Twitter:@arisamag2

2016/11/6

左腕についてるのはマンモス盾なんだよね?  空想特撮
 新作映画版パワーレンジャーのメガゾードの姿が玩具バレして、物議を醸しているそうですが……。

 皆さん「外人の考えることはわからん」とか言ってるけど、多分日本の東映も「ハリウッドテイストでジュウレンジャーをリブートする映画」とか言われたらあんな大獣神出してくると思うよ。(←キカイダーや仮面ライダーの経験則から)

 というか、今回のパワレン映画って全体的にデザインワークスがそういう感じに見えるの。今のところ想像の範疇を越えない「ハリウッド風」。あくまで「風」。

 まあ、それはともかく、あんな姿のメガゾードでもきっとバンダイアメリカの超技術で完全合体するリーダークラスの玩具が発売されるに違いないですよ。楽しみだなぁ。(←違う映画と混ざってます)

 ……実際は例によってゾードビルダー的な奴なんだろうな。バイクと合体するかなぁ。
1

2016/11/5

怪獣と等身大宇宙人のコンビだと怪獣が戦隊の巨大化怪人みたいな扱いになりがちなアレ  空想特撮
 今日のウルトラマンオーブ。

 ベムラーって腕が短いし、首も背骨も腰も自由に動かなさそうだし、口短いし、飯を食うのに苦労しそうだな……と、長年思っていたので頭に角生やす前に強化するとこ色々あるだろだと言いたい。腕が口に届くようにするとかそういう感じの。

 そういえばレッドキングもどうやって飯を口まで届けるのか謎だが、まああいつは獲物の腹に頭を突っ込んで内臓から食ったりするんだろう。(←雑な考察)
1

2016/11/3

タダで貰ったチラシを持ち運ぶために300円で紙袋を買う  おもちゃ
 本日は、マイドームおおさかにて開催された『第1回 おおさかホビーフェス』を見物に行ってきました。
 これは「プラモデル、ミニカー、鉄道模型、トイホビー、関連工具/塗料/材料など模型ホビー製品の楽しさを発見・体験できるイベント」ということで、所謂展示会とか見本市的なイベントです。

 東京おもちゃショーも静岡ホビーショーも開催されない僻地、大阪府に在住する身にとっては貴重なイベント(←本当に僻地な地域に住む人たちに殴られそうな発言)ということで足を運んだわけですが、トミーテックは来るがタカラトミー本社は来ない、模型出してるほうのバンダイは来るが玩具出してるほうのバンダイも来ない、そんな展示物の八割方が趣味の範疇外のイベントなので「俺、何しに行くんだろう」と若干疑問に思ってたりしてました(苦笑)。

 そんなわけで、琴線に触れた画像をテキトーに垂れ流し。

 
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 比較的趣味の範疇内のアイテム、コトブキヤのオリジナル企画『ヘキサギア』。
 まあ、ぶっちゃけ「有形ブロック版ゾイド24」みたいな感じだよね。
 フィギュアの出来が物凄そう。
 そういえば撮影するとステッカーが貰えるって言ってたが貰うの忘れた。 

クリックすると元のサイズで表示します
 スケールキット界隈のことは最近不勉強なのでよくわからないんですが、童友社から「ガンプラ的に成型色とシールだけで塗装済み完成品の仕上がりになるスナップキット」ってのが出ていて「ようやくスケールモデラーも甘やかされる時代になったのか」と、驚かされる。(すでによそでも出ているのかも知れないが)
 この画像が素組み+シールの状態。
 組み立てはお手軽そうだけど、サイズがそこそこ大きくて、そこはお手軽じゃない(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 不勉強なのでよく知らないメーカーも多い。
 ここもよく知らない会社の製品(多分海外製品の輸入)ですが、中身が見えるプラモデルはロマンがあっていいよねぇ。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
『紅の豚』に登場する飛行艇の完成品。「カッコいい、ちょっと欲しい」と思うものの、980〜2000円ぐらいで売っていそうなサイズとパッケージングに対して定価6000円の価格設定で「あ、これお店の棚にあるのを手にとって値札見たらそっとしまう奴だ」と悟る。

 これとかトミカやダイヤペットぐらいのサイズで数万とかするミニカーの展示等を見ているとダイアバトルスやTFマスターピース程度の価格帯でヒィヒィ言ってる私はまだまだ趣味人として甘いなと思いつつ、当面甘いままでいたいので超合金魂の大獣神とかタカラトミーじゃない方のマスターピースとかには手を出すまいと誓うのだった。

 と、そんな感じでとりとめなく終わり。

1

2016/11/2

飛びだせ 仄暗い空  アニメ
 録りだめていた『ブブキ・ブランキ』の二期目を一気に観る。

 ロボット(ブランキ)がド派手にガッツンガッツン戦って、そこは前期より面白くなったんだけど、ギャグが増えた分、前から言ってた「3DCGでマンガ的な演出をすることの不自然さ」が毎回目に付くようになったのと……なんていうか、オープニングもエンディングもキャラソンになっちゃったのがさみしい。

 いや、そんな悪い曲じゃないんだけど、前期の鈴木このみのオープニングとMYTH & ROIDのエンディングのインパクトにはかなわない。正直「二期目でもあんな曲が聴ける」と勝手に期待してちょっぴりガッカリしたところあります(苦笑)。

 そういえば『Lostorage incited Wixoss』も勝手に分島花音の新曲期待してたっけな。シリーズものに「いつもの奴」を勝手に期待するのは慎むべきだな。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ