Twitter:@arisamag2

2007/8/26

あれは正義の  空想特撮
 ファミリー劇場で放映スタートした『ダイヤモンド・アイ』を観ました。
 『アイアンキング』の次がこれと言うチョイスがステキですね。両方ともタイトルになってるヒーローが主人公じゃないし。あと”アイ”繋がり(笑)。

 ところで、ダイヤモンド・アイと言えば、外道照身霊破光線ですが。前世魔人の正体を暴くアレですね。
 昔の記憶が曖昧なまま久しぶりに観て、ふと思ったのだが、アイが霊破光線で正体を暴かなければ奴等は生身の人間のままなわけで、そっちの方が闘いを有利に進められるんじゃなかろうか。
 それ以前に、あれは”前世”魔人なんだよな?
 その呼称から察するに、前世が魔人なのであって、現世は人間って解釈で良いんだよな?前世が魔人だったことを暴いてるってことですよね。
 そうすると、あれって厳密に言えば”魔人の正体を暴かれている”のではなく、”前世の魔人にムリヤリ変身させられている”のではあるまいか?酷いなアイ。でも変身させられた方も「ばれたかー」なんつって納得してるみたいだし、やっぱり暴いてるって事で良いのか。自分達が魔人だと自覚してるんだよな。だったら今度は「普段からその力を使えば良いのになんで銃で狙撃とかするのか」とか思うのだが。

 そーいったことを少し気にしたりしつつ、今後を見守りたいと思います。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ