Twitter:@arisamag2

2017/9/30

まだまだしたいよ 食べ盛り  アニメ
 忙しい→勤務時間以外は家と職場を往復するだけになりブログに書くネタが接種できない→ネットでちょっとしたネタを拾っても即座にツイッターで消費……という悪循環が生まれている今日この頃。

(今、ツイッターの方では画像をよく上げてますが、あれもスマホのカメラに直接ツイートする機能があるから続けていられることで、同じことでもブログだとちょっとめんどくさくなってしまうのです)

 さて、今まで話題に出してなかったが実は見ていた『ゲーマーズ!』。

 このアニメ、世間でも大評判だったように思うんだが、書店に足を運んでの肌感覚だと別に原作の売上に貢献してないっぽい雰囲気を感じるんだが実際はどうなんだろう。

 話をアニメの方に戻して……その最終回は所謂番外編(他のアニメならブルーレイの特典につける類の内容)だったのだけれど、ここまでの話である程度キャラが立った人たちが「ゲームって高くね?特に課金制度高くね?」って話題であれこれ語るだけ……というのが案外面白いというのが発見だった。架空のキャラによるトークバラエティみたいな趣向になってるわけだな。

 でもでも会話のきっかけになった亜玖璃さんの視点って「ゲームに興味ない所謂リア充から見たゲームに対する疑問」ってより「ある程度ゲームやりこんでる人が、ふと我に返って疑問に思うこと」に感じたかな。
 そうは言っても「所謂リア充がゲームを傍から見ていて感じる疑問」っていうのが私にも想像できないというか、ぶっちゃけスマホのソシャゲーぐらいはリア充っぽい人も普通に電車の中でやってるので、そういうヒト達もレベル上げや課金をホイホイやっていそうな気がする。

 ともあれ、亜玖璃さんは可愛いねぇ。てかこのアニメ男子も含めてみんな可愛かったね。恋愛関係で拗れてもドロドロしなくて微笑ましくてさ。
1

2017/9/25

グゥエール サイコー!!(とっくに出番はない)  アニメ
『ナイツ&マジック』の最終回をついさっき観ました。

 どうやら世間的には話端折りすぎとかなろう系ラノベ特有のアレに対するアレルギーだとかで評判悪そげな作品でしたが、私は当初期待のハードルがそこまで高くなかったからか、大変楽しめました。今この瞬間ならROBOT魂を買っても良いぐらいです。(が、そのテンションは来月まで持たない)

 何が素晴らしいって、これって恐らく話を端折らなかったらロボットの開発だけとか、交渉だけとかで一話使ったんだろうと思うんですよ。でもそういうの全部蹴っ飛ばして毎週結構なボリュームのロボ戦が入ったんですよね。今時深夜枠でロボ戦毎週やるロボアニメってそうないですよ。(夕方枠でも鉄血とかロボ戦休みっぱなしだったが)

 そのロボット戦がどういう闘いをしているのか、敵味方が何をしたいのかわかりやすいのもよかった。これはCG担当の技量もあるだろうけど、設定がよかったんじゃないかなと思うところもあり。

 ただ歩いて剣振り回して杖から火を噴くだけだったシルエットナイトが、エルの登場により肩に遠距離攻撃用のキャノンをつけたり、人馬型で走り回ったり、空を飛んだりする。それはアニメに出てくるロボットの進化のなぞりに過ぎないのだけれど、それゆえに奇をてらった武器がなく、何が出来なかったのか、何が出来るようになったのか、その結果どういう闘いになるのかがわかりやすい。宇宙びゅんびゅん飛び回ってよくわかんないビーム撃ってるようなのに食傷気味だったのでこれはよかった。陸戦主体なのも空間把握しやすかったですね。

 お話の方に目を向けると……これさ、エルが異世界から来たロボオタじゃなくて普通に天才科学者だったら偉人伝的な「ちょっといい話」になったんだろうになぁ。電球や蓄音機発明するのとロボット作るのではこんなに見え方が違うのかと、そんなことを思いました。


 あと、最終回のガンダムネタ羅列は、これが朝夕枠のキッズアニメだったら怒りだしてたと思います(苦笑)。


1

2017/9/23

ヒーローは今ここに  空想特撮
クリックすると元のサイズで表示します
 今日は冒険ガボテン島へ行ってきました。嘘です。
クリックすると元のサイズで表示します
 ここは全国的に有名な関西のローカルテーマパーク……ていうか遊園地「ひらかたパーク」。
 ハロウィンを前にして木々もちょっと浮かれているこの土地を訪れた理由は……。

クリックすると元のサイズで表示します
 この野外ステージ。

クリックすると元のサイズで表示します
 ここで『ウルトラヒーローズ スペシャルソング&ヒーローショー』なるイベントがありまして、水木一郎、ボイジャー、そしてあの石原慎一がやってくるということで、ぜひ見ようとやってきたわけです。

 石原慎一の生歌が聴けるぜと喜び勇んでやってきたものの、頭の中には「でもなぜ今、石原慎一なの?」という疑問がよぎる。この人、ウルトラ関連の楽曲そんなに歌ってない。ステージでジードの新主題歌発表とか、ウルトラマンUSAのブルーレイが出るとか言った宣伝が入るのかと思ったのだが、そういうこともありませんでした。謎のまま。ついでに言うと親子連れの皆さん大概慎一知らない。

 さて、気になるステージの内容はと言いますと。

 まず、水木一郎&ボイジャーがウルトラマンゼロの歌を歌って、ゼロもステージに登場というところからスタート。つかみOK。後ろの席のウルトラ女子大喜び(ゼロに)。

 私は今回初めて見に来たんですが、このイベントは割と定番化しているらしく、水木ボイジャー組と常連客の間になんらかのお約束があるようで観客がめっちゃ訓練された動きを見せるのが印象的でした。

 そして本日目玉、枚方初登場の石原慎一がUSAの主題歌と共にご登場。勿論USA三人組も登場。トークでは水木達にセクシーぶりを弄られまくる。

 その後、色々あって石原慎一ワンマンステージになるんですが、ウルトラ楽曲そんなにないよなあ……と、思ったら……。

「ではちょっとウルトラを離れてメドレーを……レッドバローン、ファイヤー!

 まさかの東京ムービー作品主題歌。そのままガイバー、仮面ライダーアギトと代表曲を歌い上げ、最後はウルトラに戻ってダイナ挿入歌を歌ってました。

 そこからも石原ボイジャー組でメビウス歌いーの、ボイジャーがジード歌いーの、水木一郎が劇場版ウルトラ各種(ウルトラ・愛の鐘〜ウルトラマン物語〜星の伝説の方)を歌いーの、更にはゾフィーのバラードまで(ボイジャー瀬下千晶によるギター生演奏で)歌いーのと。

 最後は全員でオーブを歌って締めと。これでひらパーの入場料だけしかとらないとはゴージャスすぎるコンサートでした。
(若干曲の順番間違ってるかも知れません)

 もうちょっとサラっとしたのを想像していたのに大いに堪能したぜ。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後、午後からヒーローショーになるわけですが、ちょっとしたことがあったのでそれについて。

 上の画像、今回のイベントは基本的に一貫して撮影禁止で、ヒーローショー終了前の数分しか撮影許可が出ず、その時になんとかマトモに撮れた数少ない画像です。つまり最後のお別れの時の画像なのですが……。

 お分かりいただけただろうか。ウルトラマンUSAことウルトラフォースの年長者、ウルトラマンチャックの不在を。

 ステージ中でも小粋なアメリカンツッコミで活躍していた彼なのですが、握手会中、ちょっと様子がおかしかったのです。彼だけが動きが鈍く、係のお姉さんにやたら体や足元を拭かれる。

 疲れてるのかな、汗かきなのかな……と思いながら見ていると、あるお父さんが「怪獣にやられよったんや」と子供に説明していて、気づいた。

 ……お姉さんのタオルが、段々赤く染まっている。

 恐らくチャックはステージ中のどこかで負傷し、出血していたのだろうと思われる。スーツの色が移っていただけかも知れないが、少なくとも何らかの体調不良であることは間違いなかった。

 その体をおして、彼は握手会に立ち、子供たちの期待に応えていたのだ。

 恐らく彼の不調に気づいていないであろう子供たちの満悦の笑顔。

 結局握手会も最終盤になってドクターストップがかかったのか退場してしまい、お別れの場にはいなかったのだが、本日のMVPは、間違いなく彼……遠いアメリカからはるばる枚方までやって来た僕らのヒーロー、ウルトラマンチャックだ。
2

2017/9/18

私は愛の冒険者  映画
 ……「ナントカの冒険者」って言うと真っ先にボウケンジャーが浮かんでしまう程度に記憶が上書きされてるなぁ……。

 と、そんなわけで『ワンダーウーマン』観てきました。字幕で。最近字幕に目が追い付かなくなってきたので吹き替えで見たいところなんだが時間やらなんやら的な意味で字幕で。

 ところで、ワンダーウーマンというと、私らおっさん世代にとってはテレビシリーズですよね。リンダ・カーター主演というか由美かおるの。あの主題歌、好きだったけど今聞き直すとタイトル以外ワンダーウーマン欠片ほども関係ないな(笑)。

 由美かおるになる前の、米国オリジナルのテーマも好きだったんですよね。♪ずんだんずんだんずんだん わんだうーまぁーん♪ってやつ。というか、どちらかというとあっちの方が好み。由美かおるがダメとかじゃなくてあっちの方が私の乏しいセンスというか琴線に触れる曲なのです。


 さて、下記に感想を。実は特に感想はない。所謂「ふつう」ってやつ。親とかに夕飯の感想聞かれて言うと叱られるアレ。世間の評判は良いみたいですけどね。

 いまから無理矢理ひねり出す。

続きを読む
0

2017/9/16

宇宙帝王(パシリの狙撃手)  空想特撮
 いやあ、ウルトラマンジードはますます面白くなるねぇ。

 まあ正直ウルトラマンの物語にバラエティ感(一話完結)を求める私にはこの連続ドラマにせざるを得ない構成や世界観には少々の不満はなくもないんだが。それにしても今日のお話には驚かされた。

 でも、今日したいのはそういう話じゃないんだ。

 今週のジードの次回予告で、私、あることに気づいたんだ。というのもですね……

 ……俺、寺田農と秋野太作の区別ついてないんだ

 言うほど似てないのにどういうわけだか予告観て「ああ、来週魔天郎の人出るんだ」と思いながらお出かけ(雨降ってるというのにオモチャ買いに)して、出先でネット感想覗いてみんながWネタやってるのを見て気づいたという(笑)。

 いや、だって、似てないけど似てるじゃん。どっちも男で役者じゃん。(なんだその理論)

 ……うっかり誤解したまま何かを書き込んだり呟いたりしないで良かったと胸をなでおろす。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ