Twitter:@arisamag2

2007/5/16

旅報告二日目  雑記作文
 東京旅行二日目のお話。

 ホテルでゲキレンジャーを観て「おいおい、そこはハンマーでなんとかすべきところだろ。すぐさま『空を飛ぶ技を教えて』とか言いだすなよ。もう少し自分で努力しようよ」と毒を吐きつつチェックアウト。トランスファンケットに行く。

 このイベントではイラストや改造TOYのコンテストをやっています。私は参加したことありませんけど(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
 これはその賞品。一見大変豪華に見えるが、年季の入ったTFマニアには、この賞品の8割近くが不良在庫に見えるのだ。ほら、ファンなら誰でも持ってそうなアイテムとか、ファンでも欲しがる人が少ないアイテムとかが混ざっているわけですよ。
 受賞者は賞品を自由に選べますが、ここで本当の豪華賞品を選択するか、単純に自分の持っていない賞品を選ぶか、あえて誰一人として欲しがらない賞品を選んで笑いをとるかで、その人の人生観が問われるわけです(笑)。
 今回の受賞者方々はおおむね普通の賞品を選んでいたかに思います。堅実な人生です。まあ笑いをとろうにもネタ賞品の中には貰っても困るだけの奴が混ざっているしな(笑)。
 あ、画像に写ってる色紙は真の豪華賞品ですよ?色紙書いた漫画家さんに選ばれた人だけが貰える栄光の賞品です。

 今回は購入した同人誌が前回、前々回よりも増えました。ちゃんと同人イベントに参加している感じがします。
 出発時の宣言通り、ちゃんとTFとは無関係なリュウケンドーやほのぼの4コマの同人誌だって買ってきたのだ。
 ちなみに両方とも著者の方がこのteacupでブログを運営してらっしゃいます。興味のある方は探してみよう。(←ヒント少なすぎ)

 イベント終了後は数名で集まり、もはや恒例と化したヲタトークの時間。
 話の内容は「らき☆すた」の娘さん達と大差無い。性別や外見って大事(笑)。
 前回までは何処か食べ物屋に入ってそのままトークとなりましたが、今回は街をぶらつきながらと言う事で。
 場所は、会場の展示物を見てクラシック版ラムジェットが急激に欲しくなった私の提案により、確実にラムジェットが売ってるモンスタージャパンのある恵比寿に。
 私以外は行った事が無いそうなので案内する。地方人に東京を案内する地方人という微妙な構図(笑)。
 いつもブラブラとテキト−に足を運んでいるので、案内するときに近道を説明できないのが恥ずかしい。
 レジで今回はポイントカードへの加入を奨められる。昨日はポイントカードを持ってるかを聞かれただけだったのに。もしかして二日連続で買うた止めた音頭をおどったせいで顔を覚えられてしまいましたか(笑)。でも、最高でも半年に一度ぐらいしか買い物しないに違いないので断るのだった。

クリックすると元のサイズで表示します
 あ、そうそう。知らない人に説明しておきますが、ラムジェット(上の画像の人)とは何者かと言いますと…ガンダムで言うグフ(ランバラルが乗ってない方)や仮面ライダーで言うゲルショッカー戦闘員にあたる、「設定上は前の奴より強いことになってる雑魚キャラ」と思ってください。映像として前の奴より強いかどうかはあえてノーコメントとさせてください。
 さしものガンダムの中でも、グフの癖にザクマシンガンとか装備している量産型グフは殆ど黒歴史に近い存在。そう考えるとアメリカのTF人気の高さが伺えますよね。(←そうか?)

 さて、こういった場では、普段ブログでは記事にしないような黒い話も口走ったりするのですが、今回はちょっと後から振り返って私の人間性を疑われそうな黒さだったような気がする。
 特に、不謹慎極まりない替え歌とか「ビジュアルが売りの雑誌の癖に本当に絵が上手い作家は3割」「慈愛のヒーローだから避妊も中絶も出来なかったんだよ」「プロトフォームと一番でかい奴以外はどうしようもない気がする」といった発言は撤回してしまいたいものですが、ここで書いちゃったらアウトですか。自爆って奴ですか。
 えーと、あの時の私は、ブラックコスチュームに寄生されていたところをパルパティーンさんにつけこまれて黒登山部に入部していたとかでダークサイドに片足突っ込んでたと言う事にしといてください(苦笑)。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ