Twitter:@arisamag2

2019/1/13

昭和+平成言いつつ、大体「1950〜70年代はよかったなあ」って感じだった気がする  雑記作文
 昨日のことになりますが、兵庫県立美術館に行ってきました。

 三連休の初日、外に出たものの特に目的もなく、毎度毎度梅田や日本橋に行くのもワンパターンに思ったので神戸に向かったわけですよ。で、途中で見つけたこの美術館での展覧会『Oh!マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー展』に興味をひかれたわけですよ。

 本展覧会は「特別な存在(ヒーロー、カリスマ、正義の味方)と無名の人々(公衆、民衆、群集)という対照的な人間のありかたに注目するもの」とのこと。美術のほかに月光仮面、ゴジラ、ウルトラマンといったヒーロー作品に関連したものも展示されているのです。「本展では「美術」の領域にはおさまらない様々な大衆的メディア(紙芝居、漫画やアニメ、特撮など)を取り上げます。これは「美術」表現もまた、私たちの毎日の暮らしと地続きのものであることを示したかったからです」との趣旨で。

 まあもちろん私は芸術への造詣が浅いので、後者の方に興味があったわけですが(笑)。

 で、展示を見ての感想……

 ……これ、ヒーローを絡めたのかなり無理矢理だよね?(苦笑)

 特に月光仮面(川内康範)、ウルトラマン(金城哲夫)、ゴジラに関しては申し訳程度に生原稿、脚本、ビクトリアルスケッチが展示されている程度のちょっとしたコラム扱い。上手く他の展示物との時代的社会的関連性も浮かび上がっていなかった気がする。(時系列での展示ではないからそうなるわな)

 唯一、戦争をテーマにした展示の中にあった『のらくろ』には時代性を感じさせる……が、これも展示の趣旨(美術や大衆も戦争に巻き込まれていく云々)には実はあっていないように思う。のらくろの連載開始は第二次大戦より前(満州事変の時期)で、単に当時はどこの国にもあって当たり前だった軍隊をテーマにしただけの漫画に過ぎない(乱暴なことを言えば今の日常系4コマと違わない)からだ。

 寧ろ戦時となって「不謹慎だ」と打ち切られ姿を消したことの方がテーマにあっている。平和であればこそ軍隊の漫画で笑いがとれるのである。

 とはいえ、戦時下の暗い時代についての展示なのに「のらくろだ! 機械化(当時の科学雑誌)だ! ハワイマレー沖海戦だ!」とテンション上がってしまった。趣旨に反したリアクションをして申し訳ない。でも子供も『のらくろ』のアニメに食いついてたよ。

 このアニメ、1935年に作られた作品のリマスター版とのことだけど、音声はどうだったんだろう。ノイズの入った聞き取りにくい音声ではあったのだが、声優の演技は今風に聞こえた。

 では本日はそんな感じで。
0

2019/1/6

頑張ってクウガのバイクアクションを再現しようとしている感  映画
 さて、今年最初の映画感想は『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』になります。

 まあ観たのは2日だったんですけどね。なんやかんやで感想さぼってました。

 いや、正直言うとアレがアレ(一応ネタバレ防止)したからって感動する感受性の人ではないので感想書きづらいってのもあったんですが。

 そんなこんなで手短にざっくり。




続きを読む
1

2019/1/1

賀正  
 あけましておめでとうございます。

 何かがめんどくさくなったので画像とかは特になしで。

 今年最初のおでかけは、ひらかたパークのウルフェスでした。

 近年ではMCで面白いこと言うヒトの印象だったマグマ星人の皆さんがステージで久し振りに悪逆の限りを繰り広げてましたが、ステージから客席に降りると「やっほー」とフレンドリーに手を振ったり空いてる席に座って子供らに「ウルトラマンは好きかい?」的なトークをかましてきたのでこいつらがレオの故郷滅ぼしたなんて嘘だと思いました。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ