Twitter:@arisamag2

2009/2/7

すべてがまぶしい  まんが雑文
 スイート連載ってどんな連載?
 そんな、まんがタイム3月号の感想でもだらだらと。


・『タマさん』(作:森ゆきなつ)
 タマさんは帰ってきたが、ふるるちゃんは帰ってこない。(杏も出てこないが、産まれてはいるだろう)そんな再開第一話。
 今後もこのまま過去編なんですかねぇ。


・『わさんぼん』(作:佐藤両々)
 先月期待した、“萩くん”の出オチは「マッチョ→女子」の二段オチでした(笑)。
 ああそうか“萩くん”と“ぼっちゃん”が別人という発想があったか、大魔王とガルバーが別人みたいなもんだな。(←違います。しかも例えがマイナー過ぎて分かりません)
 この作品を始め『アシスタント!!』(作:かがみふみを)、『みそララ』(作:宮原るり)と「新しい仕事に入ることの戸惑い」を感じさせる話が目立った気がしますが気のせいかも知れません。

 あと、猫も目立った気がする。(というか猫特集をやってたわけだが)とりあえず『おくらだし!』(作:七見水晶)のにゃんこを一押し。(←特集と関係ないだろ)
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ