Twitter:@arisamag2

2017/3/30

魂の故郷  おもちゃ
 今話題の、来月発売のあの本

『タカラSFランドエヴォリューション 「変身サイボーグ」の後継者たち』。

 なんか今年はリカちゃんとか人生ゲームとか、旧タカラ絡みの書籍が多いね。

 それはともかく、もう各所でツッコまれていることではあるが、やはりツッコまずにいられない。

 ……掲載作品のラインナップ見てると「タカラSFランドとは……?」って気分になってくるよな(苦笑)。

 私の中で「タカラSFランド」の括りに入っているものって、タカラ製SF玩具の中でも世界観が明確につながっているもの……つまり『変身サイボーグ1号』『アンドロイドA』『ミクロマン』の三作であって、まあギリギリ『タイマニック』も入れて良いかな。でも『ニューミクロマン』はパラレルワールドだし『ダイアクロン』は敵の名前ぐらいしか繋がりを感じさせる要素ないし難しいところだよね……って感じだったのだが。

 今回の「再定義」とやらは、そんな私の心の狭さをはるかに飛び越え、東映動画版権やら東宝版権やら円谷版権やら、もともと海外向け作品やら、果ては合併後のビーストサーガ(これ、SFじゃなくてファンタジーじゃないのか)まで「タカラSFランドだ」と言い出す始末。これでZマン55が入らなかったら理不尽極まりない。

 てかさ、プラクションとBビーダマン爆外伝は入らないの? 爆外伝の前半なんてめちゃくちゃタカラSFっぽかったじゃない。

 あとさ、グリッドマンとサイバーコップ入れていいならリュウケンドーも合併手前の作品だし入れて良いじゃない。

 ……いや、まあリュウケンドーが入らない理由は何となくわかるよ。あの「トミカヒーローと銘打ちつつデザインワークがあからさまにリュウケンドー系列」の連中がタカラSFなんだかトミーSFなんだかわからなくなってくるからな(笑)。

 ほかに強いていうとねぇ、高谷元基案件をそこまで放り込んでるならソリッドスキャンモデルも外せないと思うんだけど。流石に車田正美版権作をタカラSFと言い切るのは躊躇したのか。


 ともあれ、楽しみだなぁ。久々に玩具本でわくわくするなぁ。特に「幻の企画書も初公開」ってあたりに。

 ……今、「久々にわくわくする」って書いたけどこないだ買った村上克司画集も玩具本の括りだったか。あれもわくわくしたな。ちっとも久々じゃなかったな(笑)。玩具本の当たり年なのかもな。
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ