡い期待を数ミクロンだけ抱いてしまうのだった。
 ここで「ヤラセはダメじゃないか」とか言うのは野暮ってもんですよ(笑)。

 ちなみに、ファミ劇のサイトでは「一度も再放送されてない」って書いてあるけど、実際には昭和40年代初期ぐらいまでは再放送やってたらしいよ。
 つまり、地方に散逸した焼き増しプリントが残っていてもおかしくはないわけで。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ