Twitter:@arisamag2

2018/8/5

明日に微笑みあるだけ  アニメ
 夏バテ気味なのでこの土日は基本おうちでおとなしくしていました。なので映画とか見てないので先週に続いて雑談で生存報告を。(いやツイッターの方見てたら生きてるのはわかるだろ)

 超合金魂FA発売記念というわけでもないのだが『無敵鋼人ダイターン3』をdアニメストアで二話ほど見ていた。いや、まあ実際きっかけは超合金魂FAの画像見ていて「ボルテスやダイモスのアレンジには若干違和感あるけどダイターンはそうでもないな」と思ったところからなんですが。

 実は本作については子供の頃に観て以来そんなに再見してなくて「富野作品にしては比較的普通のロボットアニメ」って認識をもっていたのだが、第一話から舞台がミスコン会場って時点で充分頭おかしいと再認識した(笑)。

 それだけじゃなくてダイターンの第一話ってこの手のSF・ロボットものにありがちな世界観や敵味方の設定がかなりさらっと流されてるのね。

 それはともあれ、続いて第二話『コマンダー・ネロスの挑戦』を観た。所謂金田回の一つ。昔のアニメ誌のロボットアニメ特集で「凄い作画」として取り上げられることも多い作品。

 実際凄いのだが……これ、多分今やったら少なくとも若い世代の人は良い作画とは思ってくれないだろうな。なんていうのか。今の基準で考えると全体的に「簡単作画」なのね。なんていうのか、こう、舗装された道路の下に直接地面があって上下水道とか見当たらない感じとか、地震やダイターンとの闘いで崩れ去るビルがハリボテか焼き菓子みたいな描き方だとか。そういう絵の上手下手以前に動きのテンポ自体を良いと思ってもらえないかも知れない。

 作画技術が上がり、画面の解像度も上がり、細やかな作画や色彩が実現されたが、それで失われた独特な絵面もあるのだなぁ。と、ノスタルジーに浸りつつ、まあ今出来ない作画もこうやって配信でいつで見れるから便利だよね……と技術の進歩のすばらしさにも思いをはせるのだった。


 だが、ボルテスとダイモスは配信されていないのでFAとのギャップが確認できない(笑)。
(ダイターンはまあ概ねイメージ通りかね。あんな小奇麗な絵じゃないけど)
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ