Twitter:@arisamag2

2009/2/28

ごっつんこ!(違)  おもちゃ
 ネズミフィーバーに沸くTF売り場で、サイバトロンインフェルノを買ってきました。ネズミと毒電波設定コンボイ(赤)も買ったけどな。(まだ開けてません)

クリックすると元のサイズで表示します
 消防車っぽい板の組み合わせからロボットに変形だ!更に合体してガードダイバーになるぞ!(←嘘言うなよ)いや、マジでインフェルノよりもファイヤーダイバーに見えるんだが(苦笑)。
 商品名が「インフェルノ」ではなく「サイバトロン〜」なのは商標上の問題かと思いますが、数年前のスパリンのときには大丈夫だったのになぁ……実は「デストロンインフェルノ」も発売する予定があるからなのか?(←違います)

 ちなみに売り場では顔の塗装が剥げている個体が多数。特に鼻。





ギミックをなくしたことで、商品のグレイドを上げることができたんですよ

 上の文は『トランスフォーマージェネレーション2009』のデザイナー座談会でのコメントです。
 実際、このインフェルノは変形と可動の他には、ミサイル発射ぐらいしかギミックが無い。
 うーん…デラックスサイズならともかく、ヴォイジャーでこれは寂しいなぁ。

 トランスフォーマーが厳密にサイズ分けされるようになったのは『ビーストウォーズ』以降ですが、あの頃は「ビーストで本当に面白いのはメガ(現在のヴォイジャーにあたるらしい。価格帯やサイズで考えるとヴォイジャーってビースト時代のウルトラっぽいのだが)以上」と思っていました。
 安くて遊びやすいがギミックが物足りないベーシック、ギミックは多いがその影響により「遊びやすさ」の面で若干バランスを欠いている物も目立つデラックスに比べて、多数のギミックと手堅い変形、関節可動をバランスよく組み込まれているメガ〜ウルトラこそがTF(BW)の醍醐味であると。
 そんなイメージを持っている私としては、最近のヴォイジャーのギミックの少なさが残念。変トラのヴォイジャーでギミック的に満足だったのはスカイファイアーくらいかなぁ。

 まあ、ギミックが沢山あっても「背中のレバーでドラミング!」「尻尾を回すと耳と首がネズミっぽく動く!」って戦闘ロボットの玩具としてどうなのよ?てかそんなのテレビ番組で販促し辛いだろ、みたいな問題もありますけどね(苦笑)。

 それはともかくこのインフェルノは、どこか勇者シリーズやG1末期のヨーロッパTFを思い出させるスタイルが素敵。良い意味でデザインが古臭い。
 ヨーロッパリスペクト奇天烈カラーバージョンとか出ないかしら(笑)。顔は勿論金色だ。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ